管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道新聞 日本が普通の国になるなんて!
 先日、埼玉県の入間市にある航空自衛隊基地に、日本で初めて弾道ミサイル防衛のための地対空誘導弾いわゆる『PAC3』が配備されたというニュースを紹介しました。

 どこかの誰かが日本に向けて撃ってきたミサイルを迎撃するという、極めて防衛的な兵器であるPAC3ですが、このニュースを見て何を勘違いしたのか『アジアの緊張をいたずらに高めることにはならないか』などと斜め上のイチャモンをつけた新聞社がありました。

 その新聞社の名は北海道新聞といいますが、日本が普通の国になろうとしていることが気に入らないらしく、色んな理屈を並べ立ててPAC3の全国的な配備に大反対。お次は集団的自衛権について何やらイチャモンをつけてるようです。こちらをどうぞ。(北海道新聞から以下引用)

集団的自衛権*不行使は譲れない原則(4月6日)

 自国と密接な関係にある国が武力攻撃を受けたとき、共同で実力阻止する権利を集団的自衛権という。

 日本は国際法上はこの権利を有しているが、憲法九条に照らして行使できない。

 政府はそう解釈し、公式見解としてきた
。しかし、安倍晋三首相は気に入らないようだ。

 どんな場合ならそれに抵触しないのかを個別の事例ごとに研究する政府の有識者会議が、今月中に発足する見通しとなった。研究といいながら、目指すところは集団的自衛権の行使に道を開く理由付けだろう。

 集団的自衛権の不行使は日本の平和主義を支える太い柱であり、多くの国民が支持してきた。そこにためらいもなく手をつけようとする首相の姿勢に危うさを覚える。

 この研究は米国の要請に応えるものでもある。

 在日米軍再編やミサイル防衛(MD)システムの構築を通じて、日米の軍事一体化には拍車がかかっている。

 MDの運用などでは、すでに一線を踏み越えかねない軍事連携の動きも出ている。

 両国が目指す「同盟の深化」とは、米国の世界戦略に日本がいっそう関与を深めるということにほかならない。そのとき邪魔になるのが、集団的自衛権は行使できないという制約だ。

 国連平和維持活動(PKO)やイラク復興支援などに派遣された自衛隊は、この原則にのっとり自制的に任務を遂行してきた。

 米国からすれば、一緒に行動していながら攻撃を受けても一緒に抗戦できない自衛隊は、歯がゆくて仕方がない存在かもしれない。

 しかし、だからこそ自衛隊は現地で厚い信頼と高い評価を得ることができたのではないか。

 国際社会で平和希求の運動の先頭に立つ日本の発言が説得力を持ってきたのも、自衛隊の武力行使を厳しく律してきたからだ。

 それがいささかでも揺らぐことは、戦後の日本外交の努力と成果を台無しにする恐れがある。

 防衛省の発足に伴って、自衛隊の海外活動は本来任務に格上げされた。さらに自民党は、海外派遣の恒久法制定も検討している。

 いずれも将来の改憲につながるひと筋の道の上にある。集団的自衛権をめぐる有識者会議の論議は、その流れを加速させるに違いない。

 首相は先月、北海道新聞などのインタビューで集団的自衛権の研究について「そんなに時間をかけるべきではない」と述べた。

 とにかく結論を急ぎたいということだ。だが、その研究を始めるだけで警戒感を強める国も出てくるだろう。どう考えても賢明なことではない


 出たよ・・その研究を始めるだけで警戒感を強める国も出てくるからやめろと。あのさ、何かあると『中韓が再侵略の恐れを抱く!』などと騒ぐのはもうやめろよ。金輪際、何があろうとも半島を含む大陸に進出するのは御免であるというのは、ここ100年で日本が得た最大の教訓であり、ほとんどの日本人が持つ共通認識なわけで、中韓に攻め込んで云々なんてのは絶対にあり得ない話。

 それに、彼らは日本による再侵略とやらを恐れているのではなく、日本が普通の国なるのが嫌なだけなんだよ。今までは日本が手足をがんじがらめに縛られて何もできないのを良い事に、中国や韓国は日本の周辺で好き勝手なことをやってきた。尖閣諸島や竹島の問題なんてモロにこれの影響。ナメられた結果ですよ。

 が、『普通の国』が当然のように有し、必要な時には行使出来る集団的自衛権を日本が『普通の国』と同じように行使出来るようにする、つまり『普通の国』になれば(近づけば)、いつまでも彼らは好き勝手なことをやってられない。警戒感を持つということは、すなわち抑止に繋がるということだ。というかね、警戒感を持ってもらわないと困るんです本当は。

 第二第三の尖閣・竹島問題を出さないためにも、日本は一刻も早く『普通の国』になる必要がある。北海道新聞は安倍首相の『そんなに時間をかけるべきではない』という発言に噛み付いていますが、民主党の長島議員が『自衛隊の幹部や専門家を集めて3時間ぐらい集中討議をすれば結論は出るはず(長島氏ブログ)』と言うように、本来ならとっくに結論が出ていて良い話。

 今後、政府が結論を出すあるいは出す予兆があれば、北海道新聞をはじめアッチ系のマスコミは『議論を尽くしたとは思えない』とか『早急に過ぎるのではないか』などと電波放出してくるでしょうが、真に受ける必要は全くありません。というかこいつら、納得したり同意するつもりなんてハナから一ミリもありませんし。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

 
関連エントリー:北海道新聞 特ア某国から言われて書きました
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本外交の成果?
成果が有ったと?無いから考え直さなきゃいけないんだけど、最初の視点から狂ってんじゃ記事なんてもんじゃない、只の「愚痴」だよ。
2007/04/07(土) 10:06:08 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
道新はやはりゴミ新聞だね
特アの軍拡には目をつぶり、日本の防衛力強化に悉く意義を唱える者、これは全て「売国奴」です。アカヒや侮日が代表ですがね・・・。

コイツらは何が何でも憲法9条という、幻想世界に浸っていたいんだね。
多くのマトモな日本人は、貴様らと共に平和念仏唱えながら死ぬ気は、更々ないから。それだけは理解しておけ。
2007/04/07(土) 11:22:06 | URL | 鳩嫌い #-[ 編集]
まだ現実から目を背けているのか
 集団的自衛権はもう、行使しないと北とか北京がやばいからそうするだけ。今まで別に理念でやってきたんではなく、単にやらんで済んでいたからって事が解ってない。理念を優先にて現実の生活が不自由するくらいなら、そんなもの捨てて現実の生活の豊かさと安定を維持する。それが政治家が取るべき道で安部政権はそれをやっているだけ。ま、9条なんて妄言はさっさとお蔵入りにしましょう。ま、その前に普通の国と同等の権利を自国の安全のために行使して良いという常識的結論を出して貰わないといけませんが。
2007/04/07(土) 11:24:14 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
公式見解?
そんなものは一度の閣議で変更出来ますよ。

「集団的自衛権不行使」なんて厳密に適用したらイージス・システムのデータリンクも出来ないんだから、そろそろ変更の潮時でしょう。

その場合、当然「軍事機密漏洩」を罰するための法整備も避けられない。

ま、精々頑張って潮の流れに逆らってて下さいな。
2007/04/07(土) 16:44:41 | URL | 蝦夷王 #AVNby.KY[ 編集]
偶然にしては出来すぎ
やじざむらい様のブログを読み始めてから判ったことですが、北海道新聞はじめ地方紙でアッチ系の電波発信する所って、共通項があると思いませんか?
例外はありますがアッチ系電波新聞の販売エリアを地図の上でトレースすると、綺麗に軍事的要衝地に重なる様なんです。つまり、日本に着地上陸する場合、上陸し易いところのヒンターシティーがアッチ系電波新聞の本拠地と重なってるようなんです・・・・。
もちろん妄想ですが、偶然にしては出来すぎてるように思えてしまうんです、ハイ v-21
2007/04/07(土) 17:21:52 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
馬鹿もこれに極まれり
”戸締りをしっかりしたら、近隣の犯罪者が困るから鍵をかけるな”みたいな論理ですね・・・・・。
これでよく新聞社が成り立つものだと思います。

自分の住んでいる県の隣では”住民が不安がるから、原発の防災訓練はするな”なんて暴論がまかり通っていたそうです。
2007/04/07(土) 21:17:51 | URL | 通行人A #.Wj8dMe.[ 編集]
サヨクな人はまじめに心配している
>中韓に攻め込んで云々なんてのは絶対にあり得ない話。

サヨクな革命・理想のためならば、
多少の犠牲も独裁も、当然ながら主義主張の違う連中を粛清するのも、彼らにとっては当然のことなんで心配なんですわ。

根本は、
革命時t減のためには現政権も・軍も、出来絵羽警察力も無力化しておかないといけないわけですし・・・。

そう理解するといいのかも。

健康原理主義者が健康のためなら死んでもいいというように主張してるのと同じで、なかなか理解しにくい。

地球市民的・平和原理主義っぽいノーテンキ・サヨクは、平和の為なら国が滅んでもいいってことなんでしょう。その先に想いがいかない原理主義者は始末に終えない。
2007/04/07(土) 23:04:12 | URL | わをん #-[ 編集]
お決まりのお題目を唱えるだけで平和を維持できるとでも思っているのでしょうか?
現在の日本を取り巻く環境はそんな生易しいものではないでしょう。
それも理解出来ないのならら明日にでも新聞屋なんて廃業してほしい。

おっと日本の無力化が目的の確信犯なら言うだけ無駄か。
2007/04/08(日) 00:40:50 | URL | 道新は善人面した破壊者? #-[ 編集]
道新は第五列か
 道新さんは、北海道の所為か、トレンドに乗り遅れて居りますね、売国トレンドは朝日の凋落からして、将来性のないモノとして捉えられて居るんですよ、(あの)中日新聞でさえ、常識派の「自虐史観はもう止めよう」なんてコメントを載せるんです、そろそろ、自分達の立ち位置を再点検してみたらドウでしょうか、ズバリ、「9条擁護は必要か」です。

 北海道は、未だ領土拡張主義を捨てて居ないロシアの垂涎の的でしょうし、未だ本州以南を「内地」と呼ぶ道産子にとって、マルで棄民の様な扱いの経済施策では、日本離れが起きても仕方がないのかも知れません、しかし、そういう状況が造り出されたのは、マルキスト横路北海道知事と北海道売国新聞の恣意だったのではないか、と私は疑って居ます。

 本当にコミンテルンが消滅したのか、本当に疑わしいと本気で思っている私には、道新が報道に併せて行う「第五列機関」的言論には、国家転覆の危険さを感じます。
2007/04/08(日) 07:04:38 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんにちは。

>嫌!さん

日本外交の成果?-

アッチ系は日本外交の成果を認めたことなど無いくせにね(笑)。

>鳩嫌いさん

コイツらは何が何でも憲法9条という、幻想世界に浸っていたいんだね。-

それもまた良いですが、願わくばマスコミ業界から足を洗ってからにして欲しい。

>暇人さん

その前に普通の国と同等の権利を自国の安全のために行使して良いという常識的結論を出して貰わないといけませんが。-

その通りですね。日本でしか通用しない奇妙奇天烈な理屈は、そろそろ排除していい。

>蝦夷王さん

「集団的自衛権不行使」なんて厳密に適用したらイージス・システムのデータリンクも出来ないんだから、そろそろ変更の潮時でしょう。-

そういえば、データリンクなど情報の共有化について文句言ってる新聞が既にありましたね(笑)。

>光源氏さん

例外はありますがアッチ系電波新聞の販売エリアを地図の上でトレースすると、綺麗に軍事的要衝地に重なる様なんです-

うーむ・・確かにそうかも。ただ、地方紙はほんのごく一部を除いて殆どがアッチ系なので、アッチ系を赤、非アッチ系を白として販売エリアを色分けすれば、日本中がまっ赤になるような(笑)。

>通行人Aさん

”戸締りをしっかりしたら、近隣の犯罪者が困るから鍵をかけるな”みたいな論理ですね・・・・・。-

言ってる事はホントこれと大差ないですからね・・道新は正気か??

>わをんさん

地球市民的・平和原理主義っぽいノーテンキ・サヨクは、平和の為なら国が滅んでもいいってことなんでしょう。-

本末が転倒しまくってるよなあ・・

>道新は善人面した破壊者?さん

おっと日本の無力化が目的の確信犯なら言うだけ無駄か。-

未だに革命を夢見てるんだろうか・・

>(あの)中日新聞でさえ、常識派の「自虐史観はもう止めよう」なんてコメントを載せるんです-

ああこれ見ました。なかなかのナイスジョークでしたね(笑)。ただ、中日新聞の中の人は気付いてないような気がします。
2007/04/08(日) 13:42:17 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ある日ふと思いついて近郊の新興住宅団地を歩いてみた。最新の洒落た色々な建物、必ず付いている、駐車スペース、庭で咲き誇っている春の花。これが今の言葉で言う勝ち組だ。とすればホームレスは負け組で、その予備軍になるかも知れないニート族といろいろ考えながら、歩く
2007/04/07(土) 08:05:36 | 無党派日本人の本音
 産経新聞政治部記者の阿比留瑠比氏のブログで教えていただきましたが、自民党が日教組批判の手帳サイズのパンフを作成し、全国の都道府県連に送付しているとのことでした。 http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/145
2007/04/07(土) 10:49:49 | なめ猫♪
こんなことクイズにするのか??全部引用「私を許して!」中国本土ファンにあやまるヤン・チェンリン(楊丞琳)―上海 台湾の超人気アイドル、ヤン・チェンリン(楊丞琳)。南京大虐殺についての、彼女のとんでも
2007/04/07(土) 18:59:09 | 湖北庵通信(旧 浦安タウンの経済学)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。