管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国外相訪日中止撤回 『これが東アジア外交だ』
 先日の小泉総理靖国参拝を受けて、予定されていた訪日を取りやめた韓国外相の潘基文氏。訪日中止の他、あらゆる首脳レベルでの外交活動の凍結を仄めかしていましたが、日本側が思ったより冷たい反応だったため、急遽当初の予定通り日本に来る事に決めたようです。まずこのニュースをご覧下さい。 (読売新聞から以下引用)

韓国外相の訪日発表、「靖国」で立場直接表明へ

 【ソウル=福島恭二】韓国政府は24日、潘基文(パン・ギムン)外交通商相が27日から3日間の予定で日本を訪問すると発表した。

 潘外相は小泉首相の靖国神社参拝を受け、いったんは訪日見送りの意向を明らかにしたが、対話のチャンネルを確保することで参拝問題に対する韓国側の立場を日本側に直接伝えることにした。

 同省によると、潘外相は町村外相と外相会談を行うほか、小泉首相への表敬訪問も検討している。

 同省高官は同日、潘外相の訪日について「小泉首相の靖国参拝で韓日間の関係が悪化したが、潘外相が日本を訪問して、靖国参拝と歴史問題に対する我々の立場を直接、明白にすることにした」と述べた。



 では、総理参拝直後の同じ人物の談話をご紹介しましょう。
asahi.comから以下引用)

韓国外相の訪日を中止へ 靖国問題で反発

2005年10月19日12時25分

 韓国の潘基文(パン・ギムン)・外交通商相は19日記者会見し、月末をめどに日本側と調整を進めていた自身の訪日について「(小泉首相の靖国神社参拝を巡る)今のような状況下で訪日を推進するのは雰囲気が適切でないのではないか」と述べ、見送る方針を明らかにした。年末に予定されている盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の訪日についても「現在のような雰囲気で韓日首脳会談を推進するのが適切なのかどうかについてもう少し考えなければならない」と述べ、見直しの可能性を示唆した

 靖国参拝問題を巡っては中国が18日、町村外相の月内訪中を拒否する方針を示しており、中韓との外交摩擦が拡大している。

 潘外相は一方で、「小泉首相の靖国参拝による日本と韓国や他国の関係悪化問題と、北朝鮮の核問題は別個に考えるべきだ」とも述べ、来月に再開が予定される6者協議を巡る日本との協調関係に影響はないとの見方を示した。

 韓国外交通商省筋によると、潘外相は今月27日前後に訪日し、6者協議や来月中旬に韓国・釜山で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)での協力問題について町村外相らと話し合う予定だった。小泉首相の靖国神社参拝を巡って韓国政府は強く反発しており、同筋は19日、「韓国側は(日本と)対話をすべきだという考えだが、現時点では内外の情勢が厳しく、(外相訪日は)難しい」と述べた。

 韓国大統領府も17日、12月に予定されていた日韓首脳会談について「今日を境に見直さざるを得ない。日程変更もあり得る」と語っていた。

 潘外相は、島根県議会による「竹島(韓国名・独島)の日」条例を巡り日韓関係が悪化していた3月にも、予定していた訪日計画を取りやめた



 『現時点では内外の情勢が厳しく、外相訪日は難しい』と仰ったわずか5日後に中止を撤回ですか。よっぽど『内外の情勢』が激変したんでしょうねえ(笑)。日本人なら中止すると断言してしまえば、熟考した上での決断になるでしょうから、よっぽどの理由が無い限りこの様な身の翻しは出来ませんが、彼らはそんな事『屁』とも思っていません。

 これは別に彼らを卑下しているのではなくて、日本人とは思考回路や行動指針、交渉術が『違う』のです。ネット上で『斜め上』と形容される彼らの言動はあまりにも日本式と異なっている為、理解不能な事が多いのですが、理解する必要は無く、ただ『知る』だけで対処出来ると思います。

 今回のような所謂『歴史認識』問題というのは、彼ら自身が問題提起して始まったものではなく、日本国内から火がつけられ、予想以上に外交交渉に『使える』ために使われ続けたのであり、彼らの言う『国民の心に傷をつけた』とか、『侵略を反省していない』等々の言葉は、日本人の弱点である内省的な性格に強くアピールするからであり、『本気』でそう思っている訳ではないという事をしっかりと記憶しておく必要がありましょう。

 『いや、そんなはずはない!彼らは唾を飛び散らかして激怒するでないか!それは本気で怒っているからだ!』と思う人がいるかもしれませんが、間違っている・・いや、事の本質ではないと言っておきましょう。上記のような理由で、どの様な交渉事にも『歴史認識』を絡めることによって自身の立場を優位に保つ事が可能であり、便利なオールマイティーカードであったため、韓国政府はこれまで『反日』を叫び続けたのです。その副産物として、毎日のように『反日』を聞かされた国民は無条件で反応するようになってしまい、中には『本気』で怒りを持つ『錯覚』をしている人もいますが。

 現在、日本の保守系の論壇、あるいはネット上において、韓国の主張する事柄について矛盾や嘘が数多く指摘されています。例えば、韓国が所謂A級戦犯と呼ばれる人々を非難する理由について、『そもそも第二次世界大戦当時、朝鮮半島は日本の一地域だったでないか。実際に戦った米国やその他の連合軍に言われるのなら理解できるが。』という反論に『真正面』から反論できる韓国人はいません。

 殆どが論点をずらし、日帝36年が云々というA級戦犯の合祀に関係の無い話を持ち出し、とにかく声を荒げ、口を極めて相手を罵ります。その姿には日本式の『双方の言い分を聞いてどちらが筋が通っているか』という見方は通用しない。彼らの文化では『声が大きいほうが勝ち』なのであって『論点がずれている』とか、『それは嘘だね』という反論は彼らの心に全く響きません。

 多くの日本人は議論の際、なるべく客観的な資料を用意し、論理を積み上げてどちらの筋が通っているかというスタイルを取るのに比べ、彼らは声が大きければ良いのですから、我田引水的な資料や全くのフィクションである小説などを持ち出して根拠とします。これでは話がかみ合わないのは当たり前。日本人からすれば議論にすらなっていません。

 しかし、彼らも人間ですから『打てば響く』ポイントはあります。最も手っ取り早い手段は『恫喝』です。北朝鮮と韓国の関係を見れば明らかですが、朝鮮戦争以降、北朝鮮の本質は何ら変化は無いのですが、休戦から民主化されるまでは『反共』を国是として軍部を先頭に敵対していたのに、民主化後の韓国は北朝鮮を恐れるあまり、独裁、圧政、軍部優先という北朝鮮の本質を見ない振りをして擦り寄っています。

 軍事力による恫喝は無理としても、日本は彼らに対して有効なカードを腐るほど持っています。経済協力の名の下に行われている技術移転や、彼らに作る事が出来ない高度な技術を必要とする精密機械など、これらが無いと彼らの経済は立ち行かなくなります。現在のような技術の垂れ流しをストップするだけで大きな打撃となり、実行するまでも無く、カードとしてちらつかせるだけで彼らは擦り寄ってくるでしょう。
 
 次善の策としては『無視』でしょう。彼らの言動を真に受けて真摯に対応するから再度同じ事をねじ込んでくるのです。『謝罪と賠償をしろ!』と、トチ狂ったように突っかかってきても、『もう十分償いはした。まだ文句があるなら何かやってみろ。後は知らん』と、突き放すだけで十分効果的。世界中で自分達の言い分を真剣に聞いてくれる国は日本しかありませんので、慌てて関係改善を求めて来ると断言します。

 彼らの悪癖である『反日』という名を借りた日本への甘えは、勿論彼らに責任の多くがありますが、甘やかす日本も悪い。日本が甘やかす限り、彼らは『反日』を克服する事が出来ず、日本、韓国共に不幸な関係が続くと考えます。

 よって、今週韓国の外相が訪日した際、日本政府は謝罪などせず、大統領との会談中止を持ち出されても、『あ、そう』と突っぱねる事を期待します。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
潘外相が27日から3日間訪日へ小泉首相を全面的に支持、と言うわけではありませんが。靖国参拝という外交カードを無力化させた功績は高く評価しても良いのではないかと思います。今後首相になられる方には是非、靖國参拝を継承してもらいたいですね。またそのような政
2005/10/25(火) 11:31:02 | 日本民主過ぎ人民共和国(仮)
「背に腹は替えられぬ」と言うのでしょうか。 来たかったら、来れば宜しいのでは。 日本には、「来る物拒まず」と言うこともございますから。以上、終わり...
2005/10/25(火) 13:50:28 | 【音静庵】
マンガブームに見られるように今や文化面でも輸出大国となった日本ですが、こんな意外なところにも日本文化が進出しています。セーラー服を着て登校する高校生たち、日本ならどこでも目にする見慣れた光景ですが、ひとつだけ違うところがあります。ここはタイのバンコク。セ
2005/10/25(火) 14:31:01 | 依存症の独り言
韓国外相の訪日発表、「靖国」で立場直接表明へ韓国政府は24日、潘基文(パン・ギムン)外交通商相が27日から3日間の予定で日本を訪問すると発表した。潘外相は小泉首相の靖国神社参拝を受け、いったんは訪日見送りの意向を明らかにしたが、対話のチャンネルを確....
2005/10/25(火) 16:00:28 | avalon◆keiko's Blog◆
朝鮮民族の歴史の上で、周辺国の影響下になかった期間はない。古くは、三国志時代に・・・その後の百済、高句麗などの半島三国時代など、当時の朝鮮半島が、後漢期以降唐や隋の影響下において、半島内での戦を繰り返してきた。ここに、当時の日本による半島への影響もあった
2005/10/25(火) 17:53:49 | 手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ
戦後民主主義の終焉 ブログ「世に倦む日々」の最期
2005/10/26(水) 08:44:14 | 言語学研究室日誌
『日々日常』本サイト↓韓国にいい加減にしてほしいと思う方、ポツっとやって下さい『「靖国参拝続けば、韓日両国の友好増進はない」』(以下引用)政府が潘基文(パン・ギムン)外交部長官の訪日を決定したのは、事実上の「最後通牒」を伝えるためと見られる。....
2005/10/26(水) 10:36:21 | 『日々日常』~ブログページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。