管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 全て嘘に聞こえるのはなぜ?
 今月15日、中国は上海で行われていた『上海協力機構』の首脳会議。この会議には、核開発問題で注目を集めるイランからアフマディネジャド大統領が招かれ、オブザーバーとして参加。イランへの圧力を強める米国への牽制、あるいはイランの後ろ盾になろうということなのか。

 中国とロシアが中心となり、中央アジア4カ国が参加して作られたこの『上海協力機構』は、超大国である米国に対抗する、いわば『反米連合』の性格を持つ。中国側は『上海協力機構は同盟を結ばず、対抗をせず、第3者や第3国を標的としない組織だ(asahi.com)』と説明していますが、そんなものは誰も信じない。

 当然、米国はオブザーバーとはいえ、イランの上海協力機構会議への参加に神経を尖らせており、参加させた中国やロシアに対しておかんむり。ちょっとした嫌がらせなのかどうなのか、会議開催の直前に、中国企業がイランの大量破壊兵器開発に協力したとして制裁措置を発動(中国情報局)。

 『ああ、やっぱり裏で繋がってやがるんだな』という感想ですが、タイミング良く(笑)制裁措置を発動されてしまった中国様は、例によって猛反発。こちらをご覧下さい。(中国情報局から以下引用)


外交部:イランへの軍事支援否定「米国政府は無責任」
2006/06/16(金) 11:25:42更新

中国外交部の姜瑜・報道官は15日に行われた定例記者会見で米国政府を強く非難した。イランの大量破壊兵器の開発に協力したとして、米国政府が中国企業4社などに制裁措置を発動すると発表したことに対して「米国政府の対応は道理がないし、無責任だ」と反発したもの

姜報道官は「中国政府は大量破壊兵器の拡散に断固反対し、いかなる企業や個人も拡散に関与することを禁じている」「米国政府は制裁措置発動の発表前に中国企業が関与したとの明確な証拠を示していない」と反論した。

さらに「大量破壊兵器の拡散防止という点で両国の利害は一致しているが、米国政府のこうした対応は両国関係の発展を損なう」「米国政府は制裁措置の発動を撤回し、制裁措置を通じて中国に圧力をかけるという誤った外交的手段を放棄してほしい」とコメントした。(編集担当:菅原大輔)


 最後に『誤った外交手段を放棄して欲しい・・』と哀願調になってるところが、いつになく弱気で素敵ですが、毎度のごとく全否定しておられるので、ついつい疑ってしまう。仮に中国側の説明が本当だとしても、『中国は他国を侵略したことはない』とか、昨年勃発した『反日デモ』という名の暴動を指して『あれは反日デモではない』と言い放つなど、超ド級の嘘をつくのが常となっているので信じられない。

 それに、中国企業がイランの大量破壊兵器開発に手を貸した、という理由で制裁を発動されたのは、今回が初めてではない。制裁はここ数年、何度も発動されてますので、中国は限りなくクロに近いのでしょう(中国情報局)。世界中に『不透明なかたち』で武器をばら撒きまくってますし。ということで米国よ、そろそろ企業ではなくて、中国そのものへの制裁措置を発動する時じゃないか?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
>『誤った外交手段を放棄して欲しい・・』と哀願調になってるところが、いつになく弱気で素敵です

がぁははっ! ほんと素敵だ。

日本が相手だと『反省し、放棄すべきだ』ですものね。

そんな弱気な発言してたら、金正日が米国に事大しちゃいますよ(笑)。
2006/06/19(月) 18:43:27 | URL | ドスタム将軍 #-[ 編集]
冷戦第二幕
個人的には『上海協力機構』の行く末に興味津々です。
中央アジアの独裁国家群とロシア、支那それにイラン、将来的な含みとしてパキスタン。ユーラシアの非民主国家の揃い踏み、しかも陸続き。おまけにインド洋、ペルシャ湾へのアクセスを確保。経済ブロックとして独立可能だし、軍事的にもかなりの能力を持つ。
冷戦第二幕の始まりか。小ずるいインドが間に立ち、両陣営から上手く利益を吸い出すんだろうナ~。
日本はおだてられ、インドに大金をつぎ込むのだけはヤメて欲しい。インドはカースト制を社会基盤に組み込んだ世界第二位の非民主主義国家。
2006/06/19(月) 20:32:44 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
発表で済んでいる内にってことでしょう。
>米国政府は制裁措置の発動を撤回し、制裁措置を通じて中国に圧力をかけるという誤った外交的手段を放棄してほしい
 多分、この三社で済む間にイランから手を引けというサインでしょうね。ただ、この手の取引ってイランが事実を公表したら藪蛇ですから中国としてもお願いするしかないと。日本もこれくらいきつい対応が取れれば良いんですが。やっぱり核を持ってないと言う事聞きませんかねえ。あの国は。
 石油が生命線なのはアメリカも同じ。虎の尾を踏んでしまったんでしょうね。
2006/06/19(月) 20:33:40 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
アイヤァァァ~ッ!、美国はチウゴクに言い掛かりつけてるのココロ!!、直ぐに止めるヨロシ!!、プリ~ズ、ウッフーン
やじざむらいさん、こんにちは。
悪の枢軸を強力にバックアップする、謂わば、悪の元締めシナー君。反米仲良しクラブに悪の枢軸でもアメリカ嫌い最右翼、アフマディネジャドさんが出席したとなりゃ、口では関与を知らぬ存ぜぬとトボケちゃみても、バレバレの言い逃れはサルでもわかります。
んで、そんことを指摘されて返答に詰まり、いつもの逆ギレ、チャイナ・ファビョーンを爆発さして猛反発。
まあ、口を極めて非難はしちゃいますが、本心では、アメリカの機嫌損ねたら、ただでさえ翳りの見え出した中国経済、致命傷を負いかねません。ひとしきり悪態ついた後は、「イジメちゃイヤ~ンのココロ」と結んで、珍しく弱音を吐いてます。何ともシマリません。
シナー君の嘘は、嘘の内容そのものも勿論ですが、超異次元的な凄まじい開き直りが特徴。バレまくってんのに、
「やってないアル!、言い掛かりをつけて評判を落とすつもりアルカ!」
・・・何てファビョられて、日本も何度、開いた口を塞がらなくさせられたでしょう。一々被害妄想に走るのはニダー君同様、儒教に毒された特亜の悲しい性なんでしょうか。
嘆いてみても仕方のないこってすが、我々日本人は、なんでこうも隣人に恵まれなかったんでしょうか、因果なもんです。
「電波民国」に、「朝鮮僭主主義人民脅迫国」、んでもって、「つーか、人民凶悪国?」まで揃ちゃってます。
・・・特亜アイヤ節、アー、コリァコリァ・・・。
2006/06/19(月) 20:36:31 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
中共の覇権主義を除けば、中国人・華僑・中国の企業に共通して言えることは、とにかくカネが好きなこと。金さえ儲かれば人殺しは朝飯前。国家の機密情報や核の技術だってカネ次第でどうにでもなるし、現実問題として、炭鉱爆発や猛毒垂れ流し、メチル入りのニセ酒販売だって、人命なんかよりゼニさえ儲かればという精神構造の現れでしょう。たとえ中共がやらなくても、私企業がイランを支援していても全然おかしくありません。
2006/06/19(月) 20:44:34 | URL | 未定 #-[ 編集]
例え単なる言いがかりでも何かについて無かったことを証明するのが大変なのは南京やら朝鮮関係の強制連行やら従軍慰安婦やらで日本が経験済みですから、特アがしてきたことが若干形を変えて自身に降りかかってきたようなもんでいい気味ですね。
それにつけても世界の問題児たちが群れてコソコソ相談している様でいやらしいったらありゃしない。
2006/06/19(月) 22:20:03 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
その手が汚れていないのを証明したければ
中国が責任持ってイランの核開発計画を中止させればいい。

それが一番の方策だと思いますが?
2006/06/20(火) 02:17:12 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
昔の名前で出ています
「上海協力機構」関連のニュースを読みながら、過っての「バンドン会議」(1955年4月にインドネシアのバンドンで行なわれた。反帝国主義、反植民主義、民族自決の精神を看板に、非米・非ソ連いわゆる第三勢力の存在を確立を目指した。)のことを思い出しました。
この会議の主役は、中共の故周恩来と印度の故ネールでした。
今回は、中共・印度に加えズッコケ露助で非米同盟作りですか。まあ、NATOに対抗する、ユーラシア大陸同盟(集団安全保障組織)と見なすべきでしょう。
米国がイラクで忙殺されてる隙きに、米英単独覇権(特にエネルギー面)を外堀から埋める戦略かな?

なんらかの事情(私的には、エネルギー問題だと想います)で、各『上海協力機構』(SCO)のメンバーは、野合している様なものです。歴史的にも、同盟相手として、信頼に足る国々か如何かは、議論のある所でしょう。かっての「バンドン会議」参加国が、空中分解した如く、このSCOも、如何なることやら。

まあ、ユーラシア大陸をめぐ、米・英 vs 中・露・印の新たな” The Great Game”見物も一興かと。尚、我が国の様な「おぼこ娘」は、この種の” The Great Game”には参加しないこと。(身包み剥がれて、手篭めにされますよ。)


2006/06/20(火) 02:26:58 | URL | 大五郎 #-[ 編集]
嘘とかそういう次元じゃない。
仮想空間でやってる討論だからな。

事実云々前にとりあえず対抗言論。
2006/06/20(火) 07:06:12 | URL | ろぎあ #uSc1gp/6[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。

>ドスタム将軍さん

そんな弱気な発言してたら、金正日が米国に事大しちゃいますよ(笑)。-

わははは・・テポドンが中国のどこかに落ちたりして(笑)。

>光源氏さん

冷戦第二幕の始まりか。小ずるいインドが間に立ち、両陣営から上手く利益を吸い出すんだろうナ~。-

インドはちゃっかりオブザーバー参加してますしね。

>暇人さん

ただ、この手の取引ってイランが事実を公表したら藪蛇ですから中国としてもお願いするしかないと。-

なるほど。イランが態度を変えて、査察などを受け入れたら、バレちゃう可能性がありますね(笑)。

>怒る小市民さん

おはようございます。

シナー君の嘘は、嘘の内容そのものも勿論ですが、超異次元的な凄まじい開き直りが特徴。バレまくってんのに-

わはは・・そうですよね。日本に対して悪いことをしたことなどない!って言い放ったキ印が居ましたね、確か。

>未定さん

たとえ中共がやらなくても、私企業がイランを支援していても全然おかしくありません。-

そうですね。中共が妙に庇い立てするから、怪しく感じちゃいます。そんな会社があるかもね~と言っとけば良いのに(笑)。

>日本大好きさん

それにつけても世界の問題児たちが群れてコソコソ相談している様でいやらしいったらありゃしない。-

メンツがちょっと嫌ですね(笑)。

>煬帝さん

中国が責任持ってイランの核開発計画を中止させればいい。-

これができれば、国際社会から評価されるだろうに。

>大五郎さん

なんらかの事情(私的には、エネルギー問題だと想います)で、各『上海協力機構』(SCO)のメンバーは、野合している様なものです。-

そうですね。インドやモンゴルなどはオブザーバーの立場から先へは踏み込もうとしてないようです。このまま参加国が
増えず、中露が仲たがいして分解~という流れになるんでしょうか。

>ろぎあさん

事実云々前にとりあえず対抗言論。-

そうか。話が通じないわけだ。
2006/06/20(火) 08:08:07 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。