管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拉致被害者を奪還せよ!
 今月26日、衆参両院の首相指名投票で第90代首相に選出され、即日人事に着手した安倍首相。注目されたのは、官邸機能強化の方針のもと行われた首相補佐官の人事で、安倍首相が特に力を入れると思われる分野を担当するポストが用意されました。

 安倍といえば拉致問題・・というイメージがあるほど、安倍首相がこれまで積極的に関わってきた拉致問題を担当する補佐官に任命されたのは、拉致被害者家族に信頼されている中山恭子氏。

 拉致担当の補佐官ポストを用意したことに加え、首相を本部長とする拉致問題対策本部が設置されるなど、拉致問題解決への『本気さ』が感じられます。そんな安倍首相、拉致問題解決に取り組む中山氏らは昨日、拉致被害者家族と面会しました。(NIKKEI NETから以下引用)

安倍首相、拉致被害者家族と面会

 安倍晋三首相は29日、北朝鮮による拉致被害者家族の横田滋さんらと首相官邸で面会した。当初は塩崎恭久官房長官と中山恭子首相補佐官が対応する予定だったが、拉致問題に取り組む姿勢をアピールするため急きょ出席。2002年10月に5人の被害者が帰国した場面に触れ「あの感激を皆さんにもぜひ味わってもらいたい」と問題解決への思いを共有した

 横田めぐみさんの母、早紀江さんが「できる限りのことをやってきた」などと苦労話をすると、首相は涙を流しながら聞き入っていたという。首相は同日午前に拉致問題対策本部の設置を決めたことを説明。滋さんは「最強の布陣で心強い」と応じた。 (22:05)


 最強の布陣か・・確かにそのとおりですね。そしてこの人事、早速の対策本部設置、首相自らが本部長を務めることは、北朝鮮にも強力なメッセージとして届いていることでしょう。拉致問題の解決すなわち拉致被害者をひとり残らず奪還するため、安倍首相や担当者には、一歩も引かない強い姿勢で臨んでいただきたい。

 おまけ:安倍首相の第一手(Yahoo ニュース時事から以下引用)

北産品「輸入規制」を検討=「拉致」も念頭-政府

 政府は29日、先に発動した北朝鮮への金融制裁措置に加え、アサリなど主要産品の輸入を規制する方向で検討に入った。北朝鮮が核問題に関する6カ国協議への復帰を拒否し続けていることを踏まえ、北朝鮮の有力な外貨獲得手段である農産品などの輸入規制も検討対象にすべきだとの判断だ。




banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:北朝鮮拉致問題 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
是非とも拉致被害者を取りかえして欲しいものですが、拉致被害者の命と日本の国益のどちらかを選ばなければならないとしたら……安倍さんはどちらを選ぶのでしょう?

私は情に流されない首相であって欲しいと思います。

PS.例の件、ありがとうございます。
2006/09/30(土) 20:43:53 | URL | 古尾光 #-[ 編集]
日本人の人権を外国に奪われる、そしてそれを奪還する。こんな当たり前の事が出来なかった過去の日本がどれほど左に寄っていたかがわかる。
学園闘争、高度経済成長、バブル景気、バブル崩壊、結局自分達のことしか考えてこなかった旧世代の付けは次の世代に引き継がれるんだね。
2006/09/30(土) 21:59:37 | URL | いっくん #-[ 編集]
「拉致被害者に拘ると日朝正常化が進まない」と言い放った外務省高官がいました。金丸某が金日成に朝貢して「戦後40年の償い」を約束した茶番劇もありました。

小泉氏と安倍氏のおかげで「昔はばかげた話が横行していた」と語れる世の中に変化しつつあるようです。有難いことです。
2006/09/30(土) 22:42:37 | URL | おやじ #kcN02UG2[ 編集]
実は拉致問題こそ国民が安部政権に対する期待の要ではないでしょうか 拉致問題を解決する過程で多くの問題も解決すると思います。 日本が横田さん夫妻に「あんた方の娘を奪還するのによその子が死んでもいいのか」などと考える社会でよいはずがない ましてや損得で拉致問題を考える国が「美しい」はずがない ほんとは「再チャレンジ」などどうでも良い 横田さんの前で見せた安部さんの涙こそ多くの国民が一番支持するところだと思います。
2006/09/30(土) 23:36:20 | URL | ころ #-[ 編集]
 拉致問題を身をもって体験している国々が連帯して当たるべきなのだが…
 脱北者が住みづらいと言って逃げている国が韓国。拉致問題を、お涙ちょうだいの三文芝居に終わらせたのも韓国。
 六カ国協議、経済制裁、核実験の錯綜した状況を見れば、通常の外交手段で日本人拉致問題を解決することが出来るのか?

 無辜の人々には申し訳ないが、北朝鮮が政治経済的に破綻した後に、安否を確かめる以外方法はないと思う。
2006/10/01(日) 00:52:04 | URL | 槿花一朝之夢 #-[ 編集]
韓国が難癖をつけてきそうで困る
拉致問題に取り組むのはいいですが、安倍総理が親韓という話があって、10月早々に訪韓しそうで非常に違和感を持っています。
拉致問題については韓国は解決する気が無く、日本に協力する気も無いことが既に分かっています。訪韓の時期については確定ではないでしょうが、どういう話をするのか気になります。
少なくとも対北朝鮮については、軸をぶれることなく、粛々と対応していただきたいです。
2006/10/01(日) 03:18:42 | URL | るな #JalddpaA[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。

>古尾光さん

拉致被害者の命と日本の国益のどちらかを選ばなければならないとしたら-

どのようなケースなのかによるのかもしれませんが、国土に侵入された上に自国民を拉致されたわけで、これを解決すること以上に大事な国益はそうそう無いと思います。

>いっくんさん

旧世代の付けは次の世代に引き継がれるんだね。-

かなり大きなツケですが、われわれが何とかせねば。

>おやじさん

小泉氏と安倍氏のおかげで「昔はばかげた話が横行していた」と語れる世の中に変化しつつあるようです-

そうですね。どうかこのままマトモな国へと導いてほしいものです。

>ころさん

実は拉致問題こそ国民が安部政権に対する期待の要ではないでしょうか-

その通りだと思います。理不尽にも北朝鮮に人生を奪われた人達を救う。これは国として当然やってしかるべき。

しかしこれまでの政治家はモゴモゴと言い訳するばかりで何もしなかった。そこへ安倍さんが『救う』と言って登場したわけで、支持が集まるのは当然ですね。

>槿花一朝之夢さん

通常の外交手段で日本人拉致問題を解決することが出来るのか?-

難しいでしょうね、それは正直な話。やはり政権打倒が必要なんでしょうが、絶対に謝るはずのない北が、それも将軍様が謝罪するという成果を引き出したのは外交でした。ほんの少しだけ外交に期待しても良いのではないか、と思ってます。

>るなさん

少なくとも対北朝鮮については、軸をぶれることなく、粛々と対応していただきたいです。-

そうですね。まあ、韓国に配慮して・・という形でブレることはあり得ないでしょう。
2006/10/01(日) 09:22:48 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
簡単に言うと「よど号」事件の状況です。
当時の福田首相はよど号乗客乗員の生命を優先するあまり赤軍のテロを成功させてしまいました。
安倍首相には拉致被害者の生命を優先するあまり北朝鮮のテロを成功させてはならないと思います。
小泉前首相がイラクで人質をとられても自衛隊を撤退させなかったように。
2006/10/01(日) 09:51:41 | URL | 古尾光 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
<拉致問題>北朝鮮核実験で対話の道筋見えず 対策本部 北朝鮮による日本人拉致問題解決に向けて新設された政府の拉致問題対策本部(本部長・安倍晋三首相)の初会合が16日、首相官邸で開かれた。既存組織の機能を統合・強化した首相肝いりの組織で、全閣僚をメンバー..
2006/10/17(火) 08:33:54 | +ツレヅレ+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。