管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だから『違憲判決』じゃない! 読売!おまえもか
 本日2本目のエントリーとなります。先日、総理の靖国参拝によって『傷つけられた』と主張するアレな人々が『損害賠償』を求める訴訟を起こしました。以前のエントリーで、この裁判は『損害賠償』に対するものであって、『憲法違反であるかどうか』に対して判決を下したものではないと書きました。

 この訴訟を起こした原告側に動きがあったようです。まずはお決まり朝日新聞の報道をご覧下さい(asahi.com から以下引用)

小泉首相の靖国参拝、大阪高裁の違憲判決確定へ

2005年10月11日22時10分

 小泉純一郎首相の靖国神社参拝で精神的苦痛を受けたとして、台湾人116人を含む計188人が、国と小泉首相、靖国神社に損害賠償を求めた訴訟で、二審の大阪高裁判決で請求を棄却された原告側は11日、同判決が参拝を憲法の禁じる宗教的活動と認めたことを評価し、上告しないことを決めた。勝訴した被告側には適法な上告理由がないとみられるため、小泉首相の靖国参拝をめぐって高裁レベルの違憲判決が初めて確定する見通しとなった。

 小泉首相の靖国参拝を違憲とする判決が確定するのは、昨年4月の福岡地裁判決に続き2例目。原告側は同日、「判決は日本政府と小泉首相に強い警告を発したものと言える。重く受け止め、同種の行為は厳に慎まなくてはならない」などとする声明を出した。

 一審・大阪地裁判決は、参拝を首相の職務行為にはあたらないと判断し、憲法判断には踏み込まなかった。これに対し、大阪高裁判決は職務行為にあたると認め、憲法違反を認定。1人あたり1万円を求めた賠償請求については、信教の自由などが侵害されたとは言えないとして退けた。



 頭がクラクラします・・裁判官が『違憲』であると述べたのは、判決主文ではなく、傍論の中で『感想』として言ったのであって、決して判決ではありません。ったく・・まあ、朝日はアレだし・・

 問題は読売新聞までが『違憲判決』と記事の見出しに堂々と載せていることです。以下、ご覧下さい(yomiuri online から以下引用)

靖国神社参拝訴訟、原告団上告せず…違憲判決確定へ

 小泉首相の靖国神社参拝を巡り、台湾人や日本人の戦没者遺族らが、小泉首相らを相手に、1人1万円の損害賠償を求めた訴訟で、参拝を違憲とした9月30日の大阪高裁判決に対し、原告団は11日、上告しないことを決めた。勝訴した国や小泉首相側は上告できないため、判決が確定する。

 原告らはこの日、「違憲判断を尊重し、控訴棄却への不満は、継続中の同種の訴訟にゆだねる。小泉首相らは違憲判断を重く受け止め、再び同種の行為に及ぶことは厳に慎むべき」とする声明を発表した。

 大阪高裁判決は、小泉首相の2001~03年の3回の参拝が、政教分離を定めた憲法20条3項が禁止する宗教的活動にあたるとして違憲と判断。原告側の慰謝料請求は退けていた


 なんですか?この記事?最初に『違憲とした判決』が出たと書いておいて、最後に『違憲と判断』になってますよ?一体どっちなんだ?判決と判断はかなり意味が違うと思うのですが、読売新聞の意図はなんなんだ。前回、この訴訟の判決が発表された際、読売は『違憲判断』と書いていたのに、なぜ今回は『違憲判決』になったんだ?(元記事はリンク切れになっていたので、googleのキャッシュのリンクを貼っておきます)

 一連の靖国参拝訴訟を起こしている『アレ』な人々は、大阪高裁だけではなく、全国各地で訴訟を起こしています。googleニュースで『靖国 訴訟』と検索してもらえれば山ほど出てきますが、原告側のアレな人々が非常に卑怯なのは、『損害賠償』が認められない事を熟知しており、損害賠償請求訴訟で訴えて、裁判官が『違憲』であると感想を述べるまで何回も訴訟を起こし、訴えられた側の政府や総理が上告出来ないようにしている事です。この動きに朝日やサヨクなどは連帯しているようですが、保守系の新聞と見られている読売までが、『アレ』な人々の尻馬に乗っかるとは・・失望しました。中国の工作に陥落したという噂は本当だったのか。

 この二つの記事を見比べてみると、大きな違いがあることに気が付きます。原告側が上告しないという声明を出した際のコメントの違いをごらんください。朝日は『判決』と書いていて、読売は『判断』と書いてます。内容はともかく、同じ文章の中で判決と一貫している朝日の方が筋が通っていますが、読売は全く違う事を一つの記事の中で書いています。なにか妙な圧力があって、それに屈して折衷した記事書いたんじゃないの?と勘ぐってしまいますね。

 大丈夫かー?読売新聞!



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。

 追記:先ほど、上記にて引用の読売新聞記事へのリンクを確認しましたら、記事の内容が変わって『違憲判断』という見出しになっておりました。
google ニュースに『違憲判決』の見出しだけ残ってましたのでリンクしておきます→ googleニュース
(10月12日 14:01)





 


 

 
 

 



 

 

スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
結局のところ新聞もセンセーショナルなキャッチコピーによってしかニュースをアピールできない。
ネットの普及によって新聞そのものの質が低下しているのでしょう。
さて、もうすぐ例大祭ですが・・・小泉さんはどうするのでしょうか?^^
2005/10/13(木) 14:45:11 | URL | kaizin #-[ 編集]
ご訪問ありがとうございます
>kaijzinさん
マスコミは所詮、商売ですからね。刺激的な話題が欲しいでしょう。
だからといって、捏造はだめです。新聞の質は以前からこんなものだと思いますが、ネット上で容易に比較できるようになって、すぐ嘘がばれる事でかなり困っているんじゃないでしょうか(笑)
総理の参拝は行かない理由が無くなったので、年内には行くでしょう。例大祭に行って欲しいですけど・・
2005/10/13(木) 15:10:20 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
移転後1発目でさっそく売国ブルー、共同通信が飛ばしてくれました。--------------------------------靖国参拝「違憲」確定へ 「強い警告」と上告せず 小泉純一郎首相の靖国神社参拝は憲法違反だとして、台湾先住民らが国などに損
2005/10/12(水) 18:55:51 | 右翼男(ぉ 改め 中道右派男(ぉ
 えー、昨日の朝刊各紙を見たのですが、驚きましたな。どれもこれも「首相の靖国参拝
2005/10/12(水) 23:15:38 | 謝罪亭賠償 やまと小噺
 9月30日の大阪高裁の首相靖国参拝訴訟の判決が出た後、賛否両論のプログを読んでみたが、この裁判で『違憲判決』が出たと勘違いしている方がいる。おそらく、この方達は、『朝日新聞』の購読者ではないかと思われる。  この件に関して指摘しているブログは既にあります
2005/10/15(土) 01:37:27 | 金魚のこころ
なにやら大阪高裁が、小泉首相の靖国神社参拝が違憲だ。ってな判断を下したらしいですなぁ。主文に「不正義」の声、「違憲」と分かり原告拍手
2005/10/18(火) 15:05:32 | Sopilotez Silly Pit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。