管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東シナ海ガス田問題で際立つ朝日のバカっぷり
 昨夜のエントリーで紹介した東シナ海ガス田問題。日中中間線付近で一方的に開発を行っている中国に対して、日本は共同開発を提案するも中国側は拒否。日本側提案を拒否した中国は『新たな提案』として、なんと日中中間線の明らかに日本側である尖閣諸島周辺海域、中国には関係のない日韓共同大陸棚付近での共同開発を出してきました。

 当然、こんな馬鹿げた提案を受けられるはずは無く、日本側は提案を拒否し、次回の協議に持ち越しとなりましたが、交渉としては後退したと言わざるを得ない。そんな中、朝日新聞は昨日の社説にて『提案』めいたものを書いていました。まずこちらをご覧ください。(asahi.comから以下引用)

日中協議 対話の機運を広げたい

 東シナ海の天然ガス田開発をめぐる日中両政府の協議が北京で行われた。

 昨年10月、小泉首相が5回目の靖国神社参拝をしたことで中断されていた協議だ。冷え込んでいた日中の政治関係が徐々にではあるけれど、再び動き始めた。

 今回は、中国側が新たな共同開発案を示した。内容は明らかにされていないが、日本側はひとまず持ち帰り、検討して早い時期に次回の会合を開くことで合意した。

 どの海域を共同開発の対象にするか、基本的なところで対立がある問題だ。合意点を見つけるのは簡単ではない。ねばり強く交渉を続けてもらいたい。

 靖国問題や反日デモで日中関係が行き詰まるなか、このガス田開発をめぐる対立は、単なる経済問題を超えて両国のナショナリズムがぶつかり合う象徴のような様相を見せてきた。

 中国側は日本政府の抗議を無視して開発を進める一方、艦船や航空機が海域ににらみをきかせた。昨年6月までの1年間に航空機を146回、艦船を18回出動させたという。日本側も対抗して日本企業に試掘権を認め、自衛隊の対潜哨戒機が偵察飛行を続ける。

 そんな抜き差しならない空気が和らいできた背景には、日中双方の変化があった。一つは、昨秋の第3次小泉内閣で、ガス田問題を担当する経産相が、強硬派の中川昭一氏から中国とつながりの深い二階俊博氏に交代したことだ。

 中国側も全面的な関係冷却は避けるため、対話再開へ動きだした。温家宝首相は先月、訪中した二階経産相と会い、関係改善の意向を伝えた。温首相が日本の閣僚と会うのは久しぶりのことで、中国側の対応の変化をうかがわせた

 二階氏は商務相とも会談し、中国の省エネ、環境分野で協力を進めるためのフォーラムを日本で開くことに合意した。

 空気に変化の兆しが見えてきたとはいえ、ガス田の共同開発はそう単純には進むまい。

 東シナ海、西太平洋は中国海軍の活動が活発化しているところだ。領有権がもつれる尖閣諸島や台湾が近くにあり、日米と中国が神経をとがらせる。中国側も軍の意向が大きな比重を占めそうだ。

 だが、それだけにこの問題に打開策が見いだされれば、その効用は日中関係にとどまらない大きな意味を持つ。東南アジア諸国を巻き込んでエネルギーの地域協力を進める土台になりうるし、東アジア共同体の足がかりにもなる。

 この対話再開の機運を大事にしてもらいたい。次は、途絶えたままになっている外相会談を早く行うべきだ。靖国神社問題などをめぐる麻生外相の発言に中国側の反発はあるにしても、首脳会談の停止に加えて外相同士の対話まで閉ざしてしまうマイナスはあまりに大きい。

 エネルギー問題をはじめ、両国が協力することで双方が大きな利益を得られるテーマはたくさんあるのだから


 おそらく、この社説を書いた時点では尖閣諸島周辺だということが判明していなかったと思われますが、日本側が提案を拒否して帰ってきた事を考えると、朝日の社説子もどうやら日中中間線よりも『日本側』での開発提案であったことはわかっていたとみなして話を進めます。

 まず、社説の冒頭から日中の『政冷』、中国が開発しているガス田を巡る『抜き差しならない空気』という緊張状態を並べ、協議が再開された事を評価している。それはまあ良い。が、その抜き差しならない空気が和らいだとする評価、その要因が二階氏の経産相就任と分析しているのはどうなのか。

 昨日明らかになった中国側の提案は、尖閣諸島という中国が強奪しようとしている日本領土周辺での開発であり、さらに『抜き差しならない空気』になる危険を孕むものだった。なぜこうなったのか。それは二階氏が『試掘』というカードを予め放棄した上で協議をセットし、中国は踏み込めるとみたからだ。

 朝日の社説子は前任の中川氏が強硬派だとしているが、中川、二階氏共に『日中中間線付近』での共同開発を求めるという『表面的』には同じ立場だ。何が違うのか。中川氏は中間線という譲れない一線を試掘などのカードを使って守ろうとしたのに対して、二階氏は『中間線付近での共同開発しましょう』と『言うだけ』で拒否された時、押し込まれた時のオプションを何一つ持っておらず、結果的に著しく日本を不利な状況に追いやってしまった。

 国と国との協議とは、お互いの国益を守ろうと主張をぶつけ合い、時には衝突覚悟で妥協点を見出すという事だ。その意味で中川氏の対応は間違っていなかったし、話し合いオンリーの二階氏が一方的に押し込まれた事を見れば、どちらが間違っているのかは明らか。

 それに、協議が再開された事を最大限評価しているようだが、協議するしないをカードにするのは中国の常套手段。本来であれば、マンマと協議のテーブルにつくという『エサ』に飛びついて国益を損ねた二階氏を批判するのが筋というものだ。まあ、二階氏と同じく中国様の奴隷である朝日新聞の社説子にこんな事を言うのは酷なのかもしれませんが。

 次に、社説の後半で『だが、それだけにこの問題に打開策が見いだされれば、その効用は日中関係にとどまらない大きな意味を持つ。東南アジア諸国を巻き込んでエネルギーの地域協力を進める土台になりうるし、東アジア共同体の足がかりにもなる』と、まるで韓国の潘基文外相ばりの『幸せ回路』を全開にしている。

 なぜ純粋な2国間の権益問題の解決が『東アジア共同体』などという夢物語に繋がるのか、全く理解できない。日本と同じく中国による資源強奪に悩む東南アジア諸国が聞けば腰を抜かしてしまう事でしょう。中国の提案とは『俺の物は俺の物。お前の物も俺の物』という『協力』とは程遠いものだ。そんな夢物語みたいな事を言ってると、東アジアの海洋権益はすべて中国の物になってしまう。バカな事を書き散らかしてないで、夢は寝てから見なさい。

 で?散々ぱら中国様の尻馬に乗ってバッシングした麻生外相に向かって『外相会談を早く行うべきだ・外相同士の対話まで閉ざしてしまうマイナスはあまりに大きい。』と来た。これはまた麻生叩きの前フリなのかもしれないが、麻生氏は『いつでも会います』と繰り返し述べている。会わないと言って対話を閉ざしているのは中国ですが。麻生氏に求めるのは間違ってるだろう。

 しかも一方の相手は靖国参拝を『ヒトラー、ナチスを崇拝してるのと同じ』なんていうブラックプロパガンダをやりまくっている、中国指導部で1、2を争うキ印の李外相ですよ?対話を再開すれば、李外相がいかに『マイナス』なのかは判明するでしょうが、日中関係、特に日本の国益にとってプラスになるとは到底思えない。というか、会わないことの何が悪いのかわからない。時にはそういう事があるのが外交ってもんだ。社説子はもう一度、大学で勉強したほうがいいんじゃないの?


関連エントリー:中国は日本との戦争を望むのか?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
田原とのTV討論で二階さんは「日本案はダメ」と表明してた。完全な閣内不一致じゃね?だったら辞めろよ、おまえ。まあ、現実問題中国をさらに刺激することになるから出来るわけ無いんだけどさ。でもトップに日本案を通す意志が無くてどういう交渉をするつもりなのか経済産業省は!小泉さんの責任も重いよ。責任取る前に任期切れになりそうで腹立たしい!!
2006/03/09(木) 08:13:07 | URL | かねごん #-[ 編集]
さすが中共の御用新聞!じつに的確に中共の真意を汲み取っている。
二階”中国とつながりの深い”俊博氏という表現は秀逸としかいえません。
そうかそうか、中川昭一氏が経産相ではイヤなんですね。
中共は省エネ・環境問題でにっちもさっちもいかずに日本をあてにせざるを得ないんですね。
東南アジア諸国とエネルギーに関してモメているんですね。
外相会談したいんですね。
両国の協力という名のもとに利益を得たいんですね。
んー中共のホンネを浮き彫り!
さすが”自称”ジャーナリスト。やっぱりアンタらの反日・売国活動は確信を持ってやりまくってんですね。
2006/03/09(木) 08:56:41 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
日本協会の川淵三郎キャプテン(69)は7日、日本、中国、韓国3カ国の五輪代表(U-21=21歳以下)による交流戦を計画していることを明らかにした。歴史教科書問題などで日本と中韓との関係が冷え込み、政財界の複数から「サッカーを通じた交流で相互理解ができないか」と要請され、中韓両協会へオファーしていた。今年、来年とホームアンドアウエー方式で、08年北京五輪を目指す3カ国の代表を対戦させ、強化と交流を図る予定だ。

同キャプテンは試合前に両国代表メンバー20人ずつ、さらにボランティアの通訳を20人入れて、両国選手が1対1で交流できるような場を設けることも計画。また、日本五輪代表のキャンプには有識者を招いて、日中、日韓の歴史を選手に勉強させるための講義も実施することにしている。同キャプテンは「交流の場を設けることで、相互理解を深めることにもなる」。日本協会では平田竹男GSをプロジェクトリーダーに、遅くとも5月までに詳細を決定することにしている。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060308&a=20060308-00000032-nks-spo

明らかなサッカーの政治利用、若い選手への歴史認識植え付けが進んでいます。
電凸先は下にあります。ご協力よろしくお願いいたします。

◎ 日本サッカー協会))http://www.jfa.or.jp/outline/index_new.html
TEL 03-3830-2004(代)
FAX 03-3830-2005
2006/03/09(木) 09:57:59 | URL | 名無しさん #udV8ZQiM[ 編集]
既に精神病の域では?
 朝日の場合、既に精神病に近いですから今更でしょう。
 東シナ海ガス田問題の厄介なところは日本側に試掘をやっていない事によるデータ不足がある。
 試掘して採算ラインかどうかを試算できるだけのデータを日本が持っていない事。これが祟っている訳です。
 一応中国は強行していますがそもそも提携していたメジャーが逃げた時点で採算性は疑問。開発費用を補填する為日本を巻き込んでしまいたいと思っているのではないかとも思えます。
 是非試掘調査とデータ公開で中共の面子を吹き飛ばして欲しいです。そして、ひたすら中韓におもねった記事を朝日が書き、呆れて読者が離れていき購読者数減少で廃業へ追い込みたいものです。
2006/03/09(木) 10:33:05 | URL | 暇人 #-[ 編集]
中国新聞
こんな新聞紙が日本で「何百万部」も毎日廃棄物に近い文字を「印刷」までして各家庭に配布されている、日本の悲劇。
この新聞社が無ければ、慰安婦、強制連行、南京、靖国神社と云う「単語」が問題に成らない「単語」で有ったと考えると「罪深い」、靖国神社を事の始まりにしてしまう手法も、もう名義変更「中国新報」にして欲しい。
2006/03/09(木) 10:43:42 | URL | 嫌! #-[ 編集]
朝日は忠実アル!、社章を旭日旗から五星紅旗に変えるヨロシ
やじざむらいさんの、朝日の社説子を大学からやり直せって言うのには同意できません。幼稚園からやり直すべきです。画用紙にちゃんと、日の丸が描けるようになるところから始めんと。
ひょっとしたら、中国は端から日本側が呑めない提案をしてきたのかも知れません。当選回数は多いけど、無能であるが故に冷や飯食いをしてきた二階のトシ坊が、経産相になり訪中したのをチャンスと見て一計を案じた。“バカから”言質を取るっていう計略を。後々その言質を楯に、恫喝外交を有利に運ぶハラだったんじゃないでしょうか。
トシ坊は党歴以外、重要ポストに就ける要素の全くない人物ですから、自分が就任期間中になるたけ対中関係でポイントを稼ぎ、自民党内で影響力のある地位を占めたいという思惑があるのでは?。実はシナーとトシ坊の利害って一致してるんじゃないですかね。まあ、今回は流石のトシ坊も、軽はずみな言は与えなかったようですが。
ちょっとテーマからズレちゃいましたね。でも朝日が幾らシナーに忠誠を尽くそうが、反中国の趨勢を変えようがないと思いますよ。特に今回の一件で、余計に不信感を募らせた日本人は多いでしょう。それに再来年の北京五輪は間違いなくサッカーアジア大会の二の舞になって、日中の亀裂は決定的となります。朝日に限らず、東京、中日、京都といった左巻き新聞は世論の猛烈な反発を喰らい、廃刊に追い込まれるとこもあるかもしれません。そうなったら、TBSやNHKも組織の大幅改変を余儀なくされるでしょうね。
その頃には、昔は朝日の敏腕記者で鳴らした奴が、産経の新聞拡張員になってたりして・・・。
2006/03/09(木) 11:24:53 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
中国との対話???
いかにも朝日らしい記事ですが、中国は絶対に譲歩せず、常に日本から一方的に何かを引き出すだけ。中国とは絶対に「対話」はできないのです。
一方的に譲り、何かを引き出されるだけの交渉や対話だったら、しない方がよっぽどマシ。
もしやるなら、猛烈な抗議と、日本側の主張を述べるだけという位の心構えが必要。話せは理解しあえるなんてオメデタイ話は中国には全く通用しません。してやられるだけです。

2006/03/09(木) 12:03:54 | URL | 朝日が潰れることを願う者 #-[ 編集]
日本には『ヒトラー、ナチスを崇拝してるのと同じ』と言いながら、自分達は大躍進政策や文化大革命でナチス以上の大量虐殺をおこなった毛沢東を崇拝しているとはこれいかに?
2006/03/09(木) 12:53:34 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
なんか変ですね・・
幼稚な中国、韓国の反日攻勢には、なにか切羽詰まるものがあるのでしょうか。
 それはそうとクリントイーストウッド氏の「硫黄島からの手紙」で渡辺謙さんがが、栗林忠道中将を演じることとなったようです。かの島にて倒れた、叔父の遺影に報告することとします。
 この映画がなぜ「南京虐殺」と誤報されたかわかりませんが、あちらの諜報機関が拝金主義で、日本の嫌がる情報さえ流せば、なんらかの報酬がもらえるというレベルまで墜ちているように思えます
2006/03/09(木) 16:54:54 | URL | SAKAKI #-[ 編集]
朝日は中国共産党の機関紙のようなもの。中国共産党の意向・立場をそのまま伝えるだけですから、当然の論調。
そんなものを見ていたら親共産主義の反日思想に染まってしまいます。子供さんがいらっしゃるご家庭はご注意下さい。
2006/03/09(木) 17:11:13 | URL | 朝日が潰れることを願う者 #-[ 編集]
うーん、読むに耐えない論説ですね。中国が必死なのが想像できます。シナから「なんとかしろ」という指示がでているのでしょう。シナでは国内問題が沸騰しつつあり、一方、環境問題で日本の力が喉から手が出るほど欲しいのだが、今までがまともな外交ではなかっただけに、麻生氏や小泉氏が強硬な態度に出るとお手上げ、さらにシナにとって悔しいのは、日本がシナとの関係悪化にも関わらず、景気はどんどん回復しているし、シナ朝鮮以外の国々とはとてもうまくいっている。そこで、靖国参拝をやめさせようとアメリカに泣きついたが、完全に無視された上、中国のロビー活動を公表される始末。こんな状況だから朝日を使ってなんとか外相会談に持ち込みたいという下心が見えています。朝日よ!しっかり代弁をしておあげ!朝日はそのうちなくなるのだから。
2006/03/09(木) 17:12:06 | URL | bulldog #-[ 編集]
コメントありがとうございました
皆様こんばんは

>かねごんさん

二階氏はダメダメですね。話になりません・・

>日本大好きさん

ははは・・そう言われてみれば、あちらの願望が透けて見えますね。

>名無しさん

情報ありがとうございます。また意味の薄い事をやってますね。向こうの言い分を聴くだけに終わりそうです。

>暇人さん

仰るとおり、データがないと何の判断も出来ませんね。中国の隠された意図も見えてきそうです。早いところ試掘に踏み切ってほしいですね。

>嫌!さん

朝日のねつ造、扇動記事は罪深いですね。とっとと潰れてくれんかしら・・

>怒る小市民さん

おお!待ってましたそのツッコミ(笑)。仰るとおり、社説子は幼稚園児からやりなおすべきですね。

>朝日が潰れることを願う者さん

話せば理解できる中国なら、こんな苦労しなくて済むのになあ・・と思う今日この頃です。

>名無しさん

毛沢東という、おそらく史上最も人間を殺戮した怪物を崇め奉ってますもんね、中国は。お前が言うな!と。

>SAKAKIさん

渡辺謙さんはひっぱりだこですね。どんな映画になるのか、楽しみ半分、心配半分といったところですが、トラトラトラと同じく、日米で撮影が別だそうですから、ミョウチクリンな日本が描かれる事はなさそうです。

あの南京がらみの映画の話って、なんの中共にとって何のメリットがあったんですかね。なぜあんなディスインフォメーションを流すのか理解に苦しむ・・

>bulldogさん

沈み行く中共と一緒に沈む胆力が朝日にあるかどうか・・手のひらを反したように反中共になる日が来る気がします(笑)。
2006/03/09(木) 18:35:42 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
東シナ海の天然ガス田開発問題で中国が新提案を出した。 春暁ガス田については「話し合いの余地なし」 ただし「尖閣諸島については一緒にやってあげてもいいよ」 だって。。。 ケンカ売ってんのかぁ<`~´> 政府側には一定の前進と見る見解もあるらしい。 ど
2006/03/09(木) 10:08:49 | VanVan diary
昨日ですねえ。コリアン・ザ・サードさんにリンクさせてもらいました。うれちー。いろいろためになりますでス。更新されるたびに読んでまス。みなさん行きましょー。で。ここんとこ、中国がらみが続いてまス。今日も中国でス。何でかって言うと、面白いからでス。あー、たの
2006/03/09(木) 10:12:38 | ふまじめざんス
★ さすがは李外相  このところの中国の反日ぶりは幼児性を露にしている。日本が嫌がる事なら何でもろうというのだ。クリントイーストウッドが「南京虐殺」の映画を作るという
2006/03/09(木) 13:42:57 | 屁っぽこ投資家 榊のボヤキ録
せめて一日は待った方がいいんじゃないでしょうか。時事通信 (15時0分)麻生外相、「台湾は国家」と明言=参院予算委 麻生太郎外相は9日午前の参院予算委員会で、台湾について「民主主義がかなり成熟しているし、経済面でも自由主義経済が浸透し、法治国家だ。いろん...
2006/03/09(木) 19:11:39 | 226remix RADIO BABYLON
中國はこともあらうに、日本固有の領土である尖閣諸島と日韓共同大陸棚まで共同開發(かいはつ)の對象(たいしょう)とするやう提案しました。早急に試掘をし、開發・生産を行ふしか日本が取るべき道は有りません。親中派と云ふか媚中派の二階氏、二階氏を經産大臣に氏名した小
2006/03/09(木) 20:15:55 | 日本の傳統(伝統)を守らう!
<html><font size="5"> 東シナ海と中国の「二刀流」</b></font><font size="3">  私の職場にいる一人の親中サヨク氏は、東シナ海のガス田開発を巡る日中閣僚交渉で、中国が示した案に対して「ダブルスタンダード(二重
2006/03/10(金) 00:51:21 | 屋根の上のミケ
尖閣・領海は含まず、ガス田共同開発…中国の提案判明読売新聞より東シナ海の天然ガス田問題で中国側が共同開発を提案した「尖閣諸島周辺」海域は、尖閣諸島より北側で、尖閣諸島
2006/03/10(金) 23:18:38 | とりあえず文句から
サハリンの人口が激減しているという速報。
2006/03/15(水) 20:00:27 | 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
日本政府は2004年6月に中国が春暁の本格開発に着手したことがわかり、春暁・断橋付近の海域を独自に調査。春暁・断橋は地下構造が中間線を挟んで日本側につながっており、天外天、龍井もその可能性があることを確認した。このため、中国が日中間で地下構造がつながっている
2007/03/03(土) 04:09:43 | 意味が面白いかも
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。