管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞 今日も元気に中国様の代弁
 先月末、橋本龍太郎氏ら訪中団が中国の胡錦濤主席と会談し、『友好』を全面に押し出すかたちで膠着する日中関係を打開するべく話し合いをしましたが、中国側から出てきた反応は、以前の立場を一歩も出ることのない『靖国参拝をやめなければ首脳会談をしない』というものでした。

 それどころか、参拝を続ける小泉総理はもちろん、次の総理総裁候補にも釘を刺すという『内政干渉』を招き、訪中する事によって日中関係が前進するでもなく、ただ単に中国に利用されただけの訪中団。そんな訪中団に対して、昨日のエントリーで『愚かとしか表現できない』と私は書きましたが、朝日新聞の見解は違うようです。昨日付の社説をご覧ください。(asahi.comから以下引用)

反日デモ1年 春の雪解けはまだか

 中国内陸の成都市にある日系スーパーのガラス数枚が反日デモの暴徒に割られたのは、ちょうど1年前の今日のことだった。その後、デモは北京や上海などに広がり、日本大使館や総領事館が激しい投石を受けた。

 中国当局の規制によって反日デモは収まった。だが、1年たっても日中関係は停滞したままである。

 昨年10月、小泉首相は靖国神社へ5回目の参拝をした。中国は、侵略の責任を負うA級戦犯が祀(まつ)られる靖国への度重なる参拝に態度を硬化させ、首脳や外相同士の会談もできない状態が続く。

 日本政府は、対中円借款の05年度分の決定を見送った。上海総領事館員の自殺をめぐっては、中国の公安関係者によると見られる脅迫をつづった館員の衝撃的な遺書が読売新聞に報じられた。東シナ海のガス田開発でも対立は解けない。

 そんななか、橋本龍太郎元首相を団長とする日中友好7団体の代表団が北京を訪れ、胡錦涛国家主席と会談した。中国の最高指導者が日本にどんなメッセージを送るのか、注目された。

 胡主席が語ったのは「日本の指導者が靖国神社をこれ以上参拝しなければ、いつでも(首脳会談を)開く用意がある」という言葉だった。日中関係を「最も重要な2国間関係」とも述べ、幅広い分野の協力を積極的に進めたいと語った。

 靖国問題を抱えても、日中関係全般を滞らせるつもりはない。交流は続ける。そんなトップの発言は、上層部の政治方針に敏感な中国社会では意義がある。各界各層の人たちが安心して日本との交流を進められるからだ。

 しかし、これほど強く、靖国参拝の断念を首脳会談再開の条件に掲げてしまうと、日本では事態をかえって難しくする面がある。

 「他国に言われて参拝をやめるのはおかしい」という声は、参拝に批判的な人にも少なくないからだ。秋の自民党総裁選を控えて、参拝に慎重姿勢を見せる候補への風当たりがきつくならないか

 たとえ経済や文化の交流が順調に行われたとしても、いずれは政治問題に突き当たらざるを得ない。

 経済での利害調整には土台のところでの相互信頼が欠かせないし、外交や軍事は政治そのものだ。首脳間のパイプが詰まったままでは行き詰まる。

 一方の小泉首相にしても、「靖国は外交カードにはならない」と繰り返すばかりで、どう現状を打開しようと考えているのかが見えてこない。

 日本政府は2月、全国2千人の国民を対象に日中関係についての意識調査を行った。「現在より改善すべきか」の問いに対して、「現状でよい」と答えたのは12%。「改善すべきだ」は78%に及んだ。また、アジアの国々や米国からも、行き詰まりから抜けられない双方への失望感が伝えられる。

 両政府にはそろそろ、改善へのきっかけを見いだしてもらいたい


 はい。いつも通り、両方が歩み寄ったら如何?という風に装った朝日らしい社説です。が、結局言いたいことは『靖国参拝をやめろ』ですね。朝日新聞は日中の首脳間『以外』の関係を積極的に進めようと語った胡錦濤氏の発言に対して『各界各層の人たちが安心して日本との交流を進められる』と評価する一方で、胡錦濤氏が靖国参拝を強く批判した事に『一応』苦言を呈している。

 だが、よく読んでみると、靖国参拝を批判する事をやめろと言ってるのではなく、『あんまり言うと、中国様の意中の候補が総理になれませんよ。』と助言しているだけだ。~をやめれば会ってやるという中国の傲慢な態度を批判せずに。

 『首脳間のパイプが詰まったままでは行き詰まる。』と位置づける朝日新聞は、続けて参拝を継続する小泉総理に向かって『どう現状を打開しようと考えているのかが見えてこない。』と小泉総理に何らかのアクションを求めているが、その前に、パイプを詰まらせているのはどっちなのか。

 日本側の立場は、一貫して『会談する事に条件はつけない』というものだ。日本は中国に対して『~をすれば会談しない』などと言った事はない。会談する事が最重要(私は必ずしもそうは思いませんが)だと位置づけるのなら、批判すべきなのは『いつでも会います』と言ってパイプを空けている小泉総理ではなく、会談拒否をしてパイプに栓をしている中国だろう。

 少し考えてみればわかる。もし小泉総理が『靖国参拝批判をやめないと会談しない』という立場をとっているのなら、この手の喧嘩両成敗的な説諭も説得力を持つが、実態は全く違う。日中双方の立場は最初からバランスを著しく欠いているのだ。全く均衡していない立場の両者に対して、双方歩み寄りの両成敗を呼びかけても、バランスは均衡しない。

 首脳会談が行われないのはなぜか。簡単だ。前提条件をつけて中国が拒否しているからだ。つまり、首脳会談が行われないからといって、日中双方に責任があるとする主張は間違っている。今日も朝日は正常運転ですか。中国様の傀儡として。


関連エントリー:朝貢訪中隊 愚かとしか表現できない


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
朝日新聞には何をどうしたら日中関係を改善できないかさらに多岐にわたって教示いただきたいものです。
それら指摘された行為を断固継続することが日本の真っ当な国民の意思を反映し、日本の国益にかなう最善策なのでもっともっと具体的に特殊アジアにとって都合の悪い言動は何か全国的に発信してからさっさと消滅してほしい。
そしてたまには「用事のある方がくるのがスジだろ、いちいちメールで済む内容を伝えるのに人を呼びつけんじゃねえ!」とかうっかり間違って(プッ!)記事にしてしまってほしい。
日中関係、願わくば雪解けなどせず、永久凍土に。ついでに支那はいずれ世界最大級の砂漠になれば良い。
2006/04/03(月) 08:56:41 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
朝日は「中国」の代弁はしていません
中国の9億の民にとって、中国共産党は権力と富を独占する腐敗しきった敵。
朝日は中国共産党の広報紙として、「中国共産党」の広報に努めているのであり、苦しめられている9億の民の立場に立っているわけではありません。そこに「人権」「弱者」という言葉が大好きな朝日の「エセ」振りが表れています。朝日は共産主義思想と、反日思想の普及に努めたいだけなのです。「人権」、「弱者」、「反戦」は仮面に過ぎません。
2006/04/03(月) 10:43:55 | URL | 朝日が潰れることを願う者 #-[ 編集]
朝日も そんなに憂いているのなら
靖国参拝を記事にしなけりゃいいじゃん(朝日・共同で報道しなけりゃーおおかた人知れずってなるんだから)
事実だから報道せざるを得ないっていうのは、理由にならないのは、朝日社長の息子の麻薬の件でよーく知ってるはず(麻薬所持のすべてをニュースにはできない。何を記事にするかは、社の方針)
2006/04/03(月) 11:20:25 | URL | とん #-[ 編集]
国内で謝罪を
朝日新聞の誤報、捏造、迎合に対して日本国民に間違いを謝罪するだけで、日中関係など水平の状態に出来る。
又、中国に両目を向けた記事を書いている様じゃ何時まで経っても中国は動かない。
朝日新聞や微中7奉行がOnly「沈黙」を守れば日中関係は本当に正常に動きだすのでは無いでしょうか。
自由と独裁の意味も判らない、朝日新聞には無理なのでしょう。
両政府?日本は「靖国は政治問題じゃ無いでしょう、いつでも話はしますよ」と云ってる、中国がパホーマンスを棄てて決断すれば良いだけの事。
2006/04/03(月) 11:39:17 | URL | 嫌! #-[ 編集]
言葉は主観的で、一方的で、恣意的だ (byゴーマリスト宣言:アカピ新聞)
結果的に何らの得るものもなく、ただ公費の無駄遣いに終わった、橋龍さん以下の訪中(媚中?)団。できりゃ現地に留まってシナー君にでもなって貰いたい面々ですが、敢えて成果を挙げるとすりゃ、中国は譲歩も妥協も、ましてや内政干渉を止める気もないのがわかったくらいですか。これで、媚中派がアテんなんないちゅーのも、こじつけりゃ成果の内に入るのかな。
それを朝日が、いかにも外交の先行きを憂慮する、みたいな論調で記事にしとる訳ですが、まあ中共機関紙の日本支部みたいなトコですから、コッテリと油の利いた中華風味の味付けになってます。この記事は、ぼやきくっくりさんトコでも取り上げてたと思うんですが、大きな問題点は2つ、靖国を問題視し過ぎっと、特亜強硬派に勢いつけますよって、それとなく中国にご注進してる点。も一つは、恣意的なアンケートの設問により、いかにも国民が、日中友好を望んでるかのような印象操作をしてるちゅー点です。朝日の思い描く理想の日中関係は、どうやら日本がシナー君らに従属する、共産的な事大主義のようですね。
今回の胡錦濤主席との会談では、面子を保とうとして依怙地になってはいても、本音じゃ反中感情の昂まりで、日本の投資まで冷え込むことを危惧しているのが感じ取れます。シナー君らも少々焦っとるようですが、中共エージェントのアカピーとしては、偏向報道を駆使して如何に日本人の怒りを鎮めるかが課題となってきます。
・・・それでもワタシたちは信じている、コトバのチカラを。
   う~ん、意味深。
2006/04/03(月) 12:23:24 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
相変わらずというか………
 滞っているのは政治だけで経済は滞っていない。というか中国にとって経済は政治がどんなになっても滞らせる訳にはいかない。自分らの権力基盤に響くから。それが解っているから日本は会わないだけ。現状の胡錦涛政権では会って何か実のある結果を出しても、彼の基盤の弱さから画に描いた餅になるのがオチ。
 つまり、会っても会わなくても日本にとって変化はない。条件を付けるを中国がやめれば良いだけ。ま、やめたら立場が弱いのは中国という自覚があるからこだわっているだけですけど。
 いい加減、廃業してくれないだろうか朝日新聞。テレビ朝日もだけど。
2006/04/03(月) 12:59:35 | URL | 暇人 #-[ 編集]
中共の代弁者朝日の面目躍如。どんどん煽ればいい。そうすればするほど朝日の本質を多くの国民が知ることになる。巧言令色に彩られた記事がいかに空虚なものであるかを。そして廃刊!
2006/04/03(月) 13:35:32 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
哀れだネー・・・
媚チュウ売国隊を援護するのに、ホントーに苦労しているなぁ。ゴクローさん(余裕、嘲笑的態度で)。 今や朝日自身、チュウ国様擁護記事作成が困難になってきたこと。ヘタすると逆効果になる・・・ことを自覚しつつあるようだネ。マァこんな状況ですから・・・・
■日歯一億円賄賂判決・橋リュウ有罪疑惑(早く再起訴を!)
■領事館員遺書新聞掲載(読売はこの時期にブッツケたのでしょう)
■陳台湾総統の「小泉首相、ガンバレ!」発言
■チュウ国軍事拡大脅威論の高まり~世界の常識に(除く、特亜三バカ)
 その他WBC、米の対北朝圧力強化、バ韓コクの歴史教科書云々・・フツーの日本国民なら、特亜三バカは同類・・と見做しているヨ。
○せいぜい、嫌チュウ・カン・チョウ人を増やすよう・・ガンバレ!笑って見守ってるゾ
2006/04/03(月) 16:36:20 | URL | だんじり男 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは

>日本大好きさん

日中関係、願わくば雪解けなどせず、永久凍土に-

少なくとも、今の中共とは凍ったままで良いですね。

>朝日が潰れる事を願う者さん

苦しめられている9億の民の立場に立っているわけではありません-

リベラルのフリした中国の傀儡、それが朝日新聞。

>とんさん

結局、問題を大きくしてメシの種にしているのは朝日なんですよ。

>嫌!さん

媚中派やら朝日なんかが黙れば、中国は動かざるを得なくなります。いつまでも代弁するやつらがいるから中国だって勘違いしたまま。

>怒る小市民さん

この上、日本に譲歩を求めるなんて、本当にどうかしてますね。朝日新聞は。

>暇人さん

会っても会わなくても日本にとって変化はないー

なんら困る事はありませんね。今でも気持ち悪いくらい日本と中国は関係が深まっていますから、政治は断絶状態くらいで良いんじゃないでしょうか。

>名無しさん

そして廃刊!-

今年中に何とかならんかな・・

>だんじり男さん

ヘタに中韓を擁護するから、反感をもつ人間が増えるんですよね。あ、もしかしてこっちが朝日の思惑??
2006/04/03(月) 18:51:49 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「悪」と「悪魔」の違いは日本人には分かりにくいようですが、アメリカでは大違いですね。ブッシュ大統領の狙いはどこにあるのでしょう。
2006/04/03(月) 22:21:49 | 心の幸福と宗教の世界
イラクでモタモタの米国がイランにも攻撃を計画しているようです。ベトナムの二の舞になるのではと心配です。経済も大混乱なのでしょうか。
2006/04/09(日) 15:46:24 | 東京生活案内熟年雑談情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。