管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国様 主席も米国で工作活動
 日中の関係が悪化しているのは全部日本のせいだ、と言って憚らない中国様。媚中か非媚中を基準とした政界への分断工作、悪いのは靖国参拝する小泉総理であって一般の国民は何も悪くないという理屈の政府と国民の分断工作などなど、何とか日本を操りやすい状態にするべく必死になっております。

 そんな必死こいてる中国様から今月20日、胡錦濤主席が訪米し、ブッシュ大統領と米中間の懸案を話し合うと共に、こんなことも話し合うそうです。こちらをご覧ください。(西日本新聞から以下引用)

日中関係改善を協議へ 米中首脳会談
 【ワシントン10日共同】ブッシュ米大統領は10日、ホワイトハウスで20日行われる予定の胡錦濤・中国国家主席との首脳会談で、日中関係の改善について話し合う意向を表明した。ワシントン市内で講演後、聴衆からの質問に答えた。

 米中首脳会談で、日中関係が協議されるのは異例。関係改善の兆しが見えない日中関係に、米政府が大きな懸念を抱いている表れといえる。

 ブッシュ大統領は胡主席との会談で、日本と中国との関係を良好なものにするため「より多くの対話を奨励したい」と指摘。日中関係改善が、米国の東アジア政策の上で重要との見解を重ねて示した。また、日韓関係についても改善が必要と述べた。

2006年04月11日01時11分


 おお!ついに米国が日中関係に介入か!?という記事ですが、ちょっと待った。これはおそらく『中国側』の強い要望によって『話し合い』が実現するものと思われます。以前のエントリーで紹介しましたが、現在、中国はそれこそ必死になって米国政界にロビー活動を展開しており、その活動の内容とは『靖国参拝をやめるよう日本側に圧力をかけてくれ』というモノ。(関連エントリーを参照)

 この活動に対して、ブッシュ政権側はほとんど無視。それどころか『中国がこんな活動してますよー』という情報が日本側に暴露されるなど、そう簡単には中国側の思惑に乗ってこないと思われます。中国側の思惑としては、ブッシュ、胡錦濤会談で靖国参拝の話を持ち出して、何らかの言質を取ろうという事でしょうが、ブッシュ大統領は『より多くの対話を奨励したい』という立場からは一歩も出てこないでしょう。

 ただ、気をつけないとならないのは、内容の詳細が伝えられないまま、何となく日本側に譲歩を求めているんじゃないか?という報道がされる事。例えば、靖国参拝が会談の話題になり、ブッシュ大統領は『中国の立場はわかるけど対話したほうがいいんじゃない?』という『懸念』を表明する。会談後、胡錦濤主席は会見で『懸念』の内容には触れずに『懸念』という言葉だけを都合よく利用し、改めて靖国参拝を批判する・・

 これで『ブッシュ大統領も靖国参拝に懸念を表明』なーんてやりかねないマスコミが日本には沢山あります。より多くの対話を奨励したい・・であるならば、忘れてならないのは、一方的に会談を拒否しているのは中国だという事。会談後に出てくる報道で、日本側に譲歩を求めるかのようなものがあれば、ブッシュ大統領がハッキリと『靖国参拝をやめろ』と明言している映像でもない限り、かなり疑ってかかる必要があります。

 まあ実際のところ、中国がこんな風に米国側を利用しようとすれば、またぞろリークが相次いで恥をかくことになるだけでしょうが。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:中国 靖国参拝阻止を米国に要請しまくり
関連エントリー2:中国様 『バラしちゃダメだよー・・』
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
実際は日本と会談したいのにクソ面子をお持ちの支那様は自分から切り出せない、だから米国を利用して日本政府を揺さぶろうというのでしょうか。
これに対する日本政府の対応の正解は牽制など気にせず現状路線維持でブレないでいる、ということだけでしょう。やじざむらいさんがほのめかしてらっしゃるように今回の件を受けて急に右往左往し出す支那様の気持ちの代弁者勢力がいくらか騒ぐかもしれませんが今こそ日本政府には気持ちをしっかり持ってむやみに動かないでじっとこらえて頂きたいです。
2006/04/11(火) 19:16:10 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
オオニシの出番でしょうか?
2006/04/11(火) 20:09:04 | URL | とん #-[ 編集]
日本は見習うべき
支那事変当時から、中国の諜報活動には日本も見習わなければならないでしょう。
悲しいことに日本人は恥を知ってるため、中国のような嘘八百を世界に向けて発するような真似がなかなか出来ないんですよねー。けど中国の嘘を暴くことくらいは、政府も積極的にやるべきですね。
2006/04/11(火) 20:12:31 | URL | 小楠 #OXTTZBLw[ 編集]
恐らくアメリカとしては日本に伝えるとしたら、
「中国があんな事言ってきてたよ」的なモノじゃないかと思いますし、
中国がアメリカに泣きついても、アメリカが聞くわけ無いと思うんですが、
それすらわからないほど追いつめられてきていると言うことでしょうか。
小泉さんが今いい感じで、中韓に対してはぶれない態度を示しているので、
このまま頑張ってもらいたいところです。
2006/04/11(火) 20:46:05 | URL | 勉強中の整体師 #-[ 編集]
対支那対露助工作
>悲しいことに日本人は恥を知ってるため、中国のような嘘八百を世界に向けて発するような真似がなかなか出来ないんですよねー。

記憶違いかもしれませんが、確か日露戦争の時は日本がロシアや支那に工作活動していたんですよね?中国人になりすましたり・・実績があるからやろうとすれば出来ないわけでもない。当時の日本の指導者は抜かりなっかったなあ。
2006/04/11(火) 21:00:52 | URL | 法大生 #XvJ68fHQ[ 編集]
アメリカは南米で次々と反米政権が誕生し、それに中国が深く食い込んでることを、相当警戒してる。何を呑気に出掛けて行ってお願いする気でしょうね中国は。 実際に中国の都合のイイ様に発言すれば、日本までが中国に取り込まれ、下手すりゃ小泉後に親中政権が誕生する危険がある。アメリカはそんなこと望まない、というか許さない。 胡錦濤はアメリカの中国に対する警戒感をどう思ってるのか? 何か相当な見返りを用意してるのか?でなければ、どう見ても見当違いな甘えた要求ではないですかね。
2006/04/11(火) 21:08:05 | URL | 徒然 #-[ 編集]
また無茶なことを。
 そもそもアメリカに介入を要求することが無謀です。下手に介入すると自国内の爆弾つつく事になる。ファンダメンタリズムなどの宗教右派がらみのごたごたという爆弾をつつく危険性はアメリカについてちゃんと調べていれば解る筈なのですが。
 アメリカではこの手の問題を干渉する事はリベラルであっても自殺行為でしかない。クリントンが大統領だった時でも無理と言うでしょう。ここら辺が近代文明国でない現在の中国の状況を表しているんでしょうね。
 近代国家における政教分離の原則がどれだけ重要かを理解していない。
 後、アメリカに対する理解が明らかに不足している。まともな対米外交と分析スタッフ抱えているのか心配です。胡錦涛だけでなく党として外交のインテリジェンスが致命的な所まで劣化し始めているように思えます。後は日本のマスゴミが読みかえようのない反応をアメリカがすることを期待するだけです。ま、あちらは解っているでしょうが。
2006/04/11(火) 21:30:23 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
気をつけよう、暗い夜道と脳内変換記事
>ただ、気をつけないとならないのは、内容の詳細が伝えられないまま

ま、そういった記事は「確実に」出るでしょうなぁ。
んで、カットされたり、ご都合切り貼りの「発言内容」はすぐにあばかれてしまって、
オウンごぉ~~~る!!

まるっとお見通しだ!! (笑

っつうことで、それはそれで楽しみ。

しかし、
アメリカが寝てる子を起こす(原爆やら、東京大空襲のジェノサイドね。)ようなことするわけないでしょうが・・・。
2006/04/11(火) 21:46:09 | URL | 岩手の田舎人 #-[ 編集]
>より多くの対話を奨励したい

対話を拒否している中国に対するアメリカの皮肉かと思ったのは、私の国語力が足りないせいでしょうか、それとも記事のせい?ww
2006/04/11(火) 23:12:51 | URL | nk #-[ 編集]
ブッシュ君
『コ』なる共産党員にキツウ言って遣って呉れい!

現であれポストであれ、ニッポンの首脳とはトコトン話し合えって、ね。

釈迦に説法余計なオセッカイかも知れんが、ーーーー
日露戦争・大東亜戦争・東京裁判・朝鮮戦争のwhy/目的/当否etcに就いてチャ~ンと復習して置くのヨ~

判っちょるって? ほなら、エエのよ。



2006/04/12(水) 00:53:19 | URL | 孤独のヤマネ #-[ 編集]
靖国神社
ブッシュ大統領が参拝してればこういう風につべこべ言われることもなかったんだ。

訪日の時に参拝を止めた奴、一歩前に出ろ。
2006/04/12(水) 02:05:24 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
対中華外交の回顧
 だいぶ前にアメリカ国務省初の外交白書『対中華外交の回顧』(1949 or 50年版だったと思う? 記憶曖昧スマソ)を読んだことがある。
 内容は、アメリカは満州事変(the Manchurian Incident)以後、援蒋ルートの維持やフライング・タイガー(対日義勇航空兵)の派遣、カソリックやプロテスタントさらに善意の市民団体を通じ草の根募金など膨大な援助をしてきたが、そのほとんどが仲介者と称する支那人エージェントに掠め取られてしまった。具体的に如何に巧妙に騙され搾り取られたか、の懺悔録であり悔恨の情を綴った内容となっている。
 アメリカ国務省の支那担当役人は、そのあたりを新人研修で充分学んでいる筈であり、胡錦濤の泣き言はカル~クいなし且つ支那と日本に対する二股釣り針をたらすのでは、と思われる。
 二股釣り針に日本はどう応えるのか、そこが日本のポイントかと愚考します。
 
 
2006/04/12(水) 03:32:31 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
この記事自体が
2006/04/12(水) 03:57:24 | URL | 岩手の田舎人 #-[ 編集]
日本としては次期米政権も共和党にとってもらわないと厳しいですね。
朝日のブッシュ引きずり落とし工作は涙ぐましい限りですが、http://www.asahi.com/international/update/0411/012.html これを信じてしまう読者もまだ国内に多数存在するんでしょうな・・・・
2006/04/12(水) 07:39:27 | URL | partei #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。

>日本大好きさん

今の政権は大丈夫なんでしょうが、ポスト小泉に揺さぶりをかけるネタにするんじゃないかと。

>とんさん

オオニシさんはまた電波飛ばすでしょうねえ・・

>小楠さん

けど中国の嘘を暴くことくらいは、政府も積極的にやるべきですね。-

葛藤はありますが、やらなきゃしょうがないですよね。

>勉強中の整体師さん

中国様は必死ですからねえ・・

>法大生さん

確か日露戦争の時は日本がロシアや支那に工作活動していたんですよね?-

ですね。それはそれは凄いものだったそうです。ロシア革命も後方から煽ってましたし・・

>徒然さん

実際、会談での日中関係のプライオリティーは低いと思います。話し合う事は他にいくらでもありますしね。ブッシュさんは適当にスルーかもしれません(笑)。

>暇人さん

後は日本のマスゴミが読みかえようのない反応をアメリカがすることを期待するだけです-

そうですね。ぜひお願いしたいと思います。

>岩手の田舎人さん

脳内変換らしいですな。-

ええ、なにせこの配信記事は共同電ですから(笑)。

>nkさん

中国に対するアメリカの皮肉か-

その通りなんですが、中国様は多分理解できてないと思われます(笑)。

>孤独のヤマネさん

前回の米中会談では、ブッシュさんがお説教したそうですね。何をいつまでも昔のことをグチャグチャいってんの?って(笑)。

>煬帝さん

訪日の時に参拝を止めた奴、一歩前に出ろ。-

外務省のみなさーん、呼ばれてますよー(笑)。

>光源氏さん

具体的に如何に巧妙に騙され搾り取られたか、の懺悔録であり悔恨の情を綴った内容となっている。-

今度読んでみます。しかし、ありえる話ですね。日本も色んな奴らに利用されて、抜けられないところまで深入りした過去、そして現在がありますから、他人事じゃあないなあ。

二股釣り針に日本はどう応えるのか、そこが日本のポイントかと愚考します-

靖国に関しては、妙な事をしないと思うんですけどね。胡錦濤さんの後に小泉総理が訪米しますし。

>parteiさん

朝日のブッシュ引きずり落とし工作は涙ぐましい限り-

なにせNYTとお友達ですからね・・
2006/04/12(水) 08:22:43 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
お門違いなことをする。これがシナクオリティ。
2006/04/12(水) 00:53:54 | 若手(?)整体師の独り言
  このブログをご覧になってる方には日教組に入りたい!!という奇特な(笑)方もいらっしゃるかもしれません。  そのとき、どの都道府県がお勧めか?ときかれたら、絶対に「大阪府」と答えます。なぜなら、日教組に入りたいというあなたにとって、まさに絶好の環境が整
2006/04/12(水) 03:06:31 | 日々是勉強
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。