管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日新聞 中韓に譲歩を求めるなんて!!
 先の戦争に対する「痛切な反省」と「心からのお詫(わ)び」を否定させ、中韓の敵意を鼓舞すること・・これが安倍氏に対して執拗なまでに、いわゆる『歴史認識』を問う記事・社説を書きまくっている朝日新聞の狙いであると喝破した、産経新聞のコラムを昨日のエントリーで紹介しました。
 
 朝日の狙いを見抜いてか、安倍氏は言質を与えないよう気をつけていますが、狙いを同じくしているのかどうなのか、そんな安倍氏の態度を『あいまい』だとして批判した新聞社も昨日のエントリーで紹介しました。この『あいまい』批判、どうやら『アレ』なマスコミが多用しそうです。こちらをご覧下さい。(毎日新聞から以下引用)

社説:靖国参拝 あいまいな解決法はない

 今回の総裁選で相違点が一番はっきりしているのが、争点にしないはずの靖国神社参拝である。

 靖国参拝は、本質的には特攻隊に感動した小泉純一郎首相個人の「心の問題」だった。だが、「心の問題」であるが故に、中国人、韓国人の心を刺激した。それが日本人の心を逆なでした。情報化時代の恐ろしさである。

 中国政府も韓国政府も、いったん火のついた自国の国民感情を背にしては、うかつに妥協や譲歩ができない。首脳会談拒否という強硬な手段に出て、難しい外交問題になった。

 小泉首相は、「(首脳会談を拒否するのが)わからない」とはぐらかし、現実から逃避してきた

 だが、東アジア共同体や経済連携協定(EPA)など、アジア各国との関係を深めようという時に、首相が隣の国と政治対話ができないようでは困る。しかも新首相が就任するとすぐ、11月にハノイのアジア太平洋経済協力会議(APEC)、12月にマニラの東アジア首脳会議と首脳外交の晴れ舞台が続く。

 3候補とも、中国、韓国との首脳会談を再開しようという意思は同じだ。その道筋が違う。

 最も明快なのは谷垣禎一氏である。中国、韓国の国民感情に配慮して、首相在任中は靖国神社参拝を控えるという。谷垣首相なら、日中、日韓の首脳外交は問題なく再開できるだろう。

 麻生太郎氏も、現職の外相であり、中国、韓国との外相会談を重ねてきた。この実績をもとに「きちんとした外交をやっていく」と首脳外交に意欲を見せる。谷垣氏と違って、外交と靖国を直接結びつけないのがあいまいな点だが、靖国神社の非宗教法人化案を政権構想とは別に持論にしている。首相在任中は靖国参拝を凍結する用意であろう。

 安倍晋三氏も、積極的に参拝をすると公約しているわけではない。しかし、首脳会談再開への具体的展望は伏せている。

「お互いに一歩前に出る努力が必要だ」と言う。日本側だけでなく、中国、韓国にも何らかの譲歩を求めているように見える

 今年は4月に秘密参拝をすませた。このときは「行ったかどうか言わない」という戦術をとった。だが、首相ともなれば、行ったのに言わないという姑息(こそく)な策はとれない。「言わない」戦術は、参拝しない場合の、日本国内の参拝待望論向けの対策としては効果があるだろう。

 中韓首脳が靖国参拝に感情的な反発さえ見せたのは、小泉首相が首脳会談で「適切に対処する」と期待を持たせながら、結局参拝を繰り返したからである

 外交の要諦(ようてい)は「誠信」だと言ったのは小泉首相自身である。韓国を訪問した時の演説に、対馬藩で対朝鮮外交に当たった儒学者、雨森芳洲の言葉「誠信交隣」を引用した。すっかり忘れた「誠信」外交を、次の首相は思い出してもらいたい。

毎日新聞 2006年9月10日 0時25分


 うーん・・ツッコミどころ満載の社説なので、どこから手をつけるか迷ってしまいますが、表題から行きましょうか。毎日新聞は『あいまいな解決法はない』として、靖国参拝やめることで『しか』解決しないという前提で論を進めています。が、まずこの認識が間違ってる。

 首脳会談の開催をもって『解決』とするのなら、拒否している中韓が折れるという解決もある。これを踏まえた上で安倍氏の『お互いに一歩前に出る努力が必要だ』という言葉を見ると、中韓に譲歩を求めている事がわかる。『求めているように見える』んじゃなくて、求めているんだよ。毎日は中韓に譲歩を求めるなんてもってのほか!と言いたいんですか?

 次いきます。安倍氏を批判する為に麻生氏を引き合いに出して『首相在任中は靖国参拝を凍結する用意であろう』なんて書いてますけど、何か根拠があって言ってるのか?麻生氏は事あるごとに『靖国参拝を控えるとみられる』なんて書かれるんですが、本人はそんな意向を明らかにしたことはありませんよ?

 麻生氏は『適切に判断する』と言い続けている。それをマスコミが参拝凍結だの何だのと『勝手に』決め付けて報道しているだけ。麻生氏は自身のHP上で、そんな報道を否定した上で抗議している(関連エントリー1を参照)。これは『中韓首脳が靖国参拝に感情的な反発さえ見せたのは、小泉首相が首脳会談で「適切に対処する」と期待を持たせながら、結局参拝を繰り返したからである』という件にも繋がる。

 どちらも『勝手に』決め付けていたり、『勝手に』期待しているだけじゃないか。それを中韓首脳が感情的な反発を見せたのは云々、すっかり忘れた誠信外交が云々という批判は無茶苦茶だろう。思い出すもなにも、ただ相手に屈するだけの事を『誠信』だとは言わない。もう土下座外交の時代は終わったんだよ。まだそれが理解できずに『現実逃避』してるのは毎日新聞、あんたらだよ!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:麻生外相へ マスコミの謀略にご用心 2
関連エントリー2:朝日新聞の正義は安物 by産経抄
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
トランプのジョーカー
靖国はある条件の下で機能が反転する、早い話、トランプのジョーカーになってしまった訳だ。特亜のお陰で何時の間にか、靖国は国内問題を離れ日本の外交カードになってしまったということだな。
ただ、毎日や朝日その他のマスコミはその事実を認めたくない・・・・ただ、それだけv-218
2006/09/10(日) 17:47:18 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
彼等はファンタジアの住人ですからねぇw

こちら側が現実を述べても、それは「空想」になってしまうし、彼等が「彼等の現実」を述べても、こちら側では空想にしかならない。

上記のような『現状(現実)』を記者ともあろうものが分からないのか、分からないふりをしているのか。少なくとも、今までの日本はそれなりに彼等の空想に付き合ってやっていた。(←これが駄目だったorz)

その上で、もう無理です。付き合いきれません、となっている状態が現在。時流を読めない新聞なんて、国民は要らないんだけどなぁ……。
2006/09/10(日) 17:59:49 | URL | nk #-[ 編集]
社説にもコメント欄あればいいのに。
いまさら小泉首相の心の問題だと認めるのか。姑息な戦術ですね。
日本国内の国家的宗教に加えた不当な罵詈雑言に対して、中国韓国はまず代表を交代させ、謝罪するべき。靖国問題とはそういうことだ。
2006/09/10(日) 18:16:31 | URL | 妄コリゴリ #-[ 編集]
外交と靖国を直接結び付けないという常識を理解する能力が欠落している異常な毎日新聞です、という主張の記事としてなら非常に分かりやすいので認めてやりますが、結局ゴミでしかないと思います。そろそろ日本は国家的規模で紙資源の浪費を制限する方向に向かうべきですね。自然発生的市民運動が静かに始動!
2006/09/10(日) 18:29:31 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
特アとは戦争も望みませんが 仲良くする必要も国民は感じていません。東アジア共同体なんて日本の繁栄を彼らにただで食わせる以上に 日本が誇る文化や伝統を後進民族に踏みにじられるだけ。おっと 笑韓・厭中なのに 日本の売国マスコミ相手だとついムキになってしまいマスタ。
2006/09/10(日) 19:04:51 | URL | chonchon #-[ 編集]
「中国と韓国が許して下さいと来たならば許してあげよう。」と書けば褒めてあげるのに、、、
朝日、毎日、読売、日経その他多数の赤新聞は、目を通して笑うためにあるのであまり真に受けないほうが良いと最近思う。
2006/09/10(日) 19:08:18 | URL | 基準点 #mQop/nM.[ 編集]
靖国、靖国 いい加減飽きたなぁ。
少なくとも中国はこの話題はあまり触れてほしくない議題になりつつありますね。半島は知らんが。
新聞がなくても生きていける時代だし、この際思い切って、廃刊すれば~。
2006/09/10(日) 19:14:25 | URL | いっくん #-[ 編集]
靖国報道はもうやめろや、日本人の精神まで歪めようなんて永遠に無理や。加藤千洋が土下座して終わりにしようぜ。
2006/09/10(日) 19:26:37 | URL | ヤス #-[ 編集]
今日のサンプロで手嶋龍一氏が「日本に対して靖国問題で圧力をかけ、日中関係を悪化させたことを中国は後悔している」という趣旨の発言をしていました。

その場にいた加藤紘一は言葉を詰まらせてて、これがかなり笑えました。

仮に手嶋氏の発言内容が事実なら、日本の左翼メディアは中国の代弁者ですらない、空気の読めないバカということになります。

もはや朝日・毎日=ノムヒョンですね
2006/09/10(日) 20:44:04 | URL | 黒潮 #-[ 編集]
ホント、ツッコミどころが多いですね。

>情報化時代(事実の伝達)の恐ろしさである。
お前怖いのか?ちゃんと解ってんじゃないの(笑)
>難しい外交問題になった。
「難しい外交問題にして自爆した」が正解、言葉足らずはよくない。
>現実から逃避してきた
主語が違う。
>秘密参拝
お前に教えなかったから秘密なのか??
>参拝しない場合の、日本国内の参拝待望論向けの対策としては効果があるだろう。
「中韓様には誠実に!日本人は適当にごまかせ」って意味か??
哀れな工作員だな(笑)
2006/09/10(日) 21:26:33 | URL | ドスタム将軍 #-[ 編集]
我が国もこうありたいてすね。

EU、対中武器輸出禁輸を維持へ…中国と首脳会議

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060909-00000415-yom-int
2006/09/10(日) 21:48:32 | URL | 我が国もこうありたいてすね。 #-[ 編集]
これぐらいの突っ込みどころ満載の記事で毎日には入れるのですねぇ~。

ある意味、スゴイ。
2006/09/10(日) 21:51:11 | URL | 佐々木 #-[ 編集]
自縄自縛は自業自得
》 中国政府も韓国政府も、いったん火のついた自国の国民感情を背にしては、うかつに妥協や譲歩ができない。
 報道の自由のない国・情報の極端に少ない国が、恣意的に反日感情を煽った結果である。
 人を呪わば穴二つと言うが…この場合中国穴と韓国穴かな。
 自分で掘った穴は自分で始末して頂きましょう。
2006/09/10(日) 22:23:54 | URL | 槿花一朝之夢 #-[ 編集]
「靖国」が争点にならないことに苛立ちね!!
>今回の総裁選で相違点が一番はっきりしているのが、争点にしないはずの靖国神社参拝である。

はい、はい、毎日新聞は靖国参拝問題が自民総裁選の争点にならないことに大変に苛立っているということね・・・・・
>だが、「心の問題」であるが故に、中国人、韓国人の心を刺激した。それが日本人の心を逆なでした。情報化時代の恐ろしさである。

社説ってのは言葉の遊びをする欄じゃないだろう・・・それに毎日新聞は「情報化時代の恐ろしさ」をまだ知らないんじゃないか?
2006/09/10(日) 23:23:03 | URL | 平凡な一国民 #-[ 編集]
最早、毎日はキ印の一歩手前ですな!
中共にとっても「靖国問題」は打出の小槌から、邪魔物になってしまった訳ですね。

流石に『権謀術数』の国です。「反日」という恫喝が「嫌中」「厭中」「避中」「逃中」というマイナス効果しか齎していなかった事に気がついた様です。北京オリンピックを控えて、日本の世論が「嫌中」に向かうと、中共にとっていい事はありませんからね。

この先、朝日新聞のご注進ネタに飛び付く事はないでしょう。だから、最近の朝日の社説には「心配だ」「不安だ」という憂いが多い。

その点、韓国と毎日新聞は「流れが読めない」という意味で同類なんでしょうね。毎日の社説を読んでると「漂流」してるのがよく判る。

毎日新聞も政府への批難や反政府的な論調でいることに存在価値を見出そうしている様ですが、政府への支持率が高いと世論と論調が乖離してしまう。そもそも、朝日新聞に比べると印象操作が下手すぎる。というか露骨ですぐバレる。この辺りも「韓国」と似てる。

所詮、毎日新聞にも「日本の国益確保」という基礎が無いので、論調に説得力が無い。

朝日も毎日も、産経新聞の「産経抄」「主張」にまともな反論を返せない時点で終わってますね。
2006/09/11(月) 00:06:26 | URL | 西瓜男 #-[ 編集]
更に強烈なキ印めっけ
すごいでんなぁ、ゲンダイさん。
あっ、もしかして「ひゅ〇だい」って読むのか?
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2428775/detail?rd


ニュースのトピックスがまた必死・・・
「騙されるな安倍氏の“裏の顔”」ときた。
何とかして、短命に終わらせる工作が開始されてるな。
もう、気味悪過ぎ。 あれだけ国民の支持率が高いのに
マスゴミがこぞって強烈な扱き下ろし。自分等が
世論を変えようと必死の意図が丸見えだよ、もぉ。
2006/09/11(月) 03:20:32 | URL | 徒然 #-[ 編集]
会談したら、何が、どう進展するのか社説で書いてほしいものです。

国民が会談に意味を見出せないこの「将来への不安」に"明快"な答えを。

あと、麻生さんは中共に対してかなりのこと言ってたはずですが都合が悪いのか書いてないですね。
2006/09/11(月) 06:54:22 | URL | どうもどうも #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。

>光源氏さん

毎日や朝日その他のマスコミはその事実を認めたくない-

認めたくないにしたって、あまりに現実とかけ離れた事を書くので、ツッコミを入れるにも頭が痛くなります(笑)。

>nkさん

少なくとも、今までの日本はそれなりに彼等の空想に付き合ってやっていた。(←これが駄目だったorz)-

ヘタに付き合っちゃったから、余計に粘着してくるようになりましたからねえ・・

>妄ゴリゴリさん

社説にもコメント欄あればいいのに。-

この点、韓国の新聞はエライですね。

>日本大好きさん

そろそろ日本は国家的規模で紙資源の浪費を制限する方向に向かうべきですね-

ホントですね。これじゃあゴミ同然、いやそれ以下だ。

>chonchonさん

目を通して笑うためにあるのであまり真に受けないほうが良いと最近思う。-

ははは・・過剰反応でしたかね。しかし毎日は日々の論調が違いすぎて気持ち悪い・・

>いっくんさん

少なくとも中国はこの話題はあまり触れてほしくない議題になりつつありますね-

この問題が盛り上がると、またぞろ江沢民派が勢いを取り戻しちゃうもんなあ。

>ヤスさん

加藤千洋が土下座して終わりにしようぜ。-

普段、偉そうに『日本人は反省すべき 』なーんて言ってる奴らが土下座すりゃあ良い。

>黒潮さん

その場にいた加藤紘一は言葉を詰まらせてて、これがかなり笑えました。-

あーこれ、チラッとしか見てないんですよねえ。見たかった・・orz

>ドスタム将軍さん

お前怖いのか?ちゃんと解ってんじゃないの(笑)-

わはは・・絶対わかってないですよね(笑)。

>我が国もこうありたいてすね。さん

EU、対中武器輸出禁輸を維持へ…中国と首脳会議-

これ、微妙に危なかったですよね。何にしても良かった良かった。

>佐々木さん

ある意味、スゴイ。-

中日新聞レベルであります(笑)。

>槿花一朝之夢さん

人を呪わば穴二つと言うが…この場合中国穴と韓国穴かな。-

自分でかけた呪いが、跳ね返ってきてるだけですよね(笑)。

>平凡な一国民さん

はい、はい、毎日新聞は靖国参拝問題が自民総裁選の争点にならないことに大変に苛立っているということね・・・・・-

争点にならなかったので、争点に『なったことにしよう』という事でしょうか(笑)。

>西瓜男さん

日本の世論が「嫌中」に向かうと、中共にとっていい事はありませんからね。-

日本を恫喝したら嫌中が増えるわ、国内ではヘタしたら反日が反中共に転じて体制崩壊につながりかねないわで大変ですね(笑)。

>徒然さん

すごいでんなぁ、ゲンダイさん。-

す、すごい・・最後に軍靴の音が~的な一文が入ってるのがステキですね(笑)。

>どうもどうもさん

あと、麻生さんは中共に対してかなりのこと言ってたはずですが都合が悪いのか書いてないですね。-

毎日はですね、麻生氏が日寄ったかのごとき記事を書きまくってるんですよ。
2006/09/11(月) 07:17:55 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
中国の国民感情って?
反小泉、反靖国記事に特徴的な、具体性なし、感情丸出し、形容詞満載の記事ですね。
一つツッコミたいのは、
>中国、韓国の国民感情に配慮して
中国は共産党の一党独裁でして、中共の代表者が中国の国民感情を代表する事はあり得ないと思いますが。
2006/09/11(月) 07:24:53 | URL | るな #JalddpaA[ 編集]
左翼破綻の構図とその対策
月刊オピオン雑誌五人衆 老舗の「中央公論」「VOICE」「諸君!!」新鋭「Will」「正論」(中道路線を標榜する中央公論を基点とすると中>V>諸>W>正の順で右より)に隔週刊誌SAPIOを加えれば、日本の言論界をリードする保守系雑誌軍団の出来上がりである。これらが売れています。わざわざ自腹切って色気のない(美人のねーちゃんが全然出て来ない。昔は美女だった方はいますが)雑誌を買う人がいるのです。日本もまだまだ捨てたものじゃないです。だから、書店としても部数が出る雑誌を平積みで優遇するのも当然でしょう。左翼理論誌「世界」は書棚の片隅に申し訳程度に突っ込まれていますね。誰にも立ち読みもされない。だから誰も買わない。少しも売れない。一度この流れが作られると誰にも止められない、止まらない。ここからも中共の対日戦略(あったかどうかも疑わしいが)が破綻したことが窺い知れる。
2006/09/11(月) 14:44:30 | URL | 朝日将軍 #euhhN/GY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  以前、このブログでも、●麻生太郎外務大臣の「ニート」に対する考えを扱った記事を載せましたが、麻生氏は、9月末に行われる「自由民主党」の総裁選挙に出馬しています。  もはや大勢が安倍官房長官に決まったという声もありますが、政治家としての麻生氏の価値はそ
2006/09/11(月) 00:48:47 | 日々是勉強
政治家、麻生太郎のこと。麻生財閥の元社長、吉田茂の孫、まさに、政界のプリンス。このたび、自民党総裁選にも出馬表明。そんな麻生氏、意外と、はっちゃけた趣味がおあり。
2006/09/20(水) 06:16:14 | 瞬★旬!キーワード~このヒトだあれ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。