管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナベツネ 今度は社民と連携だ!
 戦前の日本を憎むあまりに、長年敵対関係にあった朝日新聞と『反靖国』で手を組んだり、TBSの番組で筑紫哲也氏と一緒に総理の靖国参拝を批判したり、NYTの名物反日記者『ノリミツ・オーニシ』氏のインタビューに応じ、特攻隊員について『彼らは屠殺場の羊のみだった』などと超絶電波を放出した読売新聞オーナーの渡辺恒雄氏。(関連エントリー2を参照)

 総理の靖国参拝に反対するだけではなく、やれ遊就館は問題だ、やれいわゆる『A級戦犯』の合祀は問題だ~と言って、渡辺氏は国立追悼施設(別名:中韓神社)の建設にも口を出したりしておりましたが、今度はこんな相手と手を組んだようです。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

「千鳥ケ淵を国立追悼施設に」 渡辺恒雄氏

 社民党は7日午後、都内で「千鳥ケ淵戦没者墓苑・平和祈念施設提言委員会」を開き、読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長と意見交換した。

 渡辺氏は「世界各国に無名戦士の墓があり、国賓が来た時に訪問する国も多い。日本でこれに該当するのは千鳥ケ淵墓苑だ」と指摘、同墓苑に隣接する公務員宿舎などを廃止して墓苑を拡充、無宗教の追悼施設にすることを提案した

 福島瑞穂党首は「社民党の考え方と共通点がたいへん多く、とても参考になった」と応じた

 渡辺氏は太平洋戦争の戦争責任について「明確にすべきだ。本当は国会で特別委員会を作って議論するのが望ましい」と強調。土井たか子名誉党首も賛意を示した

 提言委員会は、これまで社民党と接点がなかった有識者からヒアリングを行う方針で、次回は福田康夫元官房長官の追悼施設に関する私的懇談会委員だった西原春夫・元早大総長から聞く。
(産経新聞) - 9月8日8時2分更新


 今度は社民党ですか。もう何でもありですな。で、福島党首や土井名誉(笑)党首と意気投合しちゃったんですかそうですか。まあ、朝日の若宮論説主幹と意気投合しちゃうくらいですから、社民の面々とも波長が合うって事なんでしょうが、近づく相手が悪いと言うかなんというか・・

 まあそれは良いとして、千鳥ヶ淵墓苑を拡充した上で、国立追悼施設にするという変化球を投げてきたわけですが、色々と考えますね。別に良いですよ?作っても。ただし、靖国神社の代替施設という位置づけにはならないし絶対させない。

 当ブログで何度も何度も何度も指摘して参りました通り、靖国は靖国であって他に代わるものなどない。英霊は靖国にいるんだ。この国立追悼施設とやらを『首相に靖国参拝させない』ためのモノにしようという事なんでしょうが、そうは問屋が卸しませんよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:国立追悼施設建設にナベツネ参戦
関連エントリー2:ナベツネという男 『老害は消え去れ』
関連エントリー3:中曽根&ナベツネ 『日本を害する老人ふたり』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ナベツネ氏、この数年で急激に左旋回しましたね。独裁権力を振るう読売新聞を伴って。若い時分に共産党シンパだったのは有名ですが、ボケてきて本性が現れたのでしょうか。
2006/09/08(金) 20:06:44 | URL | おやじ #kcN02UG2[ 編集]
「靖国で会おう」という言葉
ナベツネは、どう思ってるんだろう
戦死した多くの兵士達は、「生きて祖国へ帰る」事を望みながらも故郷にいる人達の為に必死で戦い、必死で生きようとしていたはず。
「靖国」は、そんな兵士達の死を前にしての最後の「慰め」ではなかったろうか・・・

「靖国」批判を聞くと、そんな哀しい兵士達を愚弄し「鬼達よ」と死後も叩きのめしているようで、ただただ哀しい・・・

正直、当時の戦争を知る老人がどのように思おうと、戦地で戦死した兵士達にとって「靖国」とはなんであったのかの方が、私には重要です。
その前では、ナベツネらの意見などなんの意味もない。
あの戦争について「靖国」を批判するならば、祀られている兵士達が「靖国」に対し考えていた事を話して欲しい。

批判の中には、維新時の東軍は祀られていないというものもあるけど、理解できない。
彼らは祀られて当然の人達だと思うが、祀られる場所は「靖国」だろうか?と疑問をもつからです。
「靖国」だけが日本の英霊達にとって唯一の約束の地ではないのに・・・と思っちゃう。



2006/09/08(金) 22:08:03 | URL | とん #-[ 編集]
 無宗教の国立追悼施設を作ったところで、英霊の魂に祈りを捧げる靖国神社が無くなる訳ではない。
 無宗教の国立追悼施設を作ったところで、中韓の政治家がそこに祈りを捧げに来るはずもない。

 そもそも、そういった追悼施設が出来たから、靖国神社には(総理も含めて)日本人個々の心の自由・信教の自由だから参拝しても良いだろう…と言っても中韓および反日マスコミは容赦しないであろう。
 今のままが良い。内政と、何より日本人の心に無遠慮に踏み込もうとする特亜は無視すればいいのだ。
2006/09/09(土) 00:14:31 | URL | 槿花一朝之夢 #-[ 編集]
こんばんわ。
ナベツネさんは一体どうしたものなのか。巨人の弱体で理性がとんだのでしょうかね~。読売もとみにリベラルへの道を歩みだし、「朝・毎・読」対「産」の構図でしょうか。

8日は「村山談話」をめぐる安倍長官の言動で、朝日社説と産経主張がぶつかってましたね。
TBお願いします。
2006/09/09(土) 00:54:15 | URL | ホームズ #-[ 編集]
渡辺恒雄のこと
みなさんいささか善意に彼のことをとらえているようですが、このお方、トンデモない人です。
東京帝大時代、戦争末期、たった1ヶ月、それも国内(千葉でしたか)で陸軍砲兵連隊の内務班生活を送ったことで、軍隊を徹底的に憎んだ輩です。1926年生まれで、確かに年齢が若いからそういうことになったのでしょうが。高々1ヶ月ですよ。
話は逸れますが、昔、大西巨人さんの『神聖喜劇』を読んで、陸軍内務班のことを知りました。彼はそれをやりぬいたんですね。
全然違う。
年齢が8歳上ですが、中曾根康弘さんだって海軍主計中尉でしたか、転戦していました。(終戦時は主計少佐)
そんなこといえば南洋やビルマで戦った一兵卒はどうなるの。満洲で戦った兵士は。
東大では戦後、共産党細胞の幹部として相当暴れたようです。
彼に國問題を語る資格はないと私は思います。
元日共の地金が出ただけですよ。
2006/09/09(土) 01:27:19 | URL | 東海散士 #-[ 編集]
今の高齢者は元気な人が多いですねぇ。
もう未来じゃなく過去ばかり見るようになったらそろそろお迎えがきてしまいますよ。
2006/09/09(土) 04:47:58 | URL | いっくん #-[ 編集]
初めてコメントさせて頂きます。

ナベツネがどれだけ左傾化したとしても、残念ながらあと数年程しか影響力を行使出来ないでしょうね。お年ですし・・・。


健全な民主国家であれば、弱冠の右傾化が当たり前だと思ってます。戦後から現在までが、あまりにも左傾化した状態が続いているだけであって、その異常な状態に国民が気付き始めたのでしょうね。

極左の最後っ屁を笑観しつつ、これからも管理人さんの正論を拝見しに来させて頂きたいと思います。
2006/09/09(土) 05:13:22 | URL | ぽてち #1Pv/xTyw[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。

>おやじさん

ボケてきて本性が現れたのでしょうか。-

地金が出ちゃった、という感じですね。

>とんさん

「靖国」批判を聞くと、そんな哀しい兵士達を愚弄し「鬼達よ」と死後も叩きのめしているようで、ただただ哀しい・・・-

私も悲しいです。早く静かな環境を作らなければ。

>槿花一朝之夢さん

何より日本人の心に無遠慮に踏み込もうとする特亜は無視すればいいのだ。-

そうですね。とにかく五月蝿い中韓を黙らせないと。

>ホームズさん

読売もとみにリベラルへの道を歩みだし、「朝・毎・読」対「産」の構図でしょうか。-

案外、その中から毎日が抜けるかもしれませんね。

>東海散士さん

高々1ヶ月ですよ。-

これで知った顔して、特攻隊員は屠殺場の羊のみだったなんて言うんですからね。知らんだろうと。

>いっくんさん

今の高齢者は元気な人が多いですねぇ。-

元気なのは結構なんですが、何事も過ぎるのは良くないですね。

>ぽてちさん

はじめまして。

残念ながらあと数年程しか影響力を行使出来ないでしょうね。お年ですし・・・。-

だからこそ、いま必死になってるとも言えますね。
2006/09/09(土) 07:15:47 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ホームズ、今日の「とっておき話」のホームセンターからは・・・ 村山談話に対する安倍晋三官房長官の真意に関し朝日の「社説:安倍発言 村山談話を葬るな」と、産経の「主張:村山談話 正すべきは意を尽くして」が、ともに8日の紙面を飾りましたねー。先の戦....
2006/09/09(土) 00:55:47 | ホームズ☆「とっておき話」のホームセンター
 以下はhttp://yajizamurai.blog24.fc2.com/blog-entry-676.htmlより。最近の読売は本当に見苦しい。一人のワンマンに逆らう気骨あるジャーナリスト一人いないとは。ワンマンこければ、社がこける見本であろう。
2006/09/09(土) 13:09:48 | マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。