管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方 ⑪ 党内左派との激突
 前原民主党の対案路線の柱である『公務員改革』について、前原代表から法案提出の指示が出たようです。まず、このニュースをご覧下さい。(NIKKEI NETから以下引用)

民主代表、公務員給与法案で対案提出を指示

 民主党の前原誠司代表は12日の「次の内閣」閣議で、人事院勧告を完全実施するため政府が提出した国家公務員の給与法改正案の対案を今国会に提出するよう指示した。ただ対案づくりには官公労の支援を受ける議員が反発しており、とりまとめが難航する可能性がある。

 対案は前原氏が「改革の本丸」と位置づける公務員改革の第1弾だ。人勧は民間の給与を参考に決めるが、比較対象は「従業員100人以上の会社で、かつ50人以上が所属する事業所」。中小・零細企業の実態をより反映した官民比較にする対案を出すことで、公務員給与のもう一段の引き下げを求める狙いがある。

 だが前日の党給与法検討会では官公労系議員を中心に反対論が噴出。自治労出身の高嶋良充氏は「拙速な対案は避け、通常国会で骨太な対案を示すべきだ」と批判し、日教組出身の神本美恵子氏も「人勧制度への介入は許されない」と強調した。 (20:22)


 公務員改革の民主党のスタンスは、人件費削減、特権的な身分保障の廃止、民間企業に認められている労働3権を付与する。と、簡単に書けばこんな感じでしょうか。この記事中では、公務員の人件費を決定する際に参考にされる『民間企業の給与水準』について、従来、この給与水準は『大企業』の給与水準を参考にされていたため、中小企業の給与水準と含めた全体で見た場合、実態よりも公務員給与は高いと言われ、一部企業給与を指標とするのではなく、全体の給与水準を指標にしましょうという事だと思います。

 この指標を導入すれば、公務員給与の削減を打ち出すまでもなく、かなり人件費の削減に繋がると考えられ、当然、党内の『元公務員』から異論が出ています。早速反対の意思を表明した自治労と日教組出身の民主党議員は、労組の連合体である『連合』に高木氏が会長として就任してから『改憲』へのスタンスなどを巡って深刻な溝が生じていると見られ、この民主党公務員改革案にも強硬に反対してくることから、民主分裂の可能性が出てきました。

 労組出身、あるいは労組の支援を受けて当選してきた議員の中でも、前原代表が打ち出している一連の政策に抵抗するのは、主に自治労や日教組といった『官側』の労組出身議員です。はっきり言って、前原代表と『官側』労組出身議員は水と油。同じ政党の中にいることが不思議でならないのですが、これまで自民党も同じような左右混交、水と油のなあなあで組織されてきた事もあって、特に民主党が際立っておかしく見えるということはありませんでした。

 自民党が党内で『政権交代』を実現して、ある程度まとまりをもった集団になったのに比べて、民主党は『労組』というイメージが付いて回り、執行部と全然違う考えの人達が大きい影響力を持っているのに、ホントに政策実現できるのかな?と、国民が首を捻るのも当然です。

 私は、『労組』の支援を受ける事は特別に悪い事だとは思いませんが、特権的な地位を保持しようと画策する官側『族議員』や、立場的に弱い労働者の権利を擁護する為の『労組』なのに、なぜか『憲法9条死守』で一致している護憲『族議員』等とは、一刻も早く手を切るべきだと思います。労組はこの様な人達だけではありませんし、連合の新会長は前原氏の政策に近い考えを持っています。連合側にとっても、極端な左翼と決別するチャンスであると思います。

 労組の組織率が20%台に止まっている大きな原因の一つが、加入する組合員に直接関係無い活動を組合がしていたり、妙な政治集会に動員されたりする事が挙げられます。労働者の働きやすい環境を獲得するためだけに一生懸命活動しているのなら、こんなに組織率は下がらないでしょう。連合と民主党の新執行部は、一致協力して新しい労組の形を模索し、左翼イデオロギー色を一掃すれば、『労組=左翼=胡散臭い』というイメージを払拭する事ができ、連合にとっては、悲願である組合員の獲得に繋がるでしょうし、民主党にとっては、執行部が目指す改革の政策実現、将来の議席増に繋がると考えられますので、是非実行して欲しい。

 民主党は、改憲や公務員改革に関する党内の議論を各種媒体、特にネットで公開して党内左派の異常さを国民に晒し上げろ!

 

banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:公務員を考える - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
TBどもです。^^
政治が大きく変わろうとしている状況の中で、労組もやはり適正で透明性のある団体にならなければ、どんどん衰退していくでしょうね。
それにしても民主党・・・小泉自民党と何がどう違うのか?
よくわかりませんね。^^
2005/10/13(木) 14:40:09 | URL | kaizin #-[ 編集]
実質左派による支援で持ってる党ですからねぇ
今回の選挙でも旧自由党上がりの右派連中が軒並み落選しましたし、左派切り捨てなどしたらそれこそ社民党の様に目も当てられない事になりますよ

その分、枝分かれした旧民主系で真の意味でのリベラル政党を再編しなおすと言うのも一つの案ですが。

前原にしろ覚せい剤で逮捕された小林
にしろ、自民にも多く存在する「日本会議」系の宗教右翼議員ですから気を抜けないことは確かですけどね。
2005/10/13(木) 15:09:40 | URL | この党は #mQop/nM.[ 編集]
ご訪問ありがとうございます
>この党は さん
確かに左派全部排除したら小さい政党になってしまいますね。前回大幅に減った旧民社系も排除するとなると政党自体がなくなります。(笑)
2005/10/13(木) 15:38:08 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。