管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 どう転んでも結局は偏向
 世界的な原油・原材料費の高騰、急速に進行するウォン安、息つく暇なくやってくる短期外債の支払い期限・・様々な悪材料が重なって、今月にも経済危機に陥るのではないか?という噂が広がり、それの打ち消しや対応にやっきになっている韓国政府。

 経済大統領というふれこみで就任した李明博大統領も、なかなか有効策を打ち出すことが出来ず、苦しい政権運営が続いていますが、おもえば李大統領は、就任直後から様々な難題に悩まされ続けています。例の米国産牛肉の輸入再開問題や、経済全体の問題、親日疑惑をかけられたり、一時は支持率が10%台の落ち込んだこともありました。

 米国産牛肉輸入再開の問題は、明らかに言いがかりレベルの話を対立勢力によって煽り立てられ、経済全体の問題は、どちらかというと前政権からの負の遺産の部分が大きいので、お気の毒になあという感じですが、まあこれが政権交代の痛みということなんでしょう。

 価値観や基本的な政策に共通点がある政党間での政権交代は、それほどの痛みや歪みを生み出しませんが、韓国の場合は違いが大きすぎるので大変。李大統領は今後、こんな問題でも苦労しそうです。こちらをご覧下さい。(朝鮮日報から以下引用)


社説】韓国近・現代史教育、健全な常識の下で

 「左寄り」の教科書『韓国近・現代史』が再び問題となっている。韓国近・現代史を教える学校の半数が採択している金星出版社の教科書がまさしくそれだ。この教科書は光復(日本の植民地支配からの解放)直後の米軍政について、「日章旗(日の丸)の代わりに掲げられたのは太極旗(韓国の国旗)ではなかった。日章旗が掲げられていたその場にあったのは星条旗(米国の国旗)だった」と記載している。日本による植民地支配から韓国を解放した米国も、あるいは実際に植民地支配を行った日本も、自主独立を妨げる占領軍という点では同じという主張だ。左派の決まり文句である「外勢論」を学生たちに間接的に注入しているのだ。この本の初版に登場する米軍に関する記述167カ所のうち、164カ所が米軍を批判・非難する内容だ。

 大韓民国建国の基礎となった5・10制憲議会選挙については、「統一政府樹立を願う国民的熱望や複数の政治勢力が激しく反対する中、南韓(韓国)だけの単独政府を樹立するために行われた」と説明している。48の政党が参加し、投票率が95.5%に達した選挙が国民の意向に反していたというのだ。一方、金日成(キム・イルソン)主席については「社会主義国家建設という理念的名分を持ち、大衆の支持を得ていた」と記述している。

 韓国戦争(朝鮮戦争)中に起こった民間人虐殺については、「戦争が起こった直後、南韓では報道連盟員たちに対する大規模な処刑が行われ、慶尚南道居昌や忠清北道永同の老斤里など、複数の場所で住民が敵として追いやられ死に至った。後退する北朝鮮軍も大田周辺で多くの住民を殺害した」と説明している。韓国軍については細かく具体的に説明しながら、人民軍による虐殺は「大田周辺」という表現でごまかしているのだ。

この教科書の初版では韓国のセマウル運動について、「朴正熙(パク・チョンヒ)政権が大衆の支持を基盤に長期政権を正当化するための手段だった」とし、北朝鮮の千里馬運動については「大衆の情熱を引き出すために行われ、社会主義経済建設に当たって大きな役割を果たした」と説明している。2003年に最初に出版されたこの教科書は、「親北反米」という非難が起こったことで翌年に内容が一部修正されたが、基本的な性格は変わらなかった。われわれの子どもたちにこのような教科書を通じて近・現代史が教えられてきたというのだから、子どもたちの頭の中に大韓民国がどのような姿に映るかは想像に難くない

 市や道の教育長協議会は、高校で使われる韓国近・現代史に関する6種類の教科書のうち、比較的バランスの取れた見方で執筆されたものが現場で教材として採択されるよう努力してきた。学校運営委員会総連合会もソウル市教育庁と協力し、学校で「現代史を正しく知る」ための特別講義を行う予定だ。こうした取り組みは非常に望ましいことだ。

 しかし時代錯誤的な左翼偏向の歴史教育を正そうとする動きは、「日本による統治のおかげでわが民族の経済成長が実現し、近代文明を学ぶことができた」という、また別の偏向へと流れている点を警戒しなければならない。大韓民国の国民を育てる韓国近・現代史教育は、健全な常識を持った国民が受け入れることのできる、バランスの取れた歴史教科書でなければならない。


 日本も人のことは言えませんが、韓国の教科書も酷いことになってるみたいですね(まあ元から違う意味で酷いことには違いありませんがw)。まるで北朝鮮の教科書のごとくであります。金大中、盧武鉉と続いた左派・親北政権の間に『韓国の歴史』はずいぶん変わったと。で、現政権下で再度、韓国の歴史を変えるというか、戻そういう動きがあるわけですが、これはかなり困難だといわざるを得ません。

 先日、韓国で北朝鮮の工作員らしき女がお縄につきましたが、それで分かったのは、左派・親北政権下で殆どスパイや工作員の摘発が行われず、各界に浸透し放題だったという事実。教育界も例外ではなく、赤い教師というかモロ北の工作員みたいな教師がゴロゴロしているのが現状。日本の同じような状況で苦しんでいる最中ですが、これを引っくり返すのは相当な労力を要するでしょう。

 ただ、韓国には日本と違ってスパイを処罰する法が整備されていますし、やろうと思えば強制的に親北教師を追い出して強引に引っくり返すことの可能なので、行方をじっくりウォッチさせて頂きたいと思いますが、どの道、まともな教科書は出来ないでしょうね。『日本による統治のおかげでわが民族の経済成長が実現し、近代文明を学ぶことができた』という客観的な事実を偏向だと言い切っちゃう朝鮮日報がいますから。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
嫌韓の生みの親は韓流じゃないの?
 宗主国様に嫌われている!・・かつては中国文化の一番弟子を自称し平身低頭していたものの、今では自意識が肥大化しまくって、自分達こそが中華であると思い込んでいるフシがある韓国、そんな雰囲気を敏感に察した中国人民から『あいつらは何だ』と反発を受けビビりまくっている・・当ブログでは、こんなニュースを何度か紹介してまいりました。

 見下している(根拠・要素は何もありませんが)日本とは違い、長年染み付いた宗主国への恐怖は拭いがたく、何とか中国人民の嫌韓感情を鎮めようと『謙遜(けんそん)かつ温かい心で迫る運動』なるものを展開(関連エントリー参照)することに決めた韓国人達ですが、果たして上手くいくのかどうか。

 韓国人について歪んだ認識を持っている中国人との距離を狭めるための努力が必要だとし、反韓情緒が完全に消滅するまで持続的に展開していく計画であると運動本部は言っておりましたが、前提からして『そっちが間違ってる』という認識では、目的を達する事は難しい。むしろ、さらなる嫌韓感情の高まりを呼び込むのではないかと思われます。

 さて、中国現地での韓国人の傍若無人な振る舞い、韓国による度重なる起源窃盗・主張・・これらは主に嫌韓感情を生み出している原因としてあげられますが、意外なところからも『嫌いだ』という感情が生まれてくるのが、嫌韓現象の特徴です。『こういうことでさえ』好感を得られないとすると、前途は多難だといわざるを得ないでしょう。こちらをご覧下さい。(レコードチャイナから以下引用)


国営テレビが韓国ドラマばかり放送「もうウンザリ!」

2008年9月10日、現代快報によると、中国でも連日多くの韓国ドラマが放送されているが、「韓国ドラマにはもうウンザリだ!」との声が高まっている。

あるBBSで、中国の国営テレビ・中央電視台(CCTV)のドラマチャンネル「CCTV-8」では「ゴールデンタイムになると決まって韓国ドラマが放送される」「テレビをつけると、映し出されるのはいつも韓国ドラマだ」「しかも再放送ばっかり」「中国や他の国のドラマだってあるのに、どうして韓国のドラマばっかりなんだ」「どれも声優まで同じで、気持ち悪い」「一層のこと“韓国ドラマチャンネル”にでも改名した方が良いのでは」などと、韓国ドラマにウンザリだとの書き込みがされ、多くのネットユーザーから同様の共感も集まっている。中にはCCTV-8に苦情のメールを書いた人もいるという。

また、書き込みで目立つのは、韓国ドラマに共通する“薄っぺらい内容”への不快感だ。例えば「人魚姫」や「黄色いハンカチ」など、どれも「どうでもいいことをダラダラと引き延ばしすぎている」という。また、男尊女卑の傾向も批判の対象になっている。韓国ドラマは80年代の日本のドラマの焼き直しに過ぎないという指摘もある。

さらに、ヒロインの多くは貧乏だが心優しいと類型的で、ストーリーも愛のない結婚生活を強いられたり、子供の頃は裕福だったが今はそうではなかったりと、どれもこれも、どこか似通っている。しかも、主人公が患う病気まで似ており、主人公は交通事故で命を落とすか記憶喪失、ヒロインは白血病か癌にかかってしまうなど、「あまりにもマンネリだ」とウンザリした意見が多数集まっているという。


 韓流とやらに抱く感想というのは、日中共通ですね。日本の場合、かつて反日感情が強かった地域に日本のドラマやアニメが流れるようになると、次第にそういった感情は薄れていったという現象が起きましたが、韓国の場合は反対。まあ内容の薄さやマンネリ具合も原因のひとつなんでしょうが、何よりもマーケティングの仕方に、かなりの違和感を抱いたのを覚えています。

 『あの』韓流スターがどうの、ピだのぺ様だのがどうの、何でもかんでも大げさに演出して気を引こうとするのが彼ら流。こっちにしてみれば、知らないから『?』ですし、乗せられて観てみたら『なんじゃこれツマラン』となって興味が失せる。で、興味が失せてるのに、相変わらずメディアでは同じように大騒ぎ演出を続けてる。中国でも同じやり方だったんでしょうが、これは萎える。

 あんまりしつこいと嫌いになるのは当然です。さらに言えば、彼らのやり方には大げさな事前演出と、事後の見るに耐えない自画自賛がセットでついてきて、この自画自賛を鵜呑みにした韓国人が勘違いしてホルホルしちゃうのがまたウザイ。日本で韓国男はモテるんだろ?と真顔で私に聞いてきた韓国人がいて、心の中で『鏡!鏡!』と叫んだのはここだけの話(笑)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:嫌韓感情の解消には三跪九叩頭じゃない?
韓国 一日だけ爆上げでホルホル!でも翌日爆下げ
 今月9、10日に国債の償還期限を迎えるのを機に、外資が一斉に逃げ出すのではないか・・韓国経済9月危機説が流れていた頃、このような懸念が囁かれていた韓国。数ヶ月前から急激なウォン安が進行しており、この説を補強する役割を果たしておりましたが、事態を重くみた韓国政府が取った手は言論統制。

 償還期限を前に、風説を封じ込めた上で大規模な介入を行い、少しでもウォンの価値を高めておきたい・・こういうことだったと思われますが、実際に8日には、これまでにない勢いで大規模な介入がされたとみられ、ウォンは過去10年来で最大の爆上げ。心理的ラインといわれる1100ウォンを突き抜け、1081ウォンでこの日は取引終了。

 しかし明けて翌日9日、取引開始と同時にウォン安に振れます。心理的ラインの1100ウォンを超えたあたりで、おそらくまた介入があったと思われますが、この日はこのラインを巡って攻防が続きました。その結果、何とかラインを死守したものの、前日比で約2%高の1098ウォンで取引終了(ロイター)。

 前日の大規模介入で気を抜いていたのか、それとも弾薬が尽きかけているのか、その辺はよく分かりませんが、9日の償還分よりも10日の償還分の方が遥かに多いので(ロイター)、ここは何とか前日の水準で踏ん張りたかったところだと思います。こんなことを言ってホルホルしている場合じゃありません。こちらをご覧下さい。(中央日報から以下引用)

9月危機説は終止符を打った

金融市場が「9月危機説」から抜け出し、急速に安定を取り戻しつつある。

8日、総合株価指数(KOSPI)は今年最大の上昇幅となり、ウォンの対ドル相場も過去10年余りで最大の上げを記録した。

米政府が破産の危機に陥ったモーゲージ会社に過去最大の救済支援(2000億ドル)を行う方針を決めたのを受け、国際金融市場の不安が後退しつつあるからだ。

この日、総合株価指数は前週末に比べ、72.27ポイント(5.15%)急騰した1476.65で取引を終えた。指数の上昇幅としては今年最大であり、歴代3度目の記録となる。

ウォンの対ドル相場も回復傾向を続けている。この日、ソウルの外国為替市場でウォンの対ドル相場は、前週末に比べ、36.4ウォン高の1081.4ウォンで取引を終えた。

市場が安定を取り戻すにつれ、金利も下落した。国庫債5年物の金利は0.04%下落した年5.84%で取引を終えた。

米財務省の救済計画を受けて、外国人投資家が韓国内債券に投資した資金を一斉に引き上げ、金融不安が起きるという「9月危機説」も消えつつある。全光宇(チョン・クァンウ)金融委員長は「9月危機説は市場の不安心理が増幅したことによる過敏な反応だ」とし「危機説はすでに終止符を打った」と話している。

中央日報 Joins.com

2008.09.09 08:12:23


 これは9日の取引開始前に掲載された記事ですね。前日の爆上げをみて、もう大丈夫です!と言っちゃったわけですが、果たしてこの日の取引終了後にも同じ事を言えたかどうか。本日10日がどうなるのか、注目でありますが、韓国は言論統制を敷いていて、こんな提灯記事しか出てこないので、よく分からないですね。というか、問題はウォン安とモーゲージ債だけじゃないだろうに。大丈夫なんですかね?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:韓国経済危機 さあ地獄の門が開くぞ 
嫌韓感情の解消には三跪九叩頭じゃない?
 お互いに日本を仇とし、味方だと思っていた中国が、自分達を応援せずに日本を応援している・・かつての宗主国である中国が、先の北京五輪野球の日韓戦で、反日→親日ではなしに、日本が嫌いだという気持ちよりも、韓国の方がより嫌いだという気持ちを露にしたことに、かなりの衝撃を受けていた韓国。

 韓国マスコミや政治家は、こぞって原因はなにか、なぜここまで嫌韓感情が大きくなってしまったのか、これからどうすれば良いのかなど、喧々諤々とやっておりましたが、確か政府高官でしたか『交流が深まるにつれ自然に出来上がったもの』ということを言っている人がいました。私は実に的を射ていると思います。

 この発言に対して、のんきなことを言ってるんじゃない!などという批判の声があがっていたのを記憶していますが、日本で韓国というのは『知れば知るほど嫌いになる国』と評されている通り、彼らが韓国人として普通に振舞っていること『そのもの』が、周囲との軋轢を生み出し、また嫌韓感情を生み育てているんだと言えましょう。

 日韓共催ワールドカップを境に、日本では嫌韓への流れが出来上がりましたが、そのとき韓国は『あれは一部の極右が言ってるだけ』と言って無視あるいは逆に攻撃してきました。さて、同じく嫌韓感情高まる中国に対しては、どのような対応をしていくつもりなんでしょうか。こちらをご覧下さい。(中央日報から以下引用)

中国で反韓感情解消運動「ギョムタマダ」がスタート

中国に在住するおよそ80万人の韓国人が、中国で高まっている「反韓感情」を解消するため積極的に取り組もうとしている。

在中国韓国人会(会長:キム・ヒチョル)は5日、反韓感情の解決策として「謙遜(けんそん)かつ温かい心で迫る運動(韓国語では「キョムソンハゴ・タトゥダン・マウムウロ・タガカギ」という発音になる)」という意味の「キョムタマダ運動」を中国全域で繰り広げる方針を決めた、と発表した。

韓国人会はこのため「キョムタマダ運動本部」を正式に発足し、多様なイベントと広報活動を展開する。韓国人会は4日、大連で役員会議を招集して「韓中関係の発展と韓国人のイメージアップに向けた緊急懇談会」を開き、このように決めた。

同会議には全国27支部のうち20支部の会長が出席した。出席者は90分間にわたり中国内に広がっている反韓感情の原因と解決策について自由に議論した後、決議文を採択した。

決議文は「92年の韓中国交正常化以降、交流の幅が拡大されている中で発生している誤解と対立を、民間レベルから積極的に解決していこう」と強調した。このため「80万人にのぼる在中韓国人を代表する組織の韓国人会が、韓中両国民のより成熟した和合と発展のために、全国の支部と韓国人の全的な支持のもと“キョムタマダ運動”を組織的かつ持続的に繰り広げていく」と宣言した。

また「在中国韓国人会の“キョムタマダ運動”に対し、韓国政府だけでなく中国内の経済界、宗教団体、マスコミ、市民社会も積極的に参加し後援してくれることを期待する」と述べた。

韓国人会は具体的な実践に向けた「キョムタマダ運動本部」を設置し、イム・ヨンホ首席副会長が本部長を務めることにした。また中国の女子ホッケー代表を率いて北京オリンピックで銀メダルを獲得し、人気が高まっている金昶伯(キム・チャンベク)監督を、同運動の広報大使に選定する案を積極的に検討中だ。

会議に出席したキム・ソンウン瀋陽韓国人会長は「中央日報のアンケート調査(9月1日付・1、4面)によると、在中韓国人の3割が『中国人から直接反韓感情を経験したことがある』と答えている」とし「韓国人について歪んだ認識を持っている中国人との距離を狭めるための努力が必要だ」と強調した。

キム・ヒチョル在中韓国人会長は「今回の運動を一過性のイベントに終わらせず、反韓情緒が完全に消滅するまで持続的に展開していく計画だ」と述べた。さらに「中国内の韓国人だけでなく、韓国内でも中国人を対象にした同じ趣旨の運動を展開してほしい」と注文した。

中央日報 Joins.com

2008.09.06 10:21:42


 あら?随分日本の時との対応が違いますね。やはり長年宗主国と仰いできた中国は恐ろしいか。まあそれは置いといて、謙遜かつ温かい心で迫る運動を展開する・・つまりは、これまで傲慢かつ冷たい心で中国人に接してきたと白状したわけですね(笑)。しかし、昨日までふんぞり返っていた人が、突然モミ手でニコニコしながら下手に出てきたら、逆に警戒されると思うんですけど。しかも『迫る』とか、新手のストーカーみたいで気持ち悪いです。

 何というか、いつもの『斜め上』行動で、彼ららしいといえばそうなんですが、これはこれでまた、新たな問題を生み出しそうです。中国人が誤解してるとか、歪んだ認識を持っていると決め付けてかかってますからね。居丈高にならないというだけで、一方的に『お前らが間違ってる』という考えには変わりがない。ま、どうなるか暫くはウォッチさせて頂きますが、あんたら自国の経済危機を心配したほうが良いんじゃないの?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 ヤバイ宗主国様を怒らせちゃった
関連エントリー2:韓国経済危機 さあ地獄の門が開くぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。