管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 媚中派を持ち上げて自分の首を絞める中共
 昨日から北京にて、東シナ海ガス田問題を話し合う日中局長級協議が行われています。協議日程は昨日と今日の2日間の予定。一方的に開発を進める中国側に対して、日中中間線付近の共同開発を求める日本側。今回の協議はどんな見通しになっているのか、まずこちらのニュースをご覧ください。(asahi.comから以下引用)

春暁ガス田、中国が共同開発に難色

2006年03月05日08時17分

 日中間で懸案となっている東シナ海のガス田開発問題で、中国の唐家●(タン・チアシュワン)国務委員(副首相級=外交担当)が先月訪中した二階経済産業相に対し、中国が生産準備を進めている春暁(日本名・白樺(しらかば))ガス田の日中共同開発に改めて難色を示していたことがわかった。政府関係者が明らかにした。日本側は同ガス田の共同開発を強く求めており、6日から北京で再開される日中局長級協議は難航が予想される

 春暁ガス田は、日本が主張する排他的経済水域(EEZ)の境界である日中中間線をまたいで地下のガス層が広がっている。完成間近とみられる中国側の採掘施設は中間線から1.5キロしか離れていない。このため、日本側は「中国の採掘で日本側の資源まで吸い取られてしまう」と主張し、開発の即時中止を求めている。

 政府関係者によると、唐委員は2月22日の二階経産相との会談で、春暁ガス田について「中国が開発している海域は(日本の主張する)中間線より中国側にある」と、従来の立場を強調。資源が吸い取られるとの日本の主張については「我々を欺こうとするものだ」と不快感を示したという

 一方、同日に二階経産相と会談した温家宝(ウェン・チアパオ)首相は「争いを棚上げにして共同開発を進める」と、東シナ海一帯でなんらかの共同開発を進めることには意欲を示したという。

 日本側は、昨年10月の前回協議で春暁を含む中間線をまたいだ双方の海域での共同開発を提案している。次回協議で中国側が新たな提案を表明する予定だ。

(●は王に施)


 まあ、予想通りというか何というか、中国側は日本側の主張を突っぱねるつもりのようですね。中国の言う『共同開発』とは日中中間線付近ではなく、『中国の主張する』中間線付近(沖縄トラフ)などで行おうというもの。新たな提案を表明するという事ですが、著しく日本側に不利なものが出てくるだけでしょう。
 
 さて、今回の局長級協議をセットしたのは二階経産相ですが、何をしに行ったんでしょうか。唐氏に『我々を欺こうとするものだ』と言われて反論した形跡はありません。ここで前任の中川農水相なら『欺いてるのはそっちだろ』とやり返してくれるところですが、自民党きっての媚中派である二階氏は唯々諾々とあちらの言い分を聞いて帰ってきただけ。

 おそらく中国は今回も日本がとても呑めない条件を出してくると思われますので、交渉が暗礁に乗り上げ、中国側の『時間稼ぎ』という思惑にマンマと引っかかり、どんどんガスは吸い上げられる、そんな結果に終わるでしょう。中川氏が経産相であったころは、日本側も対抗して試掘→操業をカードに中国側の譲歩を求めていく・・という流れでしたが、二階氏になってからは試掘の話さえ凍結し、『話し合い』をすると言うのみになってしまっています。

 そんな、中国様にとっては都合の良い交渉相手である二階氏。中国側からの評価は『かなり』高いようです。こちらをご覧ください。(東方ネットから以下一部引用)

理知的に、実務で中日関係を改善
2006 -3 - 3 9:50

 中日の政治関係は日本の小泉純一郎首相が靖国神社参拝に固執しているため、膠着状態に陥っている。麻生太郎氏は新任の外相として、その職務からして、努力して中日の政治関係の膠着状態を打開する方法と道を探すべきだが、就任以来、次から次へと無責任な発言をしており、中日関係をさらに悪化させている。

 このような雰囲気の中で、日本の経済産業大臣の二階俊博氏は、中国を訪問した。昨年10月に小泉首相が五回目の靖国神社参拝をしてから、初めて訪中した自民党内閣の閣僚である。

 喜ぶべきことに、今回の二階大臣の訪中は、この春の日、中日関係に暖かさをもたらした

 二階大臣は訪中期間に、中国の商務部長・薄煕来氏や関連部門の指導者と中日の東シナ海の天然ガスと経済協力などの問題について広範な討論を行った。温家宝総理と唐家旋国務院委員達は二階大臣と会見し、両国の関係と共通して関心ある話題についてお互いに意見をかわした。

 なぜ二階氏の訪中が中日関係に暖かさをもたらすことができたのか。肝心な点は、同氏が理知的で、実務的な態度で中日関係に対応し、両国関係を改善する方法を探し求めており、火に油を注ぐこともなく、天下の混乱を望むこともないからである。

 昨年7月、前任の経済産業大臣の中川昭一氏は、まだ論争がある「中日間の中界線」の日本側海域で、日本の帝国石油に採掘権を与える決定をした。東シナ海の情勢はたちまち一触即発の状態になった。
 
 今年1月9日、中国の外交部のアジア局局長・崔天凱氏は、日本アジア太平洋局長・佐々江賢一郎氏と資源エネルギー庁長官の小平信因氏らと共に、東シナ海の天然ガスの開発について、「中日の東シナ海問題の非公式会談」を行って、双方はいくつかの原則的な共通認識が成立した。小平氏は日中双方共に開発するのがよい解決案だと語った。

 1月14日、二階氏は中日両国の東シナ海の天然ガスの開発問題を協議する際、日本の石油企業向けて、深刻な論争がある東シナ海海域における天然ガス採掘の許可は決してできないと明確に表明した。さらに「国内のある人は、日本には道理があり堂々と採掘できると言うが、私はそうすべきではないと思う、そういう話にどんな意味があるのかと指摘した。中国と衝突しても、問題は解決できず、東シナ海の天然ガス開発問題については、中国と粘り強く交渉を行うべきで、双方の相違を解決してこそ、両国関係の発展に利益がある」と述べた。

 二階氏の上述した立場は理知的で、歴史の流れに合っており、立場も実務的なものだ。このような立場から出発する限り、中日両国の利益にかなう解決方法を探し出せるかもしれない。<以下略>


 ププププ・・わーはははっはは。露骨だねえ(笑)。理知的ですって!良かったですねー、二階さん。媚中派認定おめでとうございます。中国が『こいつはくみし易い、つまりバカ』と思った人間にしか与えられない勲章ですから、ありがたく頂戴しておきなさい。

 冗談はさておき、中国側は一方的に開発を進め、日本側の主張に一切耳を貸さない。そこでこちらの言い分も聞いてもらおうという事で試掘権を与えた『だけ』だったんですが、中国様は激怒。海軍の艦艇を周辺海域に展開するわ、口汚く日本を罵るわで一触即発の状態にしたのは中国なんですがねえ。

 そんな噴飯モノの中国の言い分を100%鵜呑みにして『中国様を刺激してはならない』というのが二階氏の方針。そりゃあこんな事では『恫喝したもの勝ち』になりますわな。向こうが怒れば衝突をさけようとして、こっちの立場を放棄するんですから。

 さて、上記事で興味深いのは二階氏を持ち上げまくる一方で小泉、麻生、中川氏をこき下ろしている事。これにはどんな意図または戦略なのか。ネット上で徐々に有名になってきた中国の兵法書である『六韜(りくとう)第十五 文伐』にその答えがあります。その中のいくつかを抜粋しますのでこちらをご覧ください。(Web漢文大系)


三曰、陰賂左右、得情甚深、身内情外。國將生害。

第三には、 相手国の君主の臣下に賄賂を贈り こちら側のために働くように仕向けなさい。その臣下は 身体は相手国にあっても心はこちら側にあるようになり 相手国に害悪をもたらします

四曰、輔其淫樂、以廣其志、厚賂珠玉、娯以美人、卑辭委聽、順命而合。彼將不爭、奸節乃定。

第四には、 相手国の君主や臣下に美女や金銭をを贈り、堕落させるように仕向けなさい。やがて相手はこちらに逆らわないようになり、悪だくみも上手く行きます

五曰、嚴其忠臣、而薄其賂、稽留其使、勿聽其事。亟爲置代、遺以誠事、親而信之、其君將復合之。苟能嚴之、國乃可謀。

第五には、 交渉の為に隣国から有能な忠臣がやって来たならば、何一つ話さず、与えず、無為な時間を過ごさせよ。交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が無能ならば 大いに与え、歓待し、成果を与えよ

そうすれば、隣国では無能な者が重用され、有能な忠臣が失脚する。 そしてやがては滅ぶ

(意訳は2chから頂きました)


 はい、どうですか?思い当たる人が沢山いるなあ(笑)。賄賂やら美女やらを与えられ、がっちり金○を握られた人は堕落し、無能となり、仕掛けたほうはその無能を持ち上げ、厚遇する。対して、仕掛けが効かない有能な人はこき下ろされ、冷遇される、と。この何千年も前に考えられた謀略を中国は使ってるんですね、今でも。

 これまでは実に効果的であったこれらの手ですが、今では私のような一般人にも中国政府が六韜をそのまま使っている事がバレていますので、やればやるほど中国の思惑とは違った反応が出てしまう。いやー、ネットによる情報の共有って素晴らしいですね。あ、中国様は気になさらず、これまでの方針でやってください。媚中派リストの作成に役立ちますし、次の選挙で落としますから。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
こういう時期にこのアホタレを経産大臣にすえて数千万規模の国費を無駄遣いした上に資源の盗掘を許すというのは理解できません。
中川昭一氏はどうやら農水大臣にはあまり向いていないようなのですぐにでもクールビズ組若頭として経産大臣に復帰してもらって中共の反応を楽しみたいです。あの人をわざわざ農水大臣においておく意味がわかんないですね。
あ、あと小泉の跡目には麻生組長誕生って方向を要望します。釣り名人でもあるし。
2006/03/07(火) 08:29:25 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
地下二階だか何か知りませんが、「友好的」なんて言葉を口にしながらやってくれば中国にとっては絶好のカモ。中国は大歓待するでしょうが、それだけ日本の国益は失われます。本当に甘い愚かな旧来型政治家です。売国奴と呼ぶにふさわしい人物でしょう。
2006/03/07(火) 10:51:38 | URL | じろう #-[ 編集]
いろいろなニュースソースによると、日中局長級会議で中国側が、前回の日本の提案を拒否し、前回と同様の主張を繰り返しているそうです。つまり二階はなんの役にも立っていないことが立証されました。これで、
二階即刻罷免→町村経産相就任→試掘に向けた法整備→試掘
の論拠と条件と国民の合意が見事に整いましたね。今小泉が始めたら、麻生もしくは安倍は粛々と(堂々と)プロセスを進められますからね。民主党のまともな連中も取り込める!小泉!!そんなに名を残したいのなら、今すぐ踏み切るのだ!!!
2006/03/07(火) 11:45:26 | URL | 未定 #-[ 編集]
六韜って面白いですよね。
トランプのポーカーでも、

「ポーカーを5分プレイしてカモが誰か
判らなかったら、あなた自身がカモだ。」

とありますね。
特定アジアにとっては、日本はカモネギに
鍋までしょって、口まで飛び込んでくる。
そんな風に思われているのでしょうか?
2006/03/07(火) 12:00:51 | URL | たかし #-[ 編集]
結局生贄だったみたいですね。
 二階さん。見事国益に背いた判断やった結果、媚中派認定おめでとうございます。次の選挙で日本の為にならない政治家として落選を期待いたします。というか次の選挙で二階を公認するなとメールする事にします。
 すくなくとも話し合いは無駄という事が二階氏のおかげで再確認できました。親中派は日本の国益擁護には害になっても益にはならないという実例付きで。少しくらい譲歩してやればまだマシだったんでしょうがそんな余裕向こうにはないですしね。
 少なくとも媚中派にとって彼らの行動自体が下手するとバッジを失う原因になりかねないという状況へ変わりつつある。
 バッジの為に媚中派をやめるか適当なところでバッジを外してうまく退場するかの悪夢の二択が彼らを待っているのでしょう。
 この様子だと対中強硬派が後任になって二階氏更迭。親中派は親分のおかげで面子丸つぶれですな。是非試掘してください。
2006/03/07(火) 12:06:52 | URL | 暇人 #-[ 編集]
・・・・次の選挙まで間に合うのでしょうか?

その頃には媚中派が余計な条約を結んだりして「取り返しのつかない」ことになっていると思います

唯一の希望は次期内閣です
小泉が9月に退陣すれば大臣も代わる

しかし安部氏が総理になれば小泉の意思を強くを受ける、または未だ根強い派閥関係から媚中の活躍は続くと思います

起死回生の麻生氏が総理になること

これが特定アジアの侵略から守る希望だと思います
国民投票制を前倒しさせネットの力で麻生氏の知名度を上げ形勢を逆転させるべきですよ
2006/03/07(火) 12:19:58 | URL | d #mQop/nM.[ 編集]
トシ坊萌えアル!、這い蹲ってチウコク人の靴ナメるの許すアルヨ~、存分に味わうヨロシ
小泉政権の現閣僚で、最も高位にいる媚中派が二階のトシ坊です。
小泉さんもなんでこんなアフォな人選したんでしょう、ヤキが回ったとしか思えない。しかも、よりによって経済産業相!。日本の権益をシナーに呉れてやるつもりでしょうか。
今回、トシ坊が時候の挨拶したのが、唐国務委員っていうとっつぁんです。日本語ペラペラのくせに日本憎しで凝り固まったウドの大木で、小泉さんの靖国参拝に絡み、「やめなさい!」発言で有名な御仁。媚中派議員と知日・憎日派要人との会談は、中国側の一方的な罵倒を畏まって拝聴するという、案の定な結果。ねートシ坊、いったい何ちにいったのかにゃ~?。
続く温首相との会談では、ションボリしてるトシ坊に、共同開発へ前向きな感触を与える。訪中成果ナシの汚名を雪ぐのに焦ってるのを見越しての、わかり易い揺さぶりです。ですが中身は、中国にだけ都合のいい内容。日本の領海で共同開発だ?。日本が拒絶したら春暁のガス田を続ける口実にし、呑んだら更なる利益獲得を目論む。どっちに転んでも中国に損はない。人食い人種のくせにずうずうしいにも程がありますね、シナーは!。
まあ何にせよ、晴れて中国様から理知的と評価されたトシ坊は、株を上げたつもりでしょうが、日本国内に渦巻いてる怒りは感じないんですかね。空気嫁ない人なのかも知れません。ひょっとして、ご多分に漏れずエロ仕掛けでもされて、弱味を握られてるんでしょうか。
六韜の話が出てましたが、然らば漢書よりの引用。
   当断不断 反受其乱
まさに断ずべき断ぜざれば、却ってその乱を受く。決断せにゃならん時にやんなかったら、自分に災いが降りかかる。ちゅーことなんですが、今がまさにその状況でしょう。このままシナー君たちのいいようにさせちゃダメです。ガス田開発でもガツンと強烈なアッパーでも喰らわせんと。そのため政界に蔓延る媚中派の一掃をせんとなりません。先ずはトシ坊。とりあえずは、女王様にお仕置きされてる写真でもバラ撒きましょうか・・・。
2006/03/07(火) 15:03:19 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
嘆かわしいの一語に尽きる。多言を要さず。この二階という馬鹿者には、国家とか国家主権などという意識はないし、理不尽に対して堂々と渡り合うだけの胆力もない。こんな馬鹿者を、小泉氏が経産大臣に任命した事が間違いだったのではないか。このことは国交相の北側にも言えるが。とにかく、小泉氏が、この二階をどう扱うかは見ものですね。更迭するか、しないか。とりあえず官邸、外務省、経産省二階更迭要求のメールを送っておきました。
2006/03/07(火) 15:47:11 | URL | bulldog #-[ 編集]
効果有り
エロトラバ貼りまくられる程、この記事が中共派にとって痛いってのがバレバレ(笑)。
 今の情勢で媚中派に何が出来るんでしょうか。 あの通りのご機嫌伺いがせいぜいでしょ。 じろうさんの「地下二階」って気に入りました。次の政権では、しっかり地下に埋没してもらえるように、与党への国民の声を届けるメールを欠かしてはいけません!
2006/03/07(火) 17:21:17 | URL | 徒然 #-[ 編集]
再コメントです。

日本政府の行動規範を見ていると、常にスレッシュホールド(閾値)の設定があります。特に小泉政権は。例えば北朝鮮。前回の日朝実務者協議で、北朝鮮はダメだという論拠の駄目押しをしました。「最大限の努力をしたけどダメだった」ろいう予防線であり、国民の合意が極大になったことを確認するための方策です。今回小泉が二階に訪中させたのも、結果に期待なんかしているわけではなく、党内や全国紙中の媚中派をより際立たせ、やはり「日中友好でギリギリの努力をしたけどダメだった」として試掘への根拠固めに思えます。ちょっと下がって考えてみれば、小泉政権内に媚中派の親分(←これ大事)を置いてバランスを取っておいて、やらせてみて、それで結果ダメだったら媚中派の発言力は急低下するわけですよね。小泉の次の一手(麻生の次の発言)を見てみましょう。
 ところで、民主党の執行部に議長経験者のミイラが戻ってきました。議長職=生きる屍・窓際職と思っていたのですが、こんなのもありですか?河野が戻ってこないことを心から祈ります。夕べのテレビタックルで、河野には自民党内でも外相時の責任論が根強いのを見て安心しましたが。
2006/03/07(火) 17:25:35 | URL | 未定 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。

>日本大好きさん

二階さん、ホントに何しに行ったんでしょうね。協議は何も進展せずに終了したそうです。カムバック!中川氏!ですね。

>じろうさん

二階さんはなぜ自分が厚遇されているのか、わかってるんですかね。なんだか『新提案がある』と自信満々のようですが、どんなものなんだか・・

>未定さん

これで二階氏更迭論が噴出すれば良いですね。えらそうな事を言った割には何も進展しないじゃないか!って。町村さんの再入閣かあ。いいなあ(笑)。

>たかしさん

ええ、その上食べやすいように細かく刻んでおります(媚中派)。

>暇人さん

話し合いは無駄-

ホントですね。はじめから土下座してるんですから、足元を見られるのは当然です。次の選挙では確実に落選して頂きましょう。

>dさん

まあ、勝手に二階さんが条約を結ぶことは出来ませんから、その辺は大丈夫かもしれません。おそらく閣議にかけられるでしょうから。次の総理には是が非でも麻生氏になっていただき、国益に背いた売国議員どもへの総括→公認取り消し→落選終了ーって感じに持って行ってもらいましょう。

>怒る小市民さん

当断不断 反受其乱-

まさに今がギリギリのタイムリミットですね。ここで姿勢を変えないと、ホントに冊封国家になってしまいます。

>bulldogさん

嘆かわしいの一言に尽きる-

そうですね。なぜこんな人が任命されたのか、理解できないところです。ただ、媚中派は全く何の役にも立たないという事を際立たせる役割は担っていると思います。

>徒然さん

最近、エロバなどがまた増えてきました。目障りなので削除しましたが、お目を汚してしまって申し訳ありません。送り主は中共なの(笑)?

>未定さん

次の一手を見てみましょう-

ですね。次の一手で真意がわかりますね。注視しましょう。

民主の新国体委員長のわたなべさんですが、まあ火中の栗を拾う度胸のある人物が皆無という情けない状況で出張ってきたのは勇気があるとは思います。最悪のズンドコ状態にある民主党ですから、何でもありなんでしょう。この人事によって下がるような支持率もありはしませんしね。河野ですか?ありえませんね(笑)。
2006/03/07(火) 18:44:47 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
二階は環境や省エネ技術の提供も約束したのではないですか。それらは高く売りつけるべきもの。
2006/03/07(火) 20:45:59 | URL | じろう #-[ 編集]
初めまして(^-^)/ 素晴らしいブログですね。これからも読ませていただきます(^-^)/ ランキング投票しておきました(^-^)/
2006/03/07(火) 21:05:25 | URL | あきら #-[ 編集]
いつもお世話になっております。
TBさせていただきました。

もう二階は江戸時代の刑法に基づいて市中引き回しの上、磔獄門にしてもらいたいものです。
ついでに媚特定アジア連中も同様と言うことで。

昔から中国と付き合うにはタカ派がいいといいますから、次期総理は是非とも麻生さんになってもらいたいものです。
2006/03/08(水) 14:31:52 | URL | 勉強中の整体師 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
★ 満州・・ 戦勝国アメリカが日本に強制したことは、アジアへの関与の否定であった。そしてアジアにも、反日を植えつけた。なぜなら、アメリカは巨大化する満州にアメリカ自身
2006/03/07(火) 17:38:27 | 屁っぽこ投資家 榊のボヤキ録
東シナ海ガス田開発、中国が日本提案を拒否 【北京=池辺英俊】東シナ海の天然ガス田開発問題を巡る日中両政府の局長級協議が6日午後、北京市内の釣魚台国賓館で始まった。 
2006/03/07(火) 21:25:29 | 或る浪人の手記
 まずはお知らせ。 毒吐き@てっくさんが旧宮家復籍キャンペーンフラッシュ作成にあたり、カンパを募集されています。 フラッシュ作成はプロに依頼し、WEBだけでなく国会議員の方々にも見ていただけるようCD-ROMに焼いて配る予定だそうです。 作成費用(2本立て
2006/03/08(水) 02:22:02 | ぼやきくっくり
同じ事ばかり繰り返す壊れたテープレコーダー
2006/03/08(水) 14:25:14 | 若手(?)整体師の独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。