管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中日新聞 中韓に土下座しろ!
 村山談話に代表される、いわゆる『自虐史観』の踏襲をさせて、さらなる謝罪の言葉を述べさせようということなのか、それとも村山談話などを『否定』させて、中国や韓国との関係をより一層ギクシャクしたものにさせようということなのか、最近、アレなマスコミは安倍首相に対して『歴史観をハッキリさせろ!』と主張を繰り返しています。

 安倍首相は29日、衆院本会議にて首相就任後初となる所信表明演説(全文はこちら→sankei web)を行いましたが、演説の中で歴史観を語ってないじゃないか!と噛み付いて喚いてる新聞社があります。それでは、今もっともアレな新聞社といわれる中日新聞の社説をご覧いただきましょう。こちらをどうぞ。(中日新聞から以下引用)

歴史観をなぜ語らない

 安倍晋三首相が就任後、初の所信表明演説を行った。自民党総裁選から掲げる「美しい国」づくりを強調した。ただ、歴史観は語らずじまい。具体的に何を目指していくのかも見えなかった。

安倍演説

 「もう一つパンチを利かせてもらうと聞く方も耳にすんなり入った」

 総裁選で争った谷垣禎一氏もこう言っている。演説は「筋肉質の政府」「人生二毛作」などキャッチフレーズが目立った。前任者をまねたつもりだろうが、記憶に残るワンフレーズはなかった。

 首相は「美しい国」という言葉を八回も使った。活力にあふれ、自律の精神を大事にし、世界から尊敬される国を目指すそうだ。こんな説明ではイメージはわかない。

 どう活力ある国に変えていくのか。政策を聞いても分からない。経済政策のほとんどは小泉政権でまとめた「骨太の方針」の引き写しだ。新政権の演説なのに新味に欠ける。

 「再チャレンジ支援」では女性や高齢者、フリーターなどを積極的に雇用するよう民間を支援する。それはいいが、こんなことで優劣をつける表彰制度を設けるという。「官から民へ」の流れとは違和感がある。

 やる気のある自治体を応援する制度をスタートさせることも表明した。結局、国の言うことを聞く自治体に地方交付税を多く配ることになりはしないか。そうなら「中央から地方へ」の流れに逆行する。

 小泉改革を「補強」するというなら、改革のどこを変え、どこを継承するのかはっきりさせるべきだ。

 アジア外交では、中韓両国を「大事な隣国」と位置付け、「未来志向で率直に話し合えるようお互いに努めていくことが重要だ」と強調した。ただ、肝心の靖国問題や歴史認識問題には触れなかった。

 これでは首脳会談が再開しても火種は残ることになる。本気で大事な関係と思うなら「靖国」「歴史」から逃げられない。隣国の信頼も得られずに、世界から尊敬される「美しい国」などにはなれない。

 演説で明確に示されたのは、憲法解釈で禁じられている集団的自衛権の行使を認めるための研究、憲法と教育基本法の改正への強い思いだ。いまのままで何が問題なのか。なぜ変えないと「美しい国」はできないのか。はっきり言ってもらわないと、国民はいたずらに不安を感じるだけではないか。

 首相は「改革の炎を燃やし続ける」という。現状をどう考え、小泉改革をどう総括し、戦前、戦後の歴史をどう認識するのか。そこから始めないと、次は語れない。


 ボロクソですね(笑)。ひとつも評価している箇所がない。批判するにしたって、評価するところは評価し、その上でここが問題だ~という『体裁』をとらないと説得力皆無です。これじゃあ『俺(私)は安倍が嫌いだ!』と個人的な悪感情をぶちまけてるようにしか見えない。これが社説って・・読者の方が気の毒だなあ。

 さて、金を貰って電波社説を書く、いいご身分の社説子のことは置いといて、本題に入りましょうか。歴史をなぜ語らない、靖国、歴史からは逃げられない、歴史認識をハッキリさせないと次は語れない・・と、タイトル、文中、文の最後でしつこく歴史観がどうのとやっておりますが、ここまでくると偏執狂ですな。

 なぜ所信表明演説で中韓『だけ』のために歴史観を語らなければならないのか、私には皆目わからない。今後、中韓が踏み絵を踏まなければ会わない!などと言うのなら、別に会う必要なんて無いんじゃねーの?と思うわけです。この広い世界には沢山の国があり、中国や韓国はその中のひとつの国に過ぎない。
 
 中韓は別格、中韓は特別・・という色眼鏡で眺めるから妙な話になるのであって、フラットな視点から世界を眺めれば、何をどうしたって文句を言う中韓以外に、インドを筆頭に良いお付き合いができそうな国はいくらでもある。相手を選ぶ権利は日本にだってあるんだ。

 無理に付き合う必要などない。隣国の信頼も得られずに云々と中日は言うが、日本が世界(中韓を除く)から高い評価を受けていることは、当ブログで紹介した英BBCが行った世界規模の世論調査や、読売などが行ったアジア地域での調査で明らかになっている。それに、中韓の信頼は得られないんじゃなくて、信頼する気がハナからないんだよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:『日本を悪く言うのは中韓だけ』の証明
関連エントリー2:アジアで孤立しているという嘘
関連エントリー3:中国新聞 韓国様に譲歩しろ!
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
愛知県に住むものですが、こんな新聞社が当県にあることが恥ずかしい。東京さんのほうまで出ばっていることが更に恥ずかしい。だれか「中日新聞はとらない!買わない!」ステッカー創って。
2006/10/01(日) 08:39:22 | URL | K.たま #MdZmiLG.[ 編集]
違うじゃん
相手と違う、歴史観だしても無理。
両隣が「綺麗な国」か~瞬間に判らなきゃ。
2006/10/01(日) 09:40:17 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
特アに信頼されるような異常な国になったら日本はお終いですね。今あるポジティブな評価一切が跡形も無く無かったことになるかもしれません。
自分の記憶力・想像力の無さを披瀝する文章としては秀逸と言えますが、それが社説じゃあカネ取って他人様に読ませるような新聞とは言えないでしょう。プロ野球球団の親会社ってなんでイカレたとこが多いんでしょう?
2006/10/01(日) 09:55:49 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
なぜプロ野球球団の親会社にイカレてるのが多いのかはわからない。しかし、なぜ日本のプロ野球がダメなのかはよくわかる。
2006/10/01(日) 10:00:06 | URL | アスラン #EBUSheBA[ 編集]
マスコミダメだな
 歴史認識を一致させなければ外交が出来ないなんて事は、通常はあり得ない。特亜以外の国々とはそれでやっている訳でしょ。

 中韓だけを特別視して、外交に掣肘を加えることがあってはいけない。安倍さんがんばれ。
2006/10/01(日) 10:56:06 | URL | 槿花一朝之夢 #-[ 編集]
小泉政権の時は、「ワンフレーズで印象操作しているだけだ」、「もっと丁寧に説明しろ」、と散々だったがマスコミは批判するのが仕事かね?

新聞はまず、殺人事件の後にグルメやナ~カちゃ~ん♪を厚顔無恥に放送するテレビを批判しろ。
2006/10/01(日) 11:44:03 | URL | いっくん #-[ 編集]
>肝心の靖国問題や歴史認識問題には触れなかった
即ち、『肝心』ではないって事です(笑)
もっと言えば、中韓と極左が問題としているだけで、我国に於いて問題とはしないという事です。
悔しくて涙でキーボードを濡らす気持ちも解るが、何か変な宗教団体みたいで笑えますよ、中日さん。
2006/10/01(日) 14:13:08 | URL | ドスタム将軍 #-[ 編集]
左旋回は歴史認識が好きですなぁ~(呆
 情報発信の先端を行くべきマスコミが守旧の殻に閉じこもってどうすんでしょうね・・・?

 逆説として、朝日や中日・東京という左旋回・守旧・反日マスゴミが難癖つけるほど安倍政権の正しさを確信してしまいます。


>戦前、戦後の歴史をどう認識するのか。そこから始めないと、次は語れない。

「困るんだよなぁ~、揚げ足のとりようがないなぁ~」とボヤいてとしか読み取れない哀れな結びですね。
2006/10/01(日) 14:20:50 | URL | 西瓜男 #-[ 編集]
しかし・・まともな報道をきちんとする新聞が少なすぎる・・・。
こういう2流雑誌以下の新聞は潰れてしまってほしいですね。
皆さん、購読やめましょう。
2006/10/01(日) 15:26:10 | URL | Asid #4KIdNJNA[ 編集]
名古屋は周りに影響されにくいけど、染まったらなかなか色が落ちないお土地柄ですから突出しちゃうんですかね。
あとT社がなぁ……
2006/10/01(日) 16:49:15 | URL | 古尾光 #-[ 編集]
そのとおりですね!
安倍批判をしたいがために、中韓問題をとりあげる人、支持率をあげるために反日問題を取り上げる組織。
どちらも一緒ですね。
2006/10/01(日) 16:55:25 | URL | wanter #LIoBLL/6[ 編集]
朝日よりスゴイ!
この間の中日(東京)新聞の論調、とくに社説は突出しています。ご本家・朝日よりひどい、根拠のない小泉・安倍政権批判が目立ちます。どうしてなのでしょうか。

朝日の場合、良くも悪くも代表的な全国紙として、多くの国民の批判の目があり、社説・コラムや記事の内容や、会社内部の人事や経営に至るまで、詳細な分析・批判がなされています。また、稲垣武、古森義久氏など定評のあるジャーナリストにより、歴史や人事、組織も含め徹底的に批判されています。

中日(東京)新聞は、準全国紙(半ローカル紙)なので注目度が低いということもあるのでしょう。しかし、朝日以上の常軌を逸した社説の連発で徐々に注目を集めつつあります。
社論が大きく変わったのでしょうか。昔からこうだったのでしょうか。詳しい方に、どういう新聞社なのか、人事などインナー情報などもご存知であれば、ご教示願いたいと思います。虫の良いお願い、ご容赦を!
2006/10/01(日) 17:44:16 | URL | 東海散士 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。今夜のエントリーアップはお休みとさせて頂きます。

>K.たまさん

だれか「中日新聞はとらない!買わない!」ステッカー創って。-

ははは・・朝日新聞の中日バージョンですね。あれば結構売れそうだ。

>嫌!さん

両隣が「綺麗な国」か~瞬間に判らなきゃ。-

朱に交われば何とやらですからね。綺麗でいたければ近づいたらだめ。

>日本大好きさん

特アに信頼されるような異常な国になったら日本はお終いですね。-

特アからの信頼と引き換えに、それ以外の国からの信頼を失うんであれば、意味がないですもんね。

>アスランさん

なぜ日本のプロ野球がダメなのかはよくわかる。-

わはは・・親会社がアレだから(笑)。

>槿花一朝之夢さん

特亜以外の国々とはそれでやっている訳でしょ。-

そうですよね。他にこんなことを求めてくる国を知りません。

>いっくんさん

新聞はまず、殺人事件の後にグルメやナ~カちゃ~ん♪を厚顔無恥に放送するテレビを批判しろ。-

確かにあれは引きますね。気持ちがついてかない・・

>ドスタム将軍さん

即ち、『肝心』ではないって事です(笑)-

わはは・・その通りですね。何を勝手に肝心の~なんて決め付けてんだろう??

>西瓜男さん

「困るんだよなぁ~、揚げ足のとりようがないなぁ~」とボヤいてとしか読み取れない哀れな結びですね。-

わはは・・なるほど、言質が欲しくてしかたないんだ。

>Asidさん

しかし・・まともな報道をきちんとする新聞が少なすぎる・・・。-

そうなんですよね・・政治分野、特に外交に関しては思考停止、機能不全になってます。

>古尾光さん

あとT社がなぁ……-

影響力が大きいんだろうなあ。

>wanterさん

支持率をあげるために反日問題を取り上げる組織。-

とは??

>東海散士さん

しかし、朝日以上の常軌を逸した社説の連発で徐々に注目を集めつつあります。-

グループの東京新聞と共に、名が売れつつありますね(笑)。かなりキテますから・・
2006/10/01(日) 19:54:36 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
報じるべきところを報じず、どうでもいいことを過剰反応し放送する。これが貴方達の視聴率のとりかたですか?ニュースサイトで視聴率戦争が起こっているのは知っていますが、もう少し国民と日本の利益のことを考えていた
2006/10/01(日) 17:05:02 | 日本大改造~立ち上がれ日本人~
 30日から10月2日まで熊本で開かれている部落解放研究第40回全国集会のなかで、人権侵害救済法案についてのシンポジウムが開かれたようです。 西日本新聞によると、シンポで九州大学大学院教授の内田博文氏は「人権侵害
2006/10/01(日) 17:58:28 | なめ猫♪
  朝鮮半島情勢を世界がどのように見ているか、端的にわかる興味深い記事があったので紹介します。米英の資金が脱韓国ラッシュ   http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/10/01/20061001000003.html(以下引用)  米国と英国を中心とする外国人の資金が
2006/10/02(月) 02:47:46 | 日々是勉強
ゲンダイネットで【安倍政権でホントにいいのか!】という特集を組んでいる、安倍政権の政敵?と思われる人々の意見なので当然批判記事であり、編集も批判側に立っているようだ。古い記事もあるが記録しておくことにする。【安倍政権でホントにいいのか!】2006年9月15
2006/10/02(月) 13:42:48 | こころ、デトックス
つまらない日常よりも、冒険する日々を選びたい。願わくば、【前のめり】で死んで逝きたいです。
2006/10/02(月) 13:50:32 | いつか羽ばたく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。