管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻生絶対支持宣言! PART2
 総裁選を秋に控え、注目発言を連発し続ける麻生外相。ひとたび釣り糸を垂れれば、必ず魚(中韓など)を釣り上げる名人として最近ではかなり有名になってきました。先日の台湾を巡る発言には、中国様が『強烈な抗議』を示し、ひと昔前なら壮絶な非難の嵐が日本国内から巻き起こって首が飛ばされるところですが、時代、空気が変わったこと、加えてそんな非難など屁のカッパの強心臓を持つ麻生外相は今日もお元気です(笑)。

 今月13日、麻生外相は米国誌ウォールストリートジャーナルに文章を寄稿しました。その内容はやはりというか何というか中国に関してでございます。こちらをご覧ください。(大紀元から以下引用)

麻生外相:「日本は民主的な中国を待望する」

 【大紀元日本3月14日】日本の麻生外相は、13日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルに「日本は民主的な中国を待望する」と題する文章を発表した。日中両国の政治関係は近年冷え込み続ける中、過去20数年の間、中国では反日運動が多発し、両国の一部の政治評論家は、中国の反日感情は中国国内の政治問題の反映だと分析している。一方、麻生外相は、文章の中で中国の急激な軍事力増大を指摘し、中共の不透明な国防支出の完全公開を求めた。

 米国VOAの報道によると、麻生外相は文章の中で、中国に対し友好かつ前向きな見方をしていると語り、中国と日本の経済関係が空前に密接するなか、中国大陸と香港はすでに日本の史上最大のビジネスパートナーとなり、時間の推移につれ、両国の依存関係はさらに深まっていくと示した。

 さらに麻生外相は「中国が自由、民主の国家に変わることさえ実現できれば、東アジアの舞台の中心に戻ることを歓迎する」と述べ、中国の自由民主国家への発展を確信すると示した。

 1970年代日中両国が国交正常化してから、中国では反日運動が多発してきた。評論家は、近年日中両国の経済関係が密接に発展するにつれ、中国民衆の反日感情もさらに高まり続けていると指摘した。

 それと同時に、中共政権は日本が侵略戦争の被害者である近隣諸国の国民感情を無視し、小泉首相が靖国神社を参拝するのを厳しく非難しているが、それに対し日本政府は、参拝は戦争犠牲者を追悼し、平和を祈るためであると主張している。

 一方、両国の評論界において、中国国民の反日感情は一党独裁で言論自由がない中国国内の政治問題を反映しているとの見方がある。一部の評論家は、今の中国では民衆に与えられた言論表現の自由の範囲は、サッカ競技や反日問題などの極限定されている分野に限ると分析している。

 今回、麻生外相が米紙で公表した文章のなかで、中国の自由民主発展を待望すると発言したことは、中共政権への間接的かつ意味深な批判だと受け止める意見も聞かれている。

 また麻生外相は日米安全同盟について、両国の同盟関係は極めて透明で、アジア地区の安定保障であると説明した。さらに過去十年間において中国の国防支出が2倍も増加したことを指摘、透明度の低い中国の国防費の完全公開を求めた。

(06/03/14 15:04)


 また麻生か!!!という中共指導部の面々の叫び声が聞こえてきそうです。同時に『もう勘弁して・・』とすすり泣く姿も見える。この寄稿文では中国の民主化、軍事費の透明化、反日の悪用などに言及しており、中国様にとっては耳の痛い話ばかりかもしれません。

 が、この寄稿文の全文を読んでみると、のっけから『I am positive on China(私は中国に肯定的)』と入り、かなりヨイショする記述が目立ちます。その分、民主化とは逆方向に進み、不満逸らしに欠かせない反日を捨てられず、不透明なまま軍拡を続け、情報公開を何よりも恐れる中共にとって、これら『出来ない相談』への皮肉が際立つかたちになっていますが、決して中国を敵視する人間が書いた文章ではない事がわかります。(全文はこちら→外務省HP Japan Welcomes China's Democratic Future

 内容を要約すると『日本が踏んだ轍を踏んじゃいけない。民主化できると信じてる。日本、そして米国とも協力しようよ。ただし、不透明な軍拡はダメ』といったところですが、これは麻生氏が外相に就任した直後に行った外交演説の内容とほぼ同じです。(外務省HP 麻生外務大臣演説 わたくしのアジア戦略

 この外交演説は大変すばらしいもので、当ブログでも何度か取り上げさせて頂いているのですが、中国はもちろん日本の反日マスコミは完全に無視し、不透明な軍拡への言及など、一部の発言だけを切り抜いて『脅威論を唱えた』などと曲解し、麻生氏を批判するという態度を取っています。この傾向は外相就任以来これまでずっと続いているのは皆様ご存知の通り。

 日本のマスコミがダメなら米国で。日本国民として、国内のこんな状況は情けないですが、発言を切り取られて世界中で誤解を受けるよりは、自身が積極的に外でアピールする事によって発言を正確に伝えるしかないのかもしれません。

 これまでの日本外交は、中国の悪質なプロパガンダに殆ど反論する事は無く、また積極的に立場、意思を表明してこなかった。これは『世界は中国が言ってる事を嘘だとわかっている』という一人合点をしていた、あるいは単に発信能力が無かっただけなのかもしれない。その結果もたらされたのは、不当に貶められた日本のイメージだった。

 あからさまに日本に対して隷属を求めてくる中国と対峙する時、『中国を刺激してはならない』と逃げを打つ政治家ばかりが目立ち、抗う事をしなかったこれまで。だが、麻生氏は違う。自分の思うところを忌憚無く表明でき、かつ発信する能力も高い。

 このままでは本当に属国になってしまうところでした。若干言葉が足りなかったりして危ういところはあれど、この時期に麻生氏が外相になってくれて本当に良かった、と私は思います。欲を言えば、是非とも次の総理になって頂きたい。応援します。その日が来るまで。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:麻生外相 『やっぱり敵はマスコミ』
関連エントリー2:麻生外相を次の総理に
関連エントリー3:麻生外相 『釣れた釣れた』
関連エントリー4:韓国 『反応せずにはいられない』
関連エントリー5:日中韓の対立を煽ってるのは朝日新聞
関連エントリー6:中国様大激怒 『やっぱり共同のマッチポンプ』
関連エントリー7:朝日新聞 『麻生糾弾宣言』
関連エントリー8:麻生絶対支持宣言!
関連エントリー9:麻生外相 『やっぱり敵はマスコミ 2』
関連エントリー10:麻生外相へ 『マスコミの謀略にご用心』
スポンサーサイト

テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
>中国が自由、民主の国家に変わることさえ実現できれば、

私にはこう聞こえます。

「中国共産党が崩壊し、中国が民主主義の成立する適当な大きさの国に分裂すれば、

多分中国もこう解釈しているんじゃないでしょうか。麻生の皮肉のテクニックは天下一品!ごっつぁんです。
2006/03/15(水) 08:17:13 | URL | 未定 #-[ 編集]
おーこれぞ外務大臣の仕事!
靖国含め特殊アジアの反日を打ち消す軽い日本の立場言明の上、”東アジアの舞台の中心に戻る”で今オマエは東アジアの舞台の中心にはいないぞ思い上がるんじゃねえというホンネを中国にチクリ。こういう地道な発言の繰り返しがこれまで皆無であったので良い傾向です。
もし外務省有志が自浄作用を働かせられるのだったら転換点は今この時、今しかないでしょう。なんせ麻生氏は今後外相以上の大役を果たすのに多忙極まりないですからね。GO!麻生GO!
2006/03/15(水) 08:25:57 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
中国よ。まず近代市民社会になりましょう。
>中国が自由、民主の国家に変わることさえ実現できれば、東アジアの舞台の中心に戻ることを歓迎する
リップサービスとしては最高、現実的な可能性は最低。良い仕事ですね。
 自由、民主主義社会になるにはまず、近代市民社会をつくらないといけない。異論を封殺せず、自己絶対正義の前提で議論せず、根拠のない中華思想に依存しない社会。阿Q的なものに頼らない社会。未だに中華思想と近代中国時代のルサンチマンを捨てられない中国には無理な相談でしょう。
 実現するとしたらウイグルなどの非漢人地域で実現後、多分江南辺りから徐々に進むという構図になりそう。
 幸いな事に中国のプロガバンダは底が浅いものが多い。ちゃんと対応していけば打ち消しは出来るはずです。後、この際アメリカ大統領や国務長官、国防長官に靖国に参拝、黙祷していただけば更に良し。首相がアーリントンに詣でているんですからお返しに頼んでもいいと思います。そうなった時の中韓の反応が楽しみです。
 今後も日本から発信してください。
2006/03/15(水) 08:58:59 | URL | 暇人 #ubwXA8Lk[ 編集]
すばらしい麻生大臣!安倍官房長官と共に日本のリーダーとしての資質は申し分なしです。
2006/03/15(水) 10:39:29 | URL | 有権者 #-[ 編集]
これで、辞職やらに追いやられないのだから、やっと 日本も政治外交ができる「可能性ができてきました」ね。
さて、日本が政治外交を放棄するように企む輩は、どう動くのか楽しむ事ができるようになったようです。

それにしても、今までは、なんて酷かったのでしょう・・・失言・妄言として取り下げるに留まらず、謝意として、マイナスに自ら貶めて外交を始めていたのでしょ?
日本側からの揺さぶりを自ら封じるならば、政治力でせめて0(ゼロ)からの交渉ができるようにしてなくちゃいけなかったのでは?
政治家(およびマスコミ)の無力・無能・怠慢の「政治ごっこ」だったねー戦後60年は。

麻生さんの唱えるソートリーダー?好きです。東南アジア諸国からも、望まれる形だとも思います。
ここで、諸外国から、賛同する空気が顕著になれば良いのですが。(応援のしどころだと思うんですがねー)
2006/03/15(水) 10:56:09 | URL | とん #-[ 編集]
ネット上のリサーチを見つけました
http://www.imi.ne.jp/blogs/research/2005/10/post_30.html
約半年前の政治アンケート結果です

ここでは新聞の世論調査とほぼ同じ安部氏が圧倒的有利で変わりありませんが
この半年で『麻生GJ!』という声は急速に高まっていることと
ネットリサーチは主に(失礼ながら)政治には疎い主婦層が多いという点。
ここでもう一度同じ調査を行った場合
結果がどう変わるのかで
ネットからの呼びかけが功を奏しているのがわかるはず

前回のコメントで私は「次の一手」と書きました
例えばリサーチ社に麻生氏について調査して欲しいなど要請して世論喚起するのも側面からも朝日や売国議員の外堀を埋める活動になると思うんです
2006/03/15(水) 11:06:35 | URL | d #mQop/nM.[ 編集]
GHQ同じ手を使う非民主主義国
中国の首相~「日本の指導者と国民は別」~聞き飽きた言葉を使うなよ、麻生さんもう一声、「中国のマトモな国民の声が聞きたい、首相の声は聞き飽きた」とでも云って欲しい。
「朝日」反応なし、何で?思考中?。
2006/03/15(水) 11:24:08 | URL | 嫌! #-[ 編集]
麻生外相いいですね!
今朝の産経新聞でウォールストリートジャーナル紙の記事の事を知りました。
やっと『・・・らしい外務大臣』が出現してくれた。慶事です。戦後60年してやっと日本の外交が浮上してきたと思います。この調子でドンドン日本の主張を世界に向けて発信し続けてほしいいものです。
それに、数年前ならこうした発言は直ぐ一部の売国マスコミや媚中議員が騒いで「麻生降し」が始まったでしょう。そんな異常事態が無くなった事もまた慶事です。

>中国の首相~「日本の指導者と国民は別」~聞き飽きた言葉を使うなよ、麻生さんもう一声、「中国のマトモな国民の声が聞きたい、首相の声は聞き飽きた」とでも云って欲しい。

同感ですね。
中共は「日本の指導者と国民は別」と日本人の分断を画策してますから、この分断策に絶対のっていけませんね。そうした目でみれば、この中共首相の発言も媚中議員や売国マスコミ、反日マスコミに対して「尚一層分断工作に励め!」という指令なのでしょう。
今まで中共に「散々舐められ、罠に嵌められた」のは、日本人にこうした裏切り者供の付け入る隙があったからです。幸い、インターネットのお陰で多角的な情報収集やその信憑性の検証ができるようになって、日本の悲惨な現実に目覚める人が多くなった。
これ以上、中共の「反日工作」「隷属化工作」に乗せられてはいけない。

自国を巧く統御できないから、外国を悪者に仕立てて矛先を躱すという、姑息で卑怯な行為を許していけない。
2006/03/15(水) 12:13:21 | URL | 西瓜男 #-[ 編集]
しゃべればしゃべるほど墓穴を掘る中韓朝日
>日本の指導者と国民は別

という中共の言葉は、実はやっぱり墓穴をほってるんですよ。民主主義にのっとった普通選挙で政府を選んだことがない中国では、指導者(?)と国民は別ということになり得るんでしょうが、日本では結構多めに総選挙をやってるので、政府と国民はさほど乖離していませんよね。中国がいまだに民主主義を理解できていない証拠となる言葉です。
2006/03/15(水) 12:53:10 | URL | 未定 #-[ 編集]
周辺へのメッセージでは
>日本の指導者と国民は別

恐らく、麻生外相など今の日本の政治家は、それこそ
「中国の指導者と国民は別」
と考えているのでは?
つまり、今の中国指導者と日本の政治家が会ったり話をしなくても、日本は全然困らない。
今のままでも民間の交流は止まらないし、中国共産党は力がどんどん弱くなっていて、地方政府が中央の言うことを聞かず、好き勝手をするようになってる。
また、麻生氏の「民主的な中国を待望する」は百年河清を待つみたいですけど、これは中国向けというより、台湾など周辺諸国や地域に向けたメッセージだと思いますね。
中共が民主主義を理解しなければ、いずれ中国は立ち行かなくなると思います。
2006/03/15(水) 13:51:26 | URL | るな #-[ 編集]
釣竿かついで麻~生太郎~、シィ~ナをあ~しげに反~日退治♪・・・ (by金太郎)
はいはい、反日太公望の麻生さんがきましたよ。中国との前向きな関係を希望するなんて言っちゃってからに、民主化要求しています。これは中国にとっちゃある意味、台湾併合を諦めるよか難しい。共産党の上から下まで、共産党の利権でさんざオイシイ思いをしてきましたからねえ。でも国際社会の評判がよろしくないってんで、口だけは頻りと民主化を唱えてる手前、麻生さんの新聞広告にも反論できんでしょう。流石、反日釣師の面目躍如といったとこですか。
ですが大きな期待もできません。こと、シナー君だけに読ませるだけの意図ならば、奴らの対米ロビー活動に一石を投じることにゃなったでしょう。ですが、アメリカ人にどれだけ理解されたかちゅーたら甚だ疑問です。日本のノンポリの人らにしてもそうなんですけど、政治なんぞに興味ない人らは、呆れるほど何も知らないし、ニュースや記事もスルーしちゃいます。ましてや外人で極東の政治に関心ある人は、ごく僅かでしょう。シンパシーも持っちゃいないだろうし。
最近、NYタイムズ、大西哲光(オオニシ・ノリミツ)の、日本に対する悪意に満ちた記事が度々話題になりますが、リベラル系だけじゃなく、ワシントン・ポストや、CNNなんかも相当強烈に日本をこき下ろすことで知られています。CNNは自国のことにゃ甘いんですが、日本関連のニュースじゃ決まってクソミソです。アメリカの保守系に信頼を寄せ過ぎんのも考えもんですよね。まあ、CBSのようにリベラルでも、さほど反日的じゃないとこもありますし、日本はじっくり時間かけて、シナーの不当性を、アメリカを始めとする国際社会に訴えていくしかないですね。
秋の小泉さん退陣に伴う総裁戦では事実上、麻生VS安倍の一騎打ちとなるでしょうが、横合いからシナー君たちが、オカシな妨害してこなきゃいいんですけどね。事前に靖国参拝をしないのを明言したら、常任理事国入りに反対しないとかなんとか。どうせ後になって、「言った覚えないアルヨ」とかって、素っとぼけるんでしょうから。
2006/03/15(水) 18:05:19 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは

>未定さん

麻生さんの発言や文章は『色んな』意味として解釈できますね。少なくとも額面どおりには行きません(笑)。

>日本大好きさん

日本は自由と民主主義がある国じゃないとご一緒しませんよ、今後は。って事ですよね。麻生さんは良いなあ。今頃、中共では麻生氏の文章を分析してることでしょう(笑)。

>暇人さん

この際アメリカ大統領や国務長官、国防長官に靖国に参拝、黙祷していただけば更に良-

おお!良いですね、それ。麻生氏をトップに戴く今ならアホの外務省職員も反対できないでしょうし(笑)。

>有権者さん

そうですね。資質十分です。

>とんさん

今までは酷かったですね・・ホントに。これでやっと正常運行出来そうです。

>dさん

情報ありがとうございます。

通常の電話調査での支持率は低めなんですが、ネット限定でやると安倍さんよりも人気が高いのが特徴的ですね。昨日始まった調査でも、一位を独走中です(笑)。
http://www.yoronchousa.net/webapp/vote/form/?id_research=216

>嫌!さん

はは・・朝日は最近反応が遅めなんですよ。空気を読もうとしてるんですかね、読めてないけど(笑)。

>西瓜男さん

中共の謀略も通じ難くなってきましたね。分断工作もそうとわかれば効果は薄い。ドンドン奴らの意図を暴いていきましょう。

>未定さん

実はやっぱり墓穴をほってる-

仰るとおりですね。だからこそ一部の指導者に責任を押し付けなかったという事も言えるかと思います。

>るなさん

ええ、中国では指導者と国民は完全に別ですもんね。中共には用事ありません、という意味だと思います。

>怒る小市民さん

事前に靖国参拝をしないのを明言したら、常任理事国入りに反対しないとかなんとか-

あ、これ絶対に言ってきますね。ただ、麻生、安倍両氏はこんなバーターには乗らないと思います。今までのバカ政治家とはひと味もふた味も違います。
2006/03/15(水) 19:01:41 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
そういえば
かの国の迎賓館の名は「釣魚台」でしたね。

よく釣れるわけだ。
2006/03/16(木) 00:02:43 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
私は福田康夫だと思いますが…
増田俊男氏は次の総裁は福田康夫だと言っています。森元首相もそのつもりらしいです。JJ氏は断言はしていませんが遠まわしに安倍晋三氏が総理になるのは次の次だと言っています。v-15

http://www.chokugen.com/opinion/backnumber/h18/jiji060220_343.htm

http://www.chokugen.com/opinion/backnumber/h18/jiji060220_343.htm

http://www.chokugen.com/bomb/060213bomb.htm
2006/03/16(木) 01:29:23 | URL | 蔵信芳樹 #JDnNQ3q6[ 編集]
Wallstreet Journal
アメは確固たる軍事力(核)持ってるから、どうとでも言えるよなあ、中国との間には太平洋もあるし・・・。 中国市場に媚売ってる感がなきにしもあらず・・・だけど。
2006/03/16(木) 01:48:24 | URL | 徒然 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なんか、風邪ひいた気がしまス。だるいス。仕事ほっぽって帰りたいけど、そうもいかないスよね。社会人としては。会社来ても来なくても給料もらえるー、そんな身分になってみたい気もしまス。んで。大中国様、今度は日本人を懐柔しようとしてんでスかね。人民日報に温家宝さ
2006/03/15(水) 11:19:59 | ふまじめざんス
本格生産なら対抗措置 外相、中国ガス田開発で (共同通信) - goo ニュース  麻生太郎外相は15日午前の衆院外務委員会で、中国が開発を進めている東シナ海のガス田「白樺」(中国名・春暁)、「樫」(同・天外天)について本格的な生産開始が確認された場合、日本として
2006/03/15(水) 15:26:12 | 電脳空間「高天原」
ここ数日、鬼のように寒かった大阪ですが兄貴・金本の3連続HRのおかげか(きっと関係ないけど)今日はちょっとぬくぬく。おかげさまで目がかゆぃぃぃぃぃ~っ!!!{/hiyo_shock1/}反日勢力とともに花粉も大陸や半島に立ち去ってくれりゃあいいのにとぼやきつつ、最近ス
2006/03/15(水) 16:05:37 | まいっちん愚ログ
 今日また麻生外相GJ!(≧∇≦)な出来事がありました。今のところ日本ではまだテレ朝しか伝えてないようですが……。 この件については後ほど紹介するとして、まずは岩国住民投票について。 本来なら昨日取り上げるべきだったんですが、実は社説が出揃うのを待っ
2006/03/15(水) 18:39:45 | ぼやきくっくり
今年9月に小泉総裁の任期が切れる。次期首相候補は麻垣康三とか言われている。麻生太郎、谷垣禎一、福田康夫、そして安部晋三だ。一般の世論調査によると私がぶっちぎりの1位らしい
2006/03/16(木) 00:00:50 | 立て板にとりもち的空想
◆麻生外相がウォールストリートジャーナルへ寄稿麻生太郎外相は、13日付の米国大手紙・ウォールストリートジャーナルへの寄稿論文で、中国政府が独裁政権に特有な秘密主義をやめて
2006/03/16(木) 00:14:13 | 外交と安全保障をクロフネが考えてみた。
【写真:東シナ海のガス田】・・・・う~ん、この件もタイミング的に悪い気もしますねぇ。
2006/03/16(木) 05:04:09 | 私の「認識台湾」
マスコミさん、くれぐれも「除雪」の邪魔にならないよう、報道を!という題名で、新たに記事をアップしましたので、興味のある方は、是非、お読み下さい。
2006/03/16(木) 21:39:55 | グレーゾーンの民間交渉人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。