管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文部省が『ジェンダーフリー』蔓延度調査を実施
 近年、戦後教育の大きな弊害のひとつとして挙げられている、行過ぎた平等主義の一翼を担う、いわゆる『ジェンダーフリー』教育。主に左翼系の教師が積極的に推進してきたわけですが、今回、文部省がその実態にメスを入れようとしています。まず、こちらのニュースをご覧下さい。(Yahooニュースから以下引用)

「ジェンダーフリー蔓延度」 文科省 初の実態調査通達

 男らしさや女らしさなど性差を否定したり、伝統文化を否定するジェンダーフリー教育が学校に持ち込まれている問題で、文部科学省は都道府県教委と政令市の教育委員会に文書を通知、全国の公立学校と幼稚園の実態調査に乗り出した。ジェンダーフリー教育をめぐっては過激な性教育とともに同省が設置した「教育御意見箱」に苦情や通報があり、自民党による調査でも全国から約三千五百件の保護者の苦情や告発が相次いでいる。具体的な「ジェンダーフリー蔓延(まんえん)度」を初めて調べるもので十二月半ばまでの回答を求めている。
 
 今回の調査対象はすでに行われている性教育の実態調査は含まれておらず、学校における男女の取り扱いが中心。(1)小中高校などの調査項目では静岡や山形、宮城県などで明るみに出た「キャンプや林間学校、修学旅行などのさいの男女同室の宿泊」の実態(2)川崎市の高校で判明した「体育の授業や身体測定のさいの男女同室での着替え」の状況などを全国規模で調べる。
 
 さらに「運動会や体育祭の騎馬戦や徒競走を男女混合で行っている」「教職員や児童生徒の呼び方を男子も女子も統一的に『さん』としているか」「保護者から苦情があったか」-なども調査項目に取り入れた。
 幼稚園に対しては「桃の節句や端午の節句などの行事を男女平等の観点から取りやめているか」などを調査する。
 文部科学省では三月から五月にかけて「教育御意見箱」を設置。手紙や電子メールなどで全国の保護者などからジェンダーフリー教育に関する苦情が数百件に及んだ。
 
 自民党も並行する形で「過激な性教育・ジェンダーフリー教育に関する実態調査プロジェクトチーム」が情報提供を呼びかけたところ、学校の性教育や男女の取り扱いに対する保護者らの不平不満が三千五百件にも達していた。ただし、調査はあくまで今年度以降の現状に関する調査ですでに見直しが施された場合は回答に反映されない。
 
 同省では「児童生徒の発達段階を無視するなど不適切な事例があれば指導が必要だが、そのためには調査結果を受けてさらに個別に詳しく実態を調べる必要があり、調査には時間がかかる」としている。
(産経新聞) - 11月11日2時48分更新



 この調査は『実際』に苦情があったものを調査対象としています。私の学生時代は、このような教育はなかったように思いますが、随分大きな問題になってるんですね。男女の性差を無くすのか、あるいは無いものと考えているのかは知りませんが、体力、体格に差があまりない小学生ならまだしも、中、高で男女同泊とか、同じ部屋で着替えるというのは、どう考えてもマズイでしょう。

 過激な性教育も問題になっていますが、本来、男と女の違いをハッキリ認識する時期である中、高校生に『性差を意識するな』とか、『性差による差別云々』とかいっても、混乱するだけです。こんな教育を受けた生徒はどんな人間に成長するんだろう・・

 このような教育を推進する教師の思惑とはなんだろうか。国家、地域、家族、伝統、文化といったものを破壊し、男女の差を無くす事によって、何に対しても繋がりを持たない『個』を作り出し、共産主義者のいう『平等な社会』を構築しようというのか。

 そんな人工的な社会など御免だ。こんな教育を子供達に施す教師はいらない。少々強硬な手段であっても、一刻も早く排除するべきだ。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
恥ずかしい
お金をだせば、女性ひとりで子供が産むことができる国もあるようですが、あれはあくまで特殊なことですよね。男性は子供を産むことができず、通常は女性も一人では子供を産むことができないのですから、お互いの性の違いを理解して助け合うことが大事なのではないかと思います。本当に一刻も早く排除してほしいです。子供は次世代を担うのに!!電車で制服のスカートを短くしひざを閉じず、パンツが丸見え状態で座っている子を見かけます。恥ずかしくないのかしら、おい、ひざを閉じてよ、見たくないけど見えるのよなんて思うことがありますが、ああいうのは、こういう教育の賜物なのかしら。恥ずかしいって言葉が消えるってことですね。
2005/11/11(金) 20:02:59 | URL | ぴーすけ #-[ 編集]
>こんな教育を受けた生徒はどんな
>人間に成長するんだろう・・

私は「サイコパスロボット」だと思いますね。
人間の自然な実感や感情を徹底的に破壊し、
権力者(=共産党)の言いなりになる人間を
作るという、毛沢東時代に行われていた
「狂育」です。

毛沢東が中国を支配し始めたころ、無実の
罪を着せられた反革命分子の処刑に、
子どもたちを立ち会わせたそうですね。
初めは吐いてしまう彼らも、何度も処刑現場に
立ち会う内に、それが当たり前だと思ってしまう。
親兄弟を平気で粛清する文化大革命は、
こういう下地が合ってこそ「成功」したのです。

ジェンダーフリーを組織的に推進している
人間たちは、毛沢東の思想に影響されているか、
はたまた中国の指示によって動いているのでは
ないかとさえ思えます。
2005/11/12(土) 01:17:16 | URL | ろろ #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>ぴーすけさん

恥と言う感情も含めて、あらゆる人間らしい感情が麻痺して『無感情人間』になってしまうんでしょうね・・こんな時に強権的な手段を行使できない民主国家は歯痒いですが、何とか排除する方法を考えないと非常にマズイです。

>ろろさん

ううむ・・日本に紅衛兵誕生の日は近いのか・・

以前、中国に行った時に、バスターミナルで男女の殴り合いを目撃しましたが、周りにいる群衆はニヤニヤと冷笑を浮かべて眺めておりました。なんだかゾッとする体験でしたが、あんな人間が日本に生まれるんでしょうか・・
2005/11/12(土) 11:12:13 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
どうして、女性って、自分の感性を絶対と思えるのかねえ。しばしば男性は、そういいたくなるときに、遭遇することがあるようだ。だからこそ、女性って「面白い」のでしょうけど。この書の攻撃対象は、フェミニズムです。「上野千鶴子」です。フェミニズム=出世指向=学歴..
2005/11/11(金) 21:01:12 | 書評日記  パペッティア通信
昨日、ある方から自民党の過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態PT(安倍晋三座長)が出した県別事例集(部外秘扱い)を見せていただいきました。ページ数にして142ページに及びます。全国の主な事例については自民党のホームページに掲載されていますが、事例
2005/11/12(土) 14:26:51 | なめ猫♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。