管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国の立場でしかモノを言わないマスコミ
 近年、大きく変わりつつある日本外交。特に対中国、韓国、北朝鮮など『特定アジア』諸国への姿勢の変化は目を見張るモノがあります。これまでは、どんな理不尽な要求でも受け入れ、求められれば事実関係とは無関係に謝罪してきた日本でしたが、靖国参拝中止要求を筆頭に突っぱねる事が多くなってきました。

 政府の姿勢変化に連動するかたちで、チャイナスクールと呼ばれるグループが幅を利かせていた外務省も変わりつつあるように見えます。その外務省が毎年発表している『外交青書』には、これまで配慮という名で記されなかった分析が数多く登場しているようです。こちらをご覧ください。(朝鮮日報から以下引用)


日本の外交青書、北朝鮮の拉致事件対応を非難
 日本外務省は14日発表した「2006年版外交青書」で、北朝鮮の核を「日本を含めた東アジア地域の平和と安定に対する直接の脅威」と評価し、「6か国協議を通じ平和的解決を追求する」とした。日本人拉致問題については「非建設的な対応に終始した」とし、北朝鮮を非難した。

 小泉首相の靖国神社参拝により悪化した対中関係については「個別の分野での意見の相違が日中関係全体の発展に支障になってはならない」とし、「重層的な対話の枠組みを通じて、相互理解と信頼の増進に努めていく」という立場を示している。

 また、国防費を10%以上伸ばしている中国の軍事力増強について「なお不透明な部分がある」と懸念を表明し、より一層の透明性の向上を求めていくとしている。

東京=鄭権鉉(チョン・グォンヒョン)特派員


 これも麻生効果でしょうか、まだ文言に若干の配慮があるように感じますが、これまでに比べれば天と地の差があります。特に中国に対しては懸念を表明することさえ憚られていたのですから。今後、この流れを逆戻りさせないようにして欲しい。

 さて、今回のエントリーでは、この外交青書の内容ではなく、マスコミの記事の書き方についていくつか紹介したいと思います。上記事は韓国の朝鮮日報が書いたものですが、見ていただきたいのは、日中関係の記述を紹介する件。『小泉首相の靖国神社参拝により悪化した対中関係』となってます。

 関係悪化の原因は小泉総理の靖国参拝にあるというのが中国や韓国の立場ですので、その主張が正しいかどうかは置いといて、朝鮮日報は自国の立場、目線で記事を書いたわけですね。で、日本政府の立場は青書のとおり『個別の分野での意見の相違が日中関係全体の発展に支障になってはならない』のであり、会談を拒否している中国が悪いんじゃないの?というモノ。

 日本のマスコミもこの外交青書について記事を書いており、紹介の仕方としては朝鮮日報とほぼ同じ。では、ここから各社の『日中関係』の記述を紹介している件を比較してみましょう。まずは産経から。(sankei webから以下一部引用)

18年版外交青書 中国軍事力「なお不透明」
<前略>

中国が小泉純一郎首相の靖国神社参拝を理由に首脳会談の再開を拒否していることについて、「個別の分野での意見の相違が日中関係全体の発展に支障になってはならない」とし、重層的な対話の枠組みを通じて、相互理解と信頼の増進に努めていくとした。


 はい。産経は政府の立場、日本からの目線で記事を書いてますね。『会談しない=悪い』という事であれば、どう考えても会談を拒否している中国が悪いわけですから、産経がこのように書くのは至極当たり前の事だと思います。が、そうではない日本マスコミが沢山あるのも事実。一気に紹介します。


(朝日新聞):小泉首相の靖国神社参拝で中国が反発していることについて~

(時事通信):小泉純一郎首相の靖国神社参拝で冷え込んだままの日中関係では~

(東京新聞):小泉首相の靖国神社参拝で、日中首脳会談が途絶えていることに関して~

(読売新聞):小泉首相の靖国神社参拝で冷え込んだ日中関係について~


 どうでしょうか。『あの』朝日でさえ『中国が反発していることについて』と見たままを書くにとどめているのに、他の3紙は靖国参拝によって『冷え込んだ・冷え込んだまま』だの『途絶えている』だの日本側に原因があると断定してます。

 これは日本の立場ではなくて、中国の立場だ。小泉総理の靖国参拝が原因であると中国が言ってる『だけ』なのに、そのまま受け入れてる。読売、時事、東京は分析が出来ないのでしょうか。会談をすること自体に条件をつけて、呑まなければ会談を拒否。それだけではなく、自分で拒否しておきながら『会談しない=関係悪化』だと喚き散らしているのは中国だ。

 まあ、小泉総理の靖国参拝で悪化した~と枕をつけて、日中関係を語るのは上の3紙に限らず、多くの新聞、テレビでもやっていることですが、いい加減やめにして欲しい。

恥ずかしくないんですか?そんなんで


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:中国様の味方が減ってきてま
関連エントリー2:中国と対話が成立するという幻想
関連エントリー3:毎日新聞は外患誘致がお好き
スポンサーサイト

テーマ:北朝鮮拉致問題 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
裏返せば産経以外の各反日勢力に否定的に報じられている小泉首相の足跡と現在現れている結果はとっても肯定されている、かなりの高評価を得ているということですから明るい話題ではありますね。
あとは方針をこのままに100年も経てば日本はマトモな国になれますかね?
2006/04/16(日) 09:52:58 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
産経新聞ブラボーですよねえ。
日本も早くまともな国になって欲しいです。
2006/04/16(日) 10:03:21 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
>小泉総理の靖国参拝で悪化した~と枕をつけて、日中関係を語るのは上の3紙に限らず、多くの新聞、テレビでもやっていることですが、いい加減やめにして欲しい。

ほんとにそうです。
日本のマスコミなのに、外国の立場「だけ」に立った報道をするという、まったくおかしなことをしています。
竹島のこともそうです。
今朝も報道2001で、山本一太議員は「日韓両方が主張している」と言い、韓国のハンナラ党の議員は 「韓国の領土」と言って、日本側は「日本の領土だ」とはっきり言わなかった。
マスコミも「日韓双方が領有権を主張する」ではなく、「日本の領土である竹島」と言うべきです。
2006/04/16(日) 11:40:01 | URL | on #-[ 編集]
サヨクの墓場になってますね。
 サヨクがマスコミに如何に多いかという証明ですね。確か、日本のマスコミのスタンスって殆どが自称中立ですが、全然中立じゃない。サヨクに染まった書生論をいい年扱いても振り回すしか能の無いのが大量に巣くっている。中年越えたら書生論は卒業して欲しいんですけど。現実が書生論など無用な情勢になっているのに未だにしがみついている。団塊世代の大量退職でサヨクマスゴミオヤジがまとめて退職すれば少しマシになるかも知れません。あ、できれば報道と広告関係、全ての公務員と議員は生まれた時から日本国籍を有する者に限定すべきと私は思います。何処の国のために働いているのかわからんのが多すぎますから。人権派が差別だと騒ぐでしょうが、世界的に見て日本が緩すぎたんですから。グローバルスタンダードに合わせるのが良いでしょうしね。人権は思想ではなく保証するシステムとシステムを運営する国家無しで存在しない。
 残念ですが、国民の生命と財産と安全を守る以外の方向に、国家を利用しようとする輩を排除するには一番手っ取り早い方法ですし。
マスコミと社民などの左翼政党からどれくらい人が消えるか? 4割を超えないことを願います。
2006/04/16(日) 11:44:05 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
ん?
日中首脳会談が開かれないことをもって日中関係が冷え込んでいる、あるいは悪化しているとするのであれば、その原因が小泉首相の靖国神社参拝にあることは事実でしょう。 何しろ会談を拒否している中国側自身がそう言っているのですから。 それともこれ以外の理由が何かあるんですか?

一方、首相の靖国参拝を理由として中国側が首脳会談を拒否したり、参拝中止を首脳会談開催の条件にしたりすることの是非に関する判断はまた別問題です。

私は首相の靖国参拝は今後も継続するべきだと思っていますし、これを理由に首脳会談を拒否したり、あまつさえ参拝中止を開催の条件にしたりする中国側の姿勢は言語道断だと思っています。 しかし、日中首脳会談が開催されない原因、換言すれば、中国側が開催拒否をしている理由が首相の靖国参拝であることが明らかである以上、これが日中関係悪化の原因であると言ってもなんら間違いでもなく不適当でもないと考えます。 あくまで 「日中関係の悪化、イコール、日中首脳会談が開かれないこと」 と定義されている、という前提に基づいた話ですが。

中国が過去から現在に至るまで変わることなくああいう国であり続け、その一方、日本がこれまでの自虐的な姿勢をあらためて 「言うべきことは言う」 という方針に転換するならば、日中関係が悪化することは不可避であり必然です。 そしてその原因が、変化を起こした側、すなわち日本側にあることは間違いありません。 しかし、ここで間違ってはならないのは 「原因を作った側が悪い」 とは必ずしもならない、ということです。
2006/04/16(日) 15:02:10 | URL | でん助 #3fP8K/.I[ 編集]
皆様こんにちは。

>日本大好きさん

あとは方針をこのままに100年も経てば日本はマトモな国になれますかね?-

できれば私の目の黒いうちにまともになって欲しいものです・・

>かっぱやろうさん

産経が一番マシですね。他は論外です。

>onさん

日本側は「日本の領土だ」とはっきり言わなかった。-

これなんですよね。客観的に過ぎるんです。

>暇人さん

何処の国のために働いているのかわからんのが多すぎますから-

ホントですよね。奇形だなあ・・

>でん助さん

うーん・・誤解を与えてしまったかもしれませんね。

日中首脳会談が開かれないことをもって日中関係が冷え込んでいる、あるいは悪化しているとするのであれば-<中略>何しろ会談を拒否している中国側自身がそう言っているのですから。 それともこれ以外の理由が何かあるんですか?-

私はエントリーの中で『自分で拒否しておきながら『会談しない=関係悪化』だと喚き散らしているのは中国だ』と書いています。つまり、この前提に乗ってしまうこと自体が中国側の土俵で相撲をとってることになってるんじゃないか、と。

で、私は以前のエントリーで日中関係が悪化していると『言われている』ことについてこう書いてます。

『私に言わせれば現在、日中関係は悪くなっているのではなく、日本という独立国、中国という独立国が対等な国と国の関係に戻るという『正常化』の道を歩んでいるようにしか見えない』
http://yajizamurai.blog24.fc2.com/blog-entry-353.html
2006/04/16(日) 16:18:41 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
政冷経涼を期待
 政治的には、対支関係が冷え込む方が良い。角栄の「日中友好」の実態を見直す良い機会です。
 経済交流は、自己責任である程度自由だが(売国的な技術移転は除く)、紛争や理不尽な生産資材接収などが起きても、日本政府に対応を求めるのは絶対に止めて欲しい。日支事変の再現になりますから。
2006/04/16(日) 16:56:41 | URL | 茶絽主(ちゃろぬし) #-[ 編集]
とにかく
中共とは距離を置いてもいいと思いますよ。

ODAも含めてまだまだ距離を取る余地はありますから。
2006/04/16(日) 17:13:37 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
原因と理由
>でん助さん

原因と理由(それに付け加えれば口実も)を混同しておられるように見受けられます。日中首脳会談が開かれないことの「原因」は、首相の靖国参拝ではなく、中国がそれを「理由」(あるいは口実)に会談を拒否していることです。なぜなら、その拒否がなければ会談が開かれないという「結果」は生まれないのだから、参拝は「原因」ではなく、中国側の「口実」に過ぎないということです。中国の判断に理屈が通っていれば「理由」と呼んでもかまいませんが、僕には「口実(言い訳)」にしか見えません。
2006/04/16(日) 17:15:21 | URL | ぬらりひょん #-[ 編集]
なるほど
> つまり、この前提に乗ってしまうこと自体が中国側の土俵で
> 相撲をとってることになってるんじゃないか、と。

ということですと、私のコメントは “あくまで 「日中関係の悪化、イコール、日中首脳会談が開かれないこと」 と定義されている、という前提に基づい” てのものですので、的外れだったということになります。

大変失礼致しました。
2006/04/16(日) 18:26:02 | URL | でん助 #3fP8K/.I[ 編集]
中国様の大接待
どうやら、日本のマスゴミ各社の幹部連中が中国のご招待で大接待を受けちゃってるそうじゃないですか。 いつか犬HKスペシャルで〇芝が韓国企業の熱烈ご招待を断りきれず、豪華絢爛の大接待を受けてしまった見返りに法外な要求を突きつけられ、挙句、技術を根こそぎ持っていかれる大失態の経過が放送されてました。 しかし、儒教国流の押し付け接待を暴露した番組が造られる裏では、幹部たちが正にその手に落ちているとか・・・。  どこかの骨のあるジャーナリストさんが、実態を暴露してくれると一躍有名になれますよっと。
2006/04/16(日) 18:57:26 | URL | 徒然 #-[ 編集]
でん助さんのような思考に陥らせるのがマスゴミの作戦なんですよねえ、困ったもんだ。
しかし、中韓と下手したらバトルですかね。
まあ、そうなったらそうなったで仕方ない事とも思いますが、出来れば平和的解決を望みたい所ですね。
2006/04/16(日) 22:25:00 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>茶絽主(ちゃろぬし)さん

政治的には、対支関係が冷え込む方が良い-

ある程度というか、かなり距離があるほうが上手く行きますね。

>煬帝さん

ODAも含めてまだまだ距離を取る余地はありますから-

ですね。

>ぬらりひょんさん

説明ありがとうございます。

>でん助さん

大変失礼致しました。-

いえいえ、こちらこそ誤解を与えるようなエントリーを書いてしまって申し訳なく思います。

>徒然さん

 しかし、儒教国流の押し付け接待を暴露した番組が造られる裏では、幹部たちが正にその手に落ちているとか・・・-

ありえない話じゃないなあ・・その証拠に妙な韓国贔屓がまかり通ってますしね。

>名無しさん

しかし、中韓と下手したらバトルですかね。-

かもしれませんね。覚悟をしておく必要があるかも。
2006/04/17(月) 09:05:32 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
西村真吾氏と言えば自他ともに認める「愛国者」である。1997年、尖閣諸島に上陸をはかったことで有名になった。現都知事の石原慎太郎氏も同行した。おそらく盟友なのであろう。以下引用衆院は17日午後の本会議で、弁護士法違反などの罪で公判中の西村真悟衆院議員=民主
2006/04/16(日) 08:07:05 | 時事放談22 By半平太
やはりポイントは人民元の切上げ。米中の貿易摩擦がかなり大きくなっているので、避けられないでしょう。
2006/04/21(金) 11:01:28 | 外国為替(FX)で1億稼ぐ方程式
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。