管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞 騒動師の本領発揮
 歴史認識という『踏み絵』を踏ませることによって、中国や韓国が『お気に召すような』謝罪の言葉を吐かせる、あるいは先の戦争に対する『痛切な反省』と『心からのお詫(わ)び』を否定させ、中韓の敵意を鼓舞する・・こんな狙いで連日、安倍氏の『歴史認識』を問う記事、社説を書きまくっている朝日新聞。

 歴史認識をネタにしたユスリ・タカリをやめさせ、普通の国と国との関係を構築したい日本、空気が読めてない韓国はともかく、それに応じつつあるように見える中国。しかし双方の思惑はそっちのけで、今日も朝日は電波放出。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

歴史認識 政治家が語れぬとは

 1972年9月25日、北京の人民大会堂に当時の田中角栄首相を迎えて夕食会が開かれた。歓迎のあいさつに立った周恩来首相はこう述べた。

 「中国人民は、毛沢東主席の教えに従って、ごく少数の軍国主義分子と広範な日本人民とを厳格に区別してきました」

 この歴史的な首相訪中で、日本は中国との関係を正常化した。夕食会の様子はあいさつ文とともに当時の新聞などで報じられた。

 これが34年後の自民党の総裁選で、争点のひとつに浮かび上がってきた。根底にあるのは、日本の近現代史をどうとらえるかという、歴史認識の問題である。

 日本記者クラブでの公開討論会の席で、谷垣禎一財務相がこう述べた。「日中国交正常化をした時に、中国は戦争指導者と一般の日本国民を分けて国民に説明した経緯があった」

 A級戦犯が合祀(ごうし)される靖国神社に小泉首相が参拝することは、この中国側の整理を突き崩してしまった。だから中国政府が強く反発している、という趣旨の指摘だった。

 これに対し、安倍晋三官房長官は「そんな文書は残っていない。国と国とが国交を正常化するのは、交わした文書がすべてなんだろうと思う」と反論した。

 外交とは、水面には見えない交渉が下支えしている。国交正常化の際、中国側はこの理屈で、まだ反日感情の強く残る国民を納得させ、賠償を放棄した。日本はそれに乗って国交回復を実現させた。

 両国の共同文書には入らなかったが、そうした事情で困難な交渉がまとまったことは、広く知られている。

 それを今になって「文書がすべて」と片づけてしまうのは、中国側の苦心に冷や水をかけるものだ。あまりに一方的な議論ではないか。

 安倍氏の発想の根っこにあるのは、あの戦争を侵略戦争と言いたくないという歴史観だろう

 谷垣氏は、戦争の多面性を認めつつ「中国との関係で侵略戦争であったことははっきりしている」と言う。麻生太郎外相も「満州国建国以来、南京攻略に進んでいったのは侵略と言われてもやむをえない」と語る。これに対して、安倍氏は「歴史認識は歴史家にまかせる」と論争を避けている。

 これはいかにも奇妙な論理だ。私たちは、邪馬台国がどこにあったかという遠い過去を論じているわけではない。今でも多くの人が記憶している20世紀の戦争の評価を問うているのだ。

 確かに、細かい事実の確定は歴史家に任せるべきだろう。しかし、それを全体として評価し、どこが間違ったかを反省し、教訓を現代に生かすのは国民を導く政治家としての責任ではないのか。侵略の被害を受けた国と新たな関係を築くための最も大事な土台でもある。

 20世紀最大の戦争について歴史観を語れぬ首相が世界に通用するはずがない


 安倍氏の発想の根っこにあるのは、あの戦争を侵略戦争と言いたくないという歴史観だろう・・『だろう』ね。安倍氏が朝日の思惑通りに答えない限り、この『だろう』とか『らしい』を使って、『安倍氏の歴史観はこうである』と読者にすり込んでいくってわけだ。相変わらず卑怯ですな。

 さて、朝日は安倍氏の『文書が全てなんだろうと思う』という発言に噛み付いて、『安倍氏の歴史観はこうである』と無理やり繋げていますが、国家間の約束事は文章が全てです。これは当たり前の話。文章化されていないものに拘束されるいわれはない。

 それに、いわゆる『区別論』は中国の国内事情の話であって、日本には関係ない。さらに言えば、靖国神社に参拝したら『区別論』に反していて、『日本は反省してない』とか『軍国主義賛美だ!』という中国の論理は、無茶苦茶な飛躍なんだよ。そこは本来『違い』としてスルーすべきだったし、もともと中国は朝日が火をつけて煽るまでスルーしていた。

 朝日はどうしても安倍氏に『白か黒か』を言わせたいようだが、あの村山談話に対して安倍氏は『精神は引き継ぐ(sankei web)』と言っている。これで十分ではないか。後はスルーして『違い』を認め合えば、本来の姿に戻れる。中国に完全に屈服するか、中国と完全に敵対するか、このどちらか『しか』選択肢はないのですか?朝日の中では。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:中日新聞 中国様は絶対的に善である!
関連エントリー2:朝日新聞の正義は安物 by産経抄
関連エントリー3:毎日新聞 中韓に譲歩を求めるなんて!!
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
資格
報道の自由は良いのですが、新聞社の「国籍」審査は必要ですね。
2006/09/15(金) 09:16:24 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
明文化された文書が全て
文書以外のものを認めるならば、今からでも反日の中韓と断交しない代償に国土の半分を寄越せとか(絶対に要らないけど)、小泉さんを神と崇める神社を造れとか(そんな要求はしないけど)、「実は……という取り決めがあった」と形で好き勝手な要求をすることができてしまいます。そんな阿呆な話はありません。

もしかして、アカヒはそれを狙っているのかぁ~(棒読み)
2006/09/15(金) 09:23:43 | URL | nk #-[ 編集]
子供新聞だにゃ!
「あんたが言いました亜!」「いいえ!言ってませええん!」そんな事にならないために、文書が必要なのは、基本常識!そして、その事実に基づいて公正に報道をするのが、新聞なんじゃないの? 壁新聞作ってんじゃあないでしょーに! 落ちるとこまで、堕ちて行くねえ!
2006/09/15(金) 09:43:44 | URL | ぷりん #-[ 編集]
報道の自由と報道の責任は、背中合わせです。ハイ。
2006/09/15(金) 10:04:50 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
とりあえず、自分が書いた文章に責任とって下さいあさぴーさん
2006/09/15(金) 11:08:30 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
日本は法治国家なので文書が根拠になる。
http://sky.ap.teacup.com/deep/225.html「文書が総て」というグースさんが正当です。女性である私の経験からも同じですし現実です。裁判とか遺産相続争いを経験したら、いかに血縁関係の無い妻は舅・姑の死後までの看病して見取り口約束で感謝され全遺産を貰えると期待してても裏切られるから納得できます。直系親族では無い妻と言う身分は遺産の保証は口約束では無く遺言書類を行政書士なり弁護士に依頼して作成して貰わないと絵空事で終わります。男性以上に経験者が多いしそれが現実ですから女性だけで無く政治家はその事を理解して動くのが正しい行動です。
2006/09/15(金) 11:31:31 | URL | ようちゃん #VmV1yANw[ 編集]
朝日には笑うしかない
同感です。私も大笑いしました。朝日の社説は笑いの宝庫ですよね。

中国は「賠償を放棄した」のところには、中国は良心的とのニュアンスがありますが、賠償金の代わりに莫大な金額のODAが支給されていたのは周知の事実。朝日はおバカさん??

そのODAの一部が国内の親中派の売国政治家にキャッシュバックされていたとの噂も聞きますが、事実なら許せません。
2006/09/15(金) 12:31:12 | URL | 諸君!正論なき主張 #-[ 編集]
文書が全てでないのなら、口約束の「日本が強制連行を認めたら、日本にこれ以上の金銭的要求はしない」ってあれも有効になります罠。
2006/09/15(金) 12:39:05 | URL | 古尾光 #-[ 編集]
朝日新聞のこの社説、ネタ切れでもがいてる様に読み取れますね(笑)
安倍さんも何か美味しい餌を与えてやれば面白くなるのに・・・♪
いくら頑張ってもどうにもならない総裁選に固執してないで、早くもっと面白い捏造ブチ上げろよ、バカ工作員 !
2006/09/15(金) 15:04:11 | URL | ドスタム将軍 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。

>嫌!さん

新聞社の「国籍」審査は必要ですね。-

社説の最初に『中国の立場で書かせていただきます』と断りをいれれば良いのに(笑)。

>nkさん

好き勝手な要求をすることができてしまいます。-

そうなんですよね(笑)。こんな事を認めたら、あっという間にケツの毛まで抜かれる。

>ぷりんさん

壁新聞作ってんじゃあないでしょーに!-

チラシの裏に書いてます(笑)。

>通りすがりさん

とりあえず、自分が書いた文章に責任とって下さいあさぴーさん-

わははは・・そうだそうだ!朝日は文章にしたことすら、ないがしろにしている。

>ようちゃんさん

なぜ文章にするのか、ということですね。

>諸君!正論なき主張さん

そのODAの一部が国内の親中派の売国政治家にキャッシュバックされていたとの噂も聞きますが、事実なら許せません-

直接のキックバックは知りませんが、ODAについている紐を手繰れば、間違いなく政界にも還流してる事実があるでしょうねえ・・

>古尾光さん

あれも有効になります罠。-

あれも文章にしておくんだった・・orz

>ドスタム将軍さん

安倍さんも何か美味しい餌を与えてやれば面白くなるのに・・・♪-

実際に政権が発足してからになりますかね(笑)。
2006/09/15(金) 17:36:26 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
「後世の歴史家にまかせる」などの発言は、朝日が言う所の論争を避ける意味ではなく、中韓の様に時の政治権力が好き勝手やったらそれこそ歴史に対する冒涜だって話でもあると思いますが、なんで朝日は政治に決めてほしいんですかね。

同じく時の権力者たる「言論機関」が歴史を決め付けたいからでしょうか。私たちが主張してきた事を認めたぞ、あるいは勝手なこと言ってるぞとやりたいのか。・・・どちらにも対応するのでしょうけど。
2006/09/15(金) 21:03:25 | URL | どうもどうも #-[ 編集]
侵略戦争を否定する必要はない。必要があれば、再度朝鮮半島を植民地化するべきである。戦争を否定してはいけない。地球の人口が増えてしまう。困るのは人間である。
2006/09/15(金) 21:14:26 | URL | 大室☆寅之助。 #GxAO5jdM[ 編集]
瑞穂ちゃんと同レベル
アサヒは瑞穂ちゃんと同レベルですね。
安倍氏の「歴史家に任せるべき」は至極真っ当な発言。河野、宮沢、村山の例に見るように、馬鹿な政治家が勝手に歴史問題に言及するとろくなことにならん。
朱建栄に「大臣が認めてるんですよ!」って喜ばせるだけだ。
歴史ってのは大臣が認めたとかそういうレベルの問題ではなくて・・・といっても特ア人には通用しないし・・・
2006/09/16(土) 06:29:02 | URL | KM #-[ 編集]
朝日の「歴史」観は可笑しい
「朝日」だけでなく、日本人全体が「歴史」とは何かを考え直す必要があるのでは無いでしょうか。歴史的事実は一つでも、「歴史」は書く人の立場の数だけあります。事実を無視するのは間違っていると思いますが、「歴史」が一つだけで無ければいけないと思うのはナンセンスです。自分の書いた歴史を他人に押し付けるのは傲慢以外の何物でもありません。historyはhis storyです。シナの歴史は、古い時代より王権を奪い取った者がその正統性を誇示する為に事実を無視して書いたstory です。現在の中共政権も其の点では古代独裁王朝の遺伝子をしっかり受け継いでいるというべきでしょう。毛沢東の文化大革命は秦の始皇帝の焚書・坑儒の現代版だと思います。
2006/09/16(土) 11:18:51 | URL | 昭二 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
麻生太郎関連Blogリンク集
2006/09/15(金) 09:58:23 | 話題Blogナビ
朝日も辛いね 安倍さんとは、NHKの慰安婦模擬裁判報道で批判されたし/『安倍氏の歴史観はこうである』と読者にすり込んでいくってわけだ/朝日新聞 騒動師の本領発揮 以下はhttp://yajizamurai.blog24.fc2.com/blog-entry-689.htmlより。しかし、朝日も辛いね。安倍さん
2006/09/15(金) 13:17:49 | マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会
ホームズ、今日の「とっておき話」のホームセンターからは・・・自民党総裁選挙が近づいていますが、安倍氏の優勢は動かないようです。それがどう考えても面白くないのか、朝日新聞は小姑よろしくけちをつけまくっています。朝日にとって、安倍氏は例の「NHK圧力問題....
2006/09/16(土) 01:14:42 | ホームズ☆「とっておき話」のホームセンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。