管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞の正義は安物 by産経抄
 自民党総裁選に立候補している安倍氏が、政権構想の中で掲げた『戦後レジーム(体制)からの脱却』という政策。この政策が怖くて怖くて、不安で不安で仕方ない朝日新聞は、連日のように安倍氏の歴史認識がどうのと記事・社説を書きまくっております。

 総裁選の勝利が確実視されているとはいえ、まだ総裁になったわけではない安倍氏を叩きまくるという、常軌を逸した朝日の動きに、産経新聞のコラム産経抄が噛み付いております。こちらをご覧下さい。(sankei webから以下引用)

傷口に塩をすり込み、焚(た)き火に油を注ぐ者がいる。これを「騒動師」と呼んだのはどの作家だったか。実は同業記者の中にも騒動師がいて、正義を振り回し、良心を売りにするから始末が悪い

 ▼彼らは首相の靖国参拝を自民党総裁選の争点へと誘導したが、とんと盛り上がらない。世論の風向きが「参拝も悪くない」に傾いたからだ。当の中国も、靖国批判が過ぎて日本国内に嫌中ムードをつくってしまった。いまは日本のメディアに乗せられた愚かさを悔いていよう。

 ▼ この騒動師、今度は「歴史認識」「村山談話」を踏み絵に、総裁候補から答えを引き出そうとする。狙いは、先の戦争に対する「痛切な反省」と「心からのお詫(わ)び」を否定させ、中韓の敵意を鼓舞することだ。安倍官房長官が「後世の史家に任せる」と答えると、振り上げた拳の下ろしどころがない。

 ▼ 歴史を善悪で決めつけるのは、いかにも安物の正義である。かつて社会党の佐々木更三氏が中国の毛沢東主席に侵略を謝罪したところ、「皇軍の力なくしては権力を奪えなかった」と逆に感謝された。共産党の敵は自国の国民党だった。歴史認識が権力の都合でコロコロ変わる実例である。

 ▼中国要人が「歴史認識」を言い出したのも、日本メディアが火付け役だ。昭和57年に、文部省が教科書検定で「侵略」を「進出」に書き直させたと報じた。これが全くの誤報なのに、中国の反日行動に火がつく。親日的だった実力者、トウ小平氏の追い落としに長老派が利用したからだ。以後、親日は中国要人の鬼門になった。

 ▼かつて“名筆”山本夏彦さんは自国の非を暴いて直(ちょく)とするのは、良心的だからであると皮肉った。実直、直情ばかりでは政治芸のあやが分からない。


 わははは・・騒動師かあ。文中のいわゆる『教科書騒動』の他にも、全く問題視されてなかった靖国参拝を問題視し、火をつけて煽り続け、大問題にしてしまったのは朝日新聞。騒動師という異名は、朝日にピッタリです。

 さて、朝日が安倍氏の歴史認識を執拗に聞き出そうとしている狙いは、安倍氏に村山談話などを否定させ、またぞろ中韓の反発を引き出そうということだ・・と産経は喝破しております。なるほど、朝日が考えそうなことですが、そんな狙いを安倍氏は見抜いているので、言質は与えない、と。

 これまで、年に一度しか参拝しないのに、年がら年中『靖国参拝しますか?』と小泉総理に質問を浴びせていた朝日ですが、これからは靖国参拝するかしないかという質問に加えて『村山談話を踏襲しますか?』とか『侵略戦争という認識はありますか?』なーんて年がら年中聞きまくると思われます。

 かなり鬱陶しいでしょうが、騒動師に仕事をさせないためにも、この手の質問に答える時は細心の注意を払って頂きたい。朝日の他にも安倍氏の態度を『あいまいだ』として、批判している新聞社(河北新報)がありますし、中国からも『あいまい作戦だ(サーチナ)』などという批判が出ておりますが、エサ(言質)を与えなければ、そのうち大人しくなるでしょう・・って甘いかな(笑)?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
学習経験
>自国の非を暴いて直(ちょく)とするのは、良心的だからである・・・・by山本夏彦

ウ~ん、これは難問だ。
確かに村山氏の後先考えぬ浅薄な良心はその後、日本にとって遅効性毒薬となったわけで・・・・。何故、良心が毒薬となるのか。特亜の以直報怨(チョクをもってうらみにむくゆ)には、早い話、お金が絡んでくるからなんだよな~。
以直報怨は好いけど、相手をみて良心を発揮せよ、というのが特亜関係での学習経験だな。
2006/09/09(土) 20:43:29 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
中国が崩壊するか、朝日が廃刊になるか、命運が懸かったレースが始まったね。
朝日の加藤工作員は、中国の大使館に入り浸っているらしいし、本当に運命共同体ですな。
2006/09/09(土) 21:18:01 | URL | いっくん #-[ 編集]
藁をもつかむ
ネットのお陰で、アカ日の馬鹿さ加減はすっかり知れ渡ることになりました。アカ日がいくら世論を誘導しようとしても、世論は全てアカ日の意図とは逆方向に動いています。 一般国民の方がずっと賢いのです。
言うことに窮して今度は村山ミイラ談話ですか。 藁をもつかむ…ですね。本当に末期症状です。
目下、部数急減をひた隠しにして、不当に高い広告代を取る、詐欺商法で延命中。
アカ日なんかへの広告掲載は企業・商品イメージの低下にしかならないと思いますけどね。
2006/09/09(土) 21:26:54 | URL | GG #-[ 編集]
山本夏彦翁のこと
山本夏彦さんの書かれたものの魅力が分かるかどうかが、結構分水嶺かもしれません。
生前ほとんど読んでいなくて、本当に後悔しています。今、少しずつ読んでいます。
明治から戦前まで、そして戦後を俯瞰できる、文学・出版・印刷・宣伝などさまざまな分野で精確な知識や知見を得られます。稀有な著作者の一人だと思います。
2006/09/10(日) 00:16:07 | URL | 東海散士 #-[ 編集]
産経さんGJ
8月にも日本国際問題研究所の電波記事もぶった切ってますからねぇ。
これからも捏造記事・世論誘導記事にはガンガン突っ込みを入れてほしいものです。
アカ日の「終末時計」も、さぞや順調に最後の時を刻んでいることでしょう。
2006/09/10(日) 00:26:38 | URL | てつ.com #-[ 編集]
何でも世界一の自称先進国、やりました~!!!!

整形大統領は予定通り、不在です(笑)。


http://plaza.rakuten.co.jp/nwaiwgp/diary/200609070001/

http://aaorfan.blog8.fc2.com/blog-entry-113.html

素晴らしい、伝統芸ですね~。
2006/09/10(日) 02:00:20 | URL | 素晴らしい、伝統芸ですね~。 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。

>光源氏さん

以直報怨は好いけど、相手をみて良心を発揮せよ、というのが特亜関係での学習経験だな。-

その通りですね。そして悲しいかな、相手を見る限り、皆カネカネ言うのばかり・・

>いっくんさん

朝日の加藤工作員は、中国の大使館に入り浸っているらしいし、本当に運命共同体ですな。-

ほう、対日工作会議でもやってるんですかね。

>GGさん

目下、部数急減をひた隠しにして、不当に高い広告代を取る、詐欺商法で延命中。-

再販制度が廃止されたら、一気に潰れるんだろうなあ。

>東海散士さん

稀有な著作者の一人だと思います。-

そうですね。あの時代に朝日を叩きまくっていたのは凄いです。

>てつ.comさん

これからも捏造記事・世論誘導記事にはガンガン突っ込みを入れてほしいものです。-

全国紙では産経だけだもんなあ。

>素晴らしい、伝統芸ですね~さん

わはは活貧団だ。この人、本当に国旗を食べるの好きですね(笑)。
2006/09/10(日) 07:10:36 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 いよいよ総裁選が公示された。夕方の記者会見からTBSの特番やNHKなど立候補した安倍官房長官、谷垣財務大臣、麻生外務大臣がそれぞれの政策や所感を述べていたが、教育や憲法問題に大きく関わってくるのが歴史観である。
2006/09/10(日) 07:01:21 | なめ猫♪
 以下はhttp://yajizamurai.blog24.fc2.com/blog-entry-678.htmlより。こういうメディアは相手にしないのが一番、ということを国民に知らしめましょう。
2006/09/11(月) 09:40:06 | マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。