管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国版日教組 赤化を推進する旗手『全教組』
 昨日に引き続きまして、韓国最大の教職員組合『全教組』について、彼らが行っている教育、韓国社会に及ぼす影響、日本の教職員組合である日教組との類似性、そして、両者の後ろに存在する北朝鮮との関係を紹介して参ります。前回のエントリーと同じニュースになりますが、こちらをご覧下さい。
東亜日報から以下引用)

「保安法は守らない」全教組の偏向教育、与野党が批判


政治・社会的懸案についての全国教職員労働組合(全教組)の「偏向教育」の実態が、危険水位を越えているという批判が2日、与野党から提起された。

ハンナラ党の田麗玉(チョン・ヨオク)スポークスマンは同日、全教組のホームページに掲載されている済州道(チェジュド)4・3事件や国家保安法廃止関連の授業資料を公開した。

それによると、済州道4・3事件の授業資料の中には、ある被害者に焼き小手で拷問する残酷なシーンや、警察が抗議する住民をつかまえ、木に首をつらせて殺害するシーンなどが、露骨に表現されている

改廃をめぐって政界で賛否の論争が起こっている国家保安法問題についても、「悪法だ、廃止すべきだ」という内容で一貫している。国家保安法に関する授業の指導案には、「それでも私は、国家保安法を守らない」と書かれるなど、事実上の実定法違反を先導する内容もある。

全教組がホームページを通じ、このように刺激的で偏向した内容の教育資料を掲示しているという事実が公開されるや、全教組の掲示板には、「家で教育する」「政治教師全教組は自爆しろ」など、父兄から約80件の書き込みがあった。
ハンナラ党は、「子どもを正しく育てる特委」を構成し、全教組の偏向教育に積極的に対応していくことを決めた。

ヨルリン・ウリ党の呉泳食(オ・ヨンシク)公報担当院内副代表も、「(全教組の資料は)繊細で感受性の強い子どもたちが、合理的で正しい視覚を持つことを阻害する」と指摘した。

民主労働党の魯会燦(ノ・フェチャン)議員も、「全教組は過激すぎる」と述べた。

一方、全教組釜山(プサン)支部側は、「反アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の教育動画資料」に対する批判世論が激しくなると、動画資料をホームページからひとまず削除した。しかし全教組側は、「論議になっているブッシュ米大統領の低俗な発言が登場するシーンは削除して、また掲載する」と述べた。



 この記事に出てくる『国家保安法』というのは、戦前の日本にあった『治安維持法』と良く似た法律で、対立する北朝鮮の浸透を防止するため、北を利するような言論、表現の自由が制限される内容となっています。現在の与党ウリ党、民主労働党といった左派政党、そして、組合を中心とした『親北勢力』が、『民主化されたのだから、この様な法は廃止しろ!』と、国家保安法の廃止を求めた運動を展開しており、保安法の弊害の弊害がもたらした事件として紹介しているのが『済州道4・3事件』です。

 済州道4・3事件とは、李承晩政権による共産勢力弾圧事件として知られていますが、数万人もの虐殺を伴った不幸な出来事として、韓国では長年語ることもタブーとされた事件です。地域差別が酷い韓国内において、旧百済地域の全羅道が差別され続けてきた事が有名ですが、済州道(済州島)は、さらに酷い地域差別にさらされ続けてきました。

 先の大戦終戦後に日本が朝鮮半島から撤退すると、李承晩大統領率いる韓国が成立し、南半分の地域に入る済州道は自動的に韓国に組み込まれましたが、元々差別が酷く、貧しい地域であったため、共産主義への憧れが強い住民が、かなりの勢力を持っていた地域でもありました。(ちなみに、現在、日本に多数居住する『在日』の人々は、済州島の出身者が多く、この事件での弾圧や、朝鮮戦争でドサクサに紛れて虐殺されるのを恐れて『難民』として渡日してきた人が殆どであるといわれています。)

 民主化以降の韓国では、『親北勢力』の増大に歯止めがかからず、各界に浸透を許し、特に『全教組』を代表とする教育界への浸透は深刻な物があります。北朝鮮による浸透を許してしまった背景には、日本では考えられないほどの『地域』による差別が存在し、その事に不満を持つ人々が多数存在した事や、『平等』を全面に押し出した主張をしていた共産主義への憧れを持つ、貧しい層を中心とした人々が存在した事が挙げられます。さらに、差別や貧困から発するこれらの人々の願望を危険視し、『共産主義者』として容赦無く弾圧した韓国政府の対応の拙さがあったことも大きな原因のひとつであることは間違いありません。

 この済州道事件や、保導連盟事件、光州事件など、その時々の政権によって弾圧された人は数多く存在し、その恨みは凄まじいものであると想像します。韓国人の国民性を語る上で、他に類を見ないと言っても良いかも知れない『恨』という言葉があります。この『恨』の発露として最も有名なものとして、我々日本人にわかり易いのは、『日帝36年』というキーワードがあります。戦後60年間言い続けている事から明らかなように、『過去を水に流す』という日本文化とは対照的に『恨みは末代まで』持ち続けるという韓国(朝鮮半島)特有の文化です。

 それなら、朝鮮戦争で酷い目にあわされた北朝鮮への『恨』が無いというのか?と、思われるかもしれませんが、朝鮮戦争を実際に経験し、身内を北朝鮮側に殺されたり、傷つけられた人は当然『恨』を持っています。この人々が韓国において『保守派』と呼ばれ、北朝鮮を警戒する人々であり、朝鮮戦争以前の『済州道事件』で『韓国政府』によって弾圧された人々、戦争中の『保導連盟事件』で同じく『韓国政府』に弾圧された人々、軍部独裁下で行われた『光州事件』を代表とした民主化運動で弾圧された人々、といった、むしろ『韓国政府』によって虐げられた人の数が『とても多い』事から、『恨』を持つ対象が二分されており、朝鮮戦争を経験した世代が少なくなってきた事によって、単純な人間の数の上でも勢力が均衡、あるいは逆転している現状があります。

 確かに、韓国の歴史において、『親北、親共』と認定された人々が徹底的な弾圧がされたことは事実ですが、自由主義陣営対共産主義陣営の最前線として韓国は北朝鮮と戦ってきた事も事実。赤化統一を防ぐ方法として、強硬手段に出るしかなかったのだという韓国政府の立場も理解します。ただ、北朝鮮工作員、あるいはシンパを排除する『だけ』なら説得力を持ちますが、自らの政敵を葬る口実として『露骨』に使われてきた事から、韓国民が『政府の言い分は信用できない』と、思う事も理解できます。

 このように、問題の根はかなり深く、韓国が赤くなってしまった理由には相応の理由がありますが、問題なのは、現在の韓国と北朝鮮を比べてみて、どちらが豊かで自由なのか?という事です。『恨』という概念に囚われるあまり、現状認識の観点が欠落している事は危険に過ぎる。今の民主的な韓国が良いと思っているのなら、国民が食うにも困っている北朝鮮の現政権を非難することが当然であり、北の地域に住む人々は韓国民であると定義している韓国政府は、北朝鮮に対して、すみやかに韓国主導の統一を主張するべきですが、『親北派』の主張する内容は、日米、過去の韓国政権を敵視し、北は脅威では無いと説く、誰がどう見たって『北朝鮮の手先』であると断じざるを得ません。

 さて、ここから日本の話も絡めていきたいと思います。日本では先の戦争以後、幸いな事に韓国のような同国民同士で殺しあう悲劇はありませんでしたが、共産主義思想は戦前から入ってきていました。敗戦によって国は荒廃し、一時期は説得力を持った思想として国民に浸透しますが、安保闘争、全共闘時代を頂点に、『豊かな国』になったこともあり、まともな人間なら共産主義、北朝鮮を手放しで礼賛することは無くなりました。ただし、ある『業界』を除いて。

 主に教育界、報道機関に存在する元、あるいは現役の『共産主義者』は、北朝鮮が『地上の楽園』であると信じて疑わず、日教組のトップが『主体思想』という世襲による権力継承を擁護する思想を礼賛し、所謂自虐史観、偏向教育を日本の子供達に授け続けています。日本、韓国の保守層から『偏向教育』と批判されている日教組や全教組所属の教師達は、自身の所属する国家、米国、日本(韓国から)への徹底した批判を子供達に刷り込む一方、現時点で世界中から重大な人権侵害があると非難されている北朝鮮や、中国に対する批判をする教師は殆どいません。

 どちらも北による浸透工作に引っかかったのであり、自身の持つ不平、不満を煽り立てられ、心の隙に巧みに入り込んでくるのを許し、北朝鮮の主張そのままを垂れ流している事から、現実が理解できてないように見えます。もしくは、何らかの弱みをガッチリ掴まれているのか?と、穿った見方をせざるを得ない。

 日本では近年、偏向教育への批判が高まり、拉致問題の発覚もあって表立った北朝鮮賛美は出来なくなりました。しかし、韓国内で行われている偏向教育への批判は、北朝鮮に対する賛美、極端な反米には言及されていますが、『同じ手法』でもって偏向教育がなされている『反日』については、誰も異を唱えていません。映像などを使った生々しい描写による刷り込みの手法を批判すれば、必ず『じゃあ反日は?』という問題に突き当たり、誰も反日に反対できないため、手法自体を批判する事が出来なくなると思われます。

 韓国の赤化を止める事は出来ないのか。それには反日の克服が必要である事は間違いありません。過去の歴史にこだわるあまり、未来を失う事が無いよう『正気』になって欲しいですが、韓国人の言動を知れば知るほど、難しいな・・と、絶望に似た気持ちを抱きます。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
 

 
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
日本・中国を古朝鮮である百済が治めた。 ゆえに日本・中国は韓国の植民地だった。中国の殷墟遺跡は古朝鮮遺跡だ。ゆえに中国最初の王朝を檀君が王である古朝鮮が治めたという話だ。ゆえに人類最初の文明である黄河文明は中国の物ではなく古朝鮮 すなわち韓国の物だという
2005/11/05(土) 22:52:59 | 知れば知るほどきらいになる国?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。