管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国と歴史のすり合わせ?無理無理(笑)
 小泉純一郎氏の首相時代とは打って変わって、安倍首相の訪問により、あれほど煩く歴史がどうのと喚き散らしてのが嘘のように、メッキリ大人しくなってしまった中国。もうこれで『歴史問題』騒動は終わったのか、それともまだ火種は残っていて、何かあれば再び燃え上がるのか。

 現在、日中の間では歴史の共同研究なるものがスタートしたそうなんですが、そもそも『歴史』という言葉の捉え方が全く違う両国の間で、双方が納得できる具体的な成果を挙げることができるのか。こちらをご覧ください。(Yahoo ニュース毎日から以下引用)

日中歴史共同研究 相互理解へ向けようやく一歩

12月27日9時54分配信 毎日新聞

日中両国の有識者による「歴史共同研究」が26日、相互理解へ向けようやく一歩を踏み出した。共同研究には歴史問題を学識経験者の議論に委ねて政治問題化を避ける狙いがあり、両国は日中平和友好条約締結30周年にあたる08年中の成果発表を目指す。ただ、両国関係が平和に推移した戦後60年の研究に重きを置きたい日本と、第二次大戦での「侵略の歴史」を中心に据える中国との間には思惑の差もうかがえ、未来志向の関係改善の糸口になるかは予断を許さない。【北京・飯田和郎、大貫智子】

 ◇「侵略」めぐり認識に差
 「日本には侵略戦争の責任を認めず、その歴史事実を否定する言論や行動が存在し続けた。このような無責任な言行は両国の共通利益に背き、戦争被害国の国民感情を絶えず傷つけてきた

 中国側座長の歩平・社会科学院近代史研究所長は26日の初会合のあいさつでこう指摘した。さらに「共同研究はまず、これらの問題が生んだ障害を乗り越える必要がある」と述べ、第二次大戦における歴史問題をまず取り上げるべきだとの考えを強調した。

 今回の共同研究のテーマは(1)日中2000年余の交流に関する歴史(2)近代の不幸な歴史(3)戦後60年の日中関係の発展に関する歴史--の三つ。

 日本はなかでも「戦後60年の歴史」で中国から肯定的評価を得ることに主眼を置いている。日中関係史全体の中で「不幸な歴史」のみに焦点が当たるのを避けようとの思惑からだ。日本の政府開発援助(ODA)が果たした功績、天安門事件(1989年)で国際的に孤立した中国の国際社会復帰に向けた協力などを具体的に取り上げる戦略だ。

 これに対し、中国にとって歴史問題の中心はやはり「不幸な歴史」。その思惑の違いを冒頭から、歩座長の発言で突きつけられたわけで、共同研究の先行きの険しさを暗示している。

 日本は今回の共同研究で、対中侵略の事実を争う姿勢は見せていない。ただ、個々の事実認識には大きな隔たりがある。その最たるものが、南京大虐殺だ。中国は旧日本軍による中国人犠牲者の数を「30万~40万人」と主張。一方、日本国内には「数千人」から「20万人」まで諸説あり、なかには虐殺自体を「でっち上げ」とする声もある

 従軍慰安婦に対する認識の違いも大きい。中国や韓国などのアジア諸国には、慰安所の設置などに対する旧日本軍の関与を指摘する声が強い。日本政府は93年の河野洋平官房長官談話で、旧日本軍の関与を認め「おわびと反省の気持ち」を表明しているが、国内には「強制ではなかった」という主張がなお根強い。

 安倍晋三首相自身、97年の衆院決算委員会分科会で河野談話への疑問を指摘していたが、首相就任後の10月、衆院代表質問で従来の政府見解を踏襲する考えを示した。中韓初訪問を前にした両国への配慮とみられたが、ナショナリズムの強い首相支持層からは反発の声も聞かれた。

 旧日本軍による中国側の犠牲者数についても、共同研究関係者は「中国側は戦争が終わったころ『300万人』と言っていたが、(反日デモがあった)昨年は『3500万人』と言っていた」と語る。日本側は米国やロシアなど第三国の資料も使い、客観的な研究を目指す方針だ。<後略>


 文中のアチコチに毎日の余計な主観が入っていて鬱陶しい記事ですがそれはさておき、やっぱり中国は中国ですね。『歴史問題を学識経験者の議論に委ねて政治問題化を避ける』という狙いを初っ端から無視して政治的なアプローチで突っかかって来てます(笑)。またテーマが凄い。『不幸な』歴史ですって。もう最初から結論ありきじゃないですか。これじゃあ溝なんて埋まらんわな。

 歴史=政治、政治のために歴史があるようなお国ですから、客観的な資料をたたき台に事実を追求していく、なんてことは彼らには無理。また彼らには歴史をネタに相手よりも高みに立つという『政治的な目的』があるので、最初からそんな気は更々無い。ということで、この試みは徒労に終わると断言出来るでしょう。

 まあ、そうは言っても全く何の成果も得られないわけじゃあないのかも。他国それも隣国同士、それも『あの』中国と歴史のすり合わせなんぞ絶対に不可能である、という結論を導き出せればそれで良い。日本には中国との歴史のすり合わせ可能と本気で思ってる『ドリーマー』の方が結構いますから(主にアッチ系)。

 日本側は、政治的アプローチで突っかかってくる中国側と喧々諤々やりあって、かつその内容を日本で紹介し、日本国民が『ああこりゃ無理だな』と納得できれば、もうこれ以上『ドリーマー』の再生産には繋がらないかもしれない。だから日本側の研究者には、ヘタに迎合しないで学者の良心というやつに最後まで従って欲しい。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そもそも
日中戦争は「侵略戦争」ですらありません。
中国に駐屯してた日本軍や居留してた民間人が攻撃に晒されたのが実態。
当然戦場は中国になるに決まってる。
それを「侵略戦争」とは厳密には呼べませんから。

南京の件も犠牲者数を導き出すための正確な数値が不明な以上、「大虐殺」の呼称は不適切。

これを中共だけでなく無知な日本人にも分かるようにはっきり提示すべきでしょう。

物別れになって元々だと考えて思い切った態度に出て欲しいものです。
2006/12/28(木) 08:09:30 | URL | 蝦夷王 #AVNby.KY[ 編集]
正史史観が有るから無理
歴史は都合の良い様に書き換えるもの。
それが支那の伝統。
そんな国と歴史的議論が出来るはずなど無い。
客観的に?NO! 徹頭徹尾主観的にしか考えないのが支那の体質。
時間の無駄だ!!
2006/12/28(木) 08:13:17 | URL | 青雲大空 #mQop/nM.[ 編集]
中華文明と歴史観の共有は無理。
 あらゆるものが政治に従属する中華文明圏と、日本が歴史観を共有できる訳無いでしょうに。
 しかも、文革でその中華文明も美徳はほぼ全滅、総アノミー化している現代中国とでは、まともな文明国である我が国と歴史について共有できる認識が成立する訳がない。
 それを広く知らしめる以外の効果はないでしょうね。
2006/12/28(木) 09:08:31 | URL | 暇人 #-[ 編集]
いいと思う!
結果は別にして、こちらの理由ある正当性を徹底的に投げつける事で、好き勝手は許さない認識を持たせるべき。この問題は、歴史問題ではなく、経済問題なんでは?
2006/12/28(木) 09:08:59 | URL | ぷりん #-[ 編集]
両論併記で
よろしいのではないでしょうか?
1.「論点」の洗い出し
2.双方の主張、根拠資料等の提示
3.双方の主張について「事実関係」を討議(議事録を残す。)
4.(要すれば)双方の主張、根拠資料の追加・修正
5.報告書とりまとめ
これだけやれば上出来。研究期間2年も要らないだろう。欲を言えば、各国語に翻訳して第三国からコメント(補足資料も含め)もらってそれもまとめれば結構良い資料ができあがると思うけどな。
2006/12/28(木) 09:21:45 | URL | 違法廃棄物処理業者 #-[ 編集]
歴史認識
 共産党史観しか認めないと宣言している共産党独裁体制のシナと幾ら話し合っても、歴史問題でアカデミックな展開が欠片も期待出来るわけがない。

 それを承知で敢えてやる意味は、
①日本には日本の史観が存在している、と言うことを国際に、何より、国内に発信するため。
②お互いの認識の差を確認して、今後、歴史問題を政争の具としないように固定する、つまり、お互い歴史認識について不干渉とする共通認識を造る。
③その中で、第三国の存在についての歴史的な事実を明確にして、日シ共通認識とする。
 と言ったところでしょうか、いずれにしても、それぞれの民族にはそれなりの正義が存在するワケで、例えば、ワシントンは米国建国の英雄だが、嘗ての宗主国英国にとっては、不倶戴天の敵の筈、そう言う評価は話し合いで何とかなるモノではない、唯、事件の客観的事実、特に数字に関しては、確定させる必要がある事をシナ側に理解させるべきでしょう(カナリ難しいですが)、将来、3500万人が3億5千万人になるのでは、シナの歴史学の国際的信用に関わりますよッ!てね。
2006/12/28(木) 09:37:48 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&nid=2699852

こんな↑のいかが?
韓国紙1紙と日本紙4紙の比較もできます。
結論が面白かったもので・・・
2006/12/28(木) 10:14:57 | URL | とん #-[ 編集]
日本も最初から無理なのは承知の上での戦略だと思います。
日本が欲しいのは「対話の努力しました」事実のみ。
これがあると後に強硬姿勢外交でも国内批判避けの材料になるし、最近の中国への国際批判が高まる中でも一定の効果を期待できる。
2006/12/28(木) 10:15:25 | URL | d #mQop/nM.[ 編集]
政治性の色が濃い歴史研究など、正直、やるべきではないし、一党独裁の国の歴史研究などに付き合ってやる必要はないと思うのですが、まあ、これも仕方のないことなのですかね。こちらから主張しないと、調子に乗るのが特亜の特性ですから。

ただ、ここで下手を打てば、中国の捏造が教科書に載り続けることにもなるので、日本は妥協することなく主張すべき事を主張してもらいたいものです。それができるのか不安がありますが。

どうなることやら……。
2006/12/28(木) 10:24:51 | URL | nk #-[ 編集]
すり合わせ?
なすりあい、殴り合いの方が面白い。
2006/12/28(木) 10:29:49 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
注意しないと
いまごろ日本側の学者先生のところに
猛烈なハニートラップだの金品贈与だの
が行われていそうな予感がしますね。
せめて公安関係者から注意事項のアド
バイスくらいはしてあげないと・・・
2006/12/28(木) 12:37:56 | URL | 在韓日本人企業戦士A #-[ 編集]
中国の歴史を聞くといつも思うんですが、『日本軍は原爆も使わずによ~く中国人を殺害したものだなぁ』と。
特に、南京は30万人ですか?!なんでそんな力があったのにアメリカに負けたんだろうか?
100人斬りを出来る殺人鬼が何人もいたのだろうに、何でアメリカとの戦いにはその表記がないのだろう?

不思議だなぁ、なんでこんなにも最強最悪な日本軍は負けたのだろうか?
2006/12/28(木) 12:44:29 | URL | いっくん #-[ 編集]
日本の側に支那の工作がされないか心配だ。マネートラップ、ハニートラップ、スキャンダル、誘拐に脅迫etc…滅入るなあぁぁ…
2006/12/28(木) 12:45:17 | URL | シナチクは嫌いなので食べません(マジで) #-[ 編集]
すらなくっても、よろしくてよ?
支配者が変われば、歴史が書き換えられるのは、人類の歴史上の事実。
中国共産党が政権を取っている限り、不幸な歴史は続くのでしょう。ご愁傷様。

しかし、この新聞社ムカつきますわ!
2006/12/28(木) 14:10:37 | URL | 日本猫 #jWK7zb5Q[ 編集]
>日本はなかでも「戦後60年の歴史」で中国から肯定的評価を得ることに主眼を置いている。

日本人は誰もそんなこと望んじゃいない。売日新聞の勝手な主張を、日本の総意のごとくに書くな!ほんとイラつく。 いっそのこと、中国側には、思う存分「言いたい放題」やらかして頂きたい。嫌中日本人を70%から更に増やして、媚中政治屋どもが、日本の大事な省エネ技術を無償提供するなんぞとは口が裂けても言えないように。
2006/12/28(木) 18:53:46 | URL | 徒然 #-[ 編集]
とても分かりやすい
中嶋峰雄の本(題名失念)によると、支那の国定教科書に日露戦争の記述は無いとのこと。理由は書いてなかったが、考えてみれば当然だ。
もし日露戦争で露西亜が勝っていれば、当時下降線をたどっていたニコライ二世の威信上昇 ⇒ 国内統治安泰 ⇒ レーニンのヴォルシェビキ一揆失敗 ⇒ ソヴィエット政権不成立 ⇒ コミンテルン不成立 ⇒ コミンテルン援助で成り立っていた支那共もあり得ず ⇒ よって現支那政権もあり得ず。
かの国の歴史認識って、とても分かりやすい v-16
2006/12/28(木) 19:38:30 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
夏の虫?
 管理人さん、初めまして。
 何時も楽しみに読ませてもらっています。

 中国の歴史捏造には腹が立ち、ムカつくばかりなんです。
 そんな中国の主張を聞いていて何時も「中国人ってマヌケだなぁ~」と思うのは南京事件の犠牲者の数のことです。
 日本軍が侵攻する前には当時15万人~20万人しかいなかった南京で30万人が犠牲になったと言っているけれど、侵攻3ヶ月後(虐殺が終わったころ?)には20万人が南京に居たと認められていて、仮に最初の人口が20万として残っているのも20万だったら、殺されたと言われる30万人は何処から来たのでしょうかねぇ~
 もしかして中国人は「飛んで火に入る夏の虫」のように、30万人が殺されるために南京へ入城して入ったのでしょうかねぇ~
 普通に考えても計算の合わないことを平気で口にできるのだからあきれるばかりです。
 その中国の言い分を垂れ流す媚中派の思考回路は素晴らしい物だと、あきれ返っています。
2006/12/28(木) 21:07:27 | URL | ドリーマー #-[ 編集]
 この会合は日本とシナの歴史認識の違いを系統だてて明確にするいい機会ではないでしょうか。今までこういった機会はなかったわけですし、歴代の日本政府はシナ共産党が主張してやまない捏造された歴史を唯々諾々として受け入れてきました。その結果が現在のみるに忍びない屈従の姿です。ここでは日中戦争が焦点になるのでしょうが、この戦争の歴史は過去の日中関係に限定してスポットを当てても真実はみえないでしょう。ところが、シナ側の論者はすでに日本の侵略ありき、南京大虐殺ありきで論理構成し、あの時代の世界情勢までにはその考察がおよんでいないようです。所詮はシナ共産党のプロパガンダの押し付けに終始することでしょう。そういう意味では過去に行われた日韓共同歴史研究と同じ結果に終わるだろうと見ています。が、我が国内的には政府の歴史に対する態度を国民に知らしめることができるという意味で有意義ではないかと考えています。座長の北岡さんには満州事変の真実、ソビエトコミンテルンに煽動された国民党が挑発した日中戦争の本当の姿、蒋介石を傀儡として日本との戦いを続けた米英の本性、東京裁判の違法性、戦後日本が供与した6兆3000億円にも上る経済援助の実態等も明らかにし、チベット侵略や東トルキスタンの問題にも言及して欲しいものです。
2006/12/28(木) 22:25:57 | URL | bulldog #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。

>蝦夷王さん

物別れになって元々だと考えて思い切った態度に出て欲しいものです。-

頑張って欲しいですね。あとはどこまで出来るか・・

>青雲大空さん

時間の無駄だ!!-

わはは・・まさに。

>暇人さん

それを広く知らしめる以外の効果はないでしょうね。-

ええ。違いというやつをハッキリ示していただきたいものです。

>ぷりんさん

こちらの理由ある正当性を徹底的に投げつける事で、好き勝手は許さない認識を持たせるべき-

そうですね。それこそ徹底的にやって欲しい。会合が潰れたって良いじゃないか。

>違法廃棄物処理業者さん

結構良い資料ができあがると思うけどな。-

いかに中国が電波であるかという証明になるでしょうね(笑)。

>ナポレオン・ソロさん

将来、3500万人が3億5千万人になるのでは、シナの歴史学の国際的信用に関わりますよッ!てね。-

既に地に落ちてるという話も(笑)。

>とんさん

わはは・・私、この聯合の記事を見た瞬間に飛ばしだなと確信してました(笑)。

>dさん

日本が欲しいのは「対話の努力しました」事実のみ。-

そうと割り切ってやってるなら、安心してみてられるなあ。

>nkさん

ただ、ここで下手を打てば、中国の捏造が教科書に載り続けることにもなるので-

それだけは避けねばなりませんね。

>嫌!さん

殴り合いの方が面白い。-

話がはやそうですね(笑)。

>在韓日本人企業戦士A さん

猛烈なハニートラップだの金品贈与だのが行われていそうな予感がしますね。-

ああやりそうですね・・大丈夫かな。

>いっくんさん

不思議だなぁ、なんでこんなにも最強最悪な日本軍は負けたのだろうか?-

彼らの話を聞いてると、日本軍ってのは化け物のように強いように感じますよね、確かに。

>シナチクは嫌いなので食べませんさん

マネートラップ、ハニートラップ、スキャンダル、誘拐に脅迫etc…滅入るなあぁぁ…-

考えたら凄いやつらですよね・・相手にしたくないわ。

>日本猫さん

しかし、この新聞社ムカつきますわ!-

ねえ(笑)。何をこっそり中国側の立場でモノを言ってるんだと。

>徒然さん

媚中政治屋どもが、日本の大事な省エネ技術を無償提供するなんぞとは口が裂けても言えないように-

中国があくまで無茶を言うなら、さらに中国嫌いが増えるでしょうね。間違いなし。

>光源氏さん

かの国の歴史認識って、とても分かりやすい-

自分達に都合のよいこと『しか』書いてないってことですね。

>ドリーマーさん

こちらこそはじめまして。

普通に考えても計算の合わないことを平気で口にできるのだからあきれるばかりです。-

声を張り上げてれば、嘘でも100回言っとけば、どうにかなると思ってるんでしょうねえ・・

>bulldogさん

チベット侵略や東トルキスタンの問題にも言及して欲しいものです。-

ここまでやれたら凄いですね。拍手してあげる。
2006/12/29(金) 09:49:36 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
12月27日の読売新聞報道の要旨です。<<パートタイマーについて差別的な待遇の禁止>>厚生労働省は26日、就業実態が正社員と変わらないを禁止する項目を、来年の通常国会に提出するパートタイム労働法改正案に盛り込む事を決めた。その内容は1.長期間雇われ、労働
2006/12/28(木) 12:52:10 | 無党派日本人の本音
ひとつ前のエントリーで、過去分の再掲をしました。理由は、本エントリーにあります。是非とも、セットでお伝えしなければならないと感じたからです。
2006/12/28(木) 13:07:40 | 日出処の民
 国家や民族が違えば、それぞれの歴史に対する認識もおのずと異なってくる。ましてや反論や誤りを決して認めない事が独裁国家が相手なら尚更である。 そもそも人類の歴史というのは一人或いは一国だけで出来るものではない
2006/12/29(金) 20:56:36 | ステイメンの雑記帖
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。