管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日中局長級協議再開 御用聞きはもう沢山
 今回のエントリーでは、久しぶりに東シナ海ガス田問題を取り上げてみたいと思います。今年三月、中国の北京で行われた日中局長級協議にて、中国は日本側の提案を拒否した上で、新たな提案を出してきました。その内容は日本の領土である尖閣諸島周辺海域をも含むのでは?ということで、日本では大騒ぎになりました。

 日本側をバカにしたような提案ということもあって、かなりの反発が巻き起こりましたが、『話し合い命』の二階経産相は、特に何をするでもなく、協議を継続していくことを表明。そんな中、今月18日に局長級協議が再開されるようです。(asahi.comから以下引用)

東シナ海のガス田開発 18日に日中局長級協議
2006年05月13日23時48分

 東シナ海のガス田開発をめぐる日中両政府の局長級協議が18日に東京都内で開かれることが決まった。日本側は、3月の前回協議で中国側が提案した同海の北側と南側2カ所の共同開発海域について、詳しい説明を聴きたい考えだ。日本政府内には、北側については中間線を挟んだ海域ではないかとの見方があり、そうであれば日本の主張に重なるため、確認できれば「日本側に一部歩み寄った」(外務省幹部)として新たな提案をすることも検討している。

 日本側から外務省の佐々江賢一郎・アジア大洋州局長、資源エネルギー庁の小平信因長官ら、中国側は外務省の胡正躍(フー・チョンユエ)アジア局長らが出席する。

 前回の協議では、中国側は南北2カ所の海域が中間線を挟むかどうかは明らかにしていない。中国側は中間線そのものを認めない立場で、ガス田開発問題の発端となった春暁(日本名・白樺)ガス田についても、中間線をまたぐ共同開発を求めた日本側の提案を拒否している。

 また、両政府間では日中外相会談の可能性を探る局長級協議も17日に開かれる予定だ。

 
 また御用聞き『だけ』で終わりそうな予感。中国側が出してくる提案に日本が対応する、という形がさも当たり前のようになっていますが、そんなことで良いのか。中国は新提案とやらを出す事と平行して開発を進めています。今も勝手に開発を続けているんです。

 中国が一方的かつ勝手に開発しているという現実があるのに、新たに出された提案とやらに振り回される。そして中国が今やってるガス田開発は問題視されなくなる・・なんてことにならないだろうか。というよりも、二階氏が交渉担当のトップである限り、この方向で事が進んでいくことは間違いないのでしょう。

 相手の出方を見るばかりで、自分達からは何もしない。そんなことでは相手の思う壺にズッポリ。協議を重ねる毎に中国に押し込まれることになるのは目に見えている。ではここで、日本と同じく、中国と領土、領海、海洋権益に関して問題を抱える国の動きを紹介したいと思います。(東京新聞から以下引用)


ベトナムが携帯電話網

 【北京=白石徹】ベトナムの通信最大手ビナフォンが南沙(スプラトリー)諸島で携帯電話サービスを開始することに対し、領有権を争う中国が強く反発している。豊富な海底石油資源が眠る南沙諸島周辺では、共同探査も進められており、その一方でベトナムが通信施設を建設することは中越関係の新たな火種になる可能性もある。

 ビナフォンはこのほど南沙諸島に含まれる島に電波の送受信設備を建設し、六月から携帯電話サービスを開始すると発表。これに対し、中国外務省は「中国が主権を有する島やその周辺海域での、いかなる国によるいかなる行動もすべて違法であり、無効だ」と批判を強めている

 中国とベトナム、フィリピンの国営石油会社は昨年三月、南沙を含む南シナ海で石油、天然ガスの共同探査を進めることで合意。三カ国は領有権を棚上げして資源開発を優先させようとしていただけに、ベトナムによる突然の通信網整備は各国を困惑させている。

 ベトナムは二〇〇四年四月に南沙への観光ツアーを組織したり、軍の物資輸送用の飛行場整備を進めるなど領有権に固執してきた。

 南沙諸島をめぐっては、中国とベトナム、フィリピンのほか、台湾、マレーシア、ブルネイも領有権を主張している。


 こういうのを主導権を握ると言います。何もしないで中国に振り回される日本とは大違いだ。記事の中で『ベトナムは領有権に固執してきた』と書いてありますが、そんなものは固執して当たり前。友好の海にしよう!なんていう寝言を信じていると、気がつけば全部中国様のモノになってました、というオチがつく。だからこそベトナムは先手を打った。

 中国側は『中国が主権を有する島やその周辺海域での、いかなる国によるいかなる行動もすべて違法であり、無効だ』などとブチ切れてますが、ベトナムは何とも思わずお互い様といったところでしょう。衝突も辞さない覚悟はあるでしょうし、中越は南沙諸島を巡って、実際にこれまで衝突してきた過去がある。

 別に武力衝突が良いことだとは言いませんが、『意思』の違いは交渉事において大きな差を生む。一方は無理押ししてでも開発する気マンマンで、一方は衝突は嫌だからといって話し合い『だけ』に固執する。やったもの勝ちになるのは当然です。

 どんな批判を受けても馬の耳に念仏で、『中国様命』の二階氏に言っても無駄なのかもしれませんが、屁のツッパリにもならない『話し合い』を続けてないで、ベトナムを見習って一度でいいから中国を振り回してみろ!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:中国は日本との戦争を望むのか?
関連エントリー2:中国 口と同時に手が出ます
関連エントリー3:二階&朝日新聞 中国様へ贈る見事な連携プレー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アリバイか踏み絵か?
 ここまでくると、未だに二階氏のクビが飛ばされていないのはアリバイ作りの為ではないか?という気がしてきます。ここまで誠意を尽くして交渉したけどというアリバイ用。終戦記念日の靖国参拝と二点セットで試掘開始する気ではないか等と。首相判断で試掘して二階氏以下媚中派を一気に切るか楽しみです。その前に二階氏がヤバイと感じてやめて対中強硬派が出るか?
 二階氏にとってこの問題は踏み絵みたいなものですから。ええ加減媚中派から転ばないとろくな終わりが待っていない事解っている筈なんですけどね。
 問題は我が国は在外邦人保護の為に自衛隊を使えないし、いざというときの為の法体系が未だに整備されてない。
 あるいは、未だに交渉にしているのは、試掘船を護る体制が整っていないからかもしれません。整ったら二階氏切って一気に試掘であって欲しいです。
 整備されていれば、ベトナムみたいにいざとなったら軍隊使っても主権を守るというオプションが取れるのに。
 これも9条という非現実的なものが存在しているから何ですけどね。
 人類皆善人が前提の家内安全のお札でしかない9条はさっさと廃止すべきです。法律は現実の、悪意に満ちた世界に対処する為の根拠であって、性善説の哲学を説くものではないのですから。
 法律に過ぎない憲法の適宜改正のシステムすら手をつけられなかった現状が早く変わる事を望みます。
 護憲派のような日本国憲法教徒は日本にとって有害でしかないですしね。
2006/05/15(月) 09:12:06 | URL | 暇人 #-[ 編集]
阿Qのまま
 支那が他者と物事を取り決めるとき、或る種のパーターンがあるようですネ。
 三国志など稗史小説で英雄豪傑が初めて邂逅する場面では、必ず双方互いにガンを飛ばし次に三合五合と打ち合ってから「ムムッ、お主やるな」となり、一杯飲みながら「生まれた時は違っても、死ぬ時は一緒ゾ」と、クサい科白を吐き義兄弟の契りを結ぶ、そんなパターンが多いようです。
 歴史の世界でもガンを飛ばし打ち合ってから関係を、義兄弟という上下関係を結ぶ、そんな気がします。その失敗例がアヘン戦争であり日清戦争でしょう。
 頭の中はいつまでも阿Qのまま、周りはエラい迷惑します。日本もそろそろ阿Qへの対処の仕方を覚えても良い頃だと思います。
2006/05/15(月) 09:55:52 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
ガス田
試掘をやって「経済産業大臣」である二階氏に何の困ることがあるんでしょうね。

面倒が生じたら交渉をするのは外務省の役目だし、政治信条から中国とは敵対するような行為はしたくないと言うのなら大臣の職を辞すべき。

彼には自分の立場が分かってるのか甚だ疑問ですね。
2006/05/15(月) 12:58:15 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
ここで軍運用を思考
ここで軍拡は必要ないが、法制度の整備に合せ、非核三原則など糞食らえ閣議でチャラ、持てる物は持とうと考える事が必要な時期、相手が日本を目標にしてるのが「みえみえ」なのに遠慮してる事は無い時期だと思うんですが。
外務省も子供の使いじゃ無いのだから何か話が有るの?位の口を利いてやれ。
2006/05/15(月) 13:04:03 | URL | 嫌! #-[ 編集]
有効な一手
O階氏は地元の施設を中国に供与したと報じた某誌と係争中ということをどこかで読みました。本当ですか?

何とか有効な一手を打てないものでしょうか?関係省に国益を考える人はいないのでしょうか?たとえ担当大臣といえども0階の一存にはいかないのでは?
2006/05/15(月) 14:11:08 | URL | 三階 #-[ 編集]
冗費を垂れ流して呼びつけられてないで、結果が一緒なら交渉なぞメールかテレビ電話で済ませれば良いのに。支那に言いたいこと言われるだけで交渉そのものは何一つまとまらずの繰り返し。どっちの政府も学習能力皆無なのか故意なのかバッカじゃないの?と思いますが、一方で支那だけは時間稼ぎできて目的は達成してるからそれで良いと思ってそうで不快です。
なんであれ、毎回自分のワガママを主張するのに他人を呼びつけて自分から出向こうとしない態度は傲慢すぎます。
日本政府も”用件あるならそっちが来れば?”とか言えないのは直に会って密室でアレコレしたいからなのでしょうか?
2006/05/15(月) 15:29:28 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
オイラのスタンス♪
いちれつ談判破裂して 日本もドンドン
開発せぇ~

2F更迭、中川リポスト・・つーぐらいの強硬さで臨むことを望む。
2006/05/15(月) 17:40:07 | URL | 孤独のヤマネ #5OgwWyj6[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。

>暇人さん

終戦記念日の靖国参拝と二点セットで試掘開始する気ではないか等と-

そうなれば、タイミング的に面白いですね。総裁選にも影響を与えそうです。

>光源氏さん

日本もそろそろ阿Qへの対処の仕方を覚えても良い頃だと思います。-

そうですね。まず『違う』ということをハッキリ認識する必要がありますね。

>煬帝さん

政治信条から中国とは敵対するような行為はしたくないと言うのなら大臣の職を辞すべき。-

仰るとおりですね。試掘ごときが敵対行為だと思うのなら、尚更です。

>嫌!さん

相手が日本を目標にしてるのが「みえみえ」なのに遠慮してる事は無い時期だと思うんですが。-

歯痒いですね。いつになったら気付くのかなあ・・

>三階さん

O階氏は地元の施設を中国に供与したと報じた某誌と係争中ということをどこかで読みました。本当ですか?-

ああ、私もそんな記事を読んだ覚えがありますが、どうなってるんでしょうか、私は存じません。申し訳ない。

>日本大好きさん

支那に言いたいこと言われるだけで交渉そのものは何一つまとまらずの繰り返し。-

結局こうなるでしょうね。煙にまかれて終了でしょう。何度やっても同じだと思うんだけどなあ・・

>孤独のヤマネさん

2F更迭、中川リポスト・・つーぐらいの強硬さで臨むことを望む。-

中川さんに戻って欲しいですね。
2006/05/15(月) 18:30:33 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アーチを組んだ石造りの頑丈な家は地震のような大きな外力に強く、解体しようとしても中々大変である。戦後日本人の精神構造はこの家のように頑丈で、変えようとしても変えるのが極め
2006/05/15(月) 12:18:43 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
国連分担金 政府、支払い見送りも 改革案 総長に打開迫る (産経新聞) - goo ニュース 政府は平成十九年からの国連予算分担率の交渉が今年末までにまとまらない場合、分担金支払いを見合わせる可能性が強いことが十四日、明らかになった。日米などの改革案に中露が反発し
2006/05/15(月) 17:34:41 | 電脳空間「高天原」
昨日、7日より第5回日中戦略対話が北京の釣魚台で始まり、8日には場所を貴陽に変えて行われています。日本側は谷内外務次官が中国側は戴秉国外交部副部長が出席しています。例により今のところ新華社は、この会談の様子を非常に簡潔な記事で会談があるということだけを伝え
2006/05/15(月) 22:41:15 | 中南海ノ黄昏
「職務重圧で自殺」上海領事館、遺体引き取り時に説明領事館員の「職務重圧で自殺」、査察結果になしよくわからん!!!↓クリックでランキングチェック!! "某赤い国Life 別室”もよろしく!!
2006/05/16(火) 11:55:11 | 某赤い国Life
スプラトリー諸島(日本語|日:南沙諸島)とは、南シナ海に浮かぶ約100の小さな島々。諸島全体は大変小さな島々で構成され、互いの距離は十数キロメートルから数十キロメートル程度で位置している。一般の人が普通に居住できる環境ではなく、島そのものにはほとんど価値がな
2007/08/08(水) 15:33:21 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。