管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日は年の瀬も正常運転
 日本と中国の間ではじまった歴史の共同研究。共同研究では、日中2000年余の交流に関する歴史、近代の『不幸な』歴史、戦後60年の日中関係の発展に関する歴史というテーマが設けられ、歴史問題を学識経験者の議論に委ねて政治問題化を避けるという狙いではじまったこの研究、果たして上手くいくのか・・こんなニュースを数日前のエントリーで紹介しました。→(中国と歴史のすり合わせ?)

 政治問題化を避ける狙いがあると謳っているものの、中国側が初っ端から政治的アプローチで突っかかってきたこと、テーマに『不幸な歴史』などと結論ありきのものを選んでいることをもって、当ブログでは早くも『こりゃダメだな』という結論を出しましたが、朝日新聞はどう思ってるんでしょうか。昨日付の社説で、この共同研究について書いておられるようなので、紹介したいと思います。こちらをご覧ください。(asahi.comから以下引用)

日中歴史研究 事実に語らせることだ

 日中双方の歴史認識にある溝を埋めたい。そんな狙いで、両国の専門家による歴史共同研究が動き出した。

 大学教授や研究者ら10人ずつの委員が参加し、初会合が北京で開かれた。「近現代」と「古代・中近世」の二つの分科会で研究を進め、08年に成果をまとめる予定だ。

 この共同研究は今年10月、訪中した安倍首相が胡錦涛主席との間で年内スタートに合意した。小泉前首相の靖国神社参拝で極端に悪化してしまった日中関係を修復するため、「歴史の問題は専門家に委ねよう」という発想だ。

 日本側座長の北岡伸一東大教授は「政治が本来の課題に集中できるよう、一助になれば幸いだ」と話している。建設的な成果が生まれるよう期待する。

 両国の間でとりわけ認識が対立するのは、日本の侵略戦争をめぐる歴史だ。例えば南京大虐殺について、中国側は犠牲者の数を「30万人」とし、日本軍による残虐行為の象徴的な事件と見る。だが、日本側には20万人説や数万人説などさまざまな見方がある

 事実を誇張して日本批判に政治利用しているのではないか、といった反発が日本でくすぶり続ける。一方で中国では、日本の責任逃れは許さない、歴史を直視せよと批判が盛り上がる。

 日中戦争全体の犠牲者数や盧溝橋事件の原因、従軍慰安婦問題などをめぐる対立でも、同じような不信の構図がある。

 こうした相互不信を少しでも取り除くため、もとになる歴史的な事実を専門家同士で確認していこうというわけだ。

 もとより容易な作業ではない。中国側の歩平座長は「侵略戦争の責任を否定する言論に十分に警戒しながら」研究を進めたいとの抱負を語った。

 日本側には、中国の委員が自由な立場で発言できるのかどうかという疑問もある。座長をはじめ多くの委員は政府系シンクタンクに属する。学問の自由が保障されている日本と同じ土俵で議論するのは難しいかもしれない。

 とはいえ、中国も変わりつつある。胡主席は昨秋、抗日戦争における国民党の役割を評価した。共産党が歴史の一部を見直したのだ。少しずつではあるものの、従来の教条的な歴史解釈から踏みだそうとの動きはほかにも見て取れる。

 近現代史の研究対象に「戦後」が加えられたのも評価できる。侵略の歴史だけではなく、平和の道を歩んだ戦後の日本もきちんと見てもらいたい。ここで相互理解の土台を築ければ、全体の議論を深めることにもつながる。

 要は、協力してできるだけ多くの事実を重ね合わせることだ。持ち寄った事実が多いほど、的はずれの解釈が顔を出す余地は小さくなる。

 すでに両国の歴史研究者の間ではさまざまな交流や共同研究が行われ、成果は出版もされている。

 事実をして語らしむ。冷静に、実証主義の姿勢で一歩一歩進むべきだ。


 事実をして語らしむ。冷静に、実証主義の姿勢で一歩一歩進むべきだ・・と社説を結んでいる朝日新聞。ザッと読んでみて宗旨替えでもしたのかと一瞬だけ思いましたが、一見マトモなことを書いてるようでも、よく読んでみるとかなりの数の落とし穴があるという、いつもの手を使っておられますね(笑)。年の瀬も朝日は正常運転ですか。

 それではいくつかツッコミを入れておきましょう。まずは近現代史の研究対象(テーマ)について。『戦後が加えられた』ことを紹介してるものの『近代の不幸な歴史』というテーマがあることを紹介してないのはなんで?中国が『従来の教条的な歴史解釈から踏みだそうと』しているから、なんとかいけそうだと言いたげですが、ちょっと待った。

 そもそも、『不幸な歴史』などという結論ありきじゃあ研究の意味なんてない。それに中国が仮に従来の教条的な歴史解釈から踏み出そうとしているんだとしても、対象に日本は入ってない。これはテーマに『不幸な歴史』などというものをねじ込んで来てるのを見れば明らかだ。大事なことを隠しておいて『事実をして語らしむ』ねえ。ふーん。

 大事なことを隠してるといえばこれも。『いわゆる』南京大虐殺について『日本側には20万人説や数万人説などさまざまな見方がある』なんて書いてますけど、一般市民を大量虐殺したという意味であれば、日本側では『そんなものはなかった』という見方が多くなってる。『実証主義の姿勢で一歩一歩』進んできた結果ね。

 さらにいえば、『日本の侵略戦争』などとサラッと書いちゃってるわけですが、これだって研究の余地は大いにある。どこからどこまで?はたまた本当に侵略(日本が一方的に悪かったいう意味での)だったのか?等々、本来ならこういったことを研究対象にすべきなのに、朝日は研究の『前提』としている。中立・客観を装っていても、尻尾が見えてますよ朝日さん。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


(ご挨拶):当ブログにお越しの皆様、今年一年間お付き合い頂きありがとうございました。この一年に書いたことを振り返ってみますと、北朝鮮のミサイル発射・核実験、韓国との竹島問題、中国とのガス田問題などなど特ア絡みでいろんなことがありました。どれもこれも現在進行形の問題として残っているので、来年も色んなことが起きるに違いありません。

 朝日などアッチ系マスコミのイカレっぷりも強く印象に残っています。特に小泉前首相の靖国参拝を巡って云々、また小泉氏の後を受けた安倍首相の靖国参拝、歴史認識云々は酷かった。アッチ系マスコミはまだまだ元気なので、こちらも色んなことをしでかしそうです。

 ということで、当ブログは来年も引き続き特アの国々、アッチ系マスコミ(その他諸々アッチ系の人物・団体も)をウォッチしてまいりたいと思います。それでは皆様、よいお年をお迎えください。来年もどうぞよろしく!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
来年も楽しみに読ませていただきます。応援しています。
2006/12/31(日) 08:49:17 | URL | KD #-[ 編集]
そうなんですよ
北平の支那駐屯軍と国府軍が衝突したきっかけは不明。

で、国府軍が華北に進撃したこと、上海で軍事行動を開始したことが本来不拡大方針だった参謀本部をして兵力増派に踏み切らせた。
当然戦場は中国大陸。

これを無造作に「侵略戦争」って言えるのか?

いきなり先入観を持ち込まれて気付かないのは拙いぞ。
2006/12/31(日) 09:18:50 | URL | 蝦夷王 #AVNby.KY[ 編集]
ご苦労様でした!
今年、あまりの韓国と北朝鮮の厚かましさに、たまたま、ネット検索で北朝鮮を調べてみたら、出くわしたのがこのサイトでした。ここから、別の政治サイトなども回覧させて頂いて、今まで常識と思い込まされていた事に、ひどく衝撃を受けました。 と、同時に、子供らの将来が不安になりました。国民の一人一人が真実を見聞きできる事を祈るばかりです。来年も頑張ってください!
2006/12/31(日) 09:37:37 | URL | ぷりん #-[ 編集]
シナ共産党史観の撲滅
 昭和5年の満州事変は、当時関東軍の牟田口連也が、「オレがやった」と言ってますし、関東軍も其れを認めていますから問題ない、大体、地方軍閥の張作霖がシナの代表であったと言う証拠は全くないから、この事件は、現在のシナとは全く関係がない。

 昭和12年の日華事変の基とされる廬溝橋事件も第三者であるシナ共産軍(赤匪)の将校であった、後の国家主席劉少奇が、「最初に発砲したのはオレだ」と自身の伝記に書いているが、この事件自体、小規模な小競り合いと言ったモノで以後15年以上続く日中戦争の発端と言うには、余りに動機として矮小と言うしかない。

 国を動かしているのは世論である事を認識していれば、廬溝橋に本隊が出張して留守の通州の町を3千人の兵力で攻め、留守居の守備隊100人と、居留民300/400人を惨殺した通州事件で、日本の世論が沸騰、「シナ国府軍許し難し」と言う気運が大勢となったのですから、この時点で、開戦の条件は揃っていたと言えます。

 その2ヶ月後、卑怯にも上海の2万の日本陸軍陸戦隊に7万の兵力で不意打ちを仕掛けて戦闘が始まった上海事件=日華事変こそ、日中戦争の発端とすべきでしょう、両軍は互いに兵力を補って、3ヶ月間死闘を繰り広げ、最終的には25万:75万と言う未曾有の大戦闘となりましたが、日本陸軍は、3倍もの兵力、蒋介石がベストを尽くして教育・訓練した精兵にも拘わらず、10月に敵の本部大場鎮を陥落させ、ナチスドイツの軍事顧問を全員戦死に追い込んで、蒋介石を逃亡させています。

 蒋介石は卑怯にも、ナチスドイツのトラウトマンを通じて、なんと講和を申し入れて居ますが、是に更に、日本世論が沸騰したわけです。

 この一連の流れを看ても、シナ共産党が関係したのは、謀略の部分だけ、しかも、民衆の味方のフリをして、日本と国府軍との間を仲裁する所か、戦争を誘発させる行為を行っているワケで、自分達の利益の為にしか行動して居ないことは明かである、共産党は、戦争を煽っただけでしょう。

 南京大屠殺と、シナ人民の立場を強調して日本を非難しているが、それなら、70年も前起こった正式な数さえハッキリしない事件より、ほんの30年前に起こった文化大革命、ほんの10数年前に起こった天安門事件で、国内で粛正にあったシナ大衆は、それぞれ数千万人といわれているが、その弾圧の当事者である現シナ共産党に、当時の日本軍を非難できる資格が一体あるだろうか。

 当時は明らかに戦争中ですから、遣らねば遣られる状況、一方は国内での一方的な弾圧、どちらも良くはないが、戦争は平和を得る手段として双方に責任があるが、弾圧は、為政者の利己的な利益確保の為に為されている処からいえば、どちらが人道的なんだろうか。

 シナ共産党史観を、シナ大衆や日本を含む世界に押しつけてきた事で、シナの5千年にも及ぶ連綿たる歴史学への評価を、回復不能な位、傷付けてきたとも言えよう。
2006/12/31(日) 11:31:00 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
知ってる癖に
一から十迄、知ってる癖に、朝日さん。といいたくなるのは小生だけじゃない、長寿社会だよ。
2006/12/31(日) 12:03:31 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
私はそもそも中国や韓国などとの統一した歴史観なんて持つべきでは無いと思います。
【世界の中心に咲く華】などと考える国と、
【君が代】で世界中が幸せにと願う国が同じ感覚とは思えません。


中国には様々な規制強化をして外国資本を排斥しようとする動きが見られ、世界からの投資も減っています。
その為に来年は日本に擦り寄って来る事が予想されます。
結局、中国という国は共産党王朝な訳でそんな国と良い悪い別として、これからも付き合っていかなければいけないと思うと雑煮の餅ものどを通りません。
そこはお隣のケンチャナヨ精神で乗り切りたいと思います。


それではよいお年をお迎えください。長文失礼しました。
2006/12/31(日) 12:37:51 | URL | いっくん #-[ 編集]
アイヤ~!!、倭寇は理屈こねずに、黙って言われた通りの歴史認識を拝聴するヨロシ、さもないとディナーにするアルヨォ~!!
やじざむらいさん、こんにちは。

日本と( `八´)の学者が揃って歴史の共同研究?。研究だけで済めゃいいんですが、到底受け入れられない無理難題を吹っかけられる悪寒がします。
そもそも中共は抗日戦を戦って勝利(?)したことを、共産党が政権を掌握する根拠にしてますから、自らの存在意義を否定するような日本への歩み寄りは、望むべくもありません。ましてや、シナー側の学者は悉くが御用学者で占められている。検証も糞もなく、怒号と罵声を喚き散らすだけでしょう。
総理就任以来、「あれっ?」なところが目に付く安倍さんですが、この試みも大いに疑問符がつきますね。
んでもって、共同研究を報じているのが我らがアカピタン。きましたっ!、“どの口がそれを言う”シリーズでも連載してんでしょうか?。放火犯が防火の大切さを説くのに似て、「流石アカピ」と唸らせてくれます(笑)。
元々こんがらがった糸を掻き回して、修復不能な状態にした張本人が、紙面では臆面もなくご高説を垂れてんですから、日本って本当に平和ですね。
んで、仰る台詞がまた、ふるってます。

>事実をして語らしむ。冷静に、実証主義の姿勢で一歩一歩進むべきだ。

ふー、びっくりした。
アカピさん、ありもしない罪科をを創造することが・・・

『実証主義』だとは知りませんでしたよ!!


PS:
本年中はいろいろとお世話になりました。やじざむらいさんのアップして戴いたエントリーで、随分と勉強させて貰いました。そして、アカや特亜に好き勝手にさせないことが、日本再生の鍵であると云う想いを強くした次第です。
来る平成19年が、やじざむらいさんにとって良い年でありますよう祈念致しております。
来年もまた宜しくお願い致します。
2006/12/31(日) 13:54:25 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
ブログの力
やじさむらいさん 今年は本当にお疲れ様でした。これまで常識ある国民が感じていた違和感を顕在化して大きな流れにしてきたことは貴ブログの力に与ること大だと感じています。来年の益々のご活躍を期待しています。チョンやチャンのたわごとにを笑いのめす一方、国内の売国マスコミはきっちりとウォッチしていってください。
2006/12/31(日) 14:54:03 | URL | chonchon #-[ 編集]
皆さま 好いお年を
やじざむらい様 一年間お疲れさまでした。来る年のさらなるご活躍を祈ります。
そして、コメンターの皆さまの御多幸を祈ります。

2006/12/31(日) 16:10:42 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
満州事変後の昭和7年と9年に日本に対して宣戦布告しているくらいだから戦争したかったのは中国共産党じゃねえの?
2006/12/31(日) 16:16:32 | URL | h #-[ 編集]
成りすましに気付かされた一年
平気で嘘をつく人々が実在したんですね。
朝日等のマスゴミ自体がその集団ですが、
ノリミツオオニシ・筑紫・本多・佐高の日本人成りすまし発覚がネットスクープでした。

今までの不快感の原因が一挙に解けた感じがしました。
やじさん(こう呼ばせてください)来年も素晴らしいやじを期待しています。
楽しみにしています。
2006/12/31(日) 16:54:56 | URL | 名無しの経営者 #-[ 編集]
実証主義とは無縁の中共
「両国の歴史研究者の間ではさまざまな交流や共同研究が行われる」ことは結構なのだが、中共が日中戦争でしでかした悪事が次々と実証されてしまいそうで(まっとうにやれば必然である)怖いことになりそうだ。たとえばドイツ製の兵器が大量に支那に流れ込み、ドイツ軍事顧問団が実質的に国民党軍の指揮を取り、日本、ロシア、米国も兵器に顧問団もつけて支那に売りつけているから、実質的に米露独も参戦していた。だから、米露独に日本を侵略国と一方的に糾弾できる資格はない。
2006/12/31(日) 17:10:48 | URL | 朝日将軍 #euhhN/GY[ 編集]
事実に語らせるといってもね~
 日本(を含む多くの国)では、歴史は科学である。
 中国では、歴史は政治である。
 朝鮮では、歴史は願望である。
 前提がこれだけ違えば認識が一つになるはずがない。
 共通で認められる事実はと言っても、中国が南京虐殺を否定出来るか、韓国が強制連行を否定出来るか。どちらも認識=彼らの姿勢そのものなのだから、日本側がいくら資料を出し、りを論じても応じる可能性は低い。

 特亜と共同研究などと言って時間をつぶすより、良質の資料を欧米など歴史研究の経験の長い国に示して行くのが第一かと思うのがどうだろう。

 やじざむらいさん、来年もよろしくお願いします。
2006/12/31(日) 17:53:40 | URL | 槿花一朝之夢 #-[ 編集]
大体、中国ってのは日中戦争時は統一国家の体をなしておらず一軍閥の国民党がアメリカにすり寄って連合国の末席に加えてもらった「なんちゃって戦勝国」でしょうが。
共産党は国民党が台湾に逃げたため政権を取ったと言うのが現実で日本に勝って政権を取った訳じゃない。
2006/12/31(日) 17:54:32 | URL | sotobou line #-[ 編集]
今年も あと 数時間
良いお年を
2006/12/31(日) 19:52:10 | URL | とん #-[ 編集]
支那事変の下手人は?
支那事変を引き起こしたのは蒋介石の国民政府軍です。1937年8月13日、上海に合法的に駐留している日本海軍陸戦隊に先制攻撃を仕掛けたのは彼らです。用意周到な戦争計画があり、それに基づいて圧倒的な兵力を集中しました。
戦場が中国(海外)であるかどうかは、「侵略」であるかどうかとは無関係です。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
2007/01/01(月) 01:06:08 | URL | 東海散士 #-[ 編集]
儒学の思考回路
そもそも華夷秩序に基づき他を蛮夷と見做す、時代錯誤の彼らと共有できる歴史は、事実も認識もあり得ません。
価値観を多く共有する英米ですら、ジョージ・ワシントンについて意見は割れる実態を鑑みれば、結果は明々白々です。
2007/01/01(月) 15:01:13 | URL | 蛞蝓 #-[ 編集]
あけましておめでとうございます。
今年もたまーに書き込みさせていただきますので、よろしくお願いします!

さて、共同研究ですが、どなたかが書かれていたんですが、共同認識なんて不可能なんだから今回は両国の見解を併記して終了。そして世界に公表。
それが出来ればずいぶんと違うと思うんだけど、、、。
2007/01/01(月) 15:32:10 | URL | ねこぱんち #-[ 編集]
あけましておめでとうございます
>ねこぱんちさん
 ご意見は真っ当だと思うのですが、両論併記で良いとなれば、資料も考証も十分な意見に、それを潰すためだけの論を貼り付けられる可能性があります。
 そのように疑うのは悪いことかも知れませんが、どうしても特亜は信用出来ないのです。
2007/01/01(月) 18:34:08 | URL | 槿花一朝之夢 #-[ 編集]
文句の流れ、カネの流れ
日本と戦争したのはv-157中華民国ですから…
戦争裁判を主催したのも国民政府です。

しかし、何を資料にしているのかv-236現在、中共が文句を言って来ており… 
http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/mokuji.html

従って、カネはv-157中共に流れそうです
2007/01/02(火) 06:10:04 | URL | ネブカドネザル #mbwhQQ6o[ 編集]
新年明けましてオメデトウございます
 旧年中は色々お世話になりました。本年もまた宜しくお願いいたします。

 「朝日」は腐り切っても「朝日」って事ですね。まぁ、紙面に書いてある事実は「年号と日付、それだけ!!」という某プロパガンダ紙と一蓮托生ですから・・・。

 日中歴史研究は中共のプロパガンダに利用される事を当然とした上で、我日本としては統一見解を出したり、研究成果を纏めたりなんて事を夢想しない方がいい。

 指導教授が道筋を示すような大学の卒業論文でもあるまいに、森羅万象世間一般の中では「成果の無い研究」の方が遥かに多い。研究の当事者は勿論、その成果報告を受ける我々も「こうした考え方は間違いでした」という結論を導くのも研究のうちと肝に銘ずべきですね。
2007/01/02(火) 09:21:59 | URL | 西瓜男 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様、新年あけましておめでとうございます。大晦日、元日とお忙しい中、沢山のコメントを頂きありがとうございました。明日から更新を再開しますので、よろしくお願いします。



2007/01/02(火) 11:22:35 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
匿名投稿の長所と短所を簡単に書きますとこうなりましょう.
匿名投稿の長所と短所を簡単に書きますとこうなりましょう.

【長所】
圧力団体など,報復の恐れがある相手についても投稿できる.
拉致問題を例にとれば朝鮮総連や在日でも批判できる.

【短所】
匿名でのいじめ,誹謗中傷.
同じく拉致問題を例にとれば拉致被害者家族の方々への誹謗中傷がされやすい.

ただ,警察や裁判所からプロバイダへ要請があれば発信元を“逆探知”できる.もっともネットカフェなどではお手上げだが.

なおここで一点注意ですが,発信元のIPやホスト情報は個人情報には該当しません.
(この点を誤解されている方も多いので).

ちなみにネット規制が入るとこの長所短所が逆転しますね.
拉致被害者家族の方々への匿名でのいじめや誹謗中傷はできなくなるが,その一方で圧力団体などへの批判もできなくなる,ということに

はなる.

しかし,ネット規制を企てている勢力を見ると,拉致被害者家族の方々への誹謗中傷をそのままにして,総連や在日への批判だけを潰しに

かかるのではないか!?という気がしてならない.

拉致被害者家族の方々を誹謗中傷から守り,かつ朝鮮総連や在日を批判できるような法整備こそ必要である

関連して保守系サイトでもこんなご意見の方も↓

本郷竹庵様

発信の責任(上)―2007年01月02日08時05分17秒
http://chikuan.asablo.jp/blog/2007/01/02/1086476

発信の責任(中)―2007年01月03日08時02分58秒
http://chikuan.asablo.jp/blog/2007/01/03/1088738

発信の責任(下)―2007年01月04日08時07分22秒
http://chikuan.asablo.jp/blog/2007/01/04/1091004

【拙スレッド】
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=1722&forum=8&viewmode=flat&order=DESC&start=0
2007/01/04(木) 23:22:18 | URL | くちべた日本人@保守の,意見の #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「今こそ改憲を」首相年頭所感(西日本新聞) - goo ニュース 安倍晋三首相は1日付で年頭所感を発表した。憲法改正の手続きを定める国民投票法案について、25日召集の通常国会での成立を言明。その上で「憲法改正について国民的な議論が高まることを期待している」と、改
2007/01/01(月) 14:57:34 | 電脳空間「高天原」
明けましておめでとうございます。今年もどうぞこのブログの応援をお願い致します。[見知らぬ人と年賀を交わす初ブログ]<<へんてこな日本人>>またいつものようにクリスマスを祝い、除夜の鐘で年を送り、初詣で新年を迎えた。この話しを外国の人特に中東の人に話をする
2007/01/01(月) 22:33:11 | 無党派日本人の本音
中共とわが国との間で「日中歴史共同研究」が行なわれることとなり、既に両国間で広がりすぎた主張が歩み寄れるのか?と大いに疑問を持った方も多いと思います。当然私もその一人。約半世紀に渡り、中共は捏造した歴史を実しや
2007/01/03(水) 00:57:42 | 日出処の民
インターネット上で見る人々の日本に対する見方は、平均的に言って公平な様です。然し、中には日本を余りにも低く見ている人や、中には日本を蛇蝎のように嫌っているとしか思えない書き方をしている人も中にはいるようです。その様な人達へいかに日本が世界に貢献できるかを
2007/01/03(水) 05:38:34 | 無党派日本人の本音
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。