管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総理靖国参拝 『言葉の批判以外 実害なし』
 昨日の総理靖国参拝により、一通り国内、海外の批判は出揃いました。国内では自民党と国民新党以外の政党は殆どが反対の意見を表明。マスコミも一部を除いて中韓の批判を招く懸念を表明したり、否定的な発言を中心に取り上げました。海外からは相変わらず中国と韓国が反発し、中国は外相会談の中止を通告、韓国はおなじみの『アレ』な人々が日本の国旗を食いちぎったり、総理の写真を焼いたりと目新しい反応はありませんでした。若干ネタ切れなのかな?

 政府要人の会談日程変更や中止に関しても、中韓に加えて北朝鮮以外の国ではありえませんが、これらの国は日頃から良く使う手なので、特になんとも思わなくなりました。中国との外相会談で予定されていたガス田に関する協議の中止も彼らの『既定路線』の内であり、既成事実を作って資源確保をするために『対話』など求めていません。中国は靖国参拝を非難することによって日本国内の政治家、マスコミに『日中友好』を理由に批判させ、政府が身動き出来なくなる事を狙っているのであって、ガス田開発を進め、パイプラインを敷設する『時間稼ぎ』が出来れば良いと考えているのです。

 韓国に関しては、既に中国や北朝鮮に対する日米の陣営から離れ、『あちら側』についていることから、日本側が韓国を気遣う理由などなくなり、首脳会談で何かを協議したとしても、『日米側陣営の一員ですよ』とか、『北東アジアのバランサーです』という酷い冗談を聞かされるだけですので、こちらから進んで会いに行く必要などありません。

 さて、昨日元駐タイ王国大使の岡崎久彦氏が産経新聞のインタビューで、総理の靖国参拝に関して分析していますので、紹介します。(sankei web から一部引用)

 □岡崎久彦元駐タイ大使

 ■言葉の批判以外 実害なし

 秋の例大祭初日に小泉純一郎首相が参拝したが、その内容は(背広姿で記帳しないなど)重々しくされないで、かなり軽くした。もう少し重く、公式参拝、または公式参拝に近い形でも、日中関係、日韓関係に言葉による批判以上の実害はないという点では同じだと思う。

 行きがかり上、中国、韓国による批判は当然、予想していたが、大使館や政府スポークスマンなどは激しい言葉遣いをしないと自分の立場が危なくなる人たちだ。日本に言っているのではなく、自分の後ろに向かって言っているのだと解釈すべきだ。

 今後、数日間の中国の反応は興味深い。これによって中国の今後の対日戦略や、あるいは中国内部の権力関係、特に強硬派と穏健派などが分かってくるはずである

 言葉以上に何ができるかというと、若干の無害な交流の停止くらいはあるかもしれないが、大衆デモは到底できないと思う。そうであるなら、今後は毎年、参拝しても日中関係、日韓関係に言葉の批判以上の実害はなくなることが確定するはずだ。小泉首相でなくても誰でも参拝できる状況になるだろう。それが確定し、靖国問題の幕引きになれば、小泉首相の功績になるだろう。(談)



 小泉総理が毎年参拝することによって、私も含め、国民は中韓の批判にかなり疑問を持ったのではないでしょうか。『靖国』という存在自体を深く知ることにも繋がり、戦前、戦中を知らないない若い世代の多くが靖国に肯定的になったことや、A級戦犯と呼ばれている人達とは一体何なのか?という疑問からアプローチし、東京裁判、第二次世界大戦、大戦前の世界情勢、日本のおかれていた立場などを掘り下げて知るきっかけを作った事は大変意義深い事だと思います。

 一部、教条的に大戦前の日本を否定する勢力が靖国参拝を批判し続ける中、不戦の誓いを込めて参拝していると言い続けた小泉総理の姿に嘘偽りは見出す事は出来なかったし、今までの日本が変だったのか?と、逆に考え直す事になりました。

 小泉総理の任期は来年の9月まで。これまで春、秋の例大祭、正月に参拝してきました。残るは8月15日の終戦記念日のみ。来年のその日には、戦後を克服した日として後の歴史に残るような記念日にしてほしい。

  

 banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。



 追記: ブログを始めて1ヵ月が経過し、カウンター設置から1ヵ月を待たずに1万ヒットを達成しました。多くの方にご訪問頂き、大変感謝しております。これからも精進して参りますので、宜しくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:小泉首相 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
平服での参拝は小泉さんの深謀遠慮か。
小泉総理が今回、正装での昇殿参拝をしなかったことに不満もありましょうが、私は好意的に受け止めます。ズボンのポケットから財布を出したというのは格好悪かったけれども。

あえて一般国民と同じように拝殿での簡単な参拝を済ましたことは、「私人として、普通の日本国民としての参拝」を私たち国民にアピールされたのではなかろうか。

「私小泉は一日本人として、戦没者の諸霊に感謝と哀悼の気持ちを捧げるために靖国神社を訪れた。こんなごく普通の形式での参拝までも咎めるということは、中国韓国よ、君達は日本人の信仰の自由を踏みにじっているのだ」と、無言のアピールを我々国民にしたのではないだろうかと思う。
2005/10/18(火) 23:14:06 | URL | 縁光 #kpjYxc8I[ 編集]
>緑光さん
様々な批判や総理が置かれた立場を考慮した形の参拝でしたね。
国内的なアピールはもちろんの事、ポケットからマネーを出してお参りする姿は、文化的な違いの大きい西洋の人々にも分かりやすかったのではないでしょうか。

私は、どのような形であれ、参拝し続ける事が重要だと思います。
外国の政治カードに使われている事が悔しくてならないですが、参拝の理由を曲げずに続けてきた事で、無力化されつつあると感じています。
2005/10/18(火) 23:43:41 | URL | 管理人 #-[ 編集]
永住外国人参政権の危険性について…。
 
永住外国人参政権の危険性について…。
http://park6.wakwak.com/~webyama/CitizenWar/kankoku/Kage06.htm
 
2005/10/19(水) 02:38:01 | URL | way #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
主な新聞の今日の社説の一部を引用朝日新聞靖国参拝 負の遺産が残った
2005/10/18(火) 12:27:05 | Here There and Everywhere
毎朝参拝してから出社(じゃねぇや)すればいいんじゃん?年1回とか言ってるから注目されて大騒ぎになるんだよ。外野がうっせぇから、靖国行くのがアタリマエ(byアルシンド)にしちまえ。
2005/10/18(火) 12:47:19 | すらてんぷ
タイムリーなことに、「小泉首相は<歴史カード>の象徴と化した靖国神社参拝を行い、華夷秩序には決して隷属しないという強い意志と覚悟を身を以って示すべきでしょう」と書いた翌日に、小泉首相はジャラ銭を握り締め九段へ赴きました。昨日はこの話題で持ちきり・・・・否
2005/10/18(火) 13:17:59 | 私の「認識台湾」
小泉首相靖国参拝 「心の問題」決意貫く 中韓の干渉強く牽制:産経 ◆中国は「前提」 「いつでも、いつがいいか考えていた」 昨年元日の参拝時、首相は記者団に悩ましい心境を吐露している。「心ならずも戦地で倒れた方々や、やむをえず戦場に行かれた方に哀悼....
2005/10/18(火) 14:38:00 | アジアの真実
首相が靖国神社に参拝する事でこれだけ毎回騒がれると見ている側として正直飽きが来る位だ。もう年中行事といっても良い図が出来上がってしまっている。小泉首相靖国参拝→中・朝大騒ぎと言う図が。大阪高裁で出た“首相の靖国参拝は違憲と言う判断”はあくまで判断であり判
2005/10/18(火) 18:44:31 | 日々月々年々思う事
引き続き小泉首相の靖国神社参拝ニュースに関して考えてみたいと思います。「アジアの真実」ブログでも引き続きコメントされています。私の基本的スタンスとしては、戦時中の「靖国神社」「英霊」と言う考え方を支持する物ではありません。これらの考え方が国民を戦争へと駆
2005/10/18(火) 19:08:13 | 真夜中の砂布巾
小泉首相の靖国参拝はないと考えていたが、さい銭を投じ拝礼をしたらしい。本殿に昇殿もせず、記名もない。約束の8月15日でもなかった。
2005/10/18(火) 23:20:10 | 1喝たぬき
小泉首相による靖国参拝から一夜明けて、各新聞社などの記事が出揃ったところで、mumurブログさんの記事で面白い比較等を行っていました。興味のある方を是非見てみる事をお勧めします。朝日が思ったより控えめであったようです。とは言え、首相が靖国参拝を行う前日の社説
2005/10/19(水) 03:08:52 | ぱっとんな日々
昨日、午前10時過ぎ小泉首相が靖国神社を参拝しました。ス
2005/10/19(水) 09:13:59 | なめ猫♪
 小泉純一郎首相は17日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。就任以来5回目の参拝は過去4回と形式を変え、本殿には上がらず一般参拝と同じように拝殿前で済ませた。A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社への参拝に中国や韓国が強く反発しており、今後の外交日程
2005/10/19(水) 22:01:02 | ざわとーく新館
 10月16日の夜、たまたま下記記事のタイトルを目にした。台湾の李前総統は、「小泉首相の靖国参拝は当然」と中国を批判しているようであった。 ・小泉首相の靖国参拝は当然 李前総統、中国を批判  共同通信 2005年10月16日 (日) 15:13  その翌日(10月17日)
2005/10/20(木) 00:10:24 | こん
 今日は国会で党首討論があり、民主党の前原代表が小泉首相への質問の中で  「・
2005/10/20(木) 00:54:50 | 科学で政治・社会を考える:論理政治科学研究室
小泉首相が靖国参拝へ 中韓の猛反発必至あなたは、参拝に賛成?反対?で、その理由は?よく考えてみよう。来年で、任期が切れる首相が、何故参拝しているのかを・・・ 本日、靖国神社秋季例大祭に合わせて小泉首相が参拝と報道された。例によって中国と韓国....
2005/10/20(木) 15:35:17 | 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
小泉首相の靖国参拝を受けて、内外さまざま取り上げられている。ブログでも、この件に関する記述が多いが、はっきり言って、何も知らない、あるいは新聞やテレビで聞きかじった程度で意見を述べている人があまりに多い。もちろん、「なるほど」とこちらが学ばせていただい..
2005/10/20(木) 15:36:42 | 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
先日の北朝鮮による拉致事件に関係の疑いのある北朝鮮系施設への家宅捜索をほとんど報道しなかった荒狂放送NHK。小泉的靖国参拝は懇切丁寧に放送するのね。 どこの国の公共放送ですか?| ̄|○ 
2005/10/21(金) 00:15:02 | 神のいどころ
またぞろ「靖国神社参拝」大騒動が勃発しました。私がニュースフィードに入れているブログの更新が皆さん、靖国一色だったのには参りました。私が購読しているブログは全て(条件付き)賛成でした。このことは、私が、いかに「偏向した右翼的」政治信条を持っているかを物語
2005/10/21(金) 08:45:57 | 言語学研究室日誌
■Debating a non-issue(どうでもいい問題について討論します。)
2005/10/21(金) 11:34:45 | ピースファクトリー:高知
小泉総理が靖国神社の秋季例大祭にて『靖国参拝』を行った。そして、いつものとうり、いつもの極東3馬鹿国が反発して、外相会談やバ韓国大統領ノテイウの日本訪問をキャンセルするそうだ。良かったではないか、いっそうのこと、極東3馬鹿国とは『国交』の縮小を図り、アジ
2005/10/22(土) 10:46:27 | 手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ
ある意味、こつこつ積み重ねた結果なのでしょうか。近年、靖国問題などで日本を批判しても「なしのつぶて」状態が続いていたため、韓国もこれ以上言っても無駄だということを悟ったようです。以下引用世論も比較的静かで、反日デモなどはほとんど見られない。対日....
2005/10/24(月) 22:52:37 | BBの独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。