管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胡錦濤主席ピンチ! 『江沢民派の逆襲』
先日のダライ・ラマ法王訪米に関するエントリーで、中国の胡錦濤主席が外遊に出ている事を紹介しました。留守にしている間に、中国国内で権力構造に変化があったのでは?と、思われる情報が、ここ数日間で続々と出てきています。まず、こちらのニュースをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)
「毛沢東のより大きい」…胡耀邦記念館、建設中止に
 【香港=吉田健一】胡耀邦・元中国共産党総書記の生家がある中国湖南省瀏陽市で進められていた胡氏の記念館建設が、地元当局の指示でこのほど中止となった。
 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニングポスト」(12日付)が胡氏の親族の話として伝えた。
 
 同紙によると、地元当局者から建設中止を伝えられたこの親族は、理由について、「指導部の中に、胡氏の記念館が毛沢東や劉少奇の記念館より規模が大きいと言う人がいるため」と話している。
(読売新聞) - 11月14日2時1分更新



 だから何?という声が聞こえてきそうですが(笑)、合わせてこちらもご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

胡耀邦氏の再評価、縮小か=指導部内で慎重論-中国

 【北京13日時事】民主化を求めた学生に強硬な態度を取らなかったとして、1987年に失脚した中国の故胡耀邦元共産党総書記の生誕90周年に当たる今月20日に向け、胡氏を再評価する動きが当初の予定よりも縮小される方向で最終調整が進んでいることが分かった。複数の中国筋が13日までに明らかにした。 
(時事通信) - 11月14日7時0分更新



 胡耀邦氏といえば、中国共産党内『改革派』嘗ての親玉。民主化を求めたデモが盛り上がった80年代後半、天安門に集結したデモ隊を強制的に排除する事に難色を示したことを追求されて失脚し、後の江沢民政権によって業績を否定されていましたが、胡錦濤政権に代わってから再評価する動きが活発になっていました。胡錦濤派の思惑として、胡耀邦氏の再評価によって、未だ強い影響力を保持すると見られる江沢民氏とその一派の力を弱める意図がありました。

 先日の小泉総理靖国参拝後、大きな反日デモが無かった事から、胡錦濤氏は江沢民派との権力闘争に勝利したのか?と、思っていましたが、まさに留守を狙われたかたちで江沢民派が浮上してきたようです。

 『江沢民派の力が強くなる=反日が強化される』と言う事ですから、ようやく『現実路線』へ舵を切ろうとしていたと言われる胡錦濤主席は苦しい立場に追い込まれる事に。脇が甘いですねえ・・これで日中の政治的歩み寄りは一歩後退することになるかも知れません。

 日本の現政権は靖国参拝で折れる気は無いですから、胡錦濤氏がやるべきことは、江沢民派の影響力を徹底的に排除することでしょうね。いずれは乗り越えなければならない壁ですから。江沢民派の『反日』に対抗して、思考をコペルニクス的回転させて『超』親日で行くってのはどうでしょう?・・無理だな(笑)。ま、ひとつ頑張っておくんなまし。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
李登輝・台湾前総統が『九評共産党』を署名推薦
李登輝・台湾前総統が『九評共産党』を署名推薦

http://www.epochtimes.jp/jp/2005/11/html/d63066.html
 【大紀元日本11月8日】台湾前総統李登輝が2日、日本博大出版に手紙を送り、博大出版社が出版した大紀元時報社説「九評共産党 (共産党についての九つの評論)」について、中国共産党(中共)からの脱退運動の引き金となった同書の影響力、真の平和の源と評価、「九評共産党」を世に広める博大出版社の努力、さらに中国共産党から脱退する民衆の道徳の高さと勇気を賞賛した。

 李登輝前総統は手紙の中、「九評共産党」が引き金となった、中国国内外での中国共産党脱党運動を「世界の民衆―人独りの道徳的覚醒」とし、「中共を速やかに解体する真の平和のみなもと」と評価した。また、「九評共産党」が世に広く読まれるのは、「時代の必然」と称え、「平安のみなもとを希求する人々に」この本を推薦した。

 大紀元社説「九評共産党」が去年11月に出版されて以来、すでに21カ語に翻訳され、世界で注目を集めた。韓国でベストセラーの記録の以外、米国で 2005年度全国報道賞を受賞した。さらに、この本によって、500万人の中国人がすでにインターネットで脱党宣言を発表しており、「中国共産党を崩壊させる本」と呼ばれている。

 日本語版は、博大出版社日本支社「博大株式会社」(http://www.hakudai.jp)により今年5月に出版され、好評により完売され、現在第2版発行中。

(05/11/08 10:50)
2005/11/15(火) 23:05:46 | URL | 九評共産党 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。