管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国の反発は必至だ!は金輪際使用禁止
 今月3日、韓国は済州島で行われた日中韓外相会談。ちょっとしたことでギクシャクしてしまう、お互いに『微妙』な関係であり続ける日中韓ですが、今回の外相会談では比較的前向きな(※中韓が一方的に日本を非難しなかったという意味)話し合いがされたようです。(Yomiuri Online)

 会談の具体的な中身については、上記ソースをご覧になっていただくとして、今回のエントリーでは日中の外相間で交わされたあるやり取りと、韓国マスコミが書いたある記事を紹介したいと思います。まずはこちら。(NIKKEI NETから以下引用)


「李登輝氏の訪日に関心」・中国外相、麻生氏に

 麻生太郎外相は3日、中国の楊外相と済州島で会談した。楊外相は台湾の李登輝前総統の訪日について「日本でいろいろな言動をしていることに中国政府は非常に関心を持っている」と懸念を示した。麻生外相は「政治活動は行わないと理解している」と述べた。

 楊外相は「両国が協力関係を強化し、日中関係を長期的に安定した発展軌道に乗せるために努力していくべきだ」とし、麻生外相も賛意を示した。(済州島=尾崎実)(23:24)


 李登輝氏の訪日につきましては、これまで当ブログで追ってまいりましたが、日本のアッチ系マスコミによる『中国の反発は必至だ=中国さま反発どうぞ!』という煽りが散々あったにもかかわらず中国の反応は鈍いですね。今回の訪日で李登輝氏は東京訪問を果たしたり、各地で講演もしています。これはいずれも今までの中国なら『政治的活動』として非難するところ。
 
 要するに李登輝氏が何をしようが何を言おうが、麻生外相のように政治活動ではないという認識を示せば、そこで話は終了。それ以上は中国もツッコんでこない。変われば変わるものですねえ。一昔前を思うと考えられないことです。変わらないのは煽り体質のアッチ系マスコミばかり。もう反発は必至だ!などと書くな。

 では次いってみましょう。アッチ系マスコミの得意技である煽り。これは火の無いところに火をつけてでも煙を立たせ、騒動を巻き起こす大変な迷惑行為なわけですが、この済州島での会談を巡って、韓国マスコミが何やらやらかしていたようです。(時事通信から以下引用)

2007/06/04-00:53 麻生外相の空自機利用を報道=韓国

 【ソウル3日時事】韓国の通信社・聯合ニュースは3日、日中韓外相会談に出席した麻生太郎外相が、航空自衛隊のU4多用途支援機で済州島入りしたことを「自衛隊所属機が『平和の島』済州に入った点で注目される」と報じた。麻生外相は民間の航空便を利用できない日程のため、同機を使用した。

 聯合ニュースはいったん「自衛隊機が韓国に入った前例はほとんどない」と批判的に報道した。しかし、その後、昨年の安倍晋三首相の訪韓でも航空自衛隊に属する政府専用機が使われたことなどを踏まえ、麻生外相のU4利用は「問題ない」とする外交当局者の指摘を紹介。事実上の訂正記事を配信した。


 
 何と言いますか、意図が丸見えの煽り記事ですね(笑)。憎き日帝侵略軍がまたぞろやってきた!なーんて煽りたかったんでしょう。済州島が『平和の島』だなんて聞いた事もないですが、この『平和』という言葉を織り込むことによって、日本国内のアッチ系の反応も期待したのか?

 ところが『分かりやすい』嘘をついたため(というか単にモノを知らないだけなんでしょう)、すぐバレちゃって恥ずかしいことになったと。稚拙ですなあ。煽るにしても少し考えてからやれよ、という余計なアドバイスをしたくなってしまいますが、意図したことは悪質だ。まあ、すぐに訂正記事っぽいものを掲載するあたりは、朝日などよりまだマシですがね。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:北海道新聞 中国様のためなら死んでも良い!
関連エントリー2:アッチ系マスコミのマッチポンプは百害あって一利なし
関連エントリー3:
日本のアッチ系マスコミって本当に酷いですね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
時代は変わりましたね。
 麻生外相に食い下がりもせず引っ込むとは、時代も変わりましたね。
 ま、講演を政治活動というのは若干無理があります。後で中国が非難しても「彼のあの活動は、我が国を含む先進国の基準では政治活動にはあたらない」と言ってしまえばOK。タチ悪い答です。自称先進国の仲間入りした中国が何と応えるか? 沈黙できない辺りが器の小ささを窺わせてくれてます。
 時事通信の記事はアホさ加減が出ているというか何というか。
 確か、大石英司先生のブログでしたか。
 朝まで生テレビという番組の存在意義は、出ている連中を見て自称文化人を含むマスゴミのレベルの低さを見て嗤う為にあるみたいな事を言ってましたが、マスゴミ全体に当てはまってしまう事を裏付けてしまいましたねぇ。あ、アッチ系でない人は除くですけど。
 今後も嗤わせてくれる展開を期待してしまいます。
「故に在日特別措置を廃止し、全員強制送還すべきである」
2007/06/05(火) 08:59:03 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
雨の西施か合歓の花
李登輝氏訪日について支~那くんスルー気味、ちょっと物足りない。李登輝さんせっかくの奥の細道、ここはひとつ俳味を効かせて欲しいところ。

 勾践は 越の西施に 散る合歓か
2007/06/05(火) 09:05:56 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
 シナの反日が無くなったわけではないから、彼の国の意思表示は総て政略である証拠みたいな現象だと思う、ソレを知っているシナの犬共は、初端に忠誠心を示すダケで後は沈黙の体と言う事だろう、つまり、情況は何一つ変わっていないと言うことですね。

 シナは南朝鮮とは違って、世界中の国を相手にしているワケで、反日は日本に対する基本姿勢ではあるモノの、情況によっては強くなったり弱くなったり、時には無視する事さえアルのですね、今はオリンピック開催に全力でしょう。

 そこへ行くと南朝鮮は、反日にどっぷり漬かって居て、日本に相手にして貰おうと必死になっている様にさえ見える。

 ワガママ言い放題差別のし放題で、評価が固まりつつあった「世界の孤児」の地位は、朝鮮族の評判を世界中で繰り広げる、自らの数々の蛮行で貶め続けた挙げ句、新たな評価を加えて「アジアの狂人」と言う、最早、揺るぎないモノになった事も意識されていないのだろう。

 相も変わらない、思いつきの様なネチネチとしたイチャモンの付け方を看ていると、世界代10位の経済大国として、世界に対する顔の向け方が全く意識されていない様に思える、品位も理性も全く感じない。

 良く「韓国にはまともな人も居る」と言っている人が居るが、韓国は「個人が」ではなく、「社会が」病んでいる事を認識しなくてはいけない、つまり、まともな人が狂人扱いされる社会なのだから、世界で通じる常識など、何をかいわんや。
2007/06/05(火) 10:07:31 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
それにしても
こんなに簡単に腰砕けになるんだなあ。
御主人の御機嫌次第で吠えたり吠えなかったり。

誰のために報道してるのか本心を正直に言ってみな。
怒らないから(然るべき措置は粛々とやるかも)。
2007/06/05(火) 11:37:24 | URL | 蝦夷王 #AVNby.KY[ 編集]
特ア以外の国の「平和」「友好」「人道」の記事は、2度読み
特アの国に係わった「平和」等の記事は、他紙と比べた上に3度読みが必要
とかって、日本のマスコミは新聞の読み方として教えてくれないかな~

李登輝先生の件ですが
「この李登輝先生の奥の細道紀行に、中国からの圧力がかかている。訪問予定の寺に対して、李登輝先生を管主が出迎えたりといった「特別扱い」をすれば、今後の中国との仏教交流に影響が出る、と圧力をかけてきている。」
というのがありました。
これが、事実で、中国の寺・坊さんも納得って~んなら、「そんな腐れ中国仏教と交流して日本の仏教を腐らせるなよっ」とは、思いましたね。
2007/06/05(火) 12:32:25 | URL | とん #-[ 編集]
馬鹿の一つ覚え
~の反発は必至だ。
日本は孤立する。
日本のマスゴミ得意のフレーズ。
全く何も進歩していない。
何時までも通用するとでも思っているのか?
韓国のマスゴミも同様。
時には鋭い批判も見せるが、こと日本相手だと、即火病発症して電波記事を掲載する。
ともに無用の長物だ。
消滅を望む。
2007/06/05(火) 13:00:39 | URL | 青雲大空 #mQop/nM.[ 編集]
早く
一日も早く「国民」を引き取る事をお願いしたい、日本は別に必要としていない。
2007/06/05(火) 17:55:25 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
民主が年金問題で自民を叩く訳・・・
またもブーメラン!
あの年金データ5000万件不明の根源は、民主党の支持団体・社会保険庁労組だった! 
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_06/t2007060418.html

だからこそ、民主は責任の所在を自民に擦り付けて、事実の隠蔽に必死!

スレ違いで申し訳ありませんが、重要情報の告知で。
2007/06/06(水) 03:17:35 | URL | 徒然 #-[ 編集]
>7日靖国訪問へ 台湾の李登輝前総統
>日中歴史問題の象徴となってきた靖国への訪問に対し、李氏を「台湾独立派の代表」と批判する中国は反発を強めそうだ。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007060601000791.html

読売新聞も先日ほとんど同じようなトーンで書いていたが・・・日本の国内にある宗教施設である靖国に首相であろうと、李登輝さんであろうと参拝することに何で中国様の反発が・・・!と必死になるの?!「私は22歳まで日本人でした」と公言して憚らない李登輝さんが靖国に祀られている兄上に会いに行くのに中国様の反発が!と書く記者の精神構造は実に理解に苦しむね・・・・
2007/06/07(木) 00:26:49 | URL | 平凡な一国民 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。レスが大変遅くなって申し訳ありません。李登輝氏、靖国参拝されましたね、お兄様に会えてよかった・・
2007/06/08(金) 20:00:54 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
6月3日のサンデー・プロゼクトで国民新党の亀井静香さんが、安倍さんは小泉政治との決別を宣言すべきだと言っていた。これは私の兼ねてからの主張と同じだ。違うのは、多分、亀井さんは彼の情報網から得た情報と、彼独特の政治感覚からの発言だろうと思うが、全くの普通人
2007/06/05(火) 12:11:33 | 無党派日本人の本音
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。