管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻生氏の靖国私見について
 昨日、麻生太郎氏が発表した靖国神社についての私見。みなさまご覧になったでしょうか。『靖国に弥栄(いやさか)あれ(麻生太郎オフィシャルサイト)』と題された麻生氏の私見は、多くのマスコミによって取り上げられ、いくつかの新聞社は社説にて言及しております。今回のエントリーでは、その中から産経新聞の社説を紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(sankei webから以下引用)


【主張】靖国麻生私案 神社ではなくなる懸念も

 麻生太郎外相は靖国神社問題に関する私見を発表した。靖国神社を非宗教法人化したうえで、実質的に国が管理するという提案だ。

 昭和40年代、自民党は今回の麻生氏と同じような「靖国神社法案」を国会に何度も提出した。同法案も宗教法人の靖国神社を解散し、特殊法人として国が管理するというものだった。

 当時は、日本遺族会を中心に、「靖国神社国家護持」の方式が提唱された。靖国神社が国営化されれば、将来にわたって靖国神社の財政が安定するという期待もあった

 しかし、憲法の政教分離規定との関係をめぐって、内閣法制局と自民党との調整が難航したうえ、「靖国神社が神社でなくなれば、伝統が断絶してしまわないか」「世俗的な施設に堕してしまわないか」といった疑問も提起され、最終的には昭和49年の国会で廃案になった経緯がある。

 麻生私案も、同じような問題を含んでいるように思われる。慰霊は宗教と切っても切れない関係にあり、靖国神社から神道色をすべて取り払ってしまったら、神社ではなくなるのではないかという根幹の疑問だ。

 超党派のグループは、靖国神社と別の場所に無宗教の国立追悼施設をつくることを目指している。麻生氏は「靖国神社に代替施設はあり得ない」としているが、麻生私案も靖国神社自体を無宗教の国立追悼施設に変えてしまうことにならないか、懸念が残る。

 靖国神社の非宗教法人化は自民党の中川秀直政調会長や古賀誠元幹事長らも提唱している。9月の自民党総裁選に向け、靖国問題を争点化しようとする動きには、さらに警戒が必要だ。

 また麻生私案は、慰霊対象について、いわゆる「A級戦犯」分祀(ぶんし)の是非も含めて国会で議論すべきだとしている。直接、靖国神社に「A級戦犯」分祀を求める他の政治家の主張に比べると、民主的なプロセスを踏むように見えるが、それで国論が割れれば、どこの誰が喜ぶだろうか。結果的に「A級戦犯」分祀論につながりかねない

 そもそも、戦没者の慰霊は日本人の心の問題であり、その象徴的な存在である靖国神社は日本の精神文化でもある。政治や外交の論議を超えた静かな追悼の場であり続けてほしい


 はい。産経が指摘している問題点は、政教分離にからんで神社ではなくなってしまう、いわゆる『A級戦犯』の分祀に繋がるのではないか、ということ。私も同じことを懸念します。麻生氏の本意は違うとは思いますが、周りがこういった流れに持って行こうとするでしょう。

 麻生氏は私見の冒頭で『特定の人物を挙げ、「分祀」の必要を言う人があります。国会議員にそれを主張する人が少なくありません。わたしに言わせれば、これは根や幹から問題を見ようとしない、倒錯した発想によるものです』としていますので、いわゆる『A級戦犯』を名指しして分祀論を展開しているわけではない。

 が、多くのマスコミは『A級戦犯の分祀に道を開いた』という書き方をしています。今後もこういった書き方をされるでしょうし、『A級戦犯を分祀しろ!』という主張も山ほどでるでしょう。で、こういった論調がそのまま国会に持ち込まれるのは間違いない。

 慰霊の方法(祭式)についても、『私人か公人か』などという議論から遠ざけるために非宗教法人化する・・というのが麻生氏の趣旨だと思いますが、朝日などはさっそく『国が関与するには、政教分離の原則から宗教色をぬぐい去らねばならない(asahi.com)』と社説で書いている。

 麻生氏は『宗教法人から特殊法人へという変化に実質をもたせるため祭式を非宗教的・伝統的なものにする・これは実質上、靖国神社が「招魂社」といった本来の姿に回帰すること』としています。つまり非宗教的とは言うものの、どんな祭式かと問われれば、神道に極めて近い(?)ものを想定していると思われます。

 しかし、朝日をはじめ『宗教色をぬぐい去れ!』と言い立てるマスコミや政治家が続出するでしょうから、特殊法人化への議論の中で、神道色が薄められ、神道はもちろん伝統的とも言えないような形にされてしまうんじゃないか?と私は心配します。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
 うーん、難しい問題ですね。私もこの麻生案について考えているのですが、いまのところはこの案には反対です。無宗教の神社というのはいかがなものか。そこには御霊の存在も感じられず、無機質な印象しかありません。我々日本人の慣習として、人生の中の節目の折々には神社に参詣して、家内安全、無病息災を祈願します。私は仏教徒ですが、やはり神社への参詣は欠かしませんし、仏教徒でありながら神社に参詣することに何の抵抗もありませんまた矛盾も感じません。このことは、子供のころからの習慣ですから、神社への参詣が宗教上の行為という認識を超えて、自身の血となり肉となっているのでしょう。日本人であれば、程度の差はあれ私と同じような態度と認識をお持ちの方が大多数だと思います。とはいえ、神社参詣という行為は神道の延長線上にあり、やはり宗教的な行為だと考えざるを得ません。したがって無宗教性の神社などあり得ないのではないかと思います。それよりもなによりも、やれ参拝停止だ、やれA級戦犯の分祀だという議論をする前に、「何ゆえこのような下らない議論をしなければならないのか」をもう一度考えて見る必要があるのではないでしょうか。そもそもこの問題は旧社会党、共産党、日教組、ある種の労働組合といった反日左翼が彼らの権力闘争の単なる手段であったものが、朝日新聞がシナ、韓国の政治的外圧を巻き込んで、国際政治問題、外交問題にまで発展させたものです。日本政府ならびに国民は、靖国に対する批判、それが外国からのものにせよ、国内反日勢力からのものにせよ、一切無視して参拝を続けるべきです。いちいち話を聞いて議論するから相手の土俵に乗ってしまうことになるのです。
2006/08/09(水) 21:11:27 | URL | bulldog #-[ 編集]
筑紫も朝日新聞も、あともう少しで日本国を中国人朝鮮人のパラダイスにする計画が完成するところだったのに、残念。
ていうか、靖国も南京も慰安婦も、当事国は何も言わないのに、「朝日新聞関係が根拠がないのに取り上げて、火をつけ風を送って大火事にして国を損傷させることをした」ことに、数年前にはじめて知った私は衝撃を受けた。
そのころ日韓W杯で、なんとスポンサーは朝日新聞、それで韓国八百長試合誰も指摘せず。はじめて言及した飯島愛は功労者なのに、逆に攻撃される始末。
恐ろしやマスコミ、さすが大本営発表で大勢の人の命奪っただけのことはある。

靖国の分祀問題はこのマスコミの免許制度(多チャンネル化による自由化など)の改革といっしょにするべきだ。
2006/08/09(水) 22:44:59 | URL | monkeypunch #-[ 編集]
この一言に尽きる
「いつものことだ。反発するほうがおかしい」
今月4日、小泉首相の言葉。
神道の本質を理解してないだけならまだしも、確信犯に対して、神道というのは云々説明しても馬の耳に祝詞ですよね。

麻生氏の案での第一条件としては、靖国神社自身が宗教法人を解散しなければいけないので、まず通らない話でしょう。
2006/08/09(水) 23:25:04 | URL | fen #7XaZTY2Y[ 編集]
もしこれから100年の日本人が賢明なら招魂者は日本人のDNAに基づいた神道的なものに回帰して行くでしょう。しかし今は売国的なものが国民をケイモウしようとする僭越を許す危うさを感じざるを得ません。
2006/08/09(水) 23:53:05 | URL | chonchon #-[ 編集]
神道は宗教か?
ほんとに厄介ですね。なんでことほど左様に神道を目の敵にする輩が多いのでしょう。神道は宗教なんていう堕落した概念ではありません。自由で人を謙虚にする殆ど倫理に近いものです。エホバも、アラーも八百万の神の一人に過ぎないからいいのです。さんまの頭と一緒だから良いのです。
豊田有恒さんが言ってました。日本人の本質は神道にあるってね。そのとおりだと思います。そんなに神道に傾倒するかもしれない日本が心配なら、神道が何者か知らしめるべきでしょう。民主主義よりも、3大宗教よりも、何よりも公平で、善良で、感謝する心を要求するものだということに気づくでしょう。先の大戦に関わった日本が神道のせいだと思うのなら、それは神道と真実の歴史を東京裁判のせいで、まちがって認識していると自覚すべきです。
私が生まれてこの方経験した神道の匂いは、全く攻撃的なものではありませんでした。きっとみなさんもそうなはずです。
2006/08/10(木) 01:10:07 | URL | NOBU #-[ 編集]
この様な提案が元で、靖国神社が解散し、その形態が
政治によって左右される事態になったら、それこそ
政治が宗教に介入したことになるじゃないですか。
外国が圧力を掛ければ、政府は国内の宗教団体を
どうにでも出来る、悪しき前例になるだけ。結局は
政治家が靖国参拝を止めるのと同じこと。

それから、麻生さんが「A級戦犯」を議論させようとするのは、
突き詰めれば、なぜA級はNGでBC級なら
OKなのか?
という意見が必ず出て、「分祀」自体がいかにナンセンスか
ってな結論に行き着くのを期待してるんじゃないか
などと妄想してみる。
2006/08/10(木) 01:18:59 | URL | 徒然 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。

>bulldogさん

私は国の管理に戻るということ自体には反対しないのですが、今はダメだと思ってます。

bulldogさんが仰るように、有象無象が妙な騒ぎ方をしている間は、決して『あり方』をいじってはいけないと思います。

>monkeypunchさん

恐ろしやマスコミ、さすが大本営発表で大勢の人の命奪っただけのことはある。-

ホント、やっかいな存在です。どうにかならんもんか・・

>fenさん

麻生氏の案での第一条件としては、靖国神社自身が宗教法人を解散しなければいけないので、まず通らない話でしょう。-

国会での議論がどういう方向に行くかが容易に想像できる以上、今の段階では靖国はウンと言わないでしょうね。

>chonchonさん

しかし今は売国的なものが国民をケイモウしようとする僭越を許す危うさを感じざるを得ません。-

そうですね。麻生さん的には、マスコミやマスコミに同調する政治家を抑えられると思ってるのかもしれないけれど・・ちょっと危うい。

>NOBUさん

豊田有恒さんが言ってました。日本人の本質は神道にあるってね。そのとおりだと思います。-

これをすんなり受け入れられる土壌というものが、今の日本には無いというか何というか・・

>徒然さん

「分祀」自体がいかにナンセンスかってな結論に行き着くのを期待してるんじゃないかなどと妄想してみる。-

こういった思惑はあるでしょうね。国会で議論するならば、赦免決議などの話からは逃れられませんから。

そして慰霊の対象となる基準の議論をする中で、今までの合祀の正当性を再確認するという持って行き方もあるわけで。
2006/08/10(木) 07:28:36 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
本来の形とは
麻生は、記者会見で靖国本来のあり方についてあれこれ言及している。以下は私の案で実際にやるのはウルトラD級なんだけれど、本来のあり方として考えてみた。
靖国が戦死者と天皇陛下の間の「ここで鎮魂する」という約束の地であるのなら、いっそのこと天皇家に神社ごと献上してもらって、維持費を内廷費と云うことで予算化してしまうのはどうだろうか。
天皇家の私的なまつりごとの施設なので、形式はもちろん神道で、だれも文句をつけることはできないと思う。できれば新嘗祭などにならぶ祭祀をしていただきたい。当然、だれかが天皇に向かってだれを祭るべきでないなど言うことは許されない。
2006/08/10(木) 08:13:51 | URL | たぷたぷ #9Fbuz8w6[ 編集]
政治やマスコミが靖国神社に対し何かをしろというのはよく考えてみると大変おかしな話です。宗教というものは理屈ではないのだから靖国神社が祀るといえば戦犯とされた人も祀るのです。総理が行くのが気に入らなかったらそのことのみを論ずるべきで、政治の都合で神社のあり方までを変えろなどというのは宗教弾圧です。他の宗教は一緒になって靖国神社に対して注文をつけるのではなく、宗教の危機として我がことと考えることは出来ないのでしょうか?
2006/08/10(木) 09:17:40 | URL | ころ #-[ 編集]
麻生さんの意見、なかなか思慮深いものと思います。
しかし、「厳格な政教分離」なるものを謳う現憲法の元ではこの案は無理ですね。この案を強行すれば、靖国神社とは全く別の「戦没者追悼施設」ができてしまいます。私はそんな所に行きたくはありません。
本来、欧州が起源の政教分離という概念は「宗教が政治に干渉してはならない」ことですから、イギリスが英国国教会の儀式で戦死者を祀るように、日本が神道の儀式で戦死者を祀るのは何もおかしくないのですが。外国では「靖国神社と政教分離の関係」が良く分からない人も多いのではないでしょうか。
2006/08/10(木) 16:18:58 | URL | おやじ #kcN02UG2[ 編集]
靖国は「靖国」であることが重要なのであって、靖国が「神社」であることは重要ではないと思うのですが。それとも靖国が「神社」でなくなると「靖国」でなくなるのでしょうか?
2006/08/11(金) 02:00:41 | URL | 刻廉 #-[ 編集]
靖国「神社」は明治以来の日本の伝統であり、占領軍すら潰すべきではないと判断したものです。なぜ、今日になって潰さねばならないのでしょうか。
靖国神社を潰す根拠が、靖国神社に手をつけなかった占領軍が作った日本国憲法だとすれば、60年経って占領軍の中のラディカルリベラリストが仕掛けた爆弾が炸裂したことになりますかね。
2006/08/11(金) 18:11:52 | URL | おやじ #kcN02UG2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 靖国の「麻生外相私案」が、やはり話題になっている模様ですね。 山拓が無理と言い(笑)、小泉は私見を述べるのを避け、谷垣は賛成。当の靖国神社サイドは……そりゃ軽々しく言えませんが、感触的には6回目の流局でしょうか。 ・靖国神社:麻生外相私案にコメントせず...
2006/08/09(水) 21:23:35 |  ◆ ケシクズ ◆
麻生太郎外務大臣が先頃朝日新聞紙上で、靖国神社の非宗教法人化という意見を述べられました。また自身のサイトにも靖国に弥栄あれという題で意見を載せておられます。前半の靖国神社に対する考えは概ね同意です。特に”(2)
2006/08/09(水) 21:30:33 | 近衛読書中隊
 もはや安部官房長官の独走状態が止められない自民党後継総裁争い。そんな中、候補者の一人である麻生外相が「靖国問題」に対しての見解を昨日発表したのだが・・・麻生外相が靖国改革で見解、自主解散し特殊法人に 9月の
2006/08/09(水) 21:51:43 | ステイメンの雑記帖
  次の首相候補を決定する自民党総裁選に絡み靖国問題が世間をにぎわせていますが、どうも議論が問題の本質からずれまくっているように思います。 中国がわが国を明確に狙っていることはこれまでの彼らの行動を見ると誰でもわ
2006/08/09(水) 22:39:17 | なめ猫♪
麻生外相が靖国改革で見解、自主解散し特殊法人に(読売新聞 8/9)見解は、「靖国神社の代替施設はあり得ない」とした上で、「靖国神社を可能な限り政治から遠ざけ、静ひつな祈りの場所として、未来永劫(えいごう)たもってい
2006/08/10(木) 03:27:36 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
 昔は夏になると映画・TV・演劇・寄席などでは決まって”怪談物”を出し物にして”
2006/08/10(木) 21:54:56 | Empire of the Sun太陽の帝国
★ 合祀基準富田メモ以来・・あまり報じられてないが・・とどめておくべき情報がある。東京新聞から引用する↓1944年7月15日付で「陸軍大臣東条英機」名で出された、靖国神社合祀基準を通達した陸軍秘密文書
2006/08/11(金) 19:18:23 | 浦安タウンのオモシロ経済学
昨夜、会社を経営している友人と会って久々に寿司を食べた。このブログもいつも読んでくれていて、メールなどで独自の観点から意見を言ってきてくれる。活きのいいマグロに舌鼓を打ちながら天下国家を論じていた中で、彼がふいにこう言った。
2006/08/12(土) 22:36:54 | 八田修一・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。