管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 まずは自国をどうにかしようよ
 今年末で任期が終了するアナン事務総長に代わって、次の国連事務総長に就任する予定になっている韓国の潘基文外相。昨日のエントリーでは今月5日夜、潘氏が来日し、麻生外相と会談を行ったことを紹介しました。

 会談では、会えば文句ばかり言うといったこれまでのスタイルはどこへやら、日本に協力的、友好的な態度を示した潘氏でしたが、地金が出たのかどうなのか、翌日の日本記者クラブにおける講演にて、余計なことを喋っておられたようです。こちらをご覧ください。(asahi.comから以下引用)

潘次期国連総長、日本の核保有論議に憂慮

次期国連事務総長に決まった韓国の潘基文(パン・ギムン)外交通商相が6日、東京都内の日本記者クラブで会見した。北朝鮮の核実験に絡んで、麻生外相や自民党の中川昭一政調会長らが日本の核保有論議を展開していることについて<「韓国の外交通商相としてだけでなく、次期国連事務総長としても憂慮を表明したい」と語った

 潘氏は「日本政府が非核三原則を守るという立場は理解している」としながらも、「有力政治家により(核保有)論議が続くことを憂慮する。国連の有力加盟国で、地域の重要な国である日本の未来にとっても望ましくない」と指摘。「地域の非核化のため、日本も6者協議参加国として努力して欲しい」とくぎをさした。 <後略>


 核保有論議ねえ。何だか最近、まるで麻生、中川両氏が核保有の必要ありという立場から発言を繰り返しているように『されつつ』あると感じる管理人ですが、当ブログで何度も取り上げてきたように、両氏は持つ持たないを含めて様々な議論をした方が良いんじゃないの?と問いかけてるに過ぎないわけです。

 で、現状を見てみると、核保有あるいは核武装すべき!という立場で論議に加わっている人(政治家で)はいない。つまり日本の政界において核を持つという流れは全くと言ってよいほど発生していないわけで、潘氏に憂慮されるような状況にはなっていない。

 逆に、韓国ではハンナラ党の元総裁であり、前回の大統領選で盧武鉉大統領と激戦を繰り広げた李会昌氏が『次期政権は長期的に核兵器開発を検討するべきだ(別館エントリー)』と、まさに正真正銘の核保有論をぶっている。他人の家の状況を憂慮するまえに、ご自分の家の状況を憂慮したほうがいいんじゃないのか。

 要するにお前が言うな!ということなんですが、記事の最後の『日本も6者協議参加国として努力して欲しいとくぎをさした』ってのもしかり。6カ国協議に限らず、足並みの乱れを作ったり、わけのわからないことを続けて結果的に北を利しているのは一体どこの国なのか。あんたにだけは釘を刺されたくないですよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
核は難しい
持っても持たなくても、核は難しい。難問だからこそ自己責任で、答とその結果を自分の意思で引き受けたいと思う。
隣の基地外にとやかく言われる筋合いはないし、付きあう要もない。

フランスは核を保持したが、冷戦構造に何の効果もなかった。ソ連はフランスの核など歯牙にもかけなかったからだ。
 
日本が核を持ったら、効果が覿面に及ぶのはどの国か? 日本の核など歯牙にもかけない国はどこか。その辺りから話を始めるべきでは・・・・・特亜の意図をあぶり出し釣りだすためにも。 
2006/11/07(火) 19:58:05 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
まだ起きてもいない論議を憂慮できるってものすごい能力ですね。
こんだけ韓国の関係者に憂慮されるってことは核保有を論議することこそが正しい道という確証を得られた気がします。
2006/11/07(火) 20:15:58 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
日本はプルトニウムの保有量とロケット打ち上げ技術においては他の先進国と引けを取るものはない。しかし地下核実験を変なところでやると地震を誘発しかねない。
 やはり持つのは無理か。
2006/11/07(火) 20:23:26 | URL | Nyan #-[ 編集]
危険なことを考え始める今日この頃
核議論の中は日本の核保有だけでなく、近隣諸国の核保有についても考えられること。国民に考える時間を与えることだと思います。
最近、核保有もいいのではないかなどと考えることもあり、実験は竹島近海で・・・などと不埒なことを。
まあ、大人?が持つものであり、餓鬼が持つものではないのかとも。

日に日に危険思想に走り、どこかで歯止めが必要です。麻生さん中川さん決めちゃって!
2006/11/07(火) 20:49:45 | URL | ねむ #-[ 編集]
一応、この件に関しては、私なりにパンさんを擁護すべきところがあると思うので書きますが、記者会見の映像で見たところ、この記者の質問と言うのが、
「日本の(有力な)政治家が核保有を考えているがどう思うか?」
これに対して、
「(日本が核武装をするという事に関しては)憂慮すべき事態で、慎重に…」
という内容だった。
まず日本で行われようとしているのは、「核に関する議論」であって、「核保有そのもの」ではないのに、この記者の質問が非常に誘導的であり、なおかつパンさんが憂慮を示しているのは、日本の核保有であって、核に関する議論ではない。
なので今回のパンさんの発言は比較的常識的、当たり前の反応であって、特に反日や立場を忘れてという事ではないと思う。
管理人さんの記事、意見にはいつも大体共感しているが、今回のはよくある「マスコミの作為的な記事」に思えるので、出来れば、ネット上のどこかにあるようならオリジナルの会見映像でも見てもらいたいかなと。
2006/11/07(火) 21:14:16 | URL | 兎々 #WCSj23LI[ 編集]
国際反日連合
どこの国が蠢いているのか、定かではなかったけれど、独裁国家やらを棚にあげて、言いがかりみたいな日本の人権批判やら、一方的な言い分だけ聞きに来る国連の職員なんてのが今までもいましたが、これからはさらに頻繁になる予感がします。

2006/11/07(火) 23:51:03 | URL | n #NkOZRVVI[ 編集]
これは正確に情報を把握しての発言かどうかによって評価は分かれますね。
核保有を主張しているかのように日本のマスゴミと政治屋が騒いでいるので、それをまともに受け取って(つまり誤った情報のもとに)発言している可能性があります。
ただでさえ半島人は情報把握能力に欠けるのですから、可能性はかなり高いと思います。
2006/11/07(火) 23:52:43 | URL | 古尾光 #-[ 編集]
北朝鮮核武装、次は台湾か
日本が核武装するのがそんなに恐ろしいのかね。失礼な。確かに日本が核武装すれば、中共もこれまでのように好き勝手は出来なくなるな。中共への嫌がらせの一環として、台湾に日本製原爆を供与すれば、人民解放軍の台湾侵攻作戦のシナリオを大きく書き換えなければならないだろうからな。
2006/11/08(水) 00:26:00 | URL | 朝日将軍 #euhhN/GY[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。

>光源氏さん

持っても持たなくても、核は難しい。難問だからこそ自己責任で、答とその結果を自分の意思で引き受けたいと思う。-

うん・・。だからこそ様々な立場から議論が行われて欲しい。宗願っているんですが・・あれでは。

>日本大好きさん

核保有を論議することこそが正しい道という確証を得られた気がします。-

そうですね。気にせずやればいいのに・・

>Nyanさん

やはり持つのは無理か。-

こういう結論になっていくんでしょうが、議論くらいはやっておくべきなんですよね。

>ねむさん

まあ、大人?が持つものであり、餓鬼が持つものではないのかとも。-

資格の話をすれば、身をもって危険性を体感した日本こそが、核をもつ資格ありなんですけどね。あっち系の人は、被爆国だから持っちゃいかん!と言ってますが(笑)。

>兎々さん

この記者の質問が非常に誘導的であり-

そうでしたか。ご指摘のように動画を見るべきでした。一応、読売の記事に

『日本国内で核保有に関する議論があることについて、「こういったことをめぐり政治的な議論が続いているのは望ましくない」と述べ、懸念を表明した。』

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061106it17.htm

というのがあったので、議論についても文句をつけてるんだという確認はしたんですけどね。

>nさん

これからはさらに頻繁になる予感がします。-

慰安婦だの強制連行だの、妙な特使がたくさん来そうですね。

>古尾光さん

核保有を主張しているかのように日本のマスゴミと政治屋が騒いでいるので、それをまともに受け取って(つまり誤った情報のもとに)発言している可能性があります。-

なるほど。その可能性はありますね。が、わざと悪乗りしてる可能性も・・

>朝日将軍さん

中共への嫌がらせの一環として、台湾に日本製原爆を供与-

これは無茶苦茶イヤでしょうね、中国にとっては。
2006/11/08(水) 07:55:54 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。