管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
憲法改正 よどんだ空気を吹き飛ばせ!
 いくら自分達の都合の良いように世論を誘導しようと頑張っても、ネットの普及によって誘導し難くなってきた現状を指して『大勢に流される傾向が顕著になり、民主主義が劣化しています』などと斜め上な分析をしていた中日新聞の社説を昨日のエントリーで紹介しました。

 自分達の意に沿わない世論の動き=民主主義の劣化と断じる傲慢極まりない態度もさることながら、現実に合わないものを合うようにしていこうという『憲法改正』の動きを否定し、彼らアッチ系の言う『理想』を守るために、『現実論』に挑まねばならない・・などとお仲間にハッパをかけていたのには呆れるばかり。

 彼らの『理想』とは戦争を『絶対に』しないというものなんだそうですが、こちらから仕掛けるのを手控えることは出来ても、他国から仕掛けられた時への対処はどうするのか。中には『戦争を絶対にしない』というのが価値の頂点にあるのだから、攻められたら即座に降参すればいい・・などと放言しちゃう頭の中が『とっ散らかった』方もいます。

 戦争は極力しない方がいい。これは私もそう思いますが、『絶対にしない』ということを価値の頂点に置いてしまうと、話はかなりおかしくなる。なぜ極力しないほうが良いのかというと、死者は出るし経済にもかなりの影響が出る。国民の生命財産を守る事こそが日本政府が追求すべき『価値の頂点』だと私は考えますが、前者の考えでこれを守れるのか。

 日本に攻めてくる侵略者が何もしないという保障など無く、特に日本の周辺には、日本に対して敵意・憎悪むき出しの国が3つある。これらが侵略者となったなら・・考えるだけでおぞましい。にもかかわらず、こんなことを主張するアッチ系の方がおられます。(Yahoo ニュースから以下引用)

講演:9条の意義、広めよう 小森・東大教授、漱石の“反戦”解説--中京区 /京都

2月4日14時1分配信 毎日新聞

 夏目漱石の研究などで知られる小森陽一・東京大教授が3日、中京区のラボール京都で「9条 ことばの力 平和の力」と題して講演し、市民ら約250人が参加した。憲法9条を守る活動をしている「九条の会」(呼びかけ人・鶴見俊輔氏ら9人)の事務局長を務める小森教授は「国家が戦争を始めれば、個人は容赦なく巻き込まれる。この関係を解決するのが、戦争放棄を記した9条だ」と強調。憲法を積極的に評価し、意義を社会に広げようと呼びかけた。【中野彩子】

 市民の立場で良書を選び販売する「かもがわサロン・ブックセンター 本の風」(上京区)が、設立2周年を記念し主催した。

 小森教授は漱石とのかかわりを「中学生の時、小説を読んで感想文を書き、教師に笑われた。ずっと鬼門だった」などと紹介。就職後に交流した晩年の大岡昇平(小説家、1906~88)から「漱石の作品には戦争忌避感情が現れている」と聞き、研究を始めた。

 例として、日露戦争直後に発表した「草枕」の終盤で展開される文明論は、漱石自身が戦争をきらい、戦争時には国家と個人が対立した関係になることを指摘していると解釈。「第二次大戦では無差別爆撃や原爆投下などが行われ、逃げることすらできず多くが犠牲になった。21世紀に入っても自衛権を口実に戦争が行われているが、武力をなくすのが解決策だ」と話した。

 また、「憲法が保障する自由・権利は国民の不断の努力によって保持しなければならない」との12条条文を読み上げ、「努力していますか」と会場に問いかけた上で、「主権者として、政府に戦争をさせないよう監視することが重要だ」と訴えた


 武力をなくすのが解決策だ・・確かにこれはひとつの解決策となるかもしれない。が、みーんなが一斉に『ポイ』するなら、という条件がつきます。しかし、この手の人たちはなぜか『日本に向かってだけ』訴えかけます。こちらも上で紹介した頭の中が『とっ散らかった』意見と同じで、物事の一方の重要な側面を『意図的に無視』している。

 世界を眺めてみて、『現在の』日本ほど武力行使に消極的な国はそうそうないでしょう。本来であれば、日本の周辺で鼻息を荒くしてる国々に向かってこそ、これを訴えるべき。それをしないで日本に向かってだけ『武力をなくせ』という。こういうのを片手落ちといいます。それもかなり酷いレベルの。とてもじゃないが、日本のためを思って発言しているとは思えない。

 昨日のエントリーの中で、私は憲法改正を支持すると書きました。極力戦争はしないというスタンスは保ちながらも、憲法を現実に合わせていく。これも大事ですが、何よりも憲法を変えることは罷りならん、第9条さえ死守すれば戦争に巻き込まれないなどといった、戦後日本を覆ってきた『空気』を憲法改正によって吹き飛ばす。これを実現したい。だから私は憲法改正を支持する。

 そしてぶっちゃけどこかの『工作員』としか思えない輩が『おもちゃ』にしている憲法を彼らから取り上げ、我々日本国民の手に憲法を取り戻したい。先の大戦で米国に負け、彼らの占領を受け、憲法を『与えられて』から随分と長い時間が経ちました。もうそろそろ良いのではありませんか?普通の国になっても。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:中日新聞 電波が酷すぎてついてけません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
問題は現実的な方法でしか解決しないんですが?
 要するに、自分らの言葉ではもう駄目になってしまったから、エライ人の言葉を曲解して活用ですか。
 戦争時には国家と個人が対立する。これは事実。ただし、その個人の生活が国家というシステムの中で維持されている為、システムの防衛行動のために個人が国家にかり出される。これがおかしいと。
 その場合は国家の保護を拒否するほかありません。どっかの無人島にでも行って国家なんぞ無い理想社会でも築いて下さい。ま、すぐに内ゲバで全滅するでしょうが。
 国家の保護は欲しい、でもその防衛の為に動くのはイヤ。だからとあれこれ屁理屈を述べるな。
 武力放棄はまず中韓に言いなさい。彼らがやるなら聞きましょう。
 暴力と死の管理が国家の重要な存在意義なんだからそんな状況があり得る訳がない。中国は正に暴力と死の管理という機能を最大限活用してますし。チベットとか法輪功とか。そこら辺を非難してせめて彼らの人権をとか言ったら聞きましょう。
 ま、言う訳無いですが。
 いい加減現実を見て発言して欲しいものです。
 出来ないのなら何もいわんでくれ。空気と紙の無駄です。
2007/02/06(火) 09:00:05 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
武力放棄
は勿論「平和」への解決策となり得ることはなりますが、
現在の特ア状況を鑑みるに、ただの鴨国家宣言にしかならんでしょうな。
領海で何をしようと、絶対に反撃がない国って、それはもはや主権がないに等しいだろ。
2007/02/06(火) 09:27:54 | URL | acid #-[ 編集]
平和花畑はもういいって。
>「国家が戦争を始めれば、個人は容赦なく巻き込まれる。この関係を解決するのが、戦争放棄を記した9条だ」

妄想は自分の頭にしまっておけ!!と、言いたいですな。こんなイカレた教授の授業を受けている学生が気の毒だ。

アカヒやTBSが大好きなコスタリカでさえ、米兵が守っているのが現実だし。自分独りが平和平和とほざいても無意味なのは、かつてのモルディブ共和国を見れば解る。

本当に平和を実現させたいなら、まず国連常任理事国5カ国の全兵器を廃棄させてみろ。ま、絶対無理だけどね。
2007/02/06(火) 09:29:56 | URL | 鳩嫌い #-[ 編集]
やじざむらいさん,こんにちは。いつも拝見しております。 前文の一部分いじってみました。

「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚しているが、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼することはもはや適わない数多の歴史的事実と現実の脅威を前にして、われらの安全と生存を保持するためにあらゆる選択肢を採ることを決意した。
われらは、平和を維持するために、専制と隷従、圧迫と偏狭を生業とする異常国家群を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」 

ぐらいは謳ってもいいと思うのですが。。。
2007/02/06(火) 09:46:14 | URL | umejum #-[ 編集]
ロシアが千島列島を、韓国が竹島を、日本に返還し、更に、支那、台湾が尖閣列島を日本の領土と認め、加えて、ロシア、支那、韓国が武装解除することが、日本の平和にとっての必要条件です。
まあ、小森サンも(勿論マスコミも含めて)、もし日本人なら、それらの国で、自由選挙を取り入れ且つ日本の憲法9条と同じ内容を取り入れるよう、講演してほしいものですな。
2007/02/06(火) 09:46:32 | URL | 千代田の杜 #-[ 編集]
強大な軍事脅威や野心的な侵攻意図を抑える
北大西洋条約機構は、集団的軍事同盟である。いかなる加盟国に対する外部からの武力攻撃も全加盟国に対する攻撃とみなし、構成する各国全体が一致して反撃する。

長い東西冷戦のさなか、西欧諸国は互いに軍事同盟を結び、その命運を超大国米国に連結させた。

米国との連結によってソ連・東欧軍の攻撃が、米国への攻撃ともみなされることになり、大きな抑止力になったと考えられた。

この軍事同盟態勢こそが、強大な軍事脅威や野心的な侵攻意図を抑えてきたと考えられている。

戦争を防ぐために、軍事力を持つ。これが欧米の考える抑止政策であり、その効果はみごとに立証された。

日本が例外であるはずが無い。マスゴミよネット世代を甘く見るな。
2007/02/06(火) 10:01:27 | URL | 名無しの経営者 #-[ 編集]
日本浄化運動の肇に憲法改正を
 国家の主体はナンでしょうか、西洋やシナでは永らく、それは権力者そのものでした、したがって、戦争の理由や動機は様々に粉飾されても、実質、民衆は権力者の利益や財産を護る為に駆り出され、家族の生命や自分の財産の保全を質にとられて、やむなく戦争していたわけです。

 ですから、武力を以て民衆を支配し、戦争を押しつける権力に圧倒されていた国々では、近代が生んだ、社会統御システムの共産主義や果ては、無政府主義が、亦は、資本主義と言う、原則自由な競争での優勝劣敗の原理から立ち上がった、互恵意志ある社会が、それぞれの圧制下の民衆の共感に結びついて近代が生まれたのだと思います。

 近代国家の主権者は国民ですが、そうして共感を得た一方の共産主義が、結果として、例外なく全体主義的な社会を産み出すのは、行き過ぎた民主主義は、独裁者を生むという実証そのものと言う事です。

 然るに、日本はドウであったか、立憲君主制を維持し、その上で、権威と権力を峻別した、乃ち、権威は皇室に、権力は国民にと憲法で規定した、そういう意味で現憲法は、確かに大きな役割を果たしたと言えるでしょう。

 しかしながら、誰が考えてもオカシイ部分がこの憲法には付帯しております、云わずと知れた9条です、古より、国家は武力を背景としなければ立ち行かないし、もし建国可能でも、維持は不可能であることからして、交戦権の放棄イコール国家主権の放棄でしょう、国家の生存権の条件として、交戦権が有るわけです、是を否定したのでは、憲法で規定する国家自体が架空のモノである事になります。

 9条が存在し得たのは、占領憲法だからです、米軍が統治占領している間、統治される側に交戦権、自衛権を認めるわけには行かないのは、是亦当然でしょう。

 其れが証拠に、朝鮮戦争が始まったら、一転して日本の再軍備を当の米国が要求してきました、シナ軍を15年間終始圧倒していた日本軍の力を借りれば、半島攻略など容易いとおもったのかもしれませんが、占領自体は未だ終わっていなかったワケですから、当然、再軍備など出来るわけもない、しかし、半島情勢悪化の再燃を考えて、警察予備隊として容認したという処でしょう。

 占領憲法は30年のSF条約発効時点で、改正すべきだったのですが、当時の日本の国力では、安保が無ければ、ソ連の南下を容認するしかない状況でした、それなのに国内的にも、60年、70年の10年毎の安保更新の際に大荒れしたのは、如何に国内的にソ連の赤化工作がいたかと言うことであり、同時に根強い反米が遷座していたと言うことでしょう。

 現在の憲法擁護派は、2つに分けられます、一方は、年かさの安保反対組で、戦争や社会に対する怨念がエネルギー源です、一方は、戦後の侵略工作教育の賜物の似非平和主義者で、無知と盲信癖で牛並の頭しかないのが特徴です。

 現在は、ソ連に代わって侵略を目論むのはシナ共産党ですが、彼等は、ロシア人と違って、顔つきや身の丈など日本人に近い為に、区別しにくい、日本で目立たないと言う点が日本にとって更に事態を危うくしています、しかも、前述の擁護派は、多くはシナ共産党の工作員としてマスゴミでなんの疑問も抱かず、その実売国に勤しんでいるのです。

 これほど国の深部迄、外国の工作員に侵された国は未だ嘗て無いのではないかと思う次第、早急な改善、つまり、不良外国勢力の排除を行わねば成らないでしょう。
2007/02/06(火) 10:18:25 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
もうこういう記事を見かけると現実感という言葉を使わず、ただの嘘つき、信じられねえや!という気持が強くなるだけです。宮沢元首相や最近の経済犯罪者たちにに象徴される東大ブランドは一生認めません、絶対に気持は変わりません。
2007/02/06(火) 11:21:16 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
九条信者さんたちへ
「戦争が可能」な国には戦争をするかしないか選択する余地があります。

「戦争が出来ない」ようにされた国には「戦争をする」という選択をする余地はありません。

そして、「戦争をする」という選択肢を持つということは攻撃を受けた際にそれなりの反撃を相手国は覚悟しなければならないということで、戦争の抑止に役立つことがある(その究極の形態が『相互確証破壊』)。

国際政治の実態に関しては高坂正尭「国際政治」(中公新書)くらいは読んでから論じて欲しい。
2007/02/06(火) 15:40:09 | URL | 蝦夷王 #AVNby.KY[ 編集]
時間がない
ご近所さんがいい方ばかりだったら、今の憲法でもなんとかやっていけるんですよ。
でももう無理でしょ…
侵略する気まんまんの国が隣にずらりとあるし、そこからの犯罪者がぞろぞろやってきているし…
2008年、台湾の動き次第では戦火があがりかねん。
日本、もうケツに火がついているんだよ。小森さんよ。
2007/02/06(火) 16:27:14 | URL | 河北 #-[ 編集]
漱石
漱石より中国を見なさい、アホもいい加減にして欲しい。
2007/02/06(火) 16:50:22 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
普通の人々
「世界はお花畑」「人類皆兄弟」とは現実世界は程遠い状況ですからね。自分のものはしっかり自分の力で守らなければなりません。ネットの普及による新しい世論形成のメカニズムに参画できない、これまで新聞や雑誌の発行で巨大な影響力を誇っていた少数のエリートの権威と既得権は崩壊しました。これからは普通の人たちに主導権が移ることになるのでしょうね。
2007/02/06(火) 17:12:42 | URL | 朝日将軍 #euhhN/GY[ 編集]
観念論はもうたくさん、いい加減にしろ
日本の周りには、常識の通じない国ばかり。平和論者に言いたい。歴史を勉強しなさい。第二次大戦のとき、中立をうたったノルウェイやベルギーは、簡単にナチスに侵攻され占領されたのではなかったか。そのとき他の国々は何かできたのか?道理の通じない国には、平和を観念的に唱えてもダメなことは、ローマ時代から何度も歴史が証明しているではないか。”平和は防衛の配当であって、その逆では決してない。”これは、大戦後にアメリカの核の傘を拒否し核配備したフランスの当時の国防大臣の言葉(フランスの外交力:山田文比古著より)だが、これはけだし名言であると思う。
2007/02/06(火) 18:06:21 | URL | 日本をとりもどせ #Jw08sEWI[ 編集]
健康で健全な
癌は痛くて苦しいから嫌いだ、といって予防と治療の方策を放棄したらどうなるのか? 火事は火傷するし財産が燃えてしまうから嫌いだ、といって火災への備えを放棄したらどうなるのか?
人は何処で暮らそうと天文・地文・水文・人文の域外で生活できない。戦争も人文の内、だったらその予防と対策を図るのが健康で健全な判断力・正気というものだ。 v-16
2007/02/06(火) 20:27:29 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
今日本が戦争するとなれば、相手を殺さなければこちらが殺されるという状況になったから起こす「防衛戦争」でしょうに。
まぁ改憲で海外派遣が増えるってのは確かにちょっといかんなと思うんですが、基本的に自衛隊は防衛しかしないのにこういうこと言うのはまったくわかってないだけですね。

こういうこと書いてるから先生に笑われたんじゃないでしょうか。
2007/02/06(火) 20:53:13 | URL | fen #7XaZTY2Y[ 編集]
漱石は日露戦争時、かなり好戦的な文章を日記かなんかで書いていましたよね。
ていうか、当時の日本の状況で反戦なんか無理です。

>こういうこと書いてるから先生に笑われたんじゃないでしょうか。

この人、子供の頃ドイツかなんかにいたらしく、かなり日本語が不自由なんですよ。
だから解釈とかも普通にヤバイらしいです。
そんな人がなんで学者やってられるのかわかりませんが。
2007/02/06(火) 21:32:39 | URL | tree #-[ 編集]
憲法96条1項 【改正の手続、その公布】
『衆議院と参議院の総議員の3分の2以上の賛成』→『特別の国民投票で投票された過半数の賛成』=『憲法改正が成立』

実際は非常に憲法改正がしにくいです。
2007/02/07(水) 03:10:34 | URL | 危機!日本包囲網 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。

>暇人さん

出来ないのなら何もいわんでくれ。空気と紙の無駄です。-

ホントこれお願いしたいなあ。

>acidさん

領海で何をしようと、絶対に反撃がない国って、それはもはや主権がないに等しいだろ。-

そういえば、またぞろ中国が仕掛けてきたみたいですね。

>鳩嫌いさん

こんなイカレた教授の授業を受けている学生が気の毒だ。-

しかもこの先生、東大・・

>umejumさん

おはようございます。

平和を維持するために、専制と隷従、圧迫と偏狭を生業とする異常国家群を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。-

これくらい書けたら神ですね。そしてなぜか中国様が激怒すると(笑)。

>千代田の杜さん

それらの国で、自由選挙を取り入れ且つ日本の憲法9条と同じ内容を取り入れるよう、講演してほしいものですな。-

絶対にやらんでしょうね(笑)。日本でしか通用しない話だもんなあ。

>名無しの経営者さん

戦争を防ぐために、軍事力を持つ。これが欧米の考える抑止政策であり、その効果はみごとに立証された。-

アッチ系は抑止によって平和を保つという考えを一切持ってないのが不思議。

>ナポレオン・ソロさん

交戦権の放棄イコール国家主権の放棄でしょう-

その通りですね。ゆえに今はまだ米国の属国だと言われてもしかたない。

>日本大好きさん

ただの嘘つき、信じられねえや!という気持が強くなるだけです-

ですね。でもまだこの手の話をマジメに聞いちゃう人がいるんだよなあ・・

>蝦夷王さん

戦争の抑止に役立つことがある(その究極の形態が『相互確証破壊』)。-

抑止のメカニズムが最も有効ですね、今のところ。今バランスを崩したら・・

>河北さん

日本、もうケツに火がついているんだよ-

こんなばかばかしい空論を得意げに話してる場合じゃない。それだけは確か。

>嫌!さん

漱石より中国を見なさい、アホもいい加減にして欲しい。-

わはは・・そうですよね。ヌルイこと言ってんじゃねーよと。

>朝日将軍さん

これからは普通の人たちに主導権が移ることになるのでしょうね。-

またそうせねばなりませんね。

>日本を取り戻せさん

平和は防衛の配当であって、その逆では決してない-

その通りですね。決して9条の配当ではない。

>光源氏さん

癌は痛くて苦しいから嫌いだ、といって予防と治療の方策を放棄したらどうなるのか?-

知れきった往生というやつですね(笑)。

>fenさん

まぁ改憲で海外派遣が増えるってのは確かにちょっといかんなと思うんですが-

これは個別に考えていくべきでしょうね。まあ、なかなか武力行使をしに出かけることはないでしょうけど。

>treeさん

そんな人がなんで学者やってられるのかわかりませんが。-

バリバリの左巻きだから、とか(笑)。

>危機!日本国包囲網さん

実際は非常に憲法改正がしにくいです。 -

その通りですね。ハードルが高すぎる。このあたりも改正せねばな・・
2007/02/07(水) 10:41:45 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 明日は北方領土の日です。 この北方領土問題の背景に、米ソの共同謀議による「北方領土占領」を正当化したヤルタ合意・東京裁判史観があることを改めて指摘しておきたいと思います。 一昨年の9月、ロシアのグリズ
2007/02/06(火) 13:21:35 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
今回より、新教育基本法で何ができるようになったのか――ポイント10を何回かに分けてシリーズで提案します。新旧における「教育の目標」は180度転換したといってよい。占領軍によって介入された旧教育基本法の教育
2007/02/07(水) 07:13:24 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。