管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
補選に負けても何でも反対
 政府・与党が今国会で成立させたい教育基本法の改正案。最優先と位置づけるこの改正案の成立に向けて、これから集中審議に入っていくことになるわけですが、野党は雁首揃えて採決に反対することで一致したそうです。

 社民や共産といった、改革するつもりも改正するつもりもハナからない政党はともかく、『一応』対案を出してきている民主党は、社民や共産とは違った対応をするのが筋だと思うわけですが、最近、急速に旧社会党的な政党へと先祖がえりしている民主党には期待できそうにない。

 政権交代だの政権準備政党だのと言うばかりで、実際は無責任なことばかりやってる民主党にはウンザリしてしまいますが、そんな民主党に読売、産経の両紙は社説にて苦言を呈しております。今回のエントリーでは読売の社説を紹介します。こちらをどうぞ。(Yomiuri Onlineから以下引用)

10月26日付・読売社説(1)

 [教育基本法改正]「政争の具にしてはならない」

 現行の教育基本法には問題が多いという認識は、与党も民主党も共通のはずだ。

 そうであれば、建設的な論戦を通じて法改正の実現を図るのが筋だろう。にもかかわらず、民主党が審議引き延ばしに出ようとしているのはどうしたことか

 教育基本法改正案の審議がようやく再開した。先の国会に政府案と民主党の対案が提出され、約50時間の審議が既に行われている。

 政府案と民主党案は共通点が多い

 教育を通じ、伝統の継承や愛国心、公共の精神をはぐくむ大切さを掲げた。家庭教育の条文も新設した。いずれも、戦後まもなく制定された現行法に欠落している部分である

 現行法で「9年」と定める義務教育の年限を削除している点も共通する。子どもたちの学力低下を憂慮し、義務教育の延長など、「6・3制」の弾力的な運用をしやすくするためだ。

 教育再生は急務だ。来年の通常国会には、教員の質の向上を図る教員免許更新制導入のための法改正作業が控えている。基本法が改正されれば、教育行政の政策目標を定める「教育振興基本計画」の策定作業も始まる。

 教育再生へ具体的な措置を講じる上でその理念、指針となるのは、やはり教育基本法だ。その改正を急ぐ必要がある。民主党も教育の現状に対する問題意識を共有するなら、審議の促進に協力し、自らの主張を法改正に反映させる努力をすべきではないか。

 だが、民主党は審議再開に難色を示し、実質審議入りを来週に先延ばしさせた。与党との修正協議も拒んだままだ。

 愛国心の表記は、「我が国と郷土を愛する態度」とする政府案より、「日本を愛する心」と明確に書いた民主党案を評価する声が、自民党にも少なくない。民主党が自身の案を少しでも生かそうと思えば、修正の余地も十分出てくるのに、自ら可能性を封じている。

 それどころか、改正反対を唱え、本来相いれないはずの共産党や社民党と、今国会での採決阻止を確認している。

 これでは、審議引き延ばしを目的に、形だけ対案を出したことになる。かつての社会党と何も変わらない

 下手に修正協議に応じれば、党内の足並みの乱れをさらけ出すことになる。与党との対決色を強めた方が来夏の参院選にも有利だ――。そんな計算が働いているのだろう。

 教育は国家百年の計だ。政争の具にするようでは、選挙に有利どころか、民主党は国民の信頼を失いかねない


 社会党と何も変わらない・・本当にその通りだと思います。ハッキリ言って、ただ反対している社民や共産(褒められたものじゃありませんが・・)よりも、対案を出して改正に前向きな『フリ』だけして、実際にはとにかく反対するという民主党の方が悪質だ。国民を騙していると言っていい。

 教育基本法の改正が必要だと認識し、日本の教育のためを思い、かつ作った対案は与党との共通点が多い・・ならば修正協議に応じて、自民、民主の2大政党で法案を成立させれば良いじゃないか。修正協議に応じてしまえば埋没してしまうと『思い込んで』るんでしょうが、これは民主にとってマイナスには決してならない。

 むしろ、対案出そうが何しようが結局のところ何でも反対なんだろ?と国民に思われる方がマイナスだ。が、対決姿勢でいかないとダメだと『信じ込んでる』人がトップじゃあ、こんな声も届かないんでしょうね。仮に与党が民主案を丸呑みすると言っても、拒否しちゃうんでしょうし。これみたいに→(国会迷走、民主が共謀罪採決を拒否 by スポニチ)


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:周辺事態法の適用に反対する議員たち
関連エントリー2:鳩山幹事長は二枚舌
関連エントリー3:何でも反対のツケだ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント

与党を見て、反対
対案を出して、反対
対案が通って、反対

国民・国を見て、政治をしてくれって、野党に言うのは、望みすぎなんでしょうかね?
なら、邪魔なだけではく、(税金の)無駄だから辞めてくれって・・・

最近になって 世界がおかしいのか
おかしな世界が、表に出てきただけなのか
変なことばっかり・・・
受験の為に 勝手は教科の選択制をとって、子供らに負担を強いたり・・・
国・国民の安全・生活を守る為の政治家が、違いをを強調するため・政権を取る事を優先したり・・・
弱者救済だと、新たな弱者を作ったり・・・
平和神話に取り付かれて、人間として生きるより家畜化・獣化して生きようとか・・・
リーダー不在なのか、自由の過剰なのか

2006/10/26(木) 20:18:26 | URL | とん #-[ 編集]
永世中立国のスイスは緊急時に多くの国道が離発着可能な滑走路にかわるよう設計され、地下基地が多数あり、兵器については公開[当たり前ですが]されているものとは比べられないと。世界一の監視国家[盗聴と監視カメラ]であることも言うまでもありません。自由社会であるとともに防衛については素晴しい国家です。敵をつくらない為にはそれなりのベースが必要不可欠であると。日本も自由という意味をもう一度考えた方が良いと思います。→元スイス軍仕官たちが仰ってました。

平和主義の振りしてるおばかな日本の政治家はよくスイスなど取り上げたり、視察に来てますが、ただのアホと思われてます。スイス人には。
2006/10/26(木) 20:21:54 | URL | 聞いたこと #9V5B26Sk[ 編集]
教育基本法の改正は急務ですね。
最近では自殺やいじめ、単位不足など目もあてられないことばかり未来の日本は大丈夫なのか?
日本は資源が無いので人材が宝だなんて言われていた時代は古いのか?
2006/10/26(木) 20:28:03 | URL | いっくん #-[ 編集]
なんだかねぇ
小沢民主党は、反対の為の反対をして結局、審議を頓挫させて次の選挙の時に「安倍政権は何も変えられない」などと言うつもりなんじゃないかと疑ってしまいますね。
この党が政権をとったら、良い国になるなどどう考えてもありえないと思います。
2006/10/26(木) 20:37:31 | URL | fen #7XaZTY2Y[ 編集]
アホ議員はほっときます
管理人様

核実験後、最近日本で不可解な事故や事件多くないのですか?
新幹線は連日止るし、電車の人身事故、強盗、殺人....
もしかしたら北朝鮮の仕業と思っているのは私だけかしら...
2006/10/26(木) 20:44:04 | URL | 律子 #/5NF2HG2[ 編集]
教育基本法をどう改正して実行していくのか議論していくのが最大の課題なのに変えるか、変えないかの次元で国会運営の妨害ばかりしている野党に垂れ流される膨大な税金こそがまさに冗費と呼ぶにふさわしいですね。。すべてにおいてこの姿勢をとるのは無責任極まりない、いっそすべての法案やるやらないを国民投票にて直接判断してから中身を議員なり役人なりで考えるような仕組みにしないと何も出来ないまま日本が朽ちていってしまいます。
自民党に選挙で大勝ちさせてから自民党徹底改革するようなまどろっこしい道しか無いのでしょうか?それとも維新政党新風に期待?いっぺん試しに支援(たった1000円ですが)してみる予定です。
2006/10/26(木) 21:02:40 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
民主党に改名をお奨めします。

反対党
2006/10/26(木) 21:05:31 | URL | rika #3XNUv4lM[ 編集]
もう遅いですなぁ
> 教育は国家百年の計だ。政争の具にするようでは、選挙に有利どころか、民主党は国民の信頼を失いかねない。

 信頼してる人なんてコアな信者か物好きか・・・
 大半の国民は指差して笑ってるか見なかったことにしてると思われる・・・
 だって恥だもん こんなのが国会議員なんて
2006/10/26(木) 21:22:58 | URL | むーん #d73mvWlo[ 編集]
ソーロン賛成各論反対
と言う時代が社会党の元気なころありました。結局きれい事を言いながら政府を麻痺させる無政府主義者のたわごとであることに有権者は気づいたのです。その悪習を一刀両断したのが小泉政権の郵政改革選挙でした、自民党員であれ改革の足を引っ張るものは許さない姿勢に国民は喝采を送ったのでした。民主に巣食う無政府主義者の残党とそれにおもねる斜陽の元ゴーワンや鳩坊ちゃんをなんとかせねば民主党の将来はありません。教育改革は国民の安全と安定の第一歩なのだと思います。
2006/10/26(木) 22:48:38 | URL | chonchon #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。

>とんさん

邪魔なだけではく、(税金の)無駄だから辞めてくれって・・・-

ホントですね。税金の無駄だけではなく、政府・与党が野党を相手にする時間も無駄。

>聞いたことさん

ただのアホと思われてます。スイス人には。-

でしょうね(笑)。自称平和主義者の議員達は、一面しか見てませんからね。

>いっくんさん

日本は資源が無いので人材が宝だなんて言われていた時代は古いのか?-

宝であることには変わりないけれど、そのレベルが低くなってる・・という風に言われても否定できないなあ。

>fenさん

次の選挙の時に「安倍政権は何も変えられない」などと言うつもりなんじゃないかと疑ってしまいますね。-

いや、これを狙ってるんだと思います。だけどやめて欲しいなあ・・

>律子さん

もしかしたら北朝鮮の仕業と思っているのは私だけかしら...-

そういった疑いが浮上してくるのも仕方ないのかもしれませんね。

>日本大好きさん

何も出来ないまま日本が朽ちていってしまいます-

ホントですね・・何かいい手はないものか。

>rikaさん

反対党-

ははは・・ぴったり(笑)。

>むーんさん

信頼してる人なんてコアな信者か物好きか・・・‐

今や超少数でしょうね。それすらも。

>chonchonさん

結局きれい事を言いながら政府を麻痺させる無政府主義者のたわごとであることに有権者は気づいたのです‐

その通りですね。そして前原さんのときは、その反省を踏まえて対案路線を打ち出したはずだったのに・・
2006/10/27(金) 08:15:05 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
その日の出来事・気になるニュースを、「知ってて損はないワンポイント情報」とあわせて提供してます。
2006/11/09(木) 11:48:15 | 知っ徳情報サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。