管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞 気に入らないから廃案にしろ!
 今月12日に衆院憲法特別調査委において採決され、可決した国民投票法案。昨日のエントリーでは、同法案が可決したことでファビョったアッチ系の声が満載の『朝日新聞』の記事を紹介しました。

 紹介した記事を見ると、反対者の声ばかりで賛成者の声がひとつも載っていないという、極めて偏ったものだったのですが、当の朝日新聞が『憲法改正に繋がるからダメ』などと本末が転倒したことを言う筆頭だから仕方ない。

 そんな朝日新聞、偏向記事を書くだけでは物足りなかったのかどうなのか、昨日付けの社説でかなりの電波を放出しております。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

国民投票法案―廃案にして出直せ

 憲法を改正すべきかどうかを問う国民投票法案が、与党の自民、公明両党の賛成多数で衆院で可決された。憲法という国の大本を定める議論が、対決路線の中で打ち切られたのは不幸なことだ。

 長年にわたる護憲と改憲の原理的対立を経て、国会は具体的な論点にそって憲法論議ができる土台作りを進めてきた

 そして一昨年来、改正論議に入る前段階として、自民・民主・公明の3党が主導して、憲法改正の是非を問う手続きである国民投票法の仕組みを審議してきた。法案に反対の立場の共産、社民両党も、審議には加わってきた。

 憲法改正の仕組みを決める今回の法案づくりは、できるだけ幅広い政党のコンセンサスをつくって進めるべきだ、と私たちは主張してきた。

 憲法改正には、衆参各院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が発議する必要がある。さらに国民投票で過半数の賛成が得られなければ、憲法は変えられない。高いハードルを設定したのは、憲法とは国のかたちにかかわる基本法であり、改正すれば、その後数十年にわたり国の政治を大きく規定するからだ。

 こんどの国民投票法は、そうした憲法論議に深くかかわる重要な法案である。憲法改正と同様に幅広い合意があってしかるべきだ。ある特定の時点での多数派の思惑や、単なる選挙目当てで進めてもらっては困る。少なくとも野党第1党の賛成を得ることがのぞましかった。

 2000年に国会に憲法調査会が設置されて以来、自民、公明、民主3党の議論は、政局をからめないように注意しつつ、公正中立なルールづくりをする路線を大切にしてきた。だが、7年の協調がこれで崩れてしまった。

 その責任はまず、選挙の思惑を持ち込んだ安倍首相にある。「憲法改正を参院選でも訴えたい」と争点化したからだ。戦後レジームからの脱却を図る安倍カラーを発揮する作戦だろう。一方、民主党側も、与党だけの可決という展開によって、参院選での攻撃材料を得た。

 ここで採決に踏み切った与党側にすれば、もう十分審議は尽くしたし、譲るべきものは譲ったということなのだろう。

 しかし、今回の可決は野党を硬化させ、実際の憲法改正の可能性はむしろ遠のいたとさえ言われているのは、皮肉なことである。

 法案には、メディア規制の問題、公務員の政治的行為の制限、最低投票率の設定など、審議を深めてほしい点がある。

 参院では夏に半数の議員が改選されるので、法案を継続審議にはできない。成立か廃案しかない。

 世論を見渡すと、憲法についてどうしても改正すべきだと多くの人が考えている論点は、いまのところない。

 時間は十分にあるのだ。参院は法案を廃案にしたうえで、参院選のあとの静かな環境のなかで、与野党の合意を得られるよう仕切り直すべきである。


 衆院の憲法特別調査委で可決したのに廃案にしろ?アホですか?この社説を書いた人は。あれですか。拙速だ議論が不十分だ問題があると言って一度廃案にする→問題点を解決した(というか折れる)上で与党が再度法案を提出→朝日などがまたぞろ新しい問題点を『作って』拙速だ議論が不十分だと言って廃案にしろと叫ぶ→以下無限ループ・・いつまで経っても法案は成立しない。これを狙ってるんですか?

 でもね、もうその手には誰も乗らんよ。断固反対絶対反対の社民・共産は論外として、民主党はせっかくここまで進めてきた議論をご破算にするような対案を『採決直前』に出して裏切った。今の小沢、鳩山、菅が民主党の執行部に居座ってる限り、民主党がこの法案に『真面目に』取り組むことなんぞあり得ないってのは誰が見ても明らかだろう。よってマトモに相手なんかしてられん。

 で、朝日は『今回の可決は野党を硬化させ、実際の憲法改正の可能性はむしろ遠のいたとさえ言われているのは、皮肉なことである』なーんてイヤミったらしい事を書いてるわけですが、これも上で指摘した事と同じで、民主が今のままなら間違いなく憲法改正への動きに反対してくる。別に今回の採決が原因というわけじゃない。

 最後にもうひとつツッコミを入れとくと、『世論を見渡すと、憲法についてどうしても改正すべきだと多くの人が考えている論点は、いまのところない』なんて断言しちゃってますけど、その世論って一体どこの世論だよ。お仲間内だけの世論ですか(笑)?ちゃんと世の中が見えてますか?そんなんで新聞社なんて名乗ってて恥ずかしくないの?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:民主党 どこまでも無責任な政党
関連エントリー2:反対してる人のイカレっぷりが凄い


お知らせ:管理人急用のため本日、明日と2日間の更新をお休みさせていただきます。申し訳ありません。宜しくお願いします。(16日12:11分追記)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
当った事が無いからね
朝日が先導した戦後の案件、当った事ないからね、朝日の反対しとけば成功するだろう。~一言加えれば18歳は無いよね、記事には関係ないけど。
2007/04/15(日) 08:27:56 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
馬鹿に付き合う必要無し!
国家百年の大計より目先の選挙が優先の選挙互助会や時代の変化に気付かない泡沫政党にこれ以上付き合っている暇は無い!
2007/04/15(日) 08:31:58 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
これで通りますね。
 元々、小沢氏が丸呑み以外不可なんて言い出す前は意見取り入れていたんですから。これは小沢氏の戦術ミス。で通ったから廃案にしろと戦術変更。どうしようもない。
 今のうちに参院で成立させるべきでしょう。で、改めて参院選で争点にしたければさせればいい。丸呑み以外不可なんて条件出した時点で、そりゃあんたがおかしいと思うのが国民の常識ですから。
 ま、国民の関心があまり高くないんですけどね。この法案。
 せめて、国会で過半数にしておけばいいのに。
 この社説も署名無しですね。あまりに電波な記事だから恥ずかしくて署名できなかったのか? それともアカヒは権利は振り回しますが責任と義務は一切果たしませんという姿勢の表れか? 後者なんでしょうがね。社説任されるってのは名誉なことの筈ですから自信を持って署名すればいいのに。匿名を非難するマスゴミのくせに自分らは匿名というのが何とも。
 在日特別措置を廃止したらマスゴミの論調ががらっと変わったりはしないよな。なんかこの記事読んでいると変わりそうでイヤです。
 半島系だけ特別という措置はそろそろ辞めるべきでしょう。他の外国人と同様に平等に扱いましょう。といったら特権を手放したくないと喚くんでしょうが。
 在日特別措置廃止の署名運動ってやったら、署名が都民の人口と同じくらい集まるのではなかろうか? 今の世の流れを見るとそう思ってしまいます。でも、マスゴミは封殺するんだろうなぁ。
「故に在日特別措置を廃止し、全員強制送還すべきである」
2007/04/15(日) 09:35:59 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
朝日新聞の反日・売国は会社ぐるみなんですね
 ん~、朝日新聞って、未だ存在しているのですね、勤めている人は恥ずかしくないのかな、自分の会社が反日宣伝、反国家活動で稼いで居るのに、社員は、例え記事の内容には無縁な仕事をやっていようと、結局、そこから給料を貰っているワケですから、自分達も反日活動やっているのと同じでしょう。

 組合が会社を乗っ取った、と云う世にも希な会社ですから、中味がマルで想像できないのですが、見かけは普通の会社と然程の違いはないでしょうね、唯、普通の会社なら歯止めが効く部分に歯止めそのものが無い懼れは大ですね、例えば、エイプリルフールで「社長辞任、責任者馘首」と言う、自社の株価に大きく影響しかねない情報を自紙に載せた件は、インサイダー取引の疑いにすらなる行為を会社ぐるみで容認した例だ。

 この行為には当然、広告料が形式的でも社内処理されてるだろうから、総務も経理も関与している筈ですから、何処かでストップが懸けられたと思うが、社員の中に誰一人そういう良心とか常識とかを持ち合わせている人は居なかった事になる。

 株式を上場しているかドウかは知りませんが、もし上場しているのなら、株主は余程寛容な方々なのだろうと感心する。
2007/04/15(日) 10:08:35 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
審議を打ち切らざるを得なかったのは
民主党が土壇場で逃げたからでしょ?

どうして安倍総理の責任になるのか得心が行かない。

それと、この法律は「実際に改憲するか否かに関係なく」存在してるべき法律なので、この段階で騒いでるのはおつむが足りない人ですよ。

改憲案はまた別に作らねばならないのだから。
2007/04/15(日) 15:36:37 | URL | 蝦夷王 #AVNby.KY[ 編集]
特になし
どこまでの案件を国民に問うのか疑問です。未だに反日プロパガンダの勢力が強い日本で果たしてこれが吉とでるのかどうか。
私が反対している人権擁護法案も法案名だけを見るといい法案に思えるかもしれませんが、中身はとても褒めれる内容じゃありません。しかし、反日プロパガンダはひたすら良い法案と印象付けをして、この法案が通ってしまうのではないかと危惧しています。

2007/04/15(日) 18:48:00 | URL | 特アは大嫌いだし、右翼思想の強い俺だけで・・・ #mQop/nM.[ 編集]
っていうか
だいたい新聞社なんて関係なくて、最後は国民投票で決まるんでしょ?って、憲法に書いてあるんでしょ?で、その国民投票のやりかたが全く決まってなかったから決めましょってのが何が悪いんだか..
憲法改正反対って人たちが護憲だそうですが、ちゃうやん、憲法護ってないやん、書いてあること無視してんやから。
とにかくアサヒは即廃刊していただくよう心よりお願い申し上げ。
2007/04/15(日) 19:18:55 | URL | ファイブ #-[ 編集]
朝日って間抜けでしょ?

憲法改正の必要性は国民のほとんどが必要と考えてるはず(漏れもその一人)

そもそも隣国にテロ国家、侵略国家が居る以上いつまでも武力行使できない両手を縛られた状態では外交にも限界が出てくるのは明らかなのに
2007/04/15(日) 19:54:32 | URL | アサヒキライ #-[ 編集]
朝日他のサヨク勢力は日本が特亜の侵略を阻止する法整備を行う事を最も怖れている事はわかってるからこれくらいの反応は予想できたけどね。
なにしろいまだに共産革命を夢見てるんでしょ?サヨクって。
2007/04/15(日) 19:59:59 | URL | sotobou line #-[ 編集]
朝日に広告を掲載している企業に告ぐ
朝日に広告を掲載している企業は朝日新聞を支える企業。朝鮮半島と中国共産党に媚び、日本を売る新聞の協賛企業として不買運動を展開するので、その積もりで。
2007/04/15(日) 21:27:54 | URL | Massive #-[ 編集]
憲法改正が難しくなったなら
憲法改正反対の朝日新聞にとって何の問題が?W
寧ろ歓迎ではないんですかね?
素人に一発で矛盾点見抜かれる社説しか書けない記者しかおらんのですかね?ここはww
こんなグダグダ記事書いて金が貰える会社って素晴らしいですね
2007/04/15(日) 22:10:39 | URL | nihondanji #-[ 編集]
民主党、朝日新聞ともに「正常運転」です!!
>少なくとも野党第1党の賛成を得ることがのぞましかった。

確かにそうだね・・・・で、民主党はどういう行動に出たのかな?反対のための反対ね・・・民主党案を丸呑みしなければダメってね!!はい、はい・・・・まあ、民主党も朝日新聞もいつもと何ら変わらない、健全な「正常運転」状態ね・・・・・・・・はい。
2007/04/15(日) 23:06:57 | URL | AA #-[ 編集]
今日の産経抄で
批判されていました。もちろん産経が正論でしょう。

【産経抄】
 春風に誘われて、東京都町田市の小高い丘の上にある「武相荘(ぶあいそう)」を訪ねた。実業家の白洲次郎、随筆家の正子夫妻が暮らしたかやぶき屋根の農家は、いまは記念館になっている。2人が愛した工芸品や調度品を眺め、おいしい抹茶をいただいてきた。

 ▼日米開戦前から日本の敗戦と食糧難を予想し、昭和18年からこの地で農作業に励んでいた次郎は戦後、米国との“もうひとつの戦い”に駆り出される。ケンブリッジ仕込みの英語を駆使して、占領軍司令部と渡り合った事実は、最近では広く知られるようになった。

 ▼26年9月のサンフランシスコ講和条約の調印式で、吉田茂首相が読む受諾演説の原稿は当初英語で書かれていた。「独立の原稿を相手の言葉で書くバカが、どこの世界にいるんだ!」。次郎はあきれて、和紙と毛筆を用意し日本文に差し替えた。長さは30メートル、巻くと直径10センチにもなった(『白洲次郎 占領を背負った男』北康利著)。

 ▼「プリンシプル」(原則)という言葉を何より好んだ。占領軍が日本国憲法を押しつけた経緯は誰よりも知りながら、象徴天皇や戦争放棄といった、米国の原則は評価していた。同時に日本人が原則を打ち出し、新たな憲法を制定するのは当然だと考えていた。

 ▼その憲法改正の手続きを定めた国民投票法案が衆院を通過した。泉下の次郎も感無量だろうが、「廃案にして出直せ」と乱暴な主張をする新聞もある。民主党が反対に回った責任は安倍晋三首相にあるとか。

 ▼自民、公明はこれまでの協議で、民主党の主張を大幅に取り入れてきた。土壇場になって合意を拒んだのは民主党の方だ。参院選で対決色を強めるのが目的だとしたら、この党の憲法改正に対する原則はどこにあるのだろう。

(2007/04/15 05:01)

http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/sankeisho/070415/sks070415000.htm
2007/04/16(月) 02:26:43 | URL | saratoma #-[ 編集]
丸呑みでもどうせ反対
議論が尽くされてないとか言うなら、「丸呑み以外不可」なんて条件を出した民主党の、議論する気も見えない姿勢を批判するべきでしょう。自民党が出した法案も、当初の民主党案にかなり譲歩したものでしたし。
仮に自民党が丸呑みしたとしても、自民党が法案提出したらどうせそれに反対するんでしょうが、民主党は。
2007/04/16(月) 13:29:33 | URL | るな #JalddpaA[ 編集]
朝日?論外!
多くの国民は朝日なんて馬鹿新聞より遥かに賢明。したがって、このところ朝日の思惑は全て裏目、裏目。
先の都知事選の浅野氏、最初はよく分からない人物でしたが、朝日の応援のお陰で相当ヤバイ人物であることがハッキリ! 朝日の逆を行けば間違いなし。
2007/04/16(月) 18:11:14 | URL | ふくだ #-[ 編集]
朝日新聞は気に入らないから廃刊にしろ!
朝日は汚物に過ぎません。必要ないのです、この美しい国、日本には。
2007/04/18(水) 03:35:12 | URL | saratoma #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。この2日間、急なお休みを頂きましてすみませんでした。本日から通常更新を再開しますので、宜しくお願いします。
2007/04/18(水) 10:42:03 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
民主党の国民投票法案の対応でまたマイナス点を稼いでしまった。党利党略が過ぎる小沢民主党(4月14日付・読売社説)でも、 民主党の姿勢には、首をかしげざるをえない。 国民投票法案については、昨年暮れ、与党と民主党が、9項目の修正項目で合意した。衆院憲法調査特
2007/04/15(日) 12:32:17 | 無党派日本人の本音
 9日午後1時10分過ぎより3月8日に提出した児童・生徒支援加配教員の目的外使用の是正と出張旅費などの返還を求める住民監査請求を受けての意見陳述会が行われました。 20人ほどの収容人数の監査委員会会議室に県教委側
2007/04/15(日) 21:17:16 | なめ猫♪
自爆テロが止まらない。これについて、天木 直人さんはその原因を 経済支援は真の平和が達成されてからの話だで、確かに自爆テロは絶望からくる破壊行為である。自爆テロに走る者たちの原因は様々である。経済的貧困から自爆テロに走る者もいるだろう。原理主義の狂信
2007/04/16(月) 11:48:30 | 無党派日本人の本音
 昨日「国民投票法案」が衆院を通過し・今国会で成立することが確実になった。  1
2007/04/16(月) 16:44:02 | Empire of the Sun太陽の帝国
「孫子の兵法」は、本国・シナよりも日本の方がよく読まれているという。我が国では有名な「孫子の兵法」には、戦に勝つ為の方法論が詰まっている。兵とは詭道なり。 故に、能なるもこれに不能を示し、用なるもこれに不用を示し、近くともこれに遠きを示し、遠くともこれに
2007/04/16(月) 20:16:39 | 【愛國】ハゲリーマンの【憂國】日記
昨日のテレビ朝日のテレビ・タックルで温家宝首相の日本訪問、南京事件、慰安婦問題に関してのテーマが取り上げられた。この中の幾つかの気がついたことに関して、私の考えを書いて見たい。<<慰安婦問題など戦争中の問題の纏め>>その前に、私は何度か慰安婦問題か取り上
2007/04/17(火) 07:28:54 | 無党派日本人の本音
国会広報協議会(国民投票広報協議会)による広報活動は、国会議員(特別職国家公務員)の地位を利用した国民投票運動そのものです。公務員・教育者の地位を利用した国民投票運動を禁止しながら、国会議員による、しかも莫大な税金を使った運動がOKだなんて、明らかにおかし
2007/04/27(金) 18:36:43 | 平和への結集第2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。