管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の安全より中韓への配慮!?
 北朝鮮のミサイル発射によって、浮上してきた安全保障面での不安。日本にはミサイルで攻撃されても防ぐ手立てがない・・ということで、ここ数日、ミサイル迎撃システムの前倒し導入、そしてミサイル基地攻撃能力の保持について、何人かの政治家が言及しました。

 前回のエントリーで、後者について過剰反応し、大反発していた韓国の朝鮮日報の社説を紹介しましたが、日本のマスコミからはこんな声があがっております。こちらをご覧下さい。(河北新報から以下引用)

敵基地攻撃能力/過熱せずに冷静な議論を

北朝鮮の弾道ミサイル連続発射を受けて、自衛隊に敵基地攻撃能力の必要性を指摘した額賀福志郎防衛庁長官の発言が内外に波紋を広げている。

 政府、与野党幹部の反応は肯定、慎重、否定とさまざまだが、安倍晋三官房長官や麻生太郎外相、自民党の武部勤幹事長らは積極的に検討を進める考えを明らかにしている。

 国際緊張が極めて高い今、前のめりの発言は危険だ。特に、日本が先制攻撃を模索し始めたといったような、誤ったメッセージが海外に受け取られることは避けなければならない。

 北朝鮮に対する日本国民の不信感、憤りは拉致事件をめぐってかつてなく強い。そこにミサイル連続発射だ。

 北朝鮮は日本のほぼ全域を射程に収める中距離弾道ミサイル「ノドン」を200発程度配備しているとされる。「何をするか分からない」という不安感は国民の間に広がっている。

 しかしそのような時だからこそ、冷静に対処したい。北朝鮮の挑発に乗ってはなるまい。防衛の在り方については、過熱することなく、あくまでも冷静に考えていくべきだ

 もし敵国から攻撃されたらどうするかという問題は、平和憲法と深くかかわる。日本が選択した道は日米安保の下、専守防衛を基本とすることだ。敵国を攻撃することを目的とした軍備は持たず、万一の場合は米軍に期待する体制でやってきた。

 ただし、敵基地への攻撃は自衛の範囲内として、憲法上も可能とするのが政府見解だ。

 鳩山一郎首相当時の1956年、政府は「他に手段がないと認められる限り、誘導弾などの基地をたたくことは、法理的には自衛の範囲に含まれ、可能である」と答弁。2003年には石破茂防衛庁長官(当時)が可能との認識を示している。

 一方、武力攻撃の恐れがあると推量されるだけで他国を攻撃する、いわゆる先制攻撃は許されないとしてきた。

 敵国のミサイル攻撃に対しては、米国と協力したミサイル防衛(MD)システムの早期構築を加速させる方針だが、迎撃能力がどの程度あるかは未知数だ。飛距離の短いミサイルの場合は迎撃は困難ともされる

 北朝鮮によるミサイル発射を受けて、敵基地攻撃能力の保有論が大きく浮上したのは、これまでの姿勢のままでいいのか、という危機意識の表れにほかならない。小泉政権による自衛隊のイラクなどへの海外派遣、憲法改正論議の流れなどとも関係しているだろう。

 しかし、あらためて考えたい。日本は戦後60年、他国を攻撃できる軍備を持たないことで、アジア諸国の信頼を得てきたのではなかったか。攻撃能力を持つことは、基本姿勢の大転換を意味する。

 とりわけ韓国、中国との関係が小泉純一郎首相の靖国神社参拝で冷え切っている現在、北東アジアの緊張を一気に高めることにつながる。

 何よりもまず、韓国、中国との緊張関係をときほぐすことから始めるべきではないのか


 うーむ・・一見して敵基地攻撃能力の保持に理解を示しているように見えますが、最後に『韓国、中国との緊張関係をときほぐすことから始めるべき』ってこれ、もの凄ーーく長い道のりになりそうですね。この『まず始めるべきこと』をクリアするのに軽く100年以上はかかりそうです。

 その緊張関係をときほぐす方法として、おそらく靖国参拝をやめろと言いたいのでしょうが、靖国参拝をやめたとしても、さらに言えばどんな配慮をしても、中韓は日本の攻撃能力の保持に賛成しない。断言しても良い。彼らは日本が普通の国になって欲しくないのだ。

 そもそも、この敵基地攻撃能力の保持云々は、わが国の自衛の話であり、ミサイルをぶっ放すキ○ガイに対応するためであって中韓は関係ない。日本は専守防衛の国とはいえ、ミサイルを迎撃することが現実的に難しく、撃たれたら被害を受けてしまうことが明らかになっている以上、自衛のために攻撃能力を持つのは当然だ。

 日本が攻撃能力を持つことに反対する、普通の国になって欲しくない。こう中韓が言うのは勝手かもしれないが、だったら北朝鮮がミサイルをぶっ放すという暴挙を阻止してもらわなければ困る。が、中韓は阻止出来ましたか?出来ませんでしたね。役に立たないくせに文句だけは言う。

 こんな勝手な話はありませんし、そんな勝手な話を聞く必要はない。中韓との緊張関係を心配するその前に、何よりもまず自国の安全について考えることから始めるべきではないのか。河北新報さんよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:金正日『全面戦争』発言 危機への備えは十分か?
関連エントリー2:韓国 凄まじい論理の飛躍
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
こちらは冷静ですけどね。
敵基地攻撃能力。冷静に考えて必要です。抑止力にもなり、実際にミサイルを撃ち込まれそうになった場合にも国民の命や財産を守ることができる。

>過熱せずに冷静な議論を

マスゴミの印象操作の典型ですね。まるで敵基地攻撃能力の必要性を訴える人間が必要ではないかのような印象を読者に植え付ける。こんなだから新聞の信頼度が日々下がっていくのに気付かないんですかねぇ。

2006/07/12(水) 19:43:45 | URL | nk #-[ 編集]
訂正
× まるで敵基地攻撃能力の必要性を訴える人間が『必要』ではないかのような印象を読者に植え付ける。

○ まるで敵基地攻撃能力の必要性を訴える人間が『冷静』ではないかのような印象を読者に植え付ける。
2006/07/12(水) 19:45:54 | URL | nk #-[ 編集]
中日新聞も同じような論調でした
マスコミには、あらためて考えて欲しい。日本は戦後60年、他国を攻撃できる軍備を持たないことで、特アの増長を許してきたのではなかったか。攻撃能力を持つことは、特アの姿勢の大転換を促す。

他国を鎮圧(負けを認めさせる)する軍備と、他国を侵略する軍備には結構差があると思うんですがどうでしょう。侵略出来るほどの軍備を持たなければ文句言われるほどじゃないかと思います。
もっとも、マスコミには規模なんて関係ないんでしょうが。
2006/07/12(水) 20:00:46 | URL | fen #7XaZTY2Y[ 編集]
何故か最後に靖国が出てきて、中韓に媚びろと結ぶ、完全に病気です。

「アジア諸国からの信頼」「中韓との冷え込み」???
もしかして、アジアと特亜を区別しているのか??
とても好感が持てます(笑)
2006/07/12(水) 20:02:36 | URL | ドスタム将軍 #-[ 編集]
とりあえず新聞が反対することは速やかに実現しましょう。そして賛成することは危険なので無視しましょう。特アとの関係重視とか普通の防衛力は持つなとか。大戦時の朝日新聞の姿勢からの教訓です。
2006/07/12(水) 20:10:05 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
まぁもう一週間ですから、マスゴミは半日以上かけてミサイルを七発も打ち上げ、さらには脅迫までしてきた国の事など忘れてしまったのでしょう。その話し合いとやらでやめてくれと言っていたはずだったのですがね・・・。
2006/07/12(水) 20:19:10 | URL | frc #3cB5OuE2[ 編集]
河北新聞の“河”って、イムジン河?それとも黄緑江?。
2006/07/12(水) 20:51:09 | URL | KC #-[ 編集]
古館ら日本マスコミが同調・・・スパイ。
TBS、NHKも同様「日本はヒッキーで居ろ」と靖国を持ち出す。

>日本は戦後60年、他国を攻撃できる軍備を持たないことで、アジア諸国の信頼を~

そうではない、アメリカの戦略に100%組み込まれていた日本は、特亜の言いなりになってきた。

特亜と朝日ら半日マスコミに振り回された事が異常で。
特亜の脅威が限界に達し、米の戦略も変わり、日本は潰れない為に黙っている事が出来なくなった。

南朝鮮が文句をつける理由は、従来通り日本侵蝕政策の為、つまり「日本は敵」と宣言したのです。
2006/07/12(水) 20:52:34 | URL | MultiSync #-[ 編集]
あのですね、実は私も額賀長官の発言は前のめりだったと思うんですわ。至極まっとうなことを言ってるんですが、そういう事こそもうちょっと内々で(機密扱い)やるべきだったんじゃないかと思うんです。国民に対して「合憲という判断がなされた経緯があるんですよ」という布石を打ったり、防衛庁もやることはやってるんだっていう意味合いは大いにあるとは思うんですが。
それより、今のうちに防衛省への昇格をしておいたほうがいいんじゃないかな?
2006/07/12(水) 20:57:42 | URL | 未定 #-[ 編集]
>しかし、あらためて考えたい。
う~ん、どうみても、
平和憲法を掲げ、戦後60年、他国を攻撃できる軍備を持たないことで、譲歩に告ぐ譲歩を繰り返してきた結果がこの状況であるんだということを問題にすべきとしか思えないのだがなぁ・・・。
拉致された国民を救い出すことすらできない腑抜け国家に成り下がっていたことをね。
そしていま、明らかに日本国民の大半は目覚め、知った。
日本の敵性国家は、中国を筆頭に半島の北と南の3カ国であることを。
そしてまた、日本にとってそれ以上の真の敵とは、彼らに加担する河北新報のようなメディアであることを。

もう平和主義でござい、とかいう茶番・ごまかしで日本人をたぶらかせる状況に後戻りはできないのですよ。

メディアが提言し、あらためて考えなければならないのは、その方向に進む覚悟ができているのか、日本人よ?
ということではないのか・・・。
2006/07/12(水) 21:23:06 | URL | 岩手の田舎人 #-[ 編集]
報道ステーションにキチガイ民主党党首が出てますが、言っている意味が全く分かりません・・・
2006/07/12(水) 22:27:04 | URL | 忍者 服部 #-[ 編集]
攻撃能力を持った日本は、北朝鮮をはるかに超える脅威だったり。
それに世界が気づき始めてるんだよ。
2006/07/12(水) 22:38:36 | URL | a-9 #-[ 編集]
冷え切ったのは日本人の心。
日本の常任理事国入りについてアナン事務総長が肯定的発言をしたことで仕組まれた反日デモも、コリアが日本の核開発懸念を言い立てた裏でIAEAに隠れて核兵器開発をしていたのも、拉致被害家族にたいする無礼な言動も、ミサイル発射に乗じた竹島の調査活動の裏切りも、日本に対する北朝鮮のミサイルの脅しを日本のマスコミがサポートしたのも、日本人側(日本のマスコミには存在しない立場だが)の不信につながった。
平和憲法は周辺国によってたかって攻撃されている。
2006/07/12(水) 22:54:07 | URL | 妄コリゴリ #-[ 編集]
ちょっとまて、中国様が併合出来ないのは困る」 by 河北新報
はいはい、本当にビビってたのは日本国内のスパイたちだった!という落ちですね。

2006/07/12(水) 23:08:30 | URL | 嫌韓人 #-[ 編集]
先制攻撃
 敵地攻撃能力は必要だと思いますが、自衛のための先制攻撃を認めるのは非常に危険だと思う。そもそもミサイルは発射されるまで、どこを狙っているかはわからない。攻撃を受け、国民に被害がでて、初めて敵地攻撃という手順は必ず必要です。
 我々はサマワにいる自衛隊員には先制攻撃を禁じている。今度は我々国民が先制攻撃を受け、その後に反撃をするという覚悟を決める必要がある。
2006/07/12(水) 23:09:05 | URL | momotaro #-[ 編集]
始まりはまともなのに
最後に近付くにつれて電波が強くなる。

論理的思考がぶっ壊れてるとしか思えない。
2006/07/12(水) 23:17:57 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
周辺諸国の武装をよく確認してみればわかりそうなもんだと思う。自衛隊は未だに違憲の存在で、国の都合によって災害だのイラクだのって動かされ、出動が遅いと非難され、命をかけて他国に赴くと言うのに怒号の中を出国していく。おかしいでしょう?
日本人は覚悟を持たないといけないんですよ!憲法9条を言い訳にして今まで見ない振りしてきたツケがきてるんだから、ここいらで憲法を楯にするのはやめませんか?
外交だって今までちゃんとしてないからって責めるけど、事実ではない歴史をまず認めないといけなくなる。ほったらかしにした感はあるけど、今特アと仲良くするってのはそこにいたる話なんだから、ここはまず、マスコミよりも世論を高めるしかないでしょう。
2006/07/12(水) 23:19:40 | URL | ふしぎ #-[ 編集]
「ちょっとまて、中国様がお怒りだ」by 河北新報
はいはい、本当にビビってたのは日本国内のスパイたちだった!という落ちですね。
こういう人たちを想定した賢い本も出回ってます。まさにこれですね。
「政府の権威を失墜させようとする策謀
スパイおよび情報機関は、共同して、軍隊の価値に対する疑惑の念を広めようとする。そして、軍隊は、やむことのない攻撃の目標となるのである。」
(原書房-民間防衛より引用)

私としてはここで一気に進めてもらいたいですね。もしこのままあと一年平穏な日々が続いたらどうなるでしょうか。きっとこの話題に触れることは出来ないでしょう。そして来るべき最終局面に突入し、日本人は後悔することになるでしょう。
日本人は外圧で大きく成長する民族なのです。もしこの波に乗れなければ、次の波を待つしかない。たとえその波が周到な準備なくしては決して乗り越えられない巨大な波だとしても。
但し、日本の隣に馬鹿3国が居なければこんな準備は必要ないでしょうが。
2006/07/12(水) 23:28:19 | URL | 嫌韓人 #OARS9n6I[ 編集]
空理空論
河北新聞に限らず、評論家やメディアのご意見は、どうしてこうまで空理空論なのか。
先日のノドンの発射角が50~60度南に振れていれば、確実に東京なり大阪なりに落下していた。北朝鮮はその能力を見せ付けるために、わざわざ沿海州沖の一定海域にほぼ正確に連続撃ちこみしたのだ。
策源地を叩く能力は、イヤでも持たざるを得ない、というより必要。相手は核開発を公言してはばからぬ基地外なのだから。
2006/07/12(水) 23:31:14 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
基地攻撃を検討するという報道で、即座に半島が火の海になるような過剰反応……あ、そうか、「基地を攻撃」を「基地外を攻撃」と勘違いしたんだな。納得。
2006/07/13(木) 01:19:38 | URL | DMS4 #-[ 編集]
敵基地攻撃能力?
阿保なマスゴミ、政治家と自称する「第五列」の輩が、国軍の「敵基地攻撃能力」を何とか問題化しようと蠢いておりますが、現状の国軍、また今年度の防衛予算から見ても、その能力も武器もありません。

現在の空自には、電子戦機,給油機,AWACSもなく、迎撃任務がメインの機種になっています(F-2等)。対艦攻撃能力は、有しておりますが、対地攻撃能力はクエスチョンマーク。
また、北鮮までの航続距離もなく、無事祖国に帰還出来ません。(相手のレーダ波を回避のため、波頭に接するほどの超低空、高速で日本海を飛び、目標直前で急上昇、空対地ミサイル発射といった一連の戦闘行動では、物凄く燃料を喰います。現状では、空自の搭乗員に片道特攻をヤレと命ずるの同じ。また、海自は巡航ミサイルもなく、防御された地上目標の攻撃能力も無し。)

策源地を潰すことは、MDを整備することよりも、費用対効果の面で有効性が高いことは確かですが、新防衛戦略の策定・そのためのハード・ソフトの整備には、相当の時間と金が掛かります。憲法改正問題を含め政府のみならず納税者たる国民(特に今後増えるであろう税金を負担する若いヒト)が大いに議論すべき問題と思います。

正確な情報が看板の報道機関が、基本的な軍事知識もなく「敵基地攻撃能力」をウンヌンすることは、止めていただきたい。(特にマスゴミ、TVコメンテーターの阿呆が、一寸は軍事を勉強しろよ。)
国益・外交・防衛等を議論する上で、必要な「一般的軍事素養・知識」を、義務教育で盛り込むことを検討すべき時期ではないかと。




2006/07/13(木) 01:42:31 | URL | 大五郎 #-[ 編集]
enjoyJpanですが「先制攻撃発言」で韓国人のコメントが載せられているのですが、あまりにも「普通」で少しびっくりしました。


http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1706013
2006/07/13(木) 02:29:46 | URL | ぴい #SFo5/nok[ 編集]
現実よりも反日を優先する国家に言う事
結局最後は、「特亜のために日本は武器を持つな」「靖国参拝を中止せよ」が言いたいわけですかね。
だいたい、韓国政府の対応が、中国の核や軍備増強には何も言わず、北朝鮮の核装備は自衛のためと容認。ミサイルを撃っても「人工衛星かも」。
で、日本が攻撃能力を「議論」しようとすると騒ぎ立てる。日本のミサイルに対する反応を「騒ぎ過ぎ」と言ってたくせに。
ほとんどの韓国保守系メディアは韓国政府に批判的と思いますが、こういうずれてるマスコミも中にはあるのですね。
太陽政策で北朝鮮の軍備増強を止められなかった事を棚に上げて、韓国政府と同様「お前が言うな」です。
2006/07/13(木) 06:45:27 | URL | るな #JalddpaA[ 編集]
韓国も中国も馬脚を現しましたね。
世界の安全より己の国益最優先。
日ごろから靖国が云々と言っていますが、
靖国がなくても日本の立場に反対します。
靖国は口実に過ぎません。来月絶対に
もめるでしょうから今から言っておきます。
中韓は靖国参拝を止めても日本の
国益に反する行動をとる。
2006/07/13(木) 07:34:47 | URL | かんた #mQop/nM.[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。

>nkさん

まるで敵基地攻撃能力の必要性を訴える人間が必要ではないかのような印象を読者に植え付ける。-

朝日も同じようなことやってますね。実際にやるのと、能力を持つことを混同してほしくないなあ・・

>fenさん

もっとも、マスコミには規模なんて関係ないんでしょうが。-

単なる感情論ですよね。緑豆と同じですわ。

>ドスタム将軍さん

もしかして、アジアと特亜を区別しているのか??-

わはは・・そう読めなくもないですね(笑)。

>日本大好きさん

とりあえず新聞が反対することは速やかに実現しましょう。-

ええ、熱が冷めないうちに着手すれば行けるかと。

>frcさん

ミサイルを七発も打ち上げ、さらには脅迫までしてきた国の事など忘れてしまったのでしょう-

早すぎるよ・・

>KCさん

華北新報かな(笑)?

>MultiSyncさん

特亜の脅威が限界に達し、米の戦略も変わり、日本は潰れない為に黙っている事が出来なくなった。-

自分で自分の身を守りましょうという話なのに、どうしてあんな拒否反応がでるんでしょう・・

>未定さん

至極まっとうなことを言ってるんですが、そういう事こそもうちょっと内々で(機密扱い)やるべきだったんじゃないかと思うんです。-

まあ、韓国やら日本のマスコミの反応を見てると、ちょっと刺激が強かったかな?とは思います。

>岩手の田舎人さん

メディアが提言し、あらためて考えなければならないのは、その方向に進む覚悟ができているのか、日本人よ?-

ですね。嫌だからといって戻れるわけじゃなし。

>忍者 服部さん

民主党党首が出てますが、言っている意味が全く分かりません・・・-

見逃した・・何いったんだろう。

>a-9さん

あなたの言う世界って特(ry

>妄コリゴリさん

平和憲法は周辺国によってたかって攻撃されている。-

これは隙そのものですからね。

>momotaroさん

まあ、先制攻撃するかどうかはずっと先の話ですから、まずは能力の保持を目指すべきですね。

>煬帝さん

最後に近付くにつれて電波が強くなる。-

中韓に配慮しろ、という結論を用意してから書くとこうなっちゃうんですよね(笑)。

>ふしぎさん

ここいらで憲法を楯にするのはやめませんか?-

攻撃は米国まかせ~って、いつも思うんですが、もの凄く卑怯者の論理に思える。身を守る為に刀を抜く時もある。

>嫌韓人さん

はいはい、本当にビビってたのは日本国内のスパイたちだった!という落ちですね。-

考えてみると、沢山いるなあ・・

>光源氏さん

策源地を叩く能力は、イヤでも持たざるを得ない-

持っておくべきですよね。使うかどうかは別として。

>DMS4さん

あ、そうか、「基地を攻撃」を「基地外を攻撃」と勘違いしたんだな。納得。-

わはは・・そりゃあ過剰反応するかも(笑)。

>大五郎さん

憲法改正問題を含め政府のみならず納税者たる国民(特に今後増えるであろう税金を負担する若いヒト)が大いに議論すべき問題と思います。-

額賀長官らの発言は、議論の取っ掛かりを与えてくれたと思います。この機を逃さず、感情論を排して、議論を深めたいところです。

>ぴいさん

拝見しました。ちょっとビックリするような発言もありますね(笑)。マトモだ・・

>るなさん

ミサイルを撃っても「人工衛星かも」。-

彼らは見たいものを見たいようにしか見ないからなあ・・

>かんたさん

世界の安全より己の国益最優先。-

これは仕方ないんですけど、日本は中韓への配慮云々といって国益を後回しにしてしまう。これが問題です。
2006/07/13(木) 08:12:23 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
敵基地攻撃能力の保有論ですが
民主党や社民党、中韓の犬マスゴミが必死で先制攻撃論にしようとしていて頭にきます。
誰も先制攻撃を目的とする敵基地攻撃能力の保有とは言ってない。
敵基地攻撃能力があるだけでも、かなりの抑止力になると思います。
日本にミサイルを発射した次の瞬間攻撃される可能性があるわけですから。
最悪2発目のミサイル攻撃は阻止する。
これは先制攻撃目的ではなく、単なる自衛です。
中韓という核やミサイルもっている国が隣にあり、ミサイルは日本を向いているわけですから、こういう議論は当然のことだと思いますが、
民主党や在日の多い社民党とマスコミは、
日本人の自衛でさえも妨害工作に必死ですね。
2006/07/13(木) 11:49:28 | URL | hana #-[ 編集]
やられたからねえ。
2006/07/13(木) 17:18:30 | URL | taro #wLMIWoss[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
朝日新聞社は、特亜を日本の敵地攻撃能力から守らなければならないという使命感に駆られる余り、つい筆をすべらせたのか、朝日信者が腰を抜かすような大転向を敢行した。 朝日新聞社は外患誘致による国内革新を目論む日本の反米左翼勢力にも見捨てられる日が来たと心躍る
2006/07/12(水) 21:38:50 | 何でもそろう便利屋です
◆中国の北説得、進展なし 米はなお期待感  北朝鮮のミサイル発射問題を協議するため、  訪中しているヒル米国務次官補は12日、  中国の李肇星外相らとの会談後、記
2006/07/13(木) 01:59:36 | 短く斬れ
敵基地攻撃論は重大な憲法違反、山崎拓氏が批判 (読売新聞) - goo ニュース 自民党の山崎拓・前副総裁は12日、大阪市内で講演し、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けた政府・自民党内の敵基地攻撃能力保持論について「日本の国是の専守防衛体制に反するし、重大な憲法違反に
2006/07/13(木) 12:03:19 | 電脳空間「高天原」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。