管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民投票法案成立 ようやくですよようやく
 先月、衆院において可決され、参院に送られていた国民投票法案が昨日、参院本会議において成立しました。これによって憲法に規定されている改憲への手続法がないという『異常事態』がようやく、ようやく正常化されることになりました。

 さて今回のエントリーでは、憲法を改正するか否かを『国民』が投票権を行使することによって決める・・この極めて民主主義的な話を完全否定し、同法案に絶対反対の姿勢を示していた『アッチ系』の皆様が、何やら喚いておられるようなので、ご覧頂きたいと思います。(中国新聞から以下引用)

胸張る与党、野党「汚点」 「怒り感じる」と傍聴人 '07/5/14

 「審議は尽くした」と胸を張る与党、「憲政史上に重大な汚点を残す」と批判する野党。憲法改正手続きを定める国民投票法案が十四日、野党議員の抗議と与党議員の拍手の中、参院本会議で成立した。傍聴人は「怒りを感じる」と話し、国会周辺では、市民団体のメンバーらが反対する行動を展開した。

 正午前、扇千景議長が投票ボタンでの採決を促し「賛成一二二、反対九九。よって本案は可決されました」と宣言。

 傍聴していた埼玉県新座市の谷森桜子さん(60)は「六十年守ってきた憲法を一気に変えようとするのか。世界に誇る九条がなくなってしまうのではないかと怒りを感じます」と憤った。

 また国会前では、労働組合や市民団体のメンバーら数百人が法案成立に反対。「国民投票法案粉砕」「九条改憲を許さない」などとシュプレヒコールを繰り返した。

 憲法調査特別委員会の委員として議論してきた仁比聡平氏(共産)は「憲法違反の指摘もあるのに、採決に踏み切ったのは問題。重大な汚点」と憤慨。近藤正道氏(社民)も「最重要法案なのに、こんな形で審議を打ち切るのは納得できない。問題点が浮上しており、議論を続けなければいけない」と不満をぶちまけた。

 法整備には基本的に前向きで、法案の修正を求めていた民主党。大久保勉氏は「最初からXデーが決まっていて、与党は強硬だった。形式的要件は整えたが、内容が評価に値するものかは疑問」と与党の対応を批判。

 一方、与党は「審議を尽くした」と胸を張った。山本順三氏(自民)は「与野党間の論点の差はすべて埋められないが、議会制民主主義にのっとった手続きだった」と強調。沢雄二氏(公明)は「問題点も出尽くした。(憲法改正までに)細部を詰めなくてはいけないが、憲法で規定されている権利がようやく国民に戻った」と話した。


 ああクセエクセエ。香ばしい面々が騒いでおりますなあ。『粉砕!!』などと古臭いシュプレヒコールを連呼していたんですか。いつの時代の人だよ(笑)。気分は今でも大学生、ダサいヘルメット被ってゲバ棒を片手に『今日も元気に闘争!』ってか。年を考えなさいよ年を。

 で、法案成立を受けて『重大な汚点』などと言ってる共産の議員がいますが、改憲への手続法が無いという異常な状況を放置してきたことこそが重大な汚点なんだよ。何も責任を感じないの?国会議員として。次に社民の議員が『議論を続けなければいけない』などと言ってますが、何をどうしようとも最後まで反対するくせに、ふざけたことを抜かすな、と言いたい。

 まあ、こういった輩共は自分達が少数派であることを自覚しているので、改憲に繋がるような動き全てに反対してるわけですが、法案成立によって憲法はノイジーな少数派の手から国民の手に戻った。これからが本番ということになりますが、やっと手にしたこの権利を、またぞろアッチ系に取られてはなりません。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

 
関連エントリー1:国民投票法案可決 反対してる人のイカレっぷりが凄い
関連エントリー2:朝日新聞 気に入らないから廃案にしろ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
サヨクの自爆、自縛?
 共産党、社民党、一般の主婦?とされるコメントを読んでいると、丸で、朝鮮総連が出したのかと感じる様な内容だ。

 憲法96条に、改憲の規程があるのに、ナンデ、改憲してはいけないとするのが、護憲になるのかが解らない、今回はソレを実行できるようにしたダケで、正常に機能するための補正とも云えるワケなのにである。

 それに、改憲する事イコール9条改正となると、無条件に危機感を持つのは何故?、

 自分達でも9条がオカシイと思っているからじゃないの、語るに落ちるとはこのことだと思うが、サヨクの自爆好きは此処でも発揮されたのであった。
2007/05/15(火) 09:15:30 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
改憲即ち九条撤廃である根拠は?
 法律というのは適宜改正していくもの。憲法も然り。にもかかわらず改憲を行う手順がなかったから出来なかった。だから改憲手順をつくりました。要約するなら国民投票法案成立というのはそういうものです。イヤならしかるべき手順を踏んで変えれば良いだけの事。それを支えるだけの民意と議席があればですが。
反対している方々は、自分らが正義である事を確信しているなら、とっとと国民投票法案改正の準備をしては如何でしょう? 国の基本法である憲法の民意に従った改正手段がなかったという、おかしな状態を放置していたのは何故なんでしょうか?
 国民に解りやすい説明を求めます。普段説明責任を口にしているんだからできますよね?
 話を戻しますが、問題の記事は変えられますとなったら九条撤廃と同義と見なしている。何故そうなるかについては一言も触れられていない。根拠がない妄想だからでしょうか?
 共産と社民の反応を見る限り、成立しても改正できるという視点がものの見事に欠落している。後共産の方。憲法違反の疑いとの事ですが、具体的にはどこら辺がでしょうか?
 そこら辺についての説明すらない? 説明責任は何処ですか? 人に言うならまず自分もやりましょう。
今回の件については、皮肉ですが公明の議員さんの言葉が全てです。あの公明党の議員のですよ。
 ま、国立戒壇つくるには憲法改正手順がないと困るからでしょうが。
 そろそろ、自民に草加と手を切って欲しいものです。
「故に在日特別措置を廃止し、全員強制送還すべきである」
2007/05/15(火) 12:19:44 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
本来
朝鮮戦争も起こって警察予備隊の編成も進んでいたサンフランシスコ講和の時点で改正しておくべき欠陥憲法をこれからも護り通せとはどういう了見なのか。

半世紀思考が停止したままの連中と議論しても仕方ない。
もっとまともな左翼が出て来てくれないと、それこそ「右傾化」しちゃうよ。
2007/05/15(火) 13:09:35 | URL | 蝦夷王 #AVNby.KY[ 編集]
うーん
サヨクの大嫌いな象徴天皇制に関する1条を改正することができるようになる、とは考えないんでしょうかね、この人たちは。
まぁ、実際改正できるかどうかは別問題ですが。

9条しか目に入ってない連中って本当は戦争大好きなんじゃないか?

国民投票で民意がはっきりするのが怖くてしようがないんだろうなぁ。
2007/05/15(火) 14:03:11 | URL | bez #wLMIWoss[ 編集]
外国人の代弁政党は工作員に過ぎない。
>9条しか目に入ってない連中って本当は戦争大好き
 福島ミズポタソの様な、反日帰化人が望んで居るのは、結局の処、「朝鮮軍が日本領土に攻めて入っても、日本は反撃しない」と言う状況を変えたくないと言うことですよね、これらは日本にとって、正しく戦争を招く行為、外患誘致であることに疑いはない、日本の国会議員足る福島さんは、且、帰化した日本人として、反日工作員ではないかとの疑いに対して、身の潔白を証明して貰いたい、つまり、外国しかも敵性国家である朝鮮総連からの援助を、個人としても、団体としても一切受けていないこと等である。

 工作員でなかったとしても、彼女にとって、攻めてくる朝鮮人兵士の生命こそ大事であり、今周りにいる日本人の命など全く眼中にない、と言うことは明白なのだが、これらに賛成している日本人達は、9条維持の無防備、交戦放棄で起こりうる近未来の災厄が、我が身や我が子に降りかかって来る問題なのだとは、思っていないのでしょうね、きっと、我が子の鼻をそがれた顔を見て初めて気が付いたと言っても遅いのですがね。

 私の周りで、この法案反対者に多く看られた、昭和10年前後~15年位の生まれの人達(焼け跡派)が、若い者より戦争を知っている、体験している様な事を言ってましたが、彼等が戦中時一体何歳だったか、教科書を墨で塗りつぶす様な戦後の教育体制の不備を考えれば、彼等こそ戦争が何であったかを一番知らない世代なのかも知れないのです、勿論、父母や兄弟を戦争で亡くして、一番酷い目に遭っているとも云えるかも知れませんが。
2007/05/15(火) 15:01:46 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
「国民投票法案―60年後の不幸な出発」12日の社説
「投票法成立―「さあ改憲」とはいかぬ」今日の社説

中身を読む気にもならない、朝日屋らしいタイトルですw
2007/05/15(火) 15:38:59 | URL | P #ejkAdMdw[ 編集]
昭和10年代が一番朝日の洗脳を受けていると思います。朝日を読むことで、自分のことをインテリと思い込み、理解できない記事内容は、理解できない自分が悪いと。

以前、ガチガチの朝日信者に、国旗国歌を強制するのはいけないが、日ごろから重要性を教えないと日本人は外国に出かけたとき、国旗国歌を尊重しない礼儀知らずと思われると話すと、演奏中座っているのが日本流なんだ。立つ必要はない。何でも外国に合わせる必要はないと説教された経験があります。

2007/05/15(火) 16:12:20 | URL | 自己反省 #-[ 編集]
焼け跡派
洗脳度?戦争を知る?生きる地域で異なります。田舎育ちの裕福な大学生之が全て、町の子は生きるのと闘争が精一杯、現実を眺めているから洗脳度は意外と低い。
この頃は日本共産党が「過激改憲派」だったのです、今「9条党」。
2007/05/15(火) 18:31:39 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
9条擁護 =
第1条の天皇制の堅持派なんですね~と言うと、
途端に沈黙する「護憲派」。 黙ったところで、更に
9条が中国や韓国にも導入されるように、頑張りましょう!
と畳み掛けると、不機嫌になっちゃうのはナァゼ?
2007/05/16(水) 02:18:35 | URL | 徒然 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。この人達、まあ予想通りの反応を見せてはいますが、見ていてつくづく情けない。
2007/05/16(水) 09:55:13 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ついにこの日がやってきた。 憲法の前文において国民は「憲法制定者」「主権者」とされ、憲法第96条に改正条項があるにもかかわらず、具体的な憲法 改正手続について定めた法律が無いという異常な状態。 国民が定めた憲法であるならば国民の意思によってそれを改廃しうる
2007/05/15(火) 08:44:52 | 加賀もんのブログ
昨日国民投票法案が参議院も通過しました。メディアではまだまだい色々と言ってるようですが、やっと、憲法改正に向けた第一歩を踏み出せたというところです。 まだこんな事やってる方々もいらっしゃるようですが、"護憲"に自信があるならば、国民投
2007/05/15(火) 12:46:37 | ☆独断雑記 JOY Part?
 本題に入る前に…… 今日(5/14)は大きなニュースがありましたね。■国民投票法、与党の賛成多数で成立 実現は早くて23年(産経5/14) 主権者たる国民には憲法を改正する権利があるはずです。なのに60年間...
2007/05/15(火) 13:12:24 | ぼやきくっくり
  我が国の政府というのは、「自国民」をあまり愛していないということがはっきりわかる政策が登場しました。以前、このブログでもさんざん議論になったものの続編です。平成19年度「アジア人財資金構想」についてhttp://www.kyushu.meti.go.jp/press/19_4/19_4_16.htm
2007/05/15(火) 14:45:55 | 日々是勉強
 昨晩・スーパーで美味しそうな弁当が売っていたので2つも買ってしまった。  こん
2007/05/15(火) 15:26:02 | Empire of the Sun太陽の帝国
 国民投票法案が成立しましたが、西日本新聞の今朝の記事を見て、報道を利用した左翼運動が展開されることを懸念しました。 共産党系の9条の会関係者ばかりで、全然公正とはいえないものです。 末尾に「改憲の声も載
2007/05/15(火) 22:35:47 | なめ猫♪
憲法改正手続を定める国民投票法案が今日、参議院で可決され、改憲問題はようやくスタートラインに立ちました。それにしても、実際に憲法が改正されたわけでもないのに、何ですか今日の騒ぎは!? 「六十年守ってきた憲法を一気
2007/05/15(火) 22:48:08 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
☆★安倍首相は「戦後レジームからの脱却」へ、政策を着実に前進させている!☆★ (1) 今までの「無思想外交」から、価値観外交(自由・民主主義・人権・法の支配)を強力に推し進めており、この価値を共有する国々から高く評価され、信頼されつつある。(2) 六ヶ国
2007/05/16(水) 01:21:12 | 日本の心を育むネットワーク
祝・国民投票法案可決!一自民党議員に護憲派の主張全てが論破されてしまう! 【国民投票法案可決!】古館&加藤工作員、自民党議員に完全に論破される! 【国民投票法案可決!】古館&加藤工作員、自民党議員に完全に論破される - A fun
2007/05/17(木) 20:04:17 | YouTubeだけじゃない!興味深い動画を紹介するブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。