管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東アジア外交強硬路線の正しさ 『それでも世界は動いてる』
内閣改造がされて一週間が経過しました。官房長官、外務大臣の人事について、国内、国外の報道機関、中韓の政府が一通りの変わり映えしない『懸念』を表明しましたが、なにやら擦り寄ってきた国があるようです。こちらのニュースをご覧下さい。(KBS World から以下引用)

青瓦台 APECで韓日首脳会談を検討中

大統領府=青瓦台は4日、今月釜山で開かれるAPEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議の期間中に韓日首脳会談を行うことについて、現在、日程を検討していることを明らかにしました

青瓦台のチョン・ウソン外交補佐官は4日、記者会見し、「日本政府からAPECで、韓日首脳会談を行いたい」との意向を伝えてきたとして、このように述べました。

青瓦台は先月の小泉首相の靖国神社参拝にもかかわらず、今度のAPEC首脳会議の議長国として、また日本が6カ国協議の関係国であることを考えて、韓日首脳会談を検討しているものとみられています

青瓦台によりますと、今月18・19の2日間開かれる、APEC首脳会議の中で、韓国と2国間首脳会談を行うことが予定されている国は、ブルネイ、ベトナム、チリ、インドネシア、カナダの5カ国で、さらに1・2カ国が追加されるものとみられます。一方、盧武鉉大統領はAPEC首脳会議とは別に、16日、中国の胡錦涛国家主席、ペルーのトレド大統領と首脳会談を行うほか、17日はアメリカのブッシュ大統領、19日はロシアのプーチン大統領とそれぞれ首脳会談を行う予定です。


 あれれ??総理の靖国神社参拝に抗議して、盧武鉉大統領との会談を中止するって言ってませんでしたっけ?『対話が途絶える』だの『関係が悪化する』だの言ってたの誰だ?対話するみたいですけど?

 実際問題として、靖国参拝を批判することで日本が強硬な態度を取れば取るほど、困るのは韓国です。韓国政府だって、バ○の集まりではないのですから、こっちが折れないと理解すれば、このように対話を求めてくるんです。そう、靖国カードを無効化したからですね。

 ここで、韓国の中央日報が今回の内閣改造人事にイチャモンをつけた社説の一部をご紹介します。(中央日報から以下引用)

【時事評論】逆行する日本外交

先月31日に断行された日本政府の内閣改造はこれまでのどの時より国内外的に大きな波紋を起こした。

内閣改造が断行される前、一部では小泉首相が穏健派の福田康夫前官房長官を起用し、韓国など周辺国らとの関係改善を図るという観測が優勢だった。しかし予想を破って小泉首相は今回の内閣改造を通じ、安倍晋三官房長官と麻生太郎外相など強硬派を外交前面に布陣した。今回の日本の内閣改造には残りの任期(来年9月まで)中にもアジア外交にはそれほど関心を向けず、過去の問題に対する政治的なカードに応じないという小泉首相の強硬意志がこもっているとも解釈される。

麻生外相は小泉首相から外相の要請を受けたとき「私のような強硬派が外相をしてもよいのか」と問い直したという。すると小泉首相は「福田内閣のときも日中関係がうまくいった。強硬派の方が外交はうまくいく」と励ましたと日本のマスコミは伝えている。隣国との対立を強攻突破するという小泉首相の傲慢さがそのまま現れている。
<後略>


 「福田内閣のときも日中関係がうまくいった。強硬派の方が外交はうまくいく」と、総理が本当に言ったのかは分かりませんが、実際には、その通りに事態が進行しつつありますね(笑)。靖国参拝や、歴史認識問題といった、観念的な壁を乗り越えた先に、本来の国と国との関係が見えてきます。

 私は、何も韓国や中国を完膚なきまでに叩きのめせと言ってるのではありません。理不尽な言いがかりを受けて、土下座してきたこれまでの異常な関係を『普通』の国と国の関係にしましょうと言ってるだけです。総理の靖国参拝、今回の改造人事での一連の流れを継続すれば、これまでの不正常な関係は無くなると確信しています。

 外交において、自ら弱みをさらけ出して謝り続けるような国は、始めから既に『負けている』のです。自身の信条だか何だか知らないが、謝罪し続ける事によって、国益を損ねた政治家、一部マスコミは、国民に謝罪するべきではないのか。謝るがの好きなんだから。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
同感です。
>自身の信条だか何だか知らないが、謝罪し続ける事によって、国益を損ねた政治家、一部マスコミは、国民に謝罪するべきではないのか。謝るがの好きなんだから。

全く同感です。 来年以降も小泉外交路線を継続して欲しいですね。
2005/11/08(火) 16:15:58 | URL | 青い炎 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>青い炎さん
TBありがとうございます。
小泉総理の外交路線を今後もデフォルトにして欲しいですね。
2005/11/09(水) 09:55:56 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
まともな外交をする日本へ。
今までの日本の外交が異常すぎました。
隣国から過去の侵略行為への非難に絡めて教科書、閣僚の靖国参拝など内政への干渉を言いたい放題言って、自分達の侵略行為(竹島占拠、東シナ海支配)を正当化することをしてきたのだから。

最後の任期で小泉総理がどういう外交を進めるのか、期待と共に変節することが無いよう油断せずに注視したい。
2005/11/09(水) 22:39:43 | URL | 縁光 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 今韓国では、北朝鮮で体制転覆が起きた場合に、反米感情や保革対立が先鋭化している韓国の方が、先に危機に陥り米韓同盟も崩壊するおそれがあるという報告書が物議を呼びそうな気配になっている。  この報告書は有識者によって作成され、韓国国会の国防委員会が提出を受
2005/11/08(火) 15:44:41 | 外交のファンタジスタ
今回の内閣改造の最大の特徴はいわゆるタカ派が名を連ねたことである。これは小泉総理の『土下座外交・情けない外交ときっぱり縁を切る、そしてそれを後継候補にも継続させる』という強い意思が強烈に反映された結果だと思う。麻生総務相は31日の組閣本部で、尋ねた。....
2005/11/08(火) 16:13:19 | 青い炎の日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。