管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
盧武鉉韓国大統領 『宗主国は中国』
 先日から韓国の安全保障を担保する米韓同盟が崩壊の危機にあるという事を紹介してきました。盧武鉉大統領の方針である『自主防衛』の一環として、現在駐留中の米軍が持つ『戦時作戦統制権』を韓国に取り戻す協議が始まり、米国のラムズフェルド国防長官の訪韓で一定の合意があったようです。まずこのニュースをご覧下さい。(東亜日報から以下引用)

戦時作戦権返還協議、韓米「適切に加速化」で一致
OCTOBER 22, 2005 10:30

韓国と米国は21日、韓半島有事の韓米連合軍司令官(米陸軍大将)が行使する戦時作戦統制権の韓国への返還問題をめぐる協議を「適切に加速化させる」ことで合意した。

双方は同日午前、尹光雄(ユン・グァンウン)国防部長官とラムズフェルド米国防長官が出席し、ソウル竜山(ヨンサン)区の国防部大会議室で第37次韓米定例安保協議会(SCM)を開き、このような内容を含む13項目の共同声明を採択した。

双方は同日、在韓米軍の戦略的柔軟性が今後も重要であるということで認識が一致し、韓米相互防衛条約による米国の対韓防衛公約と「核の傘」の持続的な提供を再確認した。

また、6者協議の進展と南北間の和解協力に向けた努力を通じて、北朝鮮の軍事的脅威が漸進的に減少することを期待しながらも、北朝鮮の大量破壊兵器とミサイル開発が、韓米同盟と国際社会の憂慮事項であるという点について、認識を共有した。

韓国国防部の関係者は、「ラムズフェルド長官は、韓国が自国防衛により多大な役割を果たしていることを高く評価し、韓国の国防改革案に対する積極的な支持を表明した」と述べた。

一方、ラムズフェルド長官は、会議終了後に行った共同記者会見で、マッカーサー将軍の銅像撤去をめぐる騒ぎについて質問を受け、「韓国人の自由と平和のために多くの米国人が命をかけ、多大な資金が投入された」と述べ、遺憾の意を示した。

ラムズフェルド長官は会議後、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領を表敬訪問し、ソウル竜山米軍基地を訪ね、在韓米軍兵士らと対話の時間をもった。ラムズフェルド長官は22日に韓国を離れる。



 なんと米国側があっさり了承。米韓同盟の重要性を両国共に改めて認識し、これまでと同様に米国の核の傘に入り続けるという事を前提に戦時作戦統制権の返還に合意した模様です。これで盧武鉉大統領の念願であった自主防衛に一層の弾みがついた・・と、言いたいところですが、そんなに上手く行くのか?というのが正直な感想です。この記事では書かれていませんが、ラムズフェルド長官は返還の時期について『双方が適切な時期と判断した時に返還する』と述べており、決して性急な返還について言及したわけではないのですが、朝鮮日報以外の韓国マスコミは上記事のような合意の事実があったことのみを報道し、韓国民に誤解を与えかねない報道をしています。

 戦時作戦統制権を返還した上で、現在のような米韓同盟を維持するただ一つの条件は、米国と韓国が安全保障について『同じ方向』を向き続ける事です。米国と韓国が安全保障について『違う方向』を向いているとすれば、米軍は韓国に駐留する理由がなくなり、返還=米軍撤退という道をたどる事になります。

 記事下段でラムズフェルド氏はマッカーサー将軍の銅像撤去の動きについて『韓国人の自由と平和のために多くの米国人が命をかけ、多大な資金が投入された』と述べていますが、米国は韓国の自由と民主主義を守るために多くの犠牲を出しながら朝鮮戦争を戦ったのであり、『もしそれが違うというのなら、いつでも出て行くぞ』という警告であると捉えるべきなのですが、さすがに盧武鉉大統領は違います。このニュースをご覧下さい(東亜日報から以下一部引用)

盧大統領「韓米日でなく、多国間安保体制の構築を」

OCTOBER 22, 2005 10:30

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は21日、「巷間では韓米日3国の安保体制をつくって中国に対処しよう、という主張がある」とし、「しかし韓国はいま、それとは異なり、北東アジアの多国間安保体制をつくって北東アジアに平和構造をつくろうという考えだ」と述べた。

盧大統領は同日、インターネット新聞の「デイリー・ソフライズ」の書面インタビューに答え、「参加型政府は、北東アジアにおける陣営構図を解消し、経済協力という構図を土台に多国間安保体制までもっていくことを考えている」とし、このように述べた。

盧大統領はまた、「米国が対決的戦線を前提に北東アジアにおける戦略構図を運営すると、北東アジアには常に緊張が生じる」とし、「逆に、北東アジアに欧州連合(EU)のように平和と繁栄の共同体秩序が形成されれば、米国はより大きな利益を得るはずであり、韓国としてはそれを選択するほかない」と強調した。

韓米関係について盧大統領は、「われわれが米国に一方的に依存していた時期は、調整役は不可能であり、相対的に独立性を保ってこそ北東アジア秩序に対する積極的役割を果たすことができる」とし、「(しかし)多くの人が北朝鮮を恐れるあまり、米国の影響力を過剰に大きく受け止めて、過度に米国の顔色をうかがっている」と指摘した。

盧大統領は、戦時の作戦統制権の返還問題が議論を呼んでいることについて、「現在のような変化は、根本的に自主国家としての地位を取り戻す過程だ」と指摘した。

一方、就任後の首脳外交について、「自画自賛のようだが、外交では期待以上の成果を出しているのではないかと思う」と自評した上で、首脳外交の裏話を紹介した。  <以下略>



 この発言を読んで、韓国が米国の同盟国であるという事実が嘘のように思えてきました。朝鮮半島に存在する緊張は、あくまでも米国に責任があるという見解。もし私が米国大統領なら明日にでも同盟解消の交渉をはじめますね(笑)。盧武鉉大統領の言う『北東アジアの多国間安全保障体制』とは、中国、北朝鮮との連合に他ならず、明らかに米国を排除する意図がひしひしと伝わってきます。この発言は、米国国防長官との戦時作戦統制権返還に向けた協議と同じ21日にされており、米韓の国防部の見解と著しく乖離した内容。こんな事を大統領が発言して米国に対して信じろという方がどうかしています。

 盧武鉉大統領が就任から現在までの外交について『期待以上の成果を出しているのではないか』と自画自賛しているあたりは眩暈がしますが、『あなたが描いた絵は前衛的すぎて、私には理解できない』と一言ツッコミを入れておき、今回のエントリーは終りにします。


関連エントリー :米韓同盟の危機 『朝鮮戦争の原因は米国にあり』


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は応援よろしくお願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:国際問題 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 韓国の安全保障、自主体制の指向がはっきりしてきた。 あの朝鮮戦争は終わっていない、現在は停戦状態にあるだけ。 その状態が長いこと続いてきたのだが、ここへきて戦時作戦統制権を韓国軍に移譲する方向で話がすすんでいるという。 米軍は朝鮮半島から手を引き、あと
2005/10/24(月) 16:11:22 | TTWWTP別館::::::
 今韓国では、政府与党と野党ハンナラ党との間で激しい争いが繰り広げられている。親北色を強める政府与党に対して野党が救国運動を宣言するという構図だが、焦点は国家保安法だ。この国家保安法は、北朝鮮スパイの取締や北朝鮮を礼賛する思想を統制する根拠となっていた法
2005/10/24(月) 17:06:53 | 外交のファンタジスタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。