管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党 前原カムバーック!
 政府・与党が今国会で成立を目指している防衛庁の省昇格法案。先日のエントリーでは、政権交代を訴える民主党が、この法案を巡って右往左往していることを紹介しました。(関連エントリーを参照)
 
 当初は同法案について『時期尚早』であるとして、法案に反対していく方針を固めたと報道されたものの、『また何でも反対ですか』という声に焦ったのか、数日後には条件付で審議に応じる方針を固めたと報道されました。

 この条件とは、防衛施設庁の談合事件の集中審議を十分な時間を確保して行うべき・・というものでしたが、やっぱりというか何というか、こんなんなってます。まずこちらをご覧ください。(NHKニュースから以下引用)

民主 防衛省審議は談合解明後
 
民主党は、小沢代表ら幹部が協議し、防衛庁を「防衛省」に昇格させるための法案について、防衛施設庁の談合事件などの真相の解明が行われないかぎり、法案の本格的な審議には応じられないという方針を確認しました

この法案について、与党側は、衆議院安全保障委員会で行われている防衛施設庁の談合事件などをめぐる集中審議が7日に終わるのを受けて、速やかに法案の本格的な審議に入りたいとしています。

この問題への対応をめぐって、民主党は6日、小沢代表と菅代表代行、それに鳩山幹事長が協議しました。この中で、出席者からは「集中審議の内容は今後、詳細に検討していかなければならないが、法案の審議に応じるのは、談合事件など一連の不祥事の解明が済んでからだ」などといった意見が出されました。<後略>


 以前のエントリーで私は、今後民主党は『法案そのものには反対しない『フリ』をしながら、論点をずらしつつ審議終了まで粘着し(←今ココ)、法案が成立すれば多数の横暴だ!などと文句を言う』と書きました。つまり結果的には反対してるのと同じことをやると思っていたのですが、これでハッキリしましたね。

 真相の解明が行われない限り~と言うが、その解明が行われたと判断するのは一体誰なのか。これはまだまだ解明されてない!とイチャモンをつけようとすれば、いくらでも出来るわけで、一刻も早く省昇格法案を成立させる必要がある今、このようなことを言い出す意図は明白だ。法案成立を阻止するという一点でしょう。
 
 というわけで、やっぱり民主党ってのは何でも反対のク○政党であることを再認識した次第でありますが、党内からはこんな意見も出ています。こちらをどうぞ。(gooニュース共同から以下引用)

前原氏、小沢代表と距離? 主導権争いの火種も
2006年11月5日(日)19:29

 民主党の前原誠司前代表が、安全保障政策を対立軸に与党との対決姿勢を際立たせる小沢一郎代表ら執行部と、距離を置き始めたとの見方が強まっている。党内には、19日投開票の沖縄県知事選で民主党などが推す野党統一候補が敗れれば、安保政策をめぐるあつれきが、主導権争いの火種になるとの懸念もある。

外交・安全保障を極度に政治の道具として何でも反対とか、けちをつけるべきではない。それを超越した2大政党制をつくりたい」。前原氏は5日、都内の講演で、小沢氏の対立軸路線をけん制した。

前原氏は、麻生太郎外相らによる核保有論議の容認発言を「ナンセンスで百害あって一利なし」と批判、執行部と歩調を合わせている。しかし、執行部が慎重審議を求める防衛庁「省」昇格法案に賛成姿勢を鮮明にし、北朝鮮の核実験を受けた周辺事態法の適用については「認定も排除すべきではない」と、小沢氏らと見解を異にしている


 うーん・・核保有論議についての認識がアレなのはさておき(笑)、『外交・安全保障を極度に政治の道具として何でも反対とか、けちをつけるべきではない。それを超越した2大政党制をつくりたい』・・前原氏が代表に就任したときも、同じようなことを言っておられましたが、私はこの考えに共鳴し、前原氏を応援するエントリーを山ほど書いてきました。

 日本国外に目を向けると、北朝鮮がとうとう核実験を強行するという決定的な状況の変化があったにもかかわらず、現在の民主党を含めて野党は、状況の変化への対応を『迅速』に行わなければならないのに、何でも反対で政府の足を引っ張るばかり。今、前原氏が代表だったら、あのメール騒動がなけりゃあ・・と思うのは私だけではないはず。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:民主党のあいまい支離滅裂戦略
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ま、まともな奴なら距離を置くわな。
 何でも反対、もしくは実質何でも反対が通用したのは小泉内閣以前で、今は通用しない事がまだ解っていないのか? あの連中は。
 つきあってられないと、多少解っている前原氏達が離反し始めるのも無理はない。
 核についての議論は、まあ、世間知らずの政経塾出身者だから現実を叩き込めばイヤでも理解するでしょう。実際、議論と検討をして情緒的でない理由で核を持たないとなればそれはそれで良し。
 ま、北の核はどう見てもまともな起爆が出来ていないようですし。今日本が核を持つオプションを検討し始めたという事。現実に持つ為の具体的問題の検討と対応まで行くかこそに価値がある。こりゃ北を潰さないといかんと米中露が行動する所まで持っていく所にこそ価値があるのです。現実に持つとなると色々問題がある。特に核実験の時に。
 そろそろ、小沢民主党を見限って分裂する動きが出て欲しいですね。前原さん。そこんとこお願いします。
 他はやらないで良いですから。今のあなたではそれ以上のことはやらない方がマシです。
2006/11/07(火) 08:58:47 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
前ちゃんも送金メールなんぞにGOサインを出すくらいだから、たかが知れてるとは思うが…。
老害でしかない連中よりはまだマシでしょうか。
さっさと反対党は潰れて、野党に復活してもらいたい。
2006/11/07(火) 09:36:09 | URL | でっどまん #-[ 編集]
今の日本に万年野党を飼う余裕などありません。民主党の3バカ役員には付き合ってらんねえやというマトモな感覚を持っている人間には一念発起してほしいです。
いつまでも消去法の結果で自民党を支持し続けるのには大変な危険を感じます。自民党をチェックし得る勢力を切望します。
自民党に自浄能力あればあせることないんですけど、最近じゃ党内野党の言動が露骨過ぎるのでいつまでも高潔に生まれ変われない自民党に嫌気がさしかかってます。反日野党は論外ですけど。
2006/11/07(火) 10:07:02 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
非核三原則???
非核で安全保障を考えるのは大変だね、新兵器の開発か?毒ガスに戻るより仕方が無い、兎に角日本人を安心させて欲しいね。
2006/11/07(火) 10:55:00 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
前原議員は支持できる部分も多いんですが、同和団体と繋がりが深いのがちょっと・・・
2006/11/07(火) 11:09:14 | URL | あまのじゃく #-[ 編集]
以前の前原さんは民主党では多少マシな政治家と思っていましたが、この前の国会で安倍さんにネチネチ歴史認識を質問していたのを聞いて、菅直人と一緒だなと思いました。多少の意見の違いはあっても、あの3バカ率いる民主党に所属しているということは一致点の方が多いということ。松原や原口もマトモそうなこと言っても中韓、在日帰化人、同和団体の奴隷=民主党ではね・・・小沢との意見の違いをテレビやマスコミに言う前に直接言ってなんとかすれば?と思います。結局、民主党の方針は変わらないまま、それでも民主党に所属し続けるということはその程度の人たちなんでしょう。
2006/11/07(火) 11:37:45 | URL | hana #-[ 編集]
安保・防衛で意見の合わない人は、民主党を出て、自民党と組んでは?
2006/11/07(火) 12:37:24 | URL | とおる #5S8jD4Sc[ 編集]
前原が一見良く見えるのは
ゴキブリの大群の中にいる糞コロガシみたいなもんでしょう。
周りが酷すぎると少しまともなことを言ってるだけで輝いて見えるものです。
人権擁護法案に賛成だったり曲者だと思います。ですが民主党の3バカよりはマシなのは確かですね。
2006/11/07(火) 13:07:04 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
民主ってヤツは…
 防衛施設庁の談合は国内(経済)問題。防衛庁昇格は国際(軍事)問題。一緒に議論することさえ無意味なのに、国内問題の方が国際問題に優先するという考えは完全に理解の外。
 結局政府が一番やりたがっていることに反対することが野党の生きる道と心得ているのか、はたまた、日本が普通の国になることを快く思わない近隣の国の片棒を担いでいるのか。
 
 いずれにしても国民の生命・財産の保障には興味がないようだね。
2006/11/07(火) 14:29:52 | URL | 槿花一朝之夢 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。

>暇人さん

こりゃ北を潰さないといかんと米中露が行動する所まで持っていく所にこそ価値があるのです-

核保有についての議論というのは、かなり良いカードですもんね。上手く機能させるためにも、前原さんあたりから、核保有論が出てくると面白いんだが・・

>でっどまんさん

老害でしかない連中よりはまだマシでしょうか。-

ええ、明らかにまだマシです。

>日本大好きさん

いつまでも消去法の結果で自民党を支持し続けるのには大変な危険を感じます-

そうですねえ。まだわけのわからんのが沢山いるし、公明という麻薬も使いすぎてる。

>嫌!さん

非核で安全保障を考えるのは大変だね-

これを排除するだけで、かなりマイナスからのスタートですからね。

>あまのじゃくさん

同和団体と繋がりが深いのがちょっと・・・-

これはウチでも扱ったことがあるんですが、実際どのくらい関係があるんでしょう?

>hanaさん

小沢との意見の違いをテレビやマスコミに言う前に直接言ってなんとかすれば?と思います-

その通りですね(笑)。まあ、前原さんとしては、自分が代表のときにやられたことを、そのままお返ししてるのかもしれません。

>とおるさん

民主党を出て、自民党と組んでは?-

それも選択肢のひとつだなあ。

>名無しさん

人権擁護法案に賛成だったり曲者だと思います。ですが民主党の3バカよりはマシなのは確かですね。-

ええ、靖国なんかでも私とは意見が合いませんが、安全保障に限ってだけは、この人は評価できます。

>槿花一朝之夢さん

いずれにしても国民の生命・財産の保障には興味がないようだね。-

興味があるのは党利党略だけですね。
2006/11/07(火) 18:14:55 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
腐った蜜柑と一緒にいruna
小沢、鳩山、菅の三馬鹿もとい三羽烏が、前原執行部を面倒がらずに支えてやれば、民主党ももっとましな政党になり、政権交代の受け皿というセリフにも少しは現実味が感じられたのだろうが、小沢民主党の迷走振りは飲酒運転のごとき醜態としかいいようがない。前原代表は少数でも同志とともに民主党を脱党すべきである。このままでは有能の士も腐ってしまう。腐った蜜柑と一緒にいてはいけない。
2006/11/07(火) 18:57:57 | URL | 朝日将軍 #-[ 編集]
前原氏民主党こそ二大政党制への道
健全な政党による政策選択中心の二大政党制こそ、今の日本国に必要だと思います。そのためには小沢ではダメだし、小沢が代表である間は民主党が政権を握ることはないと思います。
前原氏の代表再就任を私も希望します。
2006/11/07(火) 19:17:22 | URL | ナルト #v9aamH/k[ 編集]
前原さん
そろそろ起き上がりますか?
2006/11/07(火) 22:21:39 | URL | てつ.com #-[ 編集]
前原氏は駄目駄目です
私はメール問題の時の前原代表の対応を見て、すでに見放しています。政治家以前に人の上に立って良い人間ではありません。
たしか前原氏は在日外国人参政権付与に賛成だとか。日本に対する忠誠心がないか、脳内お花畑かどっちかです。いずれにせよ害虫みたいなもんです。
前原氏がマシに見える民主党も期待できません。自民党が一党独裁後分裂して二大政党になることを願うしかないと思います。
2006/11/07(火) 22:40:50 | URL | mk #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 昨日(6日)のテレ朝の「TVタックル」を見たが  「なんてノーテンキな奴らだろ
2006/11/07(火) 14:49:38 | Empire of the Sun太陽の帝国
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。