管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
杉浦正建新法務大臣 『初日にやっちゃった・・』
 昨日、第3次小泉改造内閣が発足し、1つ前のエントリーで気になる重要閣僚の面々を簡単に紹介しました。最後に紹介した杉浦正建法相について、明治以降の日本の歴史観がいわゆる『司馬史観』に近い人物であると書きましたが、再度杉浦氏のHPを見て、ゴリゴリの近代日本悪玉論の持ち主であると訂正しておきます。今日のエントリーは2回に分けて、杉浦氏について書いていきたいと思います。

 新法相に選ばれた杉浦氏ですが、就任初日に何かやらかしてしまったようです。こちらのニュースをご覧下さい。(asahi comから以下引用)

「死刑執行のサインせぬ」と発言、すぐに撤回 杉浦法相

2005年11月01日02時12分

 杉浦正健法相は31日、就任後の記者会見で、死刑執行について「(命令書には)サインしない」と表明した。しかし、その約1時間後、「発言は個人としての心情を吐露したもので、法相の職務の執行について述べたものではない」と、発言を事実上撤回するコメントを発表した。法務省側は「サインをしたくないという趣旨だった」と説明。明確にNOを宣言した直後の「変心」に、関係者は振り回された。

 法相は会見で「哲学、宗教、生命に対する考え方はいろいろある」と述べたうえで、トルコが04年に欧州連合(EU)加盟にむけて死刑制度を廃止したことなどに触れながら、「文明論的に言えば、方向としては長いスパンをとれば(死刑制度は)廃止の方向に向かうと思う」と述べた。その理由として「私の心の問題。宗教観や哲学の問題だ」と語った。

 杉浦法相は弁護士出身。

 数々の死刑事件の弁護を担ってきた安田好弘弁護士は、杉浦氏の会見内容を聞いて「大変重い発言だ。死刑廃止が広まっている国際的な状況や、これからは人道主義が社会の基幹になるべきだという観点より、心から歓迎したい」と語った。

 一方、地下鉄サリン事件の遺族、高橋シズヱさんは「大臣の考えには遺族の一人として納得できない」と憤った。

 松本サリン事件の被害者、河野義行さんは死刑そのものには反対の立場だが、法相発言には違和感を感じた。「『自分はサインしない。後任の大臣はどうぞ』というのは法相としての職務放棄にも聞こえる。そこまで言うなら、法律を変えて死刑を廃止するべきだ」と指摘した。
 ところが、会見の約1時間後の1日未明になって法相は、「発言は個人としての心情を吐露したもので、法の番人としての法務大臣の職務の執行について述べたものではなく、その点について誤解を与えたとすれば遺憾ですので訂正いたします」とするコメントを発表した。

 死刑廃止議員連盟の保坂展人衆院議員は「法務省が不意をつかれてばたばたしたのだろう。発言を撤回したとしても、死刑に関する調査会を設置する法案の議員立法には追い風になる」と話した。

 死刑執行をめぐっては、90年から約1年間、海部内閣の法相だった左藤恵氏が、浄土真宗の住職という立場から、署名を拒否した。その後に就任した後藤田正晴氏が「法相が個人的な思想・心情・宗教観でやらないなら、はじめから大臣に就任することが間違いだと思う」と批判したことがある。

 確定囚は10月28日現在で77人。最近は年間で数人のの死刑が執行されている。



 死刑の是非については、ここで詳しく論じるつもりはありませんが、日本には死刑制度が厳然として存在し、法務大臣は執行のサインをしなければならない大変な職であると思います。しかし、松本サリン事件の冤罪被害者である河野氏が言及している通り、死刑に反対するのなら、先ず法律を変えるべきであり、死刑という制度がある以上、所轄大臣はその責任を負わなければなりません。

 『サインをするのは嫌だ』・・そんなの誰でも嫌に決まってます。嫌であれば法務大臣の職を受けなければ良いのです。それに、死刑制度廃止に向けて確信犯的にサインをしないと言ったのなら、すぐに撤回などしないはず。混乱を招いただけで、杉浦氏の行動は無責任だと言われても仕様が無い。

 ものすごく無責任に見える杉浦氏ですが、どうしてこういう行動を取ってしまったのでしょうか。それにはいくつかのキーワードが挙げられます。『昭和9年生まれ』『心情左翼』『田原総一郎』と、こんなところでしょうか。もうこれらのキーワードを見ただけでピンときた方も多い(笑)かもしれませんが、次のエントリーで杉浦氏の生きてきた時代、考え方の形成の過程を追いながら分析していきたいと思います。

 では、また後ほど。

 

banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:人権擁護法案 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
行政は司法を超える存在か?
杉浦新法務大臣が 「自分は死刑の執行にサインしない」 と発言したのは、「行政は司法を超える超司法的存在である」 と発言したのと同じであり、トンデモナイ発言です。さすがに取り消したようですが、この法務大臣かなり心配。
2005/11/01(火) 11:14:12 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
TBありがとうございます。
> 管理人様

本当に信じられないくらいばかげた発言です。上の日本国民さんご指摘の通りですね。

こちらからもTBいたします。
2005/11/01(火) 12:27:02 | URL | tenjin95 #-[ 編集]
いつも閲覧いただきありがとうございます。
杉浦法相・・サインしないとは・・とほほ。
さすが昭和一ケタ。
2005/11/01(火) 16:09:45 | URL | SAKAKI #-[ 編集]
ご訪問ありがとうございます
>日本国民さん
ちょっと信じられない発言ですよね(笑)。早速、反日の人達に目をつけられてるようですし。心配だなあ。

>tenjin95さん
コメントありがとうございます。
この人『ヤバイ』ですから、どんんどん広めちゃいましょう。

>SAKAKIさん
こちらこそ、閲覧頂きありがとうございます。昭和1桁の人達はある意味でかわいそうな境遇だったことは理解しますが、この人は別格です。



2005/11/01(火) 18:19:36 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「死刑執行のサインせぬ」と発言、すぐに撤回 杉浦法相 (朝日新聞) - goo ニュース第3次小泉内閣で、法務大臣に就いた杉浦正健氏が死刑執行書に「私は署名しない」というような素朴な感情を吐露できてしまう不見識に拙僧は信じられない思いがいたします。いつからこの国は
2005/11/01(火) 12:27:24 | つらつら日暮らし
今回の組閣はサプライズ無しでした。 けれど、町村外相は閣外へ、ジェンフリフェミナチの猪口邦子が新設の日本に取って有害なポストに。 ちょっと危なそうな鞭蠅??い掘¬鞠修慮?銃醋遒鬟妊蝓璽函+どうなる?小泉大惨事改造内閣・・・・。
2005/11/01(火) 12:27:51 | 三輪のレッドアラート!
死刑廃止論に反対する 近頃少しおさまったようであるが、死刑廃止の声がある。 「国家が、人間の基本的な権利である生命を奪うことは許されない。」というのが、その主張の趣旨であるようだ。 しかしながら、「何の罪もない者が無残に殺されたにもかかわらず、そ
2005/11/01(火) 12:41:04 | 釣りキチおやじの言いたい放題
今回ほど注目度の高い内閣改造は、未だかつてなかったのではないか。理由は、ポスト小泉を占うポイントととなる改造であるからだ。福田康夫、麻生太郎、谷垣貞一、安倍晋三、ポスト小泉候補と言われる4氏がどのように処遇されるのか?改革路線を加速するために、どういう布
2005/11/01(火) 12:55:24 | 依存症の独り言
■安倍・官房、猪口・男女共同参画相…小泉改造内閣 安倍官房長官キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! 「内政で経験を積んでもらうために厚生労働大臣あたりでは?」という予想もあったようですけどね。  外相の方がいいのでは?という方もおられるでし
2005/11/01(火) 14:21:04 | ぼやきくっくり
注目の内閣改造が行われ、ポスト小泉の焦点の人たちが入閣した。新閣僚について、31日付産経新聞に依ると、まず安倍晋三氏は官房長官(新)、続いて麻生太郎氏は外務大臣(横滑り)、谷垣禎一氏は財務大臣(留任)、もう1人取りざたされていた「福田康夫氏」は閣僚からも
2005/11/01(火) 15:39:17 | 時評親爺
わくわくしながら待っていました。朝日の社説。昨日、麻生外相に「ポスト小泉レースでのライバルは誰ですか?」と聞いて、「マスコミ」と答えられたのが相当頭にきたようですね。毎日は冷静に分析をしていますが、党三役人事に派閥を持ち出しているあたりがちょっと甘いと感
2005/11/01(火) 15:39:50 | ニッポンのこれから
朝日新聞さっそく個人攻撃「靖国問題、追悼施設建設で解決するのか」麻生外相2005年11月01日01時22分 麻生外相は31日夜、外務省での就任会見で、外相在任中の靖国神社参拝について「基本的には、個人的な信条と国としての(立場)というのは必ずしも一致するとは限らない
2005/11/01(火) 17:08:41 | マスコミが伝えない 韓国
前原代表:新内閣を一転批判、前日の「エール」を軌道修正民主党の前原誠司代表は1日の常任幹事会で、新内閣について「昨日エールを送ったが、さまざまな問題がある。衆院選で勝った数のおごりが表れている」と批判。「期待を込めてエールを送りたい」との前日の発言を....
2005/11/02(水) 00:56:30 | avalon◆keiko's Blog◆
とりあえず、この水色のババアなんとかならんのか? で、早くもこの生臭坊主が・・・...
2005/11/02(水) 03:38:08 | Let's blow!毒吐き@てっく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。