管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞 また変節しても良いですか?
 今月20日に行われる自民党総裁選。既に出馬宣言をしている麻生、谷垣氏に続いて、本命といわれている安倍氏が1日、正式に出馬宣言をしました。出馬宣言と共に安倍氏は『美しい国、日本(安倍晋三HP)』と題された政権構想を発表しましたが、朝日新聞が何やら仰ってますので、昨日付の社説をご覧頂きます。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)


安倍氏出馬 聞きたいことは多い

 本命が名乗りをあげた。安倍晋三官房長官が自民党総裁選への立候補を表明し、谷垣禎一財務相、麻生太郎外相とともに3人の候補が出そろった。

 だが、さあ始まり、という盛り上がりは見られない。安倍氏支持へと党内の大勢は雪崩をうち、政策など二の次、三の次、とにもかくにも「勝ち馬」に乗ろうというムードに覆われている。

 だからと言って、この総裁選を消化試合で終わらせていいはずはない。

 安倍氏の公約は、そのまま次期政権の国民への約束になる。論争を深めてこそ主張は鮮明になるし、安倍政権が生まれた時の政策の基本方向が定まっていくことにもなる。

 なによりも、安倍氏に首相としての資質があるのかどうか、国民に明らかにする大切なチャンスなのだ。

 その意味で、きのう発表された公約は期待はずれだった。わずか4ページという分量の少なさもあるが、抽象的な項目を並べた印象が強く、メリハリを欠く。

 私たちが最も注目しているのは、公約で強調されている「新しい国づくり」で、安倍氏がどんな国家像を思い描いているのかということだ。

 この点について、安倍氏は「戦後レジーム(体制)から脱却する」と語った。かなり思いを込めた表現のようだが、具体的に何から脱却し、どこへ行こうというのか。これまでの発言からすると、不安を感じざるを得ない。

 よもや戦後民主主義の歩みを否定するものではなかろうが、それをどう評価し、何を改め、何を継承するのか、明確に語ってもらいたいと思う。

 「脱却」の具体策に挙げたのは新たな憲法の制定だ。「憲法は占領時代に作られた。私たち自身の手で新しい憲法を書こう」と呼びかけた。尊敬する祖父・岸信介元首相譲りの「自主憲法」「占領体制の清算」なのだろうか。

 戦後体制という前に、戦前の歴史をどう見るかをまず聞きたい。戦争責任などは「歴史家が判断することだ」と、これまで言葉をにごしてきたからだ。

 首相談話などで植民地支配と侵略を反省し、謝罪してきた政府の歴史認識は継承されるのだろうか

 安倍氏はかつて「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」の事務局長をつとめ、歴史教科書のあり方を批判してきた。こうした考え方は、公約に掲げた教育改革にどう影響するのか。

 この会は、歴史教科書の検定をめぐって近隣国に配慮するとした政府の「近隣諸国条項」を攻撃した。この条項は安倍政権では廃棄されるのか。

 中国や韓国とは「信頼関係の強化」を目指すというが、こうした点を明確にしないままでは難しかろう。靖国神社参拝の問題をどう克服するのかを含め、具体的な方策を聞きたい

 20日の投開票まで、さまざまな討論会や記者会見が予定されている。安倍氏にただしたいことは山ほどある


 不安を感じざるを得ない・・『朝日新聞としては』でしょ(笑)?そりゃあそうでしょうねえ。戦勝国の思惑通り、普通の国になることを阻害し続けてきたのが朝日新聞。戦後体制からの脱却がなされれば、真っ先に批判されるのは朝日の尖兵ぶり。

 批判されるといえば、過剰な贖罪意識で塗り固められた『歴史認識』との決別によって、これまた朝日の尖兵ぶりが批判されるでしょうね。飛ばし記事によって中韓の反発を引き出し、教科書検定に近隣諸国条項という『どうぞ内政干渉してください』と言わんばかりの条項を追加させることに必死だったし、追加されてからは『中韓の』歴史認識を日本の歴史認識にしようと懸命だったもんなあ。

 これは靖国神社を巡る問題にも言える。そもそも何の問題でもなかった首相の靖国参拝を問題視して、まずは中国を引き込み、次いで韓国をも引き込んで大問題にしたのは朝日新聞。歴史認識とやらで日中、日韓がギクシャクしなくなり、その他一般の『普通』の国と国との関係が構築されれば、『朝日は今まで何を騒いでたんだ?』と言われること間違いなし。

 そんなわけで、朝日としては不安で不安で夜も眠れないといったところでしょうか。これは自業自得、身から出た錆というやつですから、全く同情できませんが、戦前戦中→戦後にやった『鮮やかな変節』を決めれば何とかなるんじゃないの?まあ、今度という今度は許しませんがね。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
朝日は孤立を怖がっている
朝日に代表される売国反日マスコミたちはこれまで散々日本人と日本政府を貶めてきたが、ここへきて世論からの孤立が明確になってきた。私たち普通の日本人はけっして右傾化も軍国化もしていないし リベラルでさえある。しかし特アと結託したあからさまな反日報道姿勢に胡散臭いものを感じ、わが子や孫の世代にまでいわれなき賠償責任を負わせようとする勢力に対してNOと言っているのだ。朝日はそれを知りつつ小泉・安倍を批判し政府と国民の分断を図っている。チョーセンには呆韓・笑韓でいられるが朝日は放置できない。
2006/09/03(日) 09:08:19 | URL | chonchon #-[ 編集]
4ぺージ?
”憲法改正”、”教育改革”これで良いのでしょう、何で4ぺージに拘るのかな?
謝罪してきた政府の歴史認識?て「村山」の個人的な談話だぜ、「俺止めた」で終わりだよ。
山ほど有る?バカ中韓煽るのが先だろう早くやんねえと間に合わないよ。
2006/09/03(日) 09:23:32 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
朝日流、夏休みの宿題?
これ読んだからといって、自民党の総裁選挙にも、臨時国会での内閣首班指名投票にも、新しい視点で問題や課題を指摘してる訳でもなく何か論点を提示してる訳でもない。

一人の読者として「虚心坦懐」に読んでみると、この社説は「朝日新聞の心配事」を徒然なるままに書き綴っただけんですよね。
小学生が夏休みの宿題で「僕が不安に思ってること」という作文したようなもんでしょ。
小学生が書いたなら添削指導も出来ましょうが、相手が半ば耄碌してる左旋回頭では措置無しですな。

・・・こんな間抜けな文章でも「給料」が貰える朝日の論説主管なら、私もやってみたいなぁ~。鼻くそほじくりながら、大した意味の無い感想文を書いて年収*千万円ならこんなボロイ商売は無い!!
2006/09/03(日) 09:42:26 | URL | 西瓜男 #-[ 編集]
人間生きていれば少しでも知恵が付きます、その一例を示せば。
ほら吹きには:話半分
嘘つきには:眉唾、信用しない
反対を言う奴には:嫌がることが正しい道

朝日新聞に対しては、多くの皆さんが「朝日が反対していることをしとけば間違いなし。」と思っておられるんでしょうね。
小泉総理の靖国神社参拝、あくどい安倍おろし、その他全て朝日と反対方向に進んでいます。 朝日は反対方向を示すことで日本の進むべき道を示すという高等テクニックを駆使しています。
今の心配は、本当に正しいことを言ったらどう反応すればいいのか?です。
2006/09/03(日) 09:48:01 | URL | 基準点 #-[ 編集]
朝日が心配することを全部やるが吉
2006/09/03(日) 10:11:46 | URL | ヴェントゥー #-[ 編集]
朝日=日刊現代ですね、品性のかけらもありゃしない。
2006/09/03(日) 11:10:54 | URL | OHP #-[ 編集]
 国民が東京裁判史観の呪縛からときはなたれようとしている姿を見て、朝日が不安でしょうがない。ここはなんとしてでも東京裁判史観に縛り付けておかなければ、朝日の存在価値がなくなる。そこで、シナ共産党を煽りたてるが、シナ共産党も、朝日の手法が今や日本国内で通用しないことを理解して、朝日のシナへの煽動にいささか辟易している。朝日一人が浮き上がって、跳ね返っているのがよく見えますな。
2006/09/03(日) 12:14:18 | URL | bulldog #-[ 編集]
表現
表現の自由はすばらしい。
どんなに反社会的な事を発言したところで逮捕される訳でもない。
しかし民衆の総意から外れた意見を誰が金を出して買うかね?
自民党もそうだが日本国も世代交代の時期に来ているのに朝日新聞はいつまで戦後を引きづるおつもりか?
2006/09/03(日) 12:17:53 | URL | いっくん #-[ 編集]
議論・論戦大好きの腐れメディアとしては文章量が少なすぎると突くべき重箱の隅が見いだせなくて困る、ということでしょうか。
政権構想で数百ページの論文読まされても迷惑なので朝日新聞の社説と違って簡潔で明瞭な(マトモな人々にとっては)内容に朝日の探すような”重箱の隅”があるとは思えませんし、今後もっとも重要なのはこの公約をいかに歪められずに推進していくか、それに対して誰が妨害するか自民党内も含めてあぶり出される勢力を国民が注視し続けることでしょう。国民の意思が次回以降の選挙で力強く反映されることを切望します。
2006/09/03(日) 12:26:48 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
どんなに変節しても、日本に害をなすという点だけは全く変わらない集団。
2006/09/03(日) 13:12:42 | URL | アスラン #EBUSheBA[ 編集]
サヨクの落日をひしひしと感じているんでしょうね。
 安部政権の仕事は小泉改革路線の安定化と、吉田ドクトリンが通用しなくなった世界での新しいドクトリン構築でしょう。憲法改正も教育改革もその線に沿ったものです。安部さんは何をすべきか理解して簡潔にまとめることが出来るから4ページ。出来ない場合は長ったらしい言葉で誤魔化すものです。この点で安部さんが後言い参謀とスタッフを揃えられたら後は万全でしょうね。
 アカヒとしては言葉の枝葉で揚げ足すら取れないからこういう記事になるんでしょうね。
 もはやかつての吉田ドクトリンの世界観では対応できない。特亜対策も同じ。
 冷戦崩壊と共にサヨクの根幹にある思想がガラクタになった事を未だに認めたくないんでしょうね。後に残ったのは根拠のない優越感にしがみつき続けて腐朽した精神だけ。変節する体力すらなくしているんでしょう。
 このまま腐朽していってください。もう日本にあんたらサヨクマスゴミは不要だ。
2006/09/03(日) 14:14:59 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
いつまでも引きこもっていたい
総裁選にあたり、安倍さんは「戦後レジーム」からの脱却を宣言した。考えてみれば戦後の負の遺産、靖国や歴史認識、慰安婦、新憲法の成立経緯、9条問題その他はすべて「戦後レジーム」の括りの中で生まれてきた。
「戦後レジーム」は変化する世界の中で明らかに制度疲労をきたしている。「戦後レジーム」の成立に何の関係も無い支那や癇国が日本の「戦後レジーム」をつつく事で最大の利益を上げてきたように、朝日はいつまでも「戦後レジーム」に引きこもっていたい、ということなんですネ。
2006/09/03(日) 14:40:35 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
さすが朝日が朝鮮日報日本支社だと言われるゆえんが分かったような気がします。
それにしてもこんな新聞が何百万部も発行されていることが不思議で成りません。国民の皆様そろそろ目を覚ましてくださいと言いたいです。
2006/09/03(日) 16:38:43 | URL | koji310 #-[ 編集]
朝日新聞は生き残れるのか?を自問する段階では!
>戦後体制という前に、戦前の歴史をどう見るかをまず聞きたい

まぁ、その前に、朝日新聞が戦前の朝日の報道をどう見ているかを聞きたいね・・・朝日さん!小泉さんであろうと、安倍さんであろうと己の言葉で己を語っているんだろう・・・安倍氏等のことで軽口を叩くのもいいが、たまには朝日新聞が今後も日本の報道機関として生き残れるのか?どうかをじっくり自問されたら!朝日にとってはもう最終段階じゃないの!!
2006/09/03(日) 17:06:56 | URL | 平凡な一国民 #-[ 編集]
>安倍氏にただしたいことは山ほどある。

私達は、朝日新聞にただしたいことが山ほどあるのだが・・・

キ印どもは聞く耳持たないでしょうね(笑)
2006/09/03(日) 18:28:20 | URL | ドスタム将軍 #-[ 編集]
若宮が書いたんですかね
 今晩は。
 これ若宮啓文(1970年入社)が書いたんですかね。近隣諸国条項なんて早く廃棄すべき。兎に角、朝日は1970年代から急激におかしくなっている。加藤千洋工作員もこの辺りで入社しています。彼ら、典型的な団塊の世代。
2006/09/03(日) 18:59:56 | URL | 茶絽主 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。

>chonchonさん

チョーセンには呆韓・笑韓でいられるが朝日は放置できない。-

そうですね。朝日な許せない。

>嫌!さん

謝罪してきた政府の歴史認識?て「村山」の個人的な談話だぜ、「俺止めた」で終わりだよ。-

そんな感じで軽くポイして欲しいですね。

>西瓜男さん

小学生が書いたなら添削指導も出来ましょうが、相手が半ば耄碌してる左旋回頭では措置無しですな。-

わはは・・カチコチ頭に何言ってもダメか・・だったら潰れてもらいましょうかね(笑)。

>基準点さん

今の心配は、本当に正しいことを言ったらどう反応すればいいのか?です。-

うーむ・・どうしよう(笑)。まあ、朝日がマトモなことを言い出すとは考え難いですが・・

>ヴェントゥーさん

朝日が心配することを全部やるが吉-

間違いないですね。

>OHPさん

朝日=日刊現代ですね-

殆ど変わらんレベルですね。

>bulldogさん

朝日一人が浮き上がって、跳ね返っているのがよく見えますな。-

こいつが居なかったら、いろんなことがスッキリしそうな気がします。

>いっくんさん

朝日新聞はいつまで戦後を引きづるおつもりか?-

ぶっ潰されるまで、じゃないでしょうか(笑)。

>日本大好きさん

それに対して誰が妨害するか自民党内も含めてあぶり出される勢力を国民が注視し続けることでしょう-

ええ、ウチのブログでもあぶりだされてきたのをピックアップして参ります。

>アスランさん

どんなに変節しても、日本に害をなすという点だけは全く変わらない集団-

これが困ったモンですね。

>暇人さん

安部さんは何をすべきか理解して簡潔にまとめることが出来るから4ページ。-

逆に言えばそういうことですよね。こんなのケチつけてたらきりがない。

>光源氏さん

朝日はいつまでも「戦後レジーム」に引きこもっていたい、ということなんですネ。-

いわば自分で作ったお城ですもんね。まあ、こっちとしては、それが何?って感じですが(笑)。

>koji310さん

それにしてもこんな新聞が何百万部も発行されていることが不思議で成りません-

惰性でしょうね。まあ、かなり部数が落ちてるという話なので、このまま行けば、そのうち不思議ではないレベルまで落ちていくことでしょう。

>平凡な一国民さん

まぁ、その前に、朝日新聞が戦前の朝日の報道をどう見ているかを聞きたいね-

ホントですね。で、徹底的に自己批判をして毎年毎年『謝罪談話』でも出してりゃいい。

>ドスタム将軍さん

私達は、朝日新聞にただしたいことが山ほどあるのだが・・・-

ええ、かなり沢山の声があがっているのですが、朝日は答えてくれないなあ。

>茶絽主さん

若宮といい加藤といい・・彼らが引退すれば、朝日は変わるんでしょうか・・

2006/09/03(日) 20:46:06 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
それまで40年近く読み続けていた朝日新聞に嫌気が差し、読売新聞に変えて6年ほどになります。
本日の読売新聞コラム『地球を読む』に掲載された岡崎久彦氏の文章に「わが意を得たり!」と膝を打ちました。
朝日の購読をやめて正解でした。
2006/09/03(日) 22:54:50 | URL | バーレナン #qQe0QBq2[ 編集]
謝る事と以後何も言いませんよとひれ伏す事は全く違うわけですが、嘘ついてまで謝罪と賠償求めてんじゃねーとおしかり記事くらい書かないと説得力ないですな、特にアサピーは。
2006/09/04(月) 19:58:55 | URL | どうもどうも #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
平成15年12月20日、国税庁長官に対して請願書を送付した。 国税庁長官寺沢辰麿
2006/09/03(日) 10:25:11 | 不動産鑑定士半兵衛の権力との闘い
安倍氏が正式出馬表明 自民総裁選 :産経 ?  安倍晋三官房長官は1日午後、広島市内で記者会見し、自民党総裁選出馬を正式に表明するとともに、「美しい国、日本。」と題する政権構想を発表した。 政権構想では、21世紀にふさわしい新たな憲法制定を打ち出し、(1)世
2006/09/03(日) 12:29:47 | アジアの真実
 安倍晋三官房長官が9月1日に総裁選へ立候補して、この選挙運動も最終局面へ入った。安倍氏の公約詳細は、同氏のHPに詳しく掲載されている。http://www3.s-abe.or.jp/ 以下、時事通信の記事(9/1)から要約。 安倍晋三官房長官(51)は1日夕、広島市内のホテルで
2006/09/03(日) 18:41:43 | 陸奥月旦抄
 大阪、京都と乱脈同和行政の実態が明らかとされてきていますが、関西(東海地方というのが正確かも)にはもう一つ知られざる解同王国が存在します。それは三重県です。 三重県が問題になるようになったのはそんなに
2006/09/03(日) 21:44:49 | なめ猫♪
1970年代、朝日新聞は中国に偏向していた(((゜д゜;)))。それは当時の社長の価値観に起因していた(((゜д゜;)))。当時の朝日新聞社長・広岡知男氏は、常軌を逸するほどに中国LOVEの盲目状態に陥り、なんと「たとえ事実でも中国に都合の悪いことは書くな」という社長
2006/09/03(日) 22:27:57 | 諸君!正論なき主張
  前回までの記事を読んでいただければ、外国人労働者を受け容れることは相当危険であり、彼らの流入を阻止するには「防波堤」を作るしかないというのが、外国人労働者問題に対するこのブログの見解ということになります。  しかし、最大の難問は、「現に外国人労働者を
2006/09/04(月) 01:01:38 | 日々是勉強
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。