管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方 15 『いいぞ!野田国対委員長』
最近なにかと話題になる総理靖国参拝について、民主党の前原代表や鳩山幹事長が批判を行い失望させられましたが、野田佳彦国対委員長が所謂A級戦犯と呼ばれる人々について政府の見解を問うべく質問主意書を提出したようです。まずこのニュースをご覧下さい。(sankei web から以下引用)

靖国問題で政府答弁書決定 「戦犯」は存在せず 公式参拝であっても合憲

 政府は二十五日の閣議で、さきの大戦後、連合国によって「戦犯」とされた軍人・軍属らが死刑や禁固刑などを受けたことについて、国内法上は戦犯は存在しないとの見解を明確にした答弁書を決定した。首相の靖国神社参拝に関しては「公式参拝」であっても、宗教上の目的ではないことが外観上も明らかな場合には、憲法に抵触しないとの見解を改めて示した。いずれも民主党の野田佳彦国対委員長の質問主意書に答えた。

 答弁書は「(極東国際軍事裁判所やその他の連合国戦争犯罪法廷が科した)刑は、わが国の国内法に基づいて言い渡された刑ではない」と指摘。A、B、C各級の「戦犯」は、国内では戦争犯罪人とはいえないことを明確にした。

 この問題で自民党の森岡正宏厚生労働政務官(当時)は今年五月、「(戦犯とされた人々は)罪を償っており、日本国内ではもう罪人ではない」と発言したが、細田博之官房長官は「政府見解と大いに異なっているので論評する必要もない」と述べていた。

 また、答弁書は首相の靖国参拝に関し、「戦没者の追悼を目的とする参拝であることを公にするとともに、神道儀式によることなく、宗教上の目的によるものでないことが外観上も明らかである場合は、憲法二〇条三項の禁じる国の宗教的活動に当たることはない」との見解を改めて表明した。

 靖国参拝について藤波孝生官房長官(当時)は昭和六十年、「首相、閣僚が国務大臣としての資格で戦没者の追悼を目的として、靖国神社の本殿、社頭で一礼する方式で参拝することは、憲法の規定に違反する疑いはない」との政府統一見解を発表している。

 首相の靖国参拝をめぐっては、大阪高裁が拘束力を持たない「傍論」で靖国参拝を「公的行為」と認定。憲法の禁止する宗教的活動に当たるとしたが、政府見解はこれを真っ向から否定した。



 政府側の答弁はかなり踏み込みましたね。所謂戦犯と言われる人は『存在しない』事を明確にした形になりました。敗戦後の極東軍事裁判(東京裁判)によって出された『結果』を受諾し、サンフランシスコ講和条約によって連合国(一部除く)との間に平和条約が結ばれた時点で罪に問われていた『戦犯』はその時点から犯罪者ではなく『一市民』になったのでした。(その後国務大臣にまでなった人も居ます)

 現在、中韓、国内左派から批判の対象となっている靖国神社に合祀されている『戦犯』の人々は、サンフランシスコ講和条約締結以前に処刑又は自決するなどしてこの世から居なくなっていたのですが、靖国神社に合祀された理由として、同じく戦犯とされて釈放された人が『一市民』になって名誉を回復されているのに、締結以前に『戦犯』のまま亡くなった人は何もなされていない。これはおかしいという事になって、当時、与党はもちろん、社会党、共産党まで一致協力して『昭和受難者』という形で名誉回復がなされ、残された家族に恩給が支給されたり、戦争によって命を失った他の英霊と同じように靖国に合祀してはどうか?という事になりました。(靖国への合祀に社会党、共産党が積極的であったかどうかは分かりませんが・・)

 ここで重要なのは、『戦犯』と呼ばれた人々は、『元戦犯』ではなくて、『一市民』として全員釈放され、事実上『赦免』された事になっており、『戦犯』であった事実そのものが消滅しているのです。ですから、現在『A級戦犯』が云々といったところで、そもそも『戦犯』が存在しないじゃないかという話なのですが、講和条約における『Japan accepts the judgments』を裁判を受諾したのか、判決を受諾したのかという論争が現在まで続いており、前者の立場でみれば、裁かれる理由そのものを受け入れるわけですから、『戦犯』とされた人達はそのまま罪ありとなって、後者の立場は『判決』を受諾して講和条約を結び、その時点から『刑の執行』を連合国から引継ぎ、受刑者は事実上『赦免』されている事から、国際法における『交戦規定違反者の免除』が成されたと解釈して『戦犯』は存在しない、故に罪も存在しない。となるわけです。

 なんだか興奮してしまいましたが(笑)、今回の一連の動きは今後の所謂『歴史認識』問題の行方を大きく左右するかもしれない出来事です。ここで、肝心の野田国対委員長の質問主意書の内容を紹介します。(しんぶん赤旗から以下一部引用)

“「A級戦犯」は戦争犯罪人ではない”
民主・野田国対委員長
質問主意書で主張

 <前略>
 
 野田氏は、サンフランシスコ講和条約一一条や四回に及ぶ国会決議などで「『戦犯』の名誉は法的に回復されている」との立場から、「『A級戦犯』と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではないのであって、戦争犯罪人が合祀(ごうし)されていることを理由に内閣総理大臣の靖国神社参拝に反対する論理はすでに破綻している」として、政府の見解をただしていました。

 野田氏は、質問主意書で、東京裁判にも言及し、「A級戦犯とは…事後的に考えた戦争犯罪の分類」「A級戦犯はそもそも戦争犯罪人に該当しないと解釈できる」として、政府の見解を質問。また、東京裁判を受諾したとすれば「日本は『南京大虐殺二十数万』や『日本のソ連侵略』等の虚構も含め、満州事変以来一貫して侵略戦争を行っていたという解釈を受け入れたことになる」などとものべています。

 戦争犯罪人について靖国神社は、“戦犯はぬれぎぬであって、日本には戦争犯罪人などいない”などとして東京裁判を否定しています。 <後略>



 しんぶん赤旗からの引用ですので、野田氏の質問の内容が正確に紹介されているか少し心配ですが(笑)、概ね、上記の後者側立場での認識が示されています。民主党の多数は、A級戦犯が云々といって総理を批判していますから、野田氏の質問主意書を巡って党内はかなり混乱すると見ました。前原代表は松下政経塾の大先輩である野田氏の意見を無視できないでしょうし、深くこの問題を考えるきっかけになれば良いですね。

 自民党、民主党が野田氏のような認識で一致する事になれば、所謂歴史認識問題で動揺したり、土下座したりする事は今後一切無くなります。中韓の内政干渉に怒る日本国民の皆様、野田氏に賞賛の嵐を送りましょう。

 『野田氏GJ!!』




banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
社会党議員のA級戦犯復権運動
こんばんは。初めて書き込ませていただきます。いわゆる「A級戦犯」の名誉回復ですが、旧社会党議員が中心になって(!)、A級戦犯の名誉回復の署名運動が始まったという記事をどこかのブログ(西尾監二氏のブログだったかもしれません)で読んだ覚えがあります。社会党も一枚かんでいたことは確かです。
2005/10/26(水) 22:18:16 | URL | wnm #IMzkuyXI[ 編集]
ご訪問ありがとうございます
>wnmさん
こんばんは。コメントありがとうございます。確かに、社会党の堤議員が合祀に尽力されたようです。ご指摘感謝します。
2005/10/26(水) 23:24:01 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
心情的には野田氏に賞賛を送りたいです。

が、どうなんでしょうねぇ政府側答弁はちょっとスレスレなのでは?思うに、靖国問題がほかの南京事件や従軍慰安婦問題などと違うのは、(1)ファクトで白黒をつけるというよりも、解釈による部分が大きいこと、(2)東京裁判の解釈に繋がりかねないこと(個人的には東京裁判は茶番だと思いますが、それを明言すると米国や欧州も敵に回すことになります)です。この問題で騒げば騒ぐほど、「現実問題として」日本の国益に反するのではないかという気がします。

負け犬の論理と思われるかもしれませんが、Strategicに考えるなら、ここはスルーして南京事件とかに話を持っていくとかのほうが得策なのでは?

少なくとも「政府」という立場で突っ込んだ発言を表明するのは、私にはかなりキワドイ橋を渡っているように思えます。
2005/10/27(木) 02:52:52 | URL | 真実一郎 #Ufm6CJy2[ 編集]
不買運動・断交を呼びかけましょう 国内に潜伏!完全に日本人に成りすますテロリスト!
テロリスト教団に買収されたマスコミを盲信してはいけません
チラシを制作して配る仕事をしています 収入があります
まず、10人に配ります そして10人にチラシをコピーさせて それぞれ10人に配ってもらいます これで100人 そして100人がそれぞれ10人に配ってもらいます これで1000人 どんどん繰り返していきます
チラシは  
「 参考サイト「ビラのHP」「韓国製品不買運動」「パクリ大国南朝鮮」「人権擁護法案反対同盟」「オウム事件の本番」「新興宗教を考察する」「もう黙ってはいられない」「韓国はなぜ反日か?」「韓国をぬるっとWatch」 ※デモの参加を呼びかけるなどの内容  収入は広告料その他  受け取った方はコピーして10人に配ってください 」
※ 友人に手渡し、近所のポスト入れ、親類に郵送 など
嫌韓流にCD,DVD付けて発売するよう皆で呼びかけてください 
2005/10/27(木) 04:27:07 | URL | 合言葉 犯流ストップ! テロリストの資金源を断て! #754Ecomc[ 編集]
アムネスティ条項
>真実一郎さん
おはようございます。
確かに、講和条約11条に『明確』な形でアムネスティ条項が盛り込まれていない事は承知しています。そして、わざと盛り込まなかった連合国の思惑も。

仰る通り、東京裁判自体を全否定する事は連合国を敵に回す事になるかもしれません。
『南京事件』などの完全な言いがかりを含めて、かなりの悪意をもって『戦争犯罪』と認定された事柄がたくさんありますよね。各個撃破していくのもひとつの道だと思いますが、『判決』は受け入れる。しかし、やってもいない事、事後法で裁かれたものは受け入れられない。というスタンスで行けば、色んな事がスッキリするなと。

ただ、ご指摘を受けて、もう一度この問題を考えてみたいと思いました。昨日は興奮したまま一気にエントリーを書いてしまったので(笑)。ありがとうございました。

2005/10/27(木) 08:06:39 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
よい流れを追悼施設で壊すな!
最近の世論の動きを見ても、社民党の野田氏からこういう質問主意書が出てきたのを見ても、信念を貫き通した小泉首相の勝ちと言えるでしょう。
中国などは一応抗議はしているものの、国内の反日行動を抑え込むのに必死です。抗議は国内向けジェスチャーでしょう。
確かに靖国カードは日本が何の疑いもなく受け入れてくれれば、極めて好都合な外交カードです。簡単にあきらめることはできません。しかし、小泉首相はそれをあっさり無効宣言してしまったようなものです。中国は靖国参拝くらいで騒いでも何も得らないことが分かり始めたところかと思います。
中国・韓国との関係はこれまでが異常だったのです。ようやく靖国など何の問題にもならない正常な関係になろうかというこのタイミングで 「追悼施設建設」なんてことを言い出す政治家は馬鹿としか言いようがありません。福田氏は次期総裁の資格がないことを自ら表明しました。この良い流れを読めず、逆行するような事を言い出す人では困ります。
2005/10/27(木) 22:45:52 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
ご訪問ありがとうございます
>日本国民さん
コメントありがとうございます。
野党第一党の民主党の幹部からこの様な動きがあったことはかなり大きいです。靖国参拝に関しては、小泉総理就任からこれまで連続して参拝した事で中韓の異常性が浮き彫りになる形となっています。

この流れを次に総理になる人は無くす事は出来ず、『必ず』靖国に参拝せざるを得ません。02年に追悼施設建設を積極的に提言した福田氏は高齢ということもあり、次の総理の目は無いと考えています。
2005/10/27(木) 23:01:38 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
管理人様
ごあいさつが遅れましたが本日初めてこちらのブログにお邪魔しました。
すばらしい記事がたくさん見つかり感激!早速「お気に入り」に入れ、これから毎日楽しみに拝見させていただきます。
2005/10/27(木) 23:04:08 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
>日本国民さん
お気に入りに追加して頂きありがとうございます。これからも宜しくお願いします。
2005/10/28(金) 00:14:21 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
靖国神社で演奏していた者からしたら、今回のことは、日本が変わりそうでおもしろいですねぇ~♪
2005/10/28(金) 04:43:45 | URL | マサラッキ #ch2f7abI[ 編集]
ご訪問ありがとうございます
>マサラッキさん
日本はきっと変わると信じています。これからの政治はおもしろくなりますよね。

貴サイト拝見させていただきました。靖国神社で演奏されたのですか?大変良い経験をなされましたね。うらやましいです。
2005/10/28(金) 08:02:09 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
小泉首相の靖国参拝が、単なるパフォーマンスではなく、自らの信念と今後の対中外交を見据えた上での行動であることが益々はっきりしてきた。
2005/10/26(水) 21:32:19 | 依存症の独り言
民主党は明らかに変わって来たようだ。前原代表が「ガス田問題に関しては、毅然とした態度で中国に対するべき」と主張しているし、野田国対委員長は「靖国神社に合祀されているA級戦犯は戦犯でなく、これを理由に首相の靖国神社参拝を非難する中国は論理的に破綻している」
2005/10/26(水) 21:56:41 | ikeday1な日々
「反対派の論理破綻」民主・野田氏靖国問題で政府答弁書決定 「戦犯」は存在せず 公式参拝であっても合憲 連合国によって「戦犯」とされた軍人・軍属らが死刑や禁固刑などを受けたことについて、国内法上は戦犯は存在しないとの見解を明確にした答弁書を決定した。首相の
2005/10/27(木) 00:11:12 | ぱっとんな日々
消費税がしかた無いと思っている方へ、? 消費税が他国から比べて安いから、消費税を上げてもショウガナイ、 と貧乏人の生活に縁の無いバカ官僚と能無し自民党の税金泥棒に、言い包められてはいけません。アメリカ並みはショウガナイ、 なんて騙されるなよ!
2005/10/27(木) 04:10:58 | 言っちゃうぞ!  世相を斬る! 平成の桃太郎ブログ
小泉総理が靖国神社の秋季例大祭にて『靖国参拝』を行った。そして、いつものとうり、いつもの極東3馬鹿国が反発して、外相会談やバ韓国大統領ノテイウの日本訪問をキャンセルするそうだ。良かったではないか、いっそうのこと、極東3馬鹿国とは『国交』の縮小を図り、アジ
2005/10/27(木) 08:46:39 | 手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ
日本の戦争責任、無いとまでは言えませんが、いつまで感じればいいのでしょうか?歴史の再検証が必要です。    戦争責任の議論「不十分」が約6割…読売世論調査 >軍事指導者の戦争責任問題に関する議論について、「あまり」あるいは「全く」されてこなか
2005/10/27(木) 13:04:07 | ☆独断雑記 XYZ
『日々日常』本サイト『アメリカ二大紙、両極の見解の訳』(以下引用)小泉純一郎首相が神社にコインを投げ込んだ波紋がまだ、汀(みぎわ)を洗っている。それでも、曲解や誤解のさざ波を日本の方から押し返す動きが出ていることは喜ばしい。とりわけ、首相が....
2005/10/27(木) 17:41:30 | 『日々日常』~ブログページ
靖国問題で政府答弁書決定 「戦犯」は存在せず 公式参拝であっても合憲:産経 政府は二十五日の閣議で、さきの大戦後、連合国によって「戦犯」とされた軍人・軍属らが死刑や禁固刑などを受けたことについて、国内法上は戦犯は存在しないとの見解を明確にした答弁書を決定.
2005/10/27(木) 20:28:06 | アジアの真実
 昨日の話になるのですが、政府は、民主党の野田佳彦衆院議員に対する答弁書として、靖国神社参拝に関する見解について発表しました。これは公式参拝であっても憲法に抵触しないとの考えをあらためて明らかにし、「戦犯」についても存在しないということを明確にしました。
2005/10/27(木) 22:30:58 | 新聞記事・ニュース批評@ブログ
盧大統領来日は困難 首相の靖国参拝を批判 日韓外相会談 町村信孝外相は27日夕、韓国の潘基文(バンキムン)外交通商相と都内の外務省飯倉公館で会談した。潘氏は、小泉純一郎首相の17日の靖国神社参拝について「韓国国民の気持ちを踏みにじるものだ」と厳しく批判...
2005/10/28(金) 01:58:05 | avalon◆keiko's Blog◆
靖国問題で政府答弁書決定 「戦犯」は存在せず 公式参拝であっても合憲政府は二十五日の閣議で、さきの大戦後、連合国によって「戦犯」とされた軍人・軍属らが死刑や禁固刑などを受けたことについて、国内法上は戦犯は存在しないとの見解を明確にした答弁書を決定した....
2005/10/28(金) 19:07:06 | 憂国、喝!
昨日の読売新聞で、同社の行った戦争責任に関するアンケート結果が発表されました。以下引用読売新聞社は、15、16の両日、全国世論調査(面接方式)を実施し、先の大戦に関して国民の意識を探った。その結果、当時の日本の政治、軍事指導者の戦争責任問題に関す....
2005/10/28(金) 22:15:59 | BBの独り言
 よくよく調べると、答弁のきっかけになった民主党野田佳彦氏の質問もよくできたというか、賞賛に値するものである。
2005/10/29(土) 13:35:12 | The Blog of ウラ達ネット
靖国問題で政府答弁書決定 「戦犯」は存在せず 公式参拝であっても合憲 - 産経新聞先日の靖国参拝の是非を考える時に、争点である「A級戦犯」について理解する必要がある。多くの日本人は、「A級戦犯」の意味や、当時の世界情勢などの理解も、認識もまったくないまま...
2005/10/29(土) 22:33:33 | 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
仕事をきちんとしていない輩ばかり。この、南京問題にしたって、従軍慰安婦問題にしたって、極東裁判にしたって、全てに臭いものに蓋形式でやってきたツケでしょうが!つまり、対外的にも、国内的にもこれら全ての事項を真摯に受け止めて、検証し真実を暴き、さらけ出す事が
2007/04/03(火) 19:18:24 | 徒然時事日和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。