管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランス暴動に見る理想と現実の乖離
 先月下旬からフランスにおいて始まった移民系住民による暴動は、沈静する気配を見せず、拡大の一途を辿っているようです。主にパリ郊外で暴動が起きていましたが、いよいよパリ市内まで飛び火してきたようです。こちらのニュースをご覧下さい。(CNN.co.jpから以下一部引用)

連夜の暴動、パリ市内にも 車などに放火

2005.11.06
Web posted at: 13:30 JST
- CNN

パリ(CNN) イスラム系移民の少年が警察から逃げようと感電死したとされる事件をきっかけに、パリ北東や北部の郊外地区で先月下旬から拡大した暴動は6日早朝までに、パリ市内にまで波及した。パリ市内東部のレピュブリック広場でも、車が数台燃やされた。

フランス国家警察報道官によると、10日目の夜間暴動によって6日早朝までに車800台が燃やされ、144人が拘束された。このうちパリ市内では、車両13台が燃やされた。

パリ北東の郊外で始まった移民系住民らを中心とした暴動は他都市にも波及。5日夜から6日朝にかけては、ノルマンディー地方のエブルーでも学校2カ所と郵便局、ショッピングセンターと車50台が放火され、警官5人と消防士3人が負傷した。

フランス北部リーユでは保育園が燃やされたほか、パリ南郊グリニーでは2つの学校が放火に遭った。南部トゥールーズでは放火30件が発生し、車やゴミ箱への放火も相次いだ。中部ナントでは公共の文化施設が放火され、パリではユースホステルも放火されたという。 <以下略>



 現在フランスでは、人口の一割である600万人が旧植民地などからの移民で占められています。伝統的に移民を受け入れてきたフランスは、第二次世界大戦後の復興の担い手として、また、安価な労働力として大戦後多くの移民を受け入れました。

 荒廃した国土の復興期には、一定の成果を上げた大量の移民受け入れでしたが、急成長した経済が鈍化し、安定期に入ると、主に単純労働に従事していた移民の失業が深刻化します。現在、フランス全体の失業率は10%と言われていますが、移民、あるいはその子孫達の失業率は30%とも言われ、特に若年層の失業率は大変高いようです。

 復興期に一定の役割を果たした移民が、次第に必要となくなり、出身地への帰還を薦める政策を打ち出しましたが、それに応じる移民は少なく、国内に残る事を選択した移民が多かった事から、いわゆる『人権意識』が高いと言われるフランスは、強硬な手段に出る事は出来ず、すでにフランスに居住する移民が家族などを呼び寄せた事から、移民の増大を防ぐ事が出来なかった。

 増え続ける移民はフランス社会にとって、治安の悪化、社会保障費の増大を招き、経済が停滞して失業率が上がるといった悪循環に陥りました。文化、宗教が異なり、特別なスキルを持たない移民たちが抱える貧困問題を根本から解決することはせず、現在まで先送りされ続けてきた結果として、フランス全土にまで拡大した暴動発生につながったことは明らかです。

 平等、差別反対という崇高な理念を掲げることは立派ですが、安易に受け入れた移民の処遇を改善する政策も打てず、かといって帰還させることも出来ず、悪化する治安や失業率の上昇に不満を抱いたフランス国民は次第に移民を敵視することになり、移民排斥を訴える勢力が一定の支持を集め、原住フランス国民と移民フランス国民が衝突するという最悪の事態に発展する可能性が高まった原因は、まず、移民受け入れという安易な方法で労働力の確保をした事です。

 移民は人間であって、物ではありません。一旦受け入れた以上、この様な事態になる事は想定していなければなりません。移民が抱える失業、貧困問題は、文化や宗教、言語(旧植民地は除く)の違い、教育水準の差、スキルの低さから来るものであり、人種差別反対、平等などと口にする事は簡単ですが、現実問題として、雇用する側にしてみれば、より良い人材を求めるのは当然の選択であり、自然と不利な条件下に置かれている移民は職に就けなくなるのは仕方が無いと言えます。

 この暴動を受けて、フランス政府は対応に追われていますが、一旦沈静化したとしても、根本問題が解決されないかぎり、何時まで経ってもくすぶり続ける事になるでしょう。これからのフランス政府の対応が注目されますが、欧州が共通に抱える移民問題ということもあって、今後、周辺諸国に飛び火するのではないか?という懸念もあり、隣国ドイツは戦々恐々としているようです。

 さて、この問題は日本に関係ないのでしょうか。最近では少子高齢化に伴った人口減少を解決する方法として、外国人労働者の受け入れを盛んに言い立てる風潮がありますが、人間である以上、要らなくなったらお帰りくださいという事にはならない。日本文化に同化してもらえば問題は解決するという事を主張する人もいますが、民族のアイデンティティが重要視される現代において、果たして可能なのか疑問です。

 安易な労働力の輸入を主張する前に、日本には技術革新などによって乗り越えてきた大きな壁があった事を思い出すべきです。知恵を絞る事によって労働人口の減少を補う事は可能なはず。移民を受け入れると言う事は、その人間の一生を背負うという事です。コスト論で労働者の受け入れを主張する人達は論外として、何となく、いいんじゃないの?と、考えている人達は、一度この問題を深く考えていただきたいと思います。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
再びトラバさせていただきました。わざわざ連絡ご苦労様です。
やじざむらいさんのエントリーを読ませて頂きましたが、歴史背景に詳しいようで、フランスの事情をあまり知らない私にとって、とても参考になりました。
先進国にとっては、対岸の火事では済まさず、自国でも真剣に考えなければいけない問題だと捉えることが必要だと思います。
2005/11/06(日) 19:23:47 | URL | niichame #-[ 編集]
歴史を振り返るとヨーロッパは排他的な地域だと思います。戦争の歴史でイギリスやフランスはだいたい原形を保ってますがフランス以東は常に国境が変わってます。

決して統一されないこれらの地域の人たちは民族や宗教、言語などのアイデンティティーが強いのでしょう。

片や日本人はアメリカやブラジルなどで敗戦の経緯もあってか二世三世となるにつれほぼ現地に同化してると思います。

移民を引き受けるのならアイデンティティーの弱い、同化しやすい民族でないと上手くいかないでしょうね。
2005/11/06(日) 20:04:10 | URL | ぺん #-[ 編集]
はじめまして。
TBを有り難う御座いました。
ご指摘の通り、移民は動物でもロボットでもありません。そこには向上心もあれば信仰心もあるでしょう。
「条件付き受け入れ」などとよく聞きますが、誰が強制力をもって排除できるのか明確にされていないところに、この政策論の限界を感じます。
また、国家間の取り決めによって受け入れた移民を排除することは日本の国際的立場から難しく思います。
高度成長期の頃にも外国人労働者の受け入れがにわかに議論され、この時は肉体労働者とデスクワークの賃金格差を縮めることで乗り切ったと聞きます。今一度、少子化によるデメリットのみならず、メリットの面にも目が向けられるべきでしょう。
当ブログのリンクに加えさせて頂きました。
2005/11/06(日) 20:53:57 | URL | 極右評論 #xsUmrm7U[ 編集]
条件付受け入れなど不可能
はじめまして。
移民の受け入れは人権意識から行われたわけではありません。単に「儲かるから」受け入れたのです。しかし当該受け入れ企業はそれで大儲けをしましたが、社会全体ではそれ以上のコストを将来世代に負わせることになりました。
昨今、経団連、同友会とも単純労働者の受け入れを主張していますが、目先の儲けのために国の将来を危うくする暴論です。
彼らは80年代の「人手不足」のときも00年代の「ニート・フリーター膨張」のときもまったく同じ主張をしています。日本人がやらない仕事を外国人にやらせるのではなく、日本人がやる気になるように労働条件を改善するのが本筋だと思います。
2005/11/06(日) 21:32:36 | URL | きゃべじん #EBUSheBA[ 編集]
コメントありがとうございます
>niichameさん
それほど、歴史に詳しいわけではないのですが・・恐縮です。
実際に移民を受け入れる事には、慎重さをいくら発揮しても足りないくらい熟考すべき問題ですね。

>ペンさん
海外に移民した日本人は、なるべく現地の人間との摩擦を避けるべく、大変な努力をされたようですね。
しかし、それは世界でも稀な例のようですし、私は、安易に移民を受け入れる事には反対です。

>極右評論さん
日本は近代化以降、沢山の困難に直面しましたが、いずれも知恵を絞り、勇気を持って乗り越えてきました。
移民の受け入れ要請に安易に応ずるのではなく、相手国が移民を出さなければならない原因を一緒になって改善する事が重要だと思います。
具体的には、JAICAがやっている現地での技術協力などをさらに強化し、かなり日本の持ち出しになるでしょうが、ひとり立ちできるまで支援し続ける事が良いと思います。移民を出す国の貧困問題を解決しない限り、いつまでも移民はなくならないでしょうし。

>きゃべじんさん
仰るとおり、移民受け入れのスタートは人権意識から来たものではないですね。ちょっと書き方が曖昧だったかもしれません。
打算から始まった移民受け入れでも、一旦受け入れてしまえば、博愛の精神を掲げるフランスにおいて、移民は待遇の格差を感じれば声を上げるでしょうし、人権意識が高い人々は改善を求めて抗議します。この様な圧力によって、フランス政府は現実と理想の狭間で立ち往生してしまったんだと思います。
今回の事件は、我々日本人にとって大きな問題提起をしてくれています。移民に関する議論を深めるきっかけになればいいですね。

2005/11/06(日) 22:26:39 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
はじめまして。TBのTBからやってきました。
-----------------------------
移民が抱える失業、貧困問題は、文化や宗教、言語(旧植民地は除く)の違い、教育水準の差、スキルの低さから来るものであり、人種差別反対、平等などと口にする事は簡単ですが、現実問題として、
-----------------------------
と言われていますが、
・ 宗教…今回の暴動は、ラマダン中に起きました。ラマダンとは、日の出から日没までの間、一切の飲食を断って餓えと乾きに耐えることで、自分より貧しい者達を思いやる心を育てるというものです。しかし、フランスにおけるイスラム系の若者たちは、この意味が分かっていないらしく、毎年ラマダンで飲食できず苛立っていることを理由に、やりたい放題にしています。
・ 言語の違い…今はもう2世、3世ばかりです。彼らはフランス生まれのフランス育ちです。言語の違いはありません。
・ 教育水準・スキル…フランスの公立学校の授業料は、ほぼ完全に無料です。登録費が要るくらいです。その登録費も、奨学金を受けることが出来ます。また人種や宗教に関係なく、優秀な生徒は飛び級で進級することが出来ますし、将来の閣僚を育てるための大学(無料)にも入れます。なお、現在の閣僚31人のうち2人はマグレブ系(北アフリカ地域出身者)です。
・ 雇用差別…能力が劣る者より優秀な者が選ばれるのは、当然でしょう。差別でもなんでもありません。しかし彼らはフランス国籍を持っているだけ、フランス国籍を持たない者(労働許可だけ下りている者、在仏日本人含む)よりは優遇されています。
・ 隔離…移民してきたばかりで住むところがない者のために、フランス政府は高層アパート群を建てました。日本でも市営団地などは1ヶ所に固めて建てられていますが、それは「隔離」なんでしょうか??

要するに、イスラム系の若者にはやる気がなく、何に対しても「イスラム教徒だからって、差別しているんだろ!」で通す卑屈者で、いざ自分が不利な立場に置かれたら(イタズラなどして怒られそうになったら)「ピチエ(憐れみを)!」と言われれば赦さざるを得ないカトリック信者の特性を逆手にとって、その場を凌ぐ。こんな者に何をどうしろと言うのでしょうか? 環境は整えられているのですから、あとは自助努力のみです。甘えるな!と言いたいです。
2005/11/09(水) 07:21:17 | URL | ガナッシュ #3un.pJ2M[ 編集]
コメントありがとうございます
>ガナッシュさん

詳しい反論ありがとうございます。
>要するに、イスラム系の若者にはやる気がなく、何に対しても「イスラム教徒だからって、差別しているんだろ!」で通す卑屈者
はは・・それを言っちゃあおしまいと言うか・・見も蓋もないというか・・でも、実際その通りなんでしょうね。

私は、移民を受け入れた事が最大の間違いだと思っています。日本でもそうですが、海外からやってきた人、一例を挙げますと、中国残留日本人がいます。生活保護に頼る人が多いんですね。
つまり、入ってきたら最後、追い返すわけにも行かないですし、『人権』がありますから、むげには出来ない。自立するための訓練などがあるにも拘らず、弱い立場を主張すれば、生活保護がもらえますし、楽な道が目の前にあればそれを選んでしまうのも人間です。

ガナッシュさんの反論はフランス人から見たものなんでしょうが、私は、移民受け入れ自体に警鐘を鳴らすために、このようなエントリーを書きました。いくらセイフティーネットを整備したところで、沢山の『異質』なものを飲み込む事はこれほど難しいんだと言う事を改めて感じます。
2005/11/09(水) 09:53:44 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
国際ニュースなんかよりもっと大事なこと
こんにちわ、管理人さん。通りすがりの者です。NHKクローズアップ現代で、ベルギー人兄弟の映画監督たちの活動を見ました。ベルギー南部の工業都市出身の人たちで、職につけない若者を描いた映画で注目されている人たちです。わたしはヨーロッパでの若者の失業問題が、これほど深刻だとは知りませんでした。日本も深刻ですが、ヨーロッパのほうがかなり以前からこういう状況に突入しています。その積もり積もった結果が、今回のフランスでの暴動です。いつまで待っても就職できる見込みはなく、社会から拒絶されたままで年齢を重ねていくつらさが、ひしひしと伝わってきます。三世代に渡って失業している家族が出現している、という監督たちの言葉が重い。

わたしがこの問題に敏感に反応するのは、自分が失業していた経験があるからです。社会のどこにも居場所が見つけられない、という絶望的な感覚はよくわかります。国際問題など所詮、自分の人生にとってどうでもいいことです。芸能人のスキャンダルも、どの音楽が小説が映画がヒットしようとどうでもいいことです。そんなことより、自分が社会に居場所を見つけるほうが大問題です。
2005/11/25(金) 02:46:07 | URL | アキレスの踵 #N3WwDgME[ 編集]
日本の近隣諸国は人口過剰国ばかり・・
アジア地域は世界で1、2の人口過剰国なのです。だから欧州や米国にやって来る国とは人口状態が違うのです。親類・知人など伝を頼って流れ込むのです。既にインドネシアでは大暴動が起きたでしょう。
2005/11/25(金) 06:16:30 | URL | ようちゃん #AfjBnq.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フランスの暴動、もう誰にも止められない。パリ暴動、地方に拡大 移民隔絶、憎悪の悪循環(産経)アラブ、アフリカ系の移民が多いパリ郊外で二人の少年が感電死した事件をめぐる当局の処理への不信感を引き金に起きた暴動は、失業や貧困、教育や文化の相違などに対する....
2005/11/06(日) 19:10:31 | ほんまぐろ
仏暴動拡大、内相の強硬姿勢に批判噴出フランス全域に移民の若者らによる暴動が拡大する中で、次期大統領候補でもあるサルコジ内相の強硬姿勢に批判が噴出している。内相は暴徒を徹底弾圧する方針を示したものの、暴動が一向に収束しないためだ。サルコジ氏が移民に対する融
2005/11/06(日) 19:10:56 | 日本ポジティブ論
移民受け入れの愚を教訓とせよ。「フランスの暴動全国へ拡大」パリ郊外で発生していたアフリカ・中東諸国からの移民の2世・3世による若者等の暴動はついに全国的規模へと拡大した。フランス政府の発表によれば、暴動が始まった10月27日から5日までの間に、車両20..
2005/11/06(日) 20:19:05 | 極右評論
フランスで移民を中心とした暴動が起きている。移民達の忠誠心はどこにあるのだろう。現在住んでいるフランス国家や隣人のフランス人やフランスの町に忠誠心がない場合、不満は暴動と直結する。移民が生活になじめず、失業し、収入も得られず、犯罪に手を染め、不満が高ま..
2005/11/06(日) 20:37:23 | 反日活動から日本を守るBlog
フランスで暴動!!全国に飛び火、移住者の不満爆発か京都新聞電子版11月5日==【パリ5日共同】==パリ郊外で続く若者らの暴動は4日夜から5日朝にかけて、東部ストラスブールや南部トゥールーズなど全国各地に飛び火、フランス公共ラジオが伝えた検察当局の集計
2005/11/06(日) 22:55:19 | 近頃、気になるニュース
 帰って参りました。  と言うか、帰って来た後、頭痛で何時間か死んでおりました。  さてさて。気になった外国の事件二つなんですが。  ・パリ郊外騒乱:パリ以外にも拡大 収拾のめど立たず ・[一夫多妻制]妻3人の判事で罷免論争 米ユタ州 温度差のある二...
2005/11/07(月) 02:55:23 |  ◆ ケシクズ ◆
みなさん、もうご存知でしょう。フランスで移民たちの暴動が10夜以上連続しています。パリのほか、地方都市や有名な観光地ニースなどにも広まっています。↓goo ニュースhttp://news.goo.ne.jp/topics/kokusai/europe/france/index.htmlこのニュースを見て、涙が出そうに
2005/11/07(月) 04:08:58 | フリーターが語る渡り奉公人事情
フランスのパリで、アフリカ系移民を中心とする大規模な暴動が起きてますね。これをもって「日本は移民を受け入れるべきでない」とは思いませんが、オランダの事件、イギリスのテロ、そして今回のパリ暴動を十分参考にした上での、計画的移民政策が立案されることが、門戸開
2005/11/07(月) 20:26:44 | 庄治の思ったこと
まぁネットをやってなかったらこういう情報を知ることはなかったでしょうから、(知ったとしても何とも思わなかったでしょうから)そういう意味では有難いことだと思う。毎日外国人人権法:整備求め連絡会 弁護士ら12月に集会情報元
2005/11/07(月) 22:42:00 | 226TRAX
仏暴動、発砲で警官ら30人負傷…大統領が緊急会議(読売新聞)写真はこちら>6日深夜現在、暴動による被害は放火された車両約3300台、逮捕者約800人となったが、仏法務省によると、このうちの160人が起訴された。>北アフリカからの移民家族の若者が多く、
2005/11/08(火) 02:28:15 | 徒然なりし蒼き夜に
人種差別禁止法制定を 国連報告者、日本に要請国連人権委員会のドゥドゥ・ディエン特別報告者(セネガル)が7日、国連総会第3委員(人権)で日本における人種差別の状況について報告、同和問題やアイヌ民族、在日韓国・朝鮮人らに対する差別が実在しているとして、包括..
2005/11/08(火) 16:09:37 | 青い炎の日記
 タイトルを見て、2世紀前の類似タイトルの著作を思いおこしたあなた、今度、飲みに行きましょう。笑 「仏暴動、強権発動へ」 フランスでは先月から移民系若者
2005/11/09(水) 00:08:28 | Taejunomics
5年前、パリに行った時、清掃員のボイコットでゴミだらけの駅があったり、閉鎖15分前の両替所で「この作業をしたら、定時に上がれないから」と拒否をされたことがあります。同行してご案内していただいたフランス人女史はまたそれを、すごい罵倒して、窓口の人
2005/11/09(水) 21:27:23 | ●マーケティング室よりトップマネージメントを目指すBlog●
フランスで、失業問題を発端とした暴動が、話題になっている。車を次々と燃やす輩が出てきたり、内相が暴動を起こした人たちを「社会のクズ」だと言うなど、事態はかなり混乱しているようだ。 読売新聞へのリンク ?私もシラクの親友として、事態の収拾のた
2005/11/09(水) 21:43:11 | 或小役人の一笑
<場所と発端>パリ郊外 クリシー・スー・ボワでの警官に若者が追われ、感電死したことが発端。若者を中心に全国に暴動が広がる。ゲリラ戦最中、暴動当時地域ディラン市長は市造りは間違っていないと強弁。<事件の背景>国内の再開発、建物再生のため去年は600億円(..
2005/11/10(木) 08:23:57 | 一 夢 庵 風 流 日 記
仏政府、半世紀ぶり非常事態を宣言フランス政府は8日、緊急閣議を開き、全土に拡大した移民の暴動を受けて非常事態を宣言した。 また、非常事態法に基づき、県知事に夜間外出禁止令の発令権を与える政令を出した。非常事態法はフランスがアルジェリア独立戦争とい....
2005/11/11(金) 02:15:22 | 笹団子のひとりごと(LD版)
フランスの暴動が深刻化する中、その暴動の情報インフラとなっているのはやはりネット...
2005/11/16(水) 15:04:38 | sima2*blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。