管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党 そんな代表を担いで大丈夫?
 今月16日、約半年ぶりに行われた党首討論。野党の党首(代表)なのに絶好のアピールチャンスである党首討論から逃げ回っていた民主党の小沢代表が、各方面から突き上げをくらって、渋々応じることにした今回の党首討論ですが、マスコミ各社とも『議論が噛みあってない』と不満げ。

 党首討論が開かれる度に、同じようなことを言われているような気がしますが、論戦が大の苦手で何を言いたいのか良く分からないことが多いのが小沢氏なので、このあたりが限界なのかもしれない。

 さて、噛みあってない議論をエントリーにするのは、どうかとは思いましたが、民主党は当ブログの主要ウォッチ対象でもありますので、一応、取り上げてみたいと思います。こちらをご覧下さい。(Yomiuri Onlineから以下引用)

「改革実績」対「首相の危うさ」、党首討論すれ違うばかり

 安倍首相と民主党の小沢代表による今国会初めての党首討論が16日、行われた。

 昨年11月8日以来で、通常国会では召集から約4か月後と最も遅い開催となった。小沢氏は教育、格差などの問題に触れ、首相の姿勢をただしたが、首相は改革の実績を強調し、すれ違うばかりで終わった。

 「政権を渡してもらえば(地方分権を)実現してみせる。口だけで政府を批判しているわけではない」(小沢氏)

 「政府・与党の責任を、言うだけでなく、きっちりと果たしていきたい」(首相)

 小沢氏の質問と首相の答弁には時折、夏の参院選を意識したような言葉が交じった。しかし、質疑が終わっても、参院選に向けた自民、民主両党の取り組みは一向に明確な像を結ばなかった。

 小沢氏は昨年の2度の安倍首相との対決では、いずれも憲法問題を中心に議論を組み立てた。今回も、最初は防大卒業式での首相の訓示について、「自衛隊幹部になる人に『自らの信念に基づいて行動せよ』という訓示は理解できない」と語り、首相の「危うさ」を印象付ける戦術をとった

 首相が「文民統制に反するものではない。心構えを説いたことがそんなにおかしいだろうか」と切り返すと、小沢氏はその後は自らの地方行脚を踏まえ、格差や税の無駄遣いに重点を置いた

 小沢氏は「全国あちこち回って皆さんの意見を聞いていると、格差が広がっている」と前置きし、福井県の自治体が融雪装置の補助金を受けるためにスキー場を作らされ、12年間使われていないと指摘した。そのうえで、「無駄遣いを洗いざらい調査し、仕組みを変えるのが政府の役目だ」と追及した。

 これに対し、首相は「我々は一切のムダを省く、筋肉質の政府を作ることをすでに約束している」と、ここぞとばかりに政府の対応をアピールした。

 自民党の中川幹事長は討論後、「自らの政策、理念を語らず、揚げ足取りに終始した」と小沢氏を批判した。公明党の太田代表は「かみ合わず、あまりいい議論ではなかった」と不満を示した。

 一方、民主党の鳩山幹事長は「首相が論点から逃げている印象を与えた」と指摘した。ただ、党内には「小沢氏は質問が長く、迫力不足だった。テーマも非常に観念的で、これでは国民受けしない」という声も出た
(2007年5月17日1時39分 読売新聞)


 最初に選んだテーマが首相の防大卒業式での訓示ですか・・このイチャモンのつけ方、非常にブサヨ臭がするといいますか、大変イヤラシイ感じでありますが、現場の指揮官は『判断するな!』とでも言いたいんでしょうか?小沢氏は。部隊ごとに政治将校を置けとでも?いつから人民解放軍マンセーになっちゃったんでしょうねえ。

 で、首相に『ハァ?バカじゃねーの?』的な返しをされて即、他の話題に移ったようですが、これが噛みあわない原因なんですよ。小沢氏は質問の形を取りながらツラツラと自分の言いたいことを先に全部喋って、首相がひと言返すとそこでそのテーマは終わり。いつもこんなパターンです。

 前代表の前原氏はもちろん、岡田氏や私の大嫌いな(笑)菅直人氏でさえ、内容や主張はともかく、同じテーマで何度かキャッチボールをするなど、もうちょっとマシな討論をしました。それに比べると見劣りがするといいましょうか、ぶっちゃけて言うと小沢氏のは討論でさえないと思う。

 もともと無いのか、何らかの理由があってそうなってしまったのかは存じませんが、今の小沢氏には対話能力が決定的に欠けている。対話能力が無いって、野党のトップとしては如何なものかと思うわけですが、こんなんで参院選戦えるんですかね?民主党の若手諸君はどう思ってるんでしょう。早く引きずり下ろした方が良いですよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
軽井沢の別荘で格差社会について語るバカ党ですからね。
こんなやつらに税金を払っていると思うと…
2007/05/18(金) 07:30:44 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
ブサヨ政党は賞味期限切れ!
小沢も民主党も賞味期限切れ。現在の野党はどこも一緒。政党助成金を返上してもらいたい。維新政党・新風が出て来るまで、自民党一党独裁で結構。その方が日本が普通の国になる速度が速い。
2007/05/18(金) 07:49:04 | URL | ホイド #-[ 編集]
民主党は又、民潭からしえんをうけている在日帰化人を参議院選に擁立させるそうです。
日本の国益より、在日同胞の利益を優先させる候補者を公認するのは日本人の利益をないがしろにしてます。
2007/05/18(金) 08:47:44 | URL | K8 #-[ 編集]
お粗末ですなぁ。
 もともと、表に出るのには向いていないとは思っていましたが。せめて討論をやるなら複数のケースを想定して欲しいものです。そこら辺を指摘できる側近がいないってのが小沢さんの最大の問題ですね。 もしかしたら複数のケースを想定しても対応できないのかも知れませんが。思うに、小沢さんって表舞台に出てから、始めた物事がうまく行った事って無かったのではないでしょうか? それなのに豪腕という妙な評価だけがある。
 鳩山さんや菅さんは
「これなら俺の方がまだマシだ」
と思っているんでしょうけどね。
 小泉首相以降、政党の表舞台に建てる人の条件がかなり変わりました。が、小沢さんは皮肉な事に変わった条件を満たす能力を持っていない。裏方以外もう出来ない人になっている。
 いや、選挙対策やるんなら裏方以外出来ないならもう無理って事を解っていない。
 安部首相の文句なしの勝ちとしか見えない。
 参院選に勝てば何とかなると思っているんでしょうけど、無理だろうな。
 こんな討論しかできない奴以外に、党首になろうとする奴がいない野党に入れる気にはなれませんよ。
 参院選後に民主党が存在しているかちょっと疑問です。無い方がよい政党になっていますけどね。
「故に在日特別措置を廃止し、全員強制送還すべきである」
2007/05/18(金) 09:11:28 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
正に
バカですね、つける薬もない。
2007/05/18(金) 09:26:32 | URL | 嫌! #-[ 編集]
小沢君、具合悪いの?
小沢君の顔は決して目にしたくない顔。悪相の人間が具合悪そうでは全くサマになりません。そう長くはない印象。鳩は糞。韓はシンガンスに見えてしまう。
2007/05/18(金) 11:53:08 | URL | あさだ #-[ 編集]
角栄の申し子
こんにちは。
強調文字で書かれてしますが、
>>政権を渡してもらえば
政権を渡すのは国民であって、自公ではありませんよね。
院政とか禅譲の小沢氏には理解できないようで。
2007/05/18(金) 12:02:04 | URL | てんてけ #59SZOI/Y[ 編集]
今後の見通し(勝手な私見です)
 こんな投げやりな感じの小沢さんは、初めてです、彼はもぅ、参院選敗北の引責辞任~政界引退を覚悟しているのではないか、と迄感じます。

 そうすると、民主党の若手は、参院選後は喪家の犬とも成りかねない、当然解党も眼中に入れて是から行動するでしょうね。

 一番無さそうに思えるのが、民主左派と公明党の合体ですが、もし、民主右派が自民党革新派と握るなら、公明の連立解消は合同条件になるでしょうから、分離した公明は同じく袖にされた民主左派と一緒になるしかない。

 更に、自民党からは内部の守旧派(旧橋本派や宏池会の一部)が分離して国民新党等を吸収して第一野党に、是で、三党体制+になる、それぞれの比率を、新自民:第一野党:公明・民主左:その他=4.5:2.5:2:1で、新自民が>4.5を保てれば、守旧派が憲法擁護に回ることはナイだろうから、例え、公明党が反対に回っても2/3超の議席数は確保できるでしょう、憲法改正のお膳立ては揃う、これで憲法改正は出来ると思う。

 逆に憲法改正をやった後が問題ではないかと。

 憲法改正にしても、キャスティングボードを握るのは、自民守旧派になりますが、今まで、そう言う立場で味をしめて来た公明党が簡単に諦めるわけがない、守旧派とは、地域の既得権に胡座をかいた地方のボスですから、地方選に絶対の強さを餌にすれば、最も籠絡しやすい相手が揃っていますし、民主左も、創価学会の選挙協力は何よりも魅力の筈、何れ、この二つは一つになるでしょう、結局、公明党が主導する対立政党が出来る。

 確かに、公明党の権限拡大に手を貸す話になるが、何れは敵として正面から叩かねば成らない相手です、それに、是だけの方向転換に、信者が着いて行けるかは、ある種の揺さぶりになりましょう。

 保守派としては、その時までに、公明党の危険さを皆で知らしめるべく努力して、選挙力を削いで、自民復党組が相当でる事を期待するしかないのですが。
2007/05/18(金) 15:55:32 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
愛知県長
文民統制の悪い部分が現在進行形の愛知県長久手町の立てこもり事件に出ている可能性があります。

警察庁の特殊チームSATの隊員が犯人に撃たれて死亡するという警察の失態事件になってしまっていますが、たぶん現場経験のないキャリア(いわゆる文民)官僚がSATの中央全権指揮官になっている事が原因ではないかと思われます。(あくまで推測)

一番最初に撃たれた警察官の救助に要した時間が5時間とは如何なる理由なのかまったく理解に苦しみます。

たぶんトップの許可が出なかったと思われます。
許可とは何か?たぶん(あくまで推測)オペレーションの許可はもとより使う武器や道具に至るまで文民トップの許可を必要としている組織構造になっていると思われます。

今回疑問なのは武器や道具の使用許可の前に救出の許可自体も下りていなかったのではないでしょうか。

中央の全権指揮官は現場のSATを信用出来ていないのではないか。
現場を見ていないので報告をいくら上げても何も理解できない状態の為及びSAT自体を理解していないのでSATをどのように指示し動かしてよいか全くわからない状態なのではないか。

その事からSATの現場指揮官は中央の全権指揮官に対して逆に強い不信感を持っているのではないか。

特に今回は本来の指揮系統ではなく刑事部門の指揮下に入ったところから見ると尚一層使い慣れていない刑事部門という構図に見えてきます。
もしかするとSATの中央全権指揮官はその事件の内容の度に違う指揮官になるのではないかと疑いたくなります。

よってSATとは非常に危ない武器なので取り扱いに厳重注意という事でしょうか?

(亡くなられた林一歩SAT隊員及びそのご家族には心よりお悔やみ申し上げます。)
しかし今回悔しいのは林隊員の亡くなられ方ではないでしょうか。

後方にいて、しかも車両の陰にいたにもかかわらず犯人による流れ弾に当たったとの事ですがどうも納得できません。その状況になってしまったことに納得がいかないのです。

ずばり今回の5時間後の救出行動は現場指揮官の独断の指揮による強行だったのではないかと思われます。(あくまで推測)

映像で見た感想ですが、しっかりとしたオペレーションにはどうも見えません。なんかちょっと無謀のような。(あくまで主観)

そもそも援護射撃はなぜ無かったのでしょうか?防弾盾だけとはなんとお粗末な事か。

もしかすると犯人が撃って来ないはずだったと想定していたのではないでしょうか。
そこへ犯人は救出完遂直前で気づき撃って来たと思われます。
そのとき後方の車両の陰にいた林隊員が目の前に撃たれた警官が引きずられて近づいて来たのを見て自分も手伝おうと車両の陰から半分以上身をのり出したとき
無防備な標的として犯人の視野に入ってしまったというところが真相ではないでしょうか。

犯人の気が付かないスキを狙って救出しようという気持ちはわかります。武器を持たない一般人の作戦だったらの話ですが。

しかしSATは違います。犯人のスキを狙うという消極的行動よりもむしろ犯人の気を引き付けるという積極的行動を前提にオペレーションを組むという観点からすると援護射撃が出来なかった事に納得がいきます。

ずばり救出許可を取れなかった。
中央全権指揮官がなかなかGOサインを出さなかっと思われます。
よって銃器の使用なんぞもってのほか。よって素手による救出オペレーションしか無かったというのが実状だったと思われます。

一般的に奇襲を含む消極的作戦は敵に事前もしくは途中にてバレた場合は甚大な被害と悲劇をもたらします。

今回も丸腰の奇襲作戦は完遂目前にて犯人にバレてしまい優秀なSAT隊員の大切な命を失うという悲劇とSAT創設史上初という殉職被害をもたらしてしまいました。

さてここで安倍首相の防大での訓示ですが
「危機に臨んで、自らの信ずるところに従って的確に決断をすることが必要。」
これはまさに現場指揮官に緊急時に於いて場合によっては全権を与え現場の緊急危機を即座に回避することも必要であるという緊急危機対処の方法を言っているのであります。

民主党の小沢氏はそれさえもダメだと言っています。常に現場にいない中央の文民によって全て指揮統制されなければならないというちょうど今回のSATのように現場の指揮官に一切全権は与えないという状態と同じ事を言っているように思えます。

SAT創設にあたってはサヨクを含む野党からの圧力によりSAT自らの判断での行動する権限は一切与えられていない集団に創られているとの事です。

緊急危機対処の方法がSATに少しでも認められていたならば、すなわち威嚇による援護射撃だけでも出来たならば間抜けないわゆる丸腰の救出行動中に林一歩SAT隊員も死なずに済んだと思われます。

SAT創設時に圧力をかけSAT自体に何も権限を持たせないという縛りを掛けた野党の国会議員は全員林一歩SAT隊員に謝るべきだと思います。




2007/05/18(金) 17:40:41 | URL | 我理礼於 #-[ 編集]
公明党は池田犬作の国会喚問を潰すだけの存在。
公明党は政策は何も無い。池田犬作の国会喚問を潰すだけの存在だから政権与党に擦り寄るだけの存在。この糞政党は犬作が消滅と同期してせんべいと共に瓦解するでしょう。
2007/05/18(金) 18:19:11 | URL | ホイド #-[ 編集]
連隊長の脇に
背広着た小姑が付いてたらやり辛いだろうな。

「文民統制」と「文官統制」は字面は似てますが別物です。
現場では専門家が適宜判断するのは当たり前のこと。

書類で戦争に勝てるなら実戦部隊は要らない。
2007/05/18(金) 20:06:50 | URL | 蝦夷王 #AVNby.KY[ 編集]
アルツハイマーとは言いませんが
93年の細川内閣時代の登場人物が居座っているのが民主党。世代交代もできない上に数のみにこだわって社会党の残党にもいい顔をしようとするから何時までも国民の信託を得られない。やっぱアフォーなんでしょうな。
2007/05/19(土) 02:01:47 | URL | chonchon #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。チト急用が出来まして、2日ほど更新をお休みさせていただきます。よろしくです。
2007/05/19(土) 09:40:10 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最初にお断りしておきますが、私は多くのブロガーの方達と同様に、他人の書いたブログについての、批判する気はさらさらありませんので、このタイトルは正確に書けば私の「私のブログ」批評です。強いて私以外のブログについて言えば、ブログを書かれている皆さんの知識、識
2007/05/18(金) 14:41:18 | 無党派日本人の本音
党首討論 対立軸が見えてこない信濃毎日新聞小沢代表は昨年10月の党首討論に続い...
2007/05/19(土) 00:44:30 | 自然食品と健康食品の「うふふ本舗」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。