管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国はどこへ向かうのか
 今月5日から始まった中国の全人代。昨年10%近い経済成長を達成し、数字上は好調に見える中国経済。その反面、所得格差が急拡大し、取り残された農民などによって起こされた暴動は昨年8万件を超えた。

 今回の全人代で策定された新5カ年計画では、広がる格差を是正すべく農民、農村への対策が重要課題として明記されたものの、中央の意向とは裏腹に、地方政府、役人が勝手気ままに農民から税を取り立て、挙句の果てには土地を奪う(失地農民の数は4000万人!)という匪賊行為が横行している現状で対策が行き渡るのか、見通しは暗い。(sankei web)

 加えて、農民など『弱者との共存』というかなり金がかかるお題目を掲げてみせた割には相も変らぬ軍拡路線。毎年10%以上の伸び率を示してきた軍事費は今年14,7%(発表値)の伸び率で、歳出全体の伸び率を上回っており、弱者を救うというお題目はその本気度も疑わしい。(河北新報)

 軍拡路線は周辺国への脅威を与える根本的な原因となっており、奇しくも全人代開催直前に行われた台湾の陳総統による『国家統一綱領・統一委員会』の運用停止発表に対して『台湾独立の分裂活動に反対し、決して妥協しない』、『最終的な祖国統一の大事業完成は中国人共通の願いであり、誰にも邪魔させない』と、武力行使も辞さない姿勢をあらわにし、『平和的発展』というお題目とは真逆を行く路線を取って台湾はもちろろん、日本を含む周辺国の緊張を高めている。(東京新聞)

 中国の抱える問題はこの他にも山積されており、その中のひとつは人権問題。土地を奪われたと訴える農民など、主に弱者から上がっている声への対応策は力による『弾圧』(sankei web)。その弱者を救おうと活動している人たちにも弾圧を加えている。(共同通信から以下引用)

活動家ら多数を拘束/中国、全人代控え締め付け

 【北京1日共同】中国で全国人民代表大会(全人代=国会)開会を5日に控え、治安当局が人権活動家や弁護士らに対する締め付けを強化、関係者によると、2月中旬以降、全国で10人以上が拘束され、北京だけで約100人が自宅軟禁となった。同関係者は「全人代会期中に混乱が起きないよう、人権を求める市民らを当局が力で抑圧している」と批判を強めている。

 関係者によると、当局による拘束のほか、行方不明になった活動家もいるという。エイズ孤児の支援などに取り組む市民活動家、胡佳氏は2月16日、北京で行方が分からなくなったが、同氏は当局による暴力行為に抗議するハンストを1月から仲間らと断続的に実行、当局からたびたび軟禁状態に置かれていた


 『上に政策あれば、下に対策あり』という言葉のごとく全人代で決定された『弱者との共存』政策は地方政府や賂役人によって骨抜きにされるでしょうし、真に困っている人たちはさらに困った状況に追いやられ、声をあげれば中共政権への挑戦とみなされて弾圧される。弾圧を繰り返せば人民の中共に対する憎悪は増幅し、暴動はさらに増え、体制打倒への力は強まる。次の五カ年計画を策定するまで、中華人民共和国という国があるのかどうか・・



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
>中国はどこへ向かうのか 

→簡単です。崩壊に向かいます。共産主義に極端な言論・人権の弾圧、独裁、粛清、腐敗、富の偏在、非効率は付き物であり、それらは共産主義の本質的なものです。
ごく一部の超特権階級を除いた全ての人々を不幸にするのが共産主義。そうした体制は必ず崩壊します。
なお、朝日や東京新聞は農民の立場に立つのではなく、中国共産党の権力者の立場で、その意向に沿って報道を続けていることは皆様ご承知の通り。朝日や東京新聞の言う「人権」や「弱者」なんて全くのエセ。彼らもまた崩壊を余儀なくされるでしょう。
2006/03/07(火) 20:41:54 | URL | 朝日が潰れることを願う者 #-[ 編集]
結局、最後の殺し文句は北朝鮮、中国も
同じなのが腹が立ちます。

「いうこと聞かないと崩壊するぞ!崩壊
したら、日本にも影響が大きいぞ!」

インテリと言われる知識人も
経済人も真に受けて納得してる。

ドンとこい!ちゅうねん!崩壊してみろ!
って言えないのでしょうか?
2006/03/07(火) 20:46:34 | URL | たかし #-[ 編集]
意外としぶといかも知れません。
 五年後共産党がまだ政権を維持しているかはちょっと疑問ですが、中共が崩壊、国家分裂にはならないかもしれません。統一された中国でないと安保理だの何だの確保できない利権がありますから。利権のために実質分裂しているけど名目上の統一維持という路線がしばらく続くというのがありそうです。
 腐敗官僚と地方諸侯の問題は中華民国時代から引き継がれている問題ですから今更でしょう。
 ありそうな未来としては、北京の権威失墜と諸侯の離反で実質的に内戦状態に突入、昨今の鳥インフルエンザの変異速度からみるとイヤな予想ですが中国内部で人の間で感染するタイプが出て北京が隠蔽と制圧を計って失敗。中国以外の国が一致団結して中国を隔離。恐らくこの時点で朝鮮半島も感染済みで隔離となるでしょう。後はヨーロッパ中世のペスト感染した結果城門を閉ざした都市と同じ運命を辿りそうな気がします。
 住民の大半が全滅。最初は病気で、後は食料と薬の奪い合いで。ペストで滅んだ村や町は当時は多かったそうです。
 SARSの対応ミスで懲りている事を願うばかりです。でないとマジで現実化しそうでイヤです。例え中韓でもお隣が地獄になるのはちょっと。
2006/03/07(火) 20:48:16 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
トップが真に公正なら共産国家というのも悪くは無いのでしょうが、なんせあの国ですから賄賂ももらえないヤツはバカにされるというように体制と矛盾する伝統を反省できずにはや数千年。いまさら劇的に変化するはずもなしでいずれ消滅は必定だし、どのみち砂漠化という形で国自体がサラサラと静かに消滅するでしょう。
全人代に中曽根・二階・河野・橋本が違和感なく普通に出席してそうでイヤですね。
2006/03/07(火) 21:14:30 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
今日も食事に困るのは~、共産党のお陰ェ~です♪ そーれ、一揆!一揆!一揆!一揆!・・・
あの~う、一つ訊いてもいいですか?。共産党って、平等な社会を目指してるんでしたよね~???。
他の国だったら、とっくに政変が起きちゃっても仕方のない状況でシブとく持ちこたえてんのは、やはり共産党による一党独裁体制の強みなんでしょう。広大な中国の各地に独自の権益を有する党幹部を、“諸侯”と指摘したのは、「日々是チナヲチ」の御家人さんだったでしょうか。正規の税の徴収の他、自分たちの懐を温めるため金を巻き上げるなんざ、時代劇に登場する悪代官みたいなもんですね。越後屋も一緒でしょうか。
それにしても暴動が8万件?、スッゴイですね~。もうワヤ。全人代はまあ、日本でいう国会ですけど、なんせオール共産党ですもんね、質疑応答なんてないシャンシャン会議。早い話、外国向けにいかにも人民の総意を党が酌んでるかって見せる、サル芝居な訳でしょ。んなとこで、農民対策っつーてもねえ・・・。実際に施行されっとは思えないんだけどなあ。その一方で幅を利かしてる軍の予算は鰻上り。キナ臭いですね、シナー君らは。
人民の怨嗟の声が日増しに高まってゆく中で、この先、共産党の余命がどんだけあるかは神の味噌汁、あ!、いや、神のみぞ知るでしょうが、せめて私からエールを送りたいです。
中国共産党・・・逝ってらっしゃい!!。
2006/03/07(火) 22:05:19 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
カエルが牛を見て、自分も大きく見せようと腹を膨らませて、仕舞いには「パンッ!」って話、なんていうタイトルでしたっけ?中国の寓話でないことは確かですが。中華蛙民共和国?
2006/03/07(火) 22:26:30 | URL | 未定 #-[ 編集]
 世界の左派勢力は中国の現状をどうみているのか。これが共産主義のなれの果てだと知れ。お前たちが信奉している共産主義とはかくも悲惨な結果を招くのだ。いいかげん眼をさませ。
 思想の力で貧しい者をあらゆる悪から開放するというのが建前だったはず。しかし、中国で見られるのは、貧しい者に対し、追い討ちをかけるような悪政ばかり。悪から開放するどころか、農民は依然としてみじめな生活を強いられている。都会での華やかな暮らしという比較対象ができたため、ますますみじめさを増す結果となっている。
 党の中央で農業対策を打ち出したところで、地方の党幹部が中央の思うように動かないのでは、どんなりっぱな政策も絵に描いたもちだ。経済は順調に発展しているようであるが、政治的には衰退していることは明白だ。特に内政において機能不全を起こしている。地方の党幹部の悪政に対して、一党独裁という体制では自浄機能は働かない。現今の状況からみて、内部から崩れていくと断じてよさそうだ。
2006/03/08(水) 01:41:16 | URL | プライム #-[ 編集]
以前は中国の民主化が望ましいと思ってましたが
今はまだ独裁の方がいいのかなぁと思うようになりました。
なぜなら、今の反日の教育のまま民主化した場合、非常に日本にとって強硬な政権が愚民によって選出されてしまう恐れがあるからです。
民度を上げるには情報公開・教育改善が必要ですが、今の独裁強行政権では望むべくも無いですし、かと言って今の民度のまま民主化されてしまうと、歪んだ教育の結果が選挙結果となり、それがひいては対日強行政権ができあがってしまうのでは・・・
なんか中国難しい状態ですねぇ・・・
2006/03/08(水) 07:42:01 | URL | N #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます

>朝日が潰れることを願う者さん

朝日なんかは中共が潰れれば、非難される事間違いなしですね。

>たかしさん

はは、確かに。潰れるぞ!ってどんな脅しだよ・・って感じですね(笑)。

>暇人さん

うーん・・アウトブレイクで滅亡が一番可能性がありそうですね。また、エイズも猛威を振るっているそうですし・・

>日本大好きさん

その面々は全人代に招待されたら名誉だ!とか思いそうですね・・

>怒る小市民さん

上から農民対策の金が来ても賂役人が次々と懐に入れて、農民に届く頃にはすずめの涙になってるんだろうなあ。

>未定さん

えっと、イソップ童話のカエルと牛ですかね。そろそろ爆発??

>プライムさん

ホント、世界の左派勢力というか日本のサヨクの方々は中共をどう思ってるんですかね。

>Nさん

まあ、あのでかいままの中国で13億の人民による普通選挙が行われたら、ラディカルな反日が出るかもしれませんが、まず最初に反中共の粛清の嵐で反日どころじゃないでしょう。
2006/03/08(水) 08:07:28 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
怒る小市民様、
正に中国は水戸黄門の悪代官と悪徳商人、そして苦しめられる農民という構図そのものですね。
先日、悪代官が工事費を水増しして大儲けをしているというのがありましたが、中国の三峡ダムの工事費が工事半ばというのに、とっくに予算オーバーしているのも正にこれでしょう。
とにかく拝金主義の腐敗しきった国です。過酷な状況に置かれるのは9億人の農民。朝日や東京新聞が崇拝する共産主義とはそういうもの。
2006/03/08(水) 10:26:12 | URL | 朝日が潰れることを願う者 #-[ 編集]
中共政権は行きずまりつつあるようですね。国内問題につぃて、我々が外側から見て知ることの出来る対政府暴動事件だけでも一年間で8万件にも上るとか。我々の知り得ない事件を考慮すると10万件にも達する暴動が起きていると予想できます。これを一ヶ月、一日単位での発生件数に置き換えてみると、それぞれ概数で8000件、280件となり、これはもう普通の国家とはいえない。さらに暴動を抑えるに暴力をもってするなどということは民主主義国家では想像もできないこと。中国の永い歴史が現代まで続いているだけではないか。かっての王朝が共産党に変わっただけのことである。清王朝の時代、ヨーロッパで生まれた産業革命とそれが齎す成果を、馬鹿げたとしかいいようのない大中華思想によって否定し、その当然の帰結として甘受せざるを得なかった、日清戦争での敗戦とその後にやって来た西欧列強による植民地化の時代、これらへの屈辱感が強いために、周りの国々が見えず、唯我独尊的な外交をし、軍拡を続けている。このため世界からの外的圧力は強まるであろうし、国内からの反政府圧力が強まる事は必至。中共が崩壊するのは時間の問題だと思っています。また、彼らの歴史から判断しても、政府高官も含めた人民の民度から判断しても
中国が近代民主主義国家に成長する可能性は未来永劫に亘って「ない」と考えるところです。
2006/03/08(水) 10:57:29 | URL | bulldog #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
日本軍の南京攻略を描く映画が米国ハリウッドの著名俳優、クリント・イーストウッド氏
2006/03/07(火) 19:48:27 | 音楽と日々之雑感
中国外相、靖国参拝を激しく非難 名指し避け「小泉後」牽制 (産経新聞) - goo ニュース 中国の李肇星外相は七日、北京の人民大会堂で内外記者と会見し、日中関係に関して、日本の指導者の靖国神社参拝を激しく非難、「(関係改善の)カギは各指導者が誤った行動を正すこと
2006/03/08(水) 13:59:31 | 電脳空間「高天原」
産経新聞 中国、失地農民4000万人 突然の略奪、揚げ句…犯罪者扱いそろそろ限界かな?この国は...↓クリックでランキングチェック!!
2006/03/08(水) 14:38:21 | 某赤い国Life
産経中国外相、靖国参拝を激しく非難 名指し避け「小泉後」牽制 小泉純一郎首相は七日夜、中国の李肇星外相が首相の靖国神社参拝を重ねて批判したことについて「もう靖国は外交カードにならない」と不快感を示した。
2006/03/08(水) 15:03:54 | 226remix RADIO BABYLON
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。