管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国からインドへ 『赤い国 みんなで出てけば 怖くない』
 東シナ海の日中中間線付近で一方的にガス田開発を進める中国。のみならず、今度は中間線の日本側に一般船舶の航行を禁ずる海域を設定するというナメた行動に出ていることが一昨日の報道で明らかになり、当ブログでもこのニュースを紹介しました。

 日本側の主張を聞くことも無く、また考慮する事も一切しない中国の行動には、改めて怒りが湧き上がってきますが、友好!友好!と叫び続け、金をジャブジャブ突っこんだ結果、もたらされたのは敵対行為。関係を一から考え直す必要に迫られています。

 そんな中、政府はある決定をしたようです。まずこちらのニュースをご覧ください。(sankei webから以下引用)

対中ODA、無償資金協力も打ち切りへ

 政府は16日、中国に対する政府開発援助(ODA)について、返済が不要な無償資金協力を打ち切る方針を固めた。今年夏にも正式決定する。中国が経済発展に伴い、無償資金協力の対象国としてはすでに不適当だとの認識に加え、歴史認識、東シナ海の石油ガス田開発問題をめぐる中国の対応に対し、国内から強い批判が出ていることを踏まえ、判断した。

 政府は対中ODAの減額分をインドに振り向ける方針で、ODAの面でもインド重視の姿勢を鮮明にする

 政府は対中ODAのうち、円借款の新規供与を平成20年の北京五輪前までに打ち切ることを決めており、これに続いて無償資金協力も全面的にストップすることになる。停止年限を定め無償資金協力を一気に打ち切るか、あるいは供与額を漸減させていき最終的にゼロにするかは今後、検討する。ただ、省エネや環境対策などを中心とする技術協力は当面、継続する方針だ。<後略>


 よしよし。やっと打ち切りを決断しましたか。まあ、無償援助自体はそんなに大きな金額ではありませんので、これで一気に中国が困った事になる・・とはならないでしょうが、無原則の資金援助はしないというメッセージにはなるでしょう。

 この決定に先駆けて、麻生外相は講演でODAについてこう述べています。(Yahoo ニュースから以下引用)

対中国ODAは環境分野に 麻生氏「共益につながる」

 麻生太郎外相は15日、広島県呉市内で講演し、中国に対する円借款などの政府開発援助(ODA)供与について「環境問題に絞る」と述べ、今後は環境分野に特化させていく方針を示した。

 麻生氏は中国で公害が深刻になっていることを指摘し「環境問題を十分支援するだけの金を用意する気はあるし、技術指導も可能。向こうのニーズもあり、日中共益につながる」と強調した。

 中国側が中止を求めている首相の靖国神社参拝については「中国からワンワン言われたから行くのやめます、なんてできない」とあらためて表明した。
(共同通信) - 4月15日21時0分更新


 ワンワンって・・犬コロ扱いですか(笑)。麻生さんは面白いなあ。確かに、狂ったように吼えまくってますから表現としてはピッタリです。おっと、話が脱線してしまいました。

 環境分野に特化するとはいえ、まだODAを続けるのか!という不満もあるでしょうが、これまではインフラの整備にかなりの額を拠出してましたので、それが無くなっただけでも良しとしましょう。が、政府、外務省が環境分野に特化するという方針で行くのならば、裏の対中ODAであるアジア開発銀行からの資金提供にもこの際ストップをかけて欲しい。

 政府がインフラ整備などに金を出さないと言っても、アジア開発銀行は以前のODAと同じでインフラ整備に資金を提供し、その上さらに無償援助まで行なってる。こっちを見直さないとあまり意味がない。管轄は違いますが、麻生外相にはこの点をツッコんで頂きたい。

 さて、まだ問題はあれど一応、政府は中国からインドに目を向けつつあります。これは素直に歓迎したいところですが、日本とインドが関係を強化して困るのはだーれだ?(Yahoo ニュースから以下引用)


印の常任理事国入り支持も 中国、日本との決別が条件

 【ニューヨーク14日共同】中国の孫玉璽駐インド大使は14日の講演で、あらためて日本の国連安全保障理事会常任理事国入りに反対する一方、インドが日本とたもとを分かつなら、インドの常任理事国入り支持を検討し得ると述べた。15日のインド紙タイムズ・オブ・インディア(電子版)が伝えた。

 孫大使は、日本の常任理事国入りに反対する理由として「歴史問題に正しい態度で向き合っていいない」ことを挙げた上で「拡大安保理には発展途上国が必要。中国はインドが国際問題における役割を拡大することを望んでいる」と述べた。


 まさに必死!という感じですが、これが日中友好の正体です。仲良くしよう!関係を強化しよう!と言いながら、日本が望む常任理事国入りを阻止、それだけではなく露骨な日印離反作戦を展開。日本の友好人士はバカバカしくならないのかね?中国は少しも友好的、協力的じゃない。こんな面倒でやっかいな隣人とは一日も早く遠ざかるべきだ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:中国 口と同時に手が出ます
関連エントリー2:当代随一の売国省庁・・その名は経済産業省 二階もいるよ
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
財政の立て直しとインド支援で日本は手一杯という現実を我々国民がしっかり意識して対中蛇口をぴたっと閉める方向性を共有して行くしかないですね、地味だけど。口には出さずとも気持ちの上では支那を島流しにして遠ざける感じで良いのではないでしょうか?
とうとう支那はインドに対して常任理事国入りを外交カードにしてきましたね。インドは昭和の日本政府ほど世間知らずでおめでたくないからこんな下心まる出しの空手形にホイホイ乗ってこないでしょうけど。
2006/04/18(火) 08:41:46 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
また下策を。
 ODA打ち切り、ただし環境対策関係は継続。黄砂その他の実害が日本にも来てますからま、妥当でしょう。金じゃなくて技術のみにすれば向こうも転用できない。中国が懐が寒くなって喚き出すやり方を期待します。
>インドが日本とたもとを分かつなら、インドの常任理事国入り支持を検討し得ると述べた。
 中印紛争を覚えてないのか北京は。ま、昨日の敵は今日の友ってのは政治では当然だが、中国と日本、どっちとのつき合いに旨みがあるか。
 中国より話が通じる日本を選んで袖にされるでしょう。常任理事国は日本にとってさしたるメリットはないし、よく考えるとインドにも地位向上以外はあまりメリットがない。日本とはそれ以外のメリットが多々あるしチャンドラ・ボース以来のつき合いがある。
 麻生外相の効果的一撃と連携して中国の面子を潰す対応を期待します。
2006/04/18(火) 09:03:01 | URL | 暇人 #-[ 編集]
幾らバカでも
中国辺りにここまで、コケにされれば幾らバカでも中国と云う国を理解する事が出来るでしょう。
子供騙しの嫌がらせ、意地悪、脅し、小学校、中学校生並のレベルまで中国外交はお粗末なものに成って来ている、日本の外務省もこれを機会に上下総入れ替えをして貰いたい。
2006/04/18(火) 16:41:32 | URL | 嫌! #-[ 編集]
今の日本の経済は中国に依存するのは確かですねもし日本企業いきなり中国から撤退したらどっちが一番ショックでしょうもしODAのことで中国全土あげて反日したら日本経済への打撃は日本国内ですぐ感じられるでしょうやっと回復し始めるのに
2006/04/18(火) 17:16:42 | URL | 一刀流 #-[ 編集]
ワンワン
中共、犬ころ扱いされても、文句を言うと「ほらね」って言われるから無視せざるを得ない。
麻生さんはそこんとこが強いんだなあ。

>一刀流さん
日本企業は中国で作った安い製品を日本国内で多く消費してるんですよ。
日本企業が撤退したら日本では一時的に物価が上がるなどの影響があるでしょうが、克服出来ないわけじゃない。
中国は景気を引っ張る輸出産業が日本の資本という核を失うわけですから今年のうちにバブル崩壊の憂き目を見るでしょう。
あなたが発するのは誰のためのお言葉ですか?
2006/04/18(火) 17:49:19 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
ODA、やっと打ち切りですか。遅きに過ぎた感はありますが、まあ、良しとしましょう。しかし、アジア開発銀行が抜け道になるのではないかと心配ですが、しっかり見守る必要がありますな。環境に対する援助は続けるということですが、環境問題等は、本来自国の努力で解決すべきもの。突出した軍事予算を持ち、軍拡を続ける中共は、その予算を環境改善に回すべき。環境改善の努力もせず、公害を撒き散らして外国に迷惑を掛け、軍備だけは増強するなどという態度が国際社会で通用するはずがない。国際社会が圧力をかけ、環境改善の努力をさせることが肝要です。おんぶに抱っこはいい加減にやめて欲しい。日印の分離工作を始めましたね。インドのような国が中共の言い分をきくとは考えられないが。インドの対日感情をまったく知らないと見える。かつての日本はインドの独立を援助したことから、対日感情はとてもいい。私は足掛け2年インドで仕事をしたことがあり、インド人の日本人観というのをよく知っています。中共はこんな程度の低い外交を、頭のよいインド人に仕掛けても足元をすくわれるのがおちだと思いますが。
2006/04/18(火) 17:55:09 | URL | bulldog #-[ 編集]
痛快
麻生外相は、やかましい中国語の難癖も、イヌ語の“ワンワン”でサッパリ一蹴!w
あー、いつも爽快感を与えてくれる方ですなぁ。
2006/04/18(火) 18:42:52 | URL | マー #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。

>日本大好きさん

口には出さずとも気持ちの上では支那を島流しにして遠ざける感じで良いのではないでしょうか?-

そうですね。不言実行で締め上げていきましょう。

>暇人さん

日本とはそれ以外のメリットが多々あるしチャンドラ・ボース以来のつき合いがある。-

もっと政治的に繋がりが強くなってしかるべきな国だと思いますね。

>嫌!さん

子供騙しの嫌がらせ、意地悪、脅し、小学校、中学校生並のレベルまで中国外交はお粗末なものに成って来ている-

こんなんと仲良くしようなんてマゾですよね。真性の。

>一刀流さん

もしODAのことで中国全土あげて反日したら-

ありえません。だって人民はODAでいくら日本が払ったか、どれだけインフラ整備に貢献したかなんて全然知りません。

>煬帝さん

文句を言うと「ほらね」って言われるから無視せざるを得ない。-

そうですね。それでも喚いてくれたほうが楽しいですけど(笑)。

>bulldogさん

国際社会が圧力をかけ、環境改善の努力をさせることが肝要です-

そうなんですよね。援助じゃなくて指導しないと。
2006/04/18(火) 18:54:47 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
>マーさん

あー、いつも爽快感を与えてくれる方ですなぁ-

ホントに。思わずニヤニヤしちゃいます(笑)。
2006/04/18(火) 18:55:41 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
 小池環境相の後任に二階を押し込むのがいちばんですね。環境関係のODA継続ならクニウリセブンの二階でも、務まるでしょ(最終決定権は官邸が握っておいて)
2006/04/18(火) 21:45:38 | URL | 奈菜氏 #-[ 編集]
初めまして
こんばんは、初めまして。

個人的にインドに関心がありますので、拙ブログの2件のエントリーをトラバさせて頂きました。
インドはチベット問題やパキスタンの支援国である中国を内心は決して信頼してません。意外にインド人は受けた侮辱を忘れない性質があり、歴史問題を外交の愚にしないだけです。
2006/04/19(水) 22:39:52 | URL | mugi #xsUmrm7U[ 編集]
訂正
※上記訂正
○外交の具
×外交の愚
2006/04/19(水) 22:41:58 | URL | mugi #6DeX2V7k[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、払う謂れの無い金を毟られ続けて云十年。 感謝もされるどころか、過去のある事無い事(大半以上は無い事)で文句を付けられども、無理矢理に贖罪
2006/04/18(火) 08:48:51 | 或る浪人の手記
やっと、我が国政府も、ODAを戦略的に活用することの重要性に気づき始めたようだ。↓政府は16日、中国に対する政府開発援助(ODA)について、返済が不要な無償資金協力を打ち切る方針を固めた。今年夏にも正式決定する。中国が経済発展に伴い、無償資金協力の対象国としては
2006/04/18(火) 11:41:05 | 依存症の独り言
毎日新聞 児童買春:元外務省職員を逮捕、懲戒免職日本の官僚の腐敗はかなり深刻だな。↓クリックでランキングチェック!! "某赤い国Life 別室”もよろしく!!
2006/04/18(火) 16:11:58 | 某赤い国Life
 慶応大学に留学経験もある、前駐日インド大使アフターブ・セット氏による著作。日本通のセット氏だが単純な日本礼賛本ではなく、インド外交官のユニークな語り口が面白い。 インドは巨象の国と言われるが、象を引き合いにするところがやはりかの国の人らしい。セット氏は
2006/04/19(水) 22:29:14 | トーキング・マイノリティ
 1954年6月、周恩来とインド初代首相ネルーとの会談が行われ、平和五原則が締結された。この協定の内容は①領土主権の尊重②相互不侵略③内政不干渉④平等互恵⑤平和共存、の五つの精神からなっている。まことに御立派な原則だが、その後の中共のチベット侵攻や中印国境紛
2006/04/19(水) 22:30:40 | トーキング・マイノリティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。