管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 靖国参拝阻止を米国に要請しまくり
『靖国神社参拝をやめろ!』と、機会のあるごとに言い続ける中国様。日本側の要人はもちろん、昨年は東アジアサミットの開催中、各国の要人、各国のメディアを前に靖国参拝、小泉総理批判を展開して必死ぶりをアピールしていました。そんな口を開けば『靖国・小泉』が飛び出す中国様は日本の同盟国である米国にも働きかけを強めていた実態が明らかになったようです。こちらをご覧ください。(Yahoo ニュースから以下引用)

中国 首相の靖国参拝問題 米に対日圧力働きかけ

 【ワシントン=古森義久】複数の米国政府関係筋は五日までに、中国政府が日本の首相の靖国神社参拝に対し、米国のブッシュ政権から日本への抑制の意向を伝えさせようと非公式に米側に要請していることを明らかにした。中国側は在米の外交官や政府直属の学者などによりホワイトハウスや国務省に日本への圧力行使を働きかけているという

 米中関係に詳しい米国政府関係筋は「中国政府の代表たちがブッシュ政権に対し日本の首相の靖国神社参拝への反対や抑制の意向を日本側に伝えることをさまざまな形で求めてきている」と述べた。同筋によると、中国側は小泉純一郎首相の靖国参拝だけでなく後継首相の参拝にまで米国が留保をつけ、日本側に米政府として難色を示すよう訴えている。

 この非公式の働きかけは、ワシントンの中国大使館の周文重駐米大使周辺の外交官や訪米する鄭必堅氏(前共産党中央党校副校長)のような党中枢につながる中国側学者によるホワイトハウス、副大統領府、国務省などの中国担当者あての「訴え」や「要請」が中心だという。

 別の米国政府関係筋によると、日本にとっては同盟国としての米国の発言の比重が最も高く、日本側が米国の意向には最も注意深い関心を向けることや、第二次大戦で中国が米国と共同戦線を組んで日本と戦った歴史を踏まえて「A級戦犯合祀(ごうし)」を強調しながら日本の首相の靖国参拝についてブッシュ政権に反対あるいは抑制の意向を述べさせることを目的としている

 香港在住の著名な中国ウオッチャーのウィリー・ラム氏も二月中旬に北京から得た情報として、胡錦濤国家主席の外交関連顧問たちが日本との靖国問題などで米国が日本を抑制することを求めて米側に圧力をかけるべきだという政策勧告をした、と明らかにしている。

 ラム氏は、(1)中国政府は日本への直接の要求では靖国問題などでの譲歩は得られないと判断し、米国からの圧力に期待をかけるようになった(2)中国側は、ゼーリック米国務副長官が「中国はステークホルダー(利益の保持者)」と表明したことなどから、米国が中国重視を高め、対日案件でも中期、長期には中国の要請を聞くと判断するようになった-などと解説している。

 しかし現実には、ブッシュ政権はいまのところ中国側の要請に応じる気配をまったくみせていない。ブッシュ大統領は「小泉首相の靖国参拝が日中関係を悪化させている」という因果関係の主張をも排し、「日中関係は単なる神社への参拝よりはずっと複雑だ」と言明。

 また最近までブッシュ政権の国家安全保障会議のアジア上級部長だったマイケル・グリーン氏も「首相が靖国参拝をやめても、なんの問題解決にもならない。中国側は他の苦情を持ち出してくるだろうからだ」と述べ、中国側の主張には同調しない姿勢を示した。
(産経新聞) - 3月6日2時59分更新


 必死ですねえ。日本側が思いのほか態度を変化させないので、米国に何とかしてもらおうと積極的なロビー活動をしてるわけだ。便利でお手軽『歴史認識カード』は絶対に手放せないということでしょう。こんなに必死になるということは、よっぽど使い勝手の良いカードだったんですね。

 あれ?でもちょっと待てよ。先日、自民党の中川秀直氏などが訪中した際、中国側は会談で『中国人民の感情に連動する同義問題』とか『靖国問題は外交カードではない』なんてあくまでも中国人民の心の問題が云々という話をしていたんですが、米国に人海戦術で陳情しまくって日本に『外交』圧力をかけさせようとしているところを見ると甚だ疑わしい。

 まあ、人民の心がどうのとか、日中友好がどうのこうのとか、使える方便は何でも使うのが中国様のスタイルですから、額面通り受け取るのがどうかしているという話ですが、未だに政界、マスコミなどを中心に真に受けちゃう人が多いのは困った話です。

 とはいえ、中国のロビー活動が暴露され、『米国は中国の意図を見抜いているし、動きませんよ』というメッセージが出るということは、『長期には中国の要請を聞くと判断するようになった』という中国の希望的観測とは裏腹に上手くいってない事を示しています。

 米国で民主党に政権交代が行われれば、少し状況が変わってくるとは思いますが、共和党政権である限り『首相が靖国参拝をやめても、なんの問題解決にもならない。中国側は他の苦情を持ち出してくるだろうからだ』という対中国観は変わらないでしょうし、中国の尻馬に乗って日本叩きをすることもないでしょう。

 そろそろ中国は気付いたほうが良いと思うんだけどなあ。打てば響くような日本側の反応があったからこそ成立してきた外交カードだった事を。そして、便利でお手軽なカードを手放したくない、と必死に動き回ることで、回りまわって自分の首をしめる『自爆カード』になりつつあるという事を。


関連エントリー:中国様 『そのまま報道する日本マスコミが悪い』


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
 そもそも中共は日米関係を理解してませんね。当然ながら最近の日米関係の変化にも。靖国に関して、例えアメリカが何を言おうとも、日本が現路線を踏襲する限りは変更しないでしょう。
 中国が勘違いしている「アメリカが白といえば日本も白だという」古い日米関係は、中国が朝鮮を含む周辺国を取り込もうとする華夷秩序の関係に見えるのでしょう。中国はそういう目でしか周辺国を見ていない証拠でもあります。
 やじさんの言葉をもうちょっと進めて、日本はこの辺の中国の思考回路を逆手にとって、逆に日本の外交カードにするぐらいの戦略がほしいものです。
 やっぱ、飯島愛に策士になってもらいましょう。
2006/03/06(月) 19:30:23 | URL | 未定 #-[ 編集]
日本はアメリカのことアフォ言ってたアルヨ ⇒ ソウデスカァ?、日本ハ中国ノコト“オタンコナス”ッテ言ッテマシタガァ
こすっ辛いですね~、シナー君は。
日本にイチャモンつけても暖簾に腕押しなんで、アメリカにきましたか。ついでに、日米同盟に楔を打つつもりなんでしょうが、だとしても認識が甘い。大沢親分風に言うなら、喝!だぁ~。
大体これまでの自分らがやってきた不埒な悪行三昧を考えたら、んな厚かましい裏工作なんざ通用せんのがわからんのでしょうか。散々他国の顰蹙買うようなことばっかやってきて、信用度“0”の国が、いけずうずうしですよ。張本風に言うなら、喝!だぁ~。
中国が他国に対してアピールできるのは、13億っていう人口が示す市場の潜在性と、200万人の人民解放軍が与える威圧感しかありません。中国の歴史上の人物に好感を持つ人はいても、世界の殆どの人は、生きた中国人には嫌悪感しかありませんから、シナー君たちは、その辺をわきまえた方がいいですね。
今回の姑息な赤いロビー活動にしても、アメリカ当局の判断が的確で先ずは一安心ですが、この先、予断を許しませんよね。やじさむらいさんも言ってるように、アメリカが
中国フェチの民主党政権に取って替わったら、外交の方針転換をして中国優先を打ち出すかも知れません。以前のエロントン政権の時のようなジャパン・パッシングは、願い下げにして欲しいもんです。
こちらとしても中国の卑劣な日本ネガティブ・キャンペーンに対抗して、何らかの手を打つべきです。とりあえずはネットを使って世界に向け、胡錦涛の母ちゃんはデベソであることをバラしてやりましょう。
2006/03/06(月) 20:15:03 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
アメリカに動くメリットはない。
 アメリカにとってこの問題で中国側につくメリットは何もない。民主党政権でも同じでしょう。いくらブッシュが嫌いでも、中国のアメリカにとっての位置はクリントン時代とは確実に異なっている。どちらの政権でもアメリカの覇権を維持するのに日本が不可欠で中国に甘い顔した結果色々痛い眼にあったという過去がある。
 更に言うなら靖国はどう見ても日本人の信仰の自由の問題。個人の自由を尊重しろとわめいている手前、靖国という信仰の自由に抵触する問題に口は出せない。というか言ったら藪蛇。仮想敵から現実の敵にシフトしていると思っている中国の意見を聞いて現在数少ない同盟国である日本国民の対米感情を悪化させるような行動は意味がない。さらにサンフランシスコ条約で彼らは免罪済みだからその後の処遇は日本の問題。日頃口にするお題目に反することは言えない。つまり言ったら最後デメリットはあってもメリットは近い将来の仮想敵国のリップサービスくらいしかない。アメリカのパワーエリートならこんなアホな話には乗らない。
>逆に日本の外交カードにするぐらいの戦略がほしいものです。
未定殿。
 靖国は基本的に中韓にとってのカードです。日本の政治家のつまらないミスとマスゴミのご注進で生まれたカード。そもそもカードになり得ない問題でした。
 靖国抜きなら日本の方が元々強いカードを持っています。特に経済については。使えば地獄見るのはあちらです。
 酒場でのカードギャンブルで例えるならば、良い手札が無くて苛ついて喚いている状態。後は降りるか負けを宣言するかしかない。最悪にして最後の選択肢である銃(軍事力)を持ち出すのは酒場の主であるアメリカが即座に撃ち殺すからデメリットが大きすぎて出来ない。韓国についていうなら最初から勝負になっていない。日本が無視し続ければ降りるか飛びかかって酒場からたたき出されるのぢちらかしかない。実力からいけば負けを認めるという唯一の現実的選択肢を受け入れられない。ま、引き際を知らない馬鹿です。どちらの国も。
2006/03/06(月) 20:36:45 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
つまり、「アメリカにまで靖国参拝問題をチクってやった。オラ、知らねえぞ」って脅してるんですね。こんなんが脅しになっていると思うのか?幼稚さに呆れ果てる。最近の中国電波は絶不調みたいですね。
2006/03/06(月) 21:56:09 | URL | プライム #-[ 編集]
んー気持ち良いですね!オトナの国の対応は。とりあえず国益不在の問題では米国は舌も出さないでしょうから安心ですね。
日本の政治家もこういう毅然とした態度と揺るがぬ原理・原則を見習ってほしいものです。
そしてそろそろ靖国問題ならぬ中曽根問題はやめにしましょう。得るもの無いし、そもそもバブルとセットの昭和のイヤな思い出でしかない。
2006/03/06(月) 22:06:58 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
民主党でも
ピンキリですから、有力議員辺りに日中関係について説明する程度のロビイングはしておいた方がいいようにも思います。
2006/03/06(月) 22:15:28 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
アメリカに泣きつくとは!!しかもアメリカには殆ど相手にもされていない。哀れを誘う反面、見下げ果てた性根ですね。結局のところ、靖国、靖国といいながら確たる政治的信条もなく外交手段も持たず、日本国内の反日マスコミから与えられたカードに飛びついて、強硬な態度に出ていたということがはっきりしました。はじめからわかっていたことですが。日本がいままでのようには思いどおりにならないという事、ここに至って、有効な手段一つ考えつかない。挙句の果てにアメリカに「なんとかしてくれ」と泣付く。なんともお手軽、お気楽な外交姿勢ですね。実に底が浅い。胡錦濤政権としては、靖国を扇の要として反日を煽ってきただけに、なんとしても靖国参拝をやめさせなければ、政権の維持が難しくなるでしょう。こんなブラフの使用を進言した日本のマスコミも、このアメリカの態度をみて戦慄しているのでは?同時に靖国参拝中止で私腹を肥やしてきた歴代売国首相も危機を感じて首の付け根をさすっているのでは?いかに中国がロビー活動をしょうともアメリカは彼らの本質を見抜いている事は明白ですね。本質を見抜かれたが最後、いかなるプロパガンダも空虚なものになるということです。それにしても中共政権の思考の浅薄さには今更ながら驚かされます。こんな手合いに我が国の指導者達が振り回されてきたのかと考えると、怒りを通り越して物悲しさすら覚えます。中国はこれから国際社会での孤立の度合いを深めていくことでしょう。がアメリカの態度も政権次第のことでしかない。ブッシュ政権の間に日本を立ち直らせることが肝要だと考えています。ただアメリカとしても、ルーズベルトと蒋介石とが結託して、破滅させる必要のない日本を破滅に追い込んだという罪の意識をわずかでも感じて欲しいものです。
2006/03/06(月) 22:30:52 | URL | bulldog #-[ 編集]
中共に対する感想は皆さんに同意です。しかし、敵は人海戦術を得意としていますから「瓢箪から独楽」という事もあるので、油断は禁物ですね。日本政府にも効果的な宣伝活動をして欲しいものです。歴史的な事実に基づけば、正当性があるのは我々日本の主張の方ですから、沈黙しても何の得にもならない。

それにしても、流石は古森さん、はやり産経新聞ですね。本当に、日本国民の視点で情報発信してくれるのは有り難いです。
是非、もっと多くの人々に読んで欲しいものです。勿論、我家では産経新聞を定期購読しております。

・・・ただ、配達してくれるのが朝日系販売店といのがチョッと気になる所ですがね。何年も前に朝日新聞止めて、産経新聞にしても配達するオッサンは変わらなかった。
・・・そして、そのオッサンは相変わらず毎月「朝日新聞をリサイクルしました」というトイレットペーパーを措いていきます。律儀な人ではあります。
・・・毎朝、トイレで産経新聞読みつつ、元朝日新聞のトイレットペーパーでけつを拭く。なんか妙な日常だ!
2006/03/06(月) 22:48:39 | URL | 西瓜男 #-[ 編集]
異常なまでの軍の膨張を続ける中国は今や米国の仮想敵国。そして大幅な貿易赤字(人民元の問題)、知的所有権の侵害による損害、資源あさり、アメリカが締め上げようとしている国への接近等にアメリカはひどく苛立っています。
中国のこの阿呆な要請に乗るのは、せいぜい、政権外の、無責任な立場の人達でしょう。全くどうってことありません。
2006/03/06(月) 22:55:47 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
なんか、必死な中国様ですね。
笛吹けど踊らずとはこのことでしょうか。

これ以上節操のない恥知らずな国々に
振り回されたくないものです。
2006/03/07(火) 02:03:42 | URL | 勉強中の整体師 #-[ 編集]
必死な中国とぼけてる政府
まさかここまで必死だとは思わなかったわ.ブッシュ政権がこの件で日本に働きかけをする気がないのは,先頃の米中会談でほぼ決着でしょう.
しかし,気をつけなくてはいけないのは,この手の話で日本政府がしっかりとブレ無い姿勢をアメリカに示しているかということです.いつまでも知日派が空気を読んでくれるだろうと思っていたら大間違いで,しっかりとこの手の話には譲歩する気がないこと,中国に非があることを示し続けることです.沈黙ばかりしていると,面倒だから譲歩しろよと言い出しかねないから.
2006/03/07(火) 02:57:37 | URL | toorisugari #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます

>未定さん

どちらかといえば、既に靖国参拝カードはこちらの手札になってますね。年に3回ほど切れると面白いんですけど(笑)。

>怒る小市民さん

民主党に政権が移れば気をつけないといけないんですが、とにかく今の路線を継続させて、国務省、国防相の官僚をガッチリにぎっておく事ですね。そうすれば、トップが反日でもめったな事では米国も方針を転換できませんから。

>暇人さん

日本側の路線が変わらない限り、大丈夫ってことですね。

>プライムさん

幼稚ですよね、中国様は(笑)。

>日本大好きさん

今の問題は中曽根の爺さんが作ったんですもんね。ホント、余計な事をしてくれたもんだ。

>煬帝さん

そうですね。民主党の反日議員以外にはロビー活動しておくべきですね。

>bulldogさん

米国が動かないとなっては、中国も困ったでしょうね。この調子でドンドン孤立していただきましょう。

>西瓜男さん

へえ、朝日の販売店が産経を配達してるんですか。そのうち産経ばっかりになったりして(笑)。

>日本国民さん

もう中国封じ込めでFAですもんね。日米の思惑は一致してるとおもいます。

>勉強中の整体師さん

ここまでやっといて『外交カードではない』なんて平気で言うんですから(笑)。阿呆ですわ。

>toorisugariさん

米国は日本の立場というか、譲らないというのは理解してると思いますよ。そしてもちろん支持してます。今の段階では。ただ、中韓のプロパガンダを打ち消す作業だけはやっておく必要がありますね。なんだか邪悪な施設というイメージをつけようと必死になってますから。
2006/03/07(火) 08:39:58 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
おくればせながら
 中国は実にマズイことをはじめましたね・・拙ブログにも記述しましたが、反日でイチバン喜ぶのは実はアメ公です。日露戦争以来、執拗に日本の孤立を図った張本人ですからね・・靖国問題をアメリカに持ち込むことが何を意味するのか、アメリカに日中の双方を天秤にかけ、叩く口実を手渡したも同然です。中国はアメリカが日本に圧力をかけると思っているでしょうが、アメリカはその引き換えを中国に求めるでしょう。実にしょうもないことをやってくれた・・やるとも思いましたが・・呆れます
2006/03/07(火) 09:18:52 | URL | SAKAKI #-[ 編集]
中国は日本の靖国問題をアメリカに
中国はアメリカにとって今も将来も力のあるライバル大国として存在する、日本はアメリカにとってただの飼育してきた鷲犬として存在する、いつか日本は仕えなれないと捨てられる、だから中国がアメリカに『ちょっと躾けしてくれませんか』とアメリカに求める仕方ない。
2006/04/17(月) 22:19:45 | URL | 一刀流 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
★ 満州・・ 戦勝国アメリカが日本に強制したことは、アジアへの関与の否定であった。そしてアジアにも、反日を植えつけた。なぜなら、アメリカは巨大化する満州にアメリカ自身
2006/03/06(月) 22:46:11 | 屁っぽこ投資家 榊のボヤキ録
馬鹿な上に節操もないので救いようがありません。
2006/03/07(火) 02:14:40 | 若手(?)整体師の独り言
 今日の『TVタックル』、久々に面白かったです。 新聞のラテ欄見たら「チベット」って書いてあったので、思わずキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!と叫んでしまいましたわ。 チベットに言及するとしたらおそらくあの人だろう……と思ってたら、やっぱりそう
2006/03/07(火) 02:34:32 | ぼやきくっくり
 3月6日付産経新聞3面の記事によると、靖国神社参拝を一行にやめない小泉首相に痺れを切らした中国政府が、アメリカ政府に「アンタが言って、やめさせてくれ」と頼んだとのこと。 日本とアメリカは同盟国だし、小泉はアメリカべったりだから、アメ公の言うことならよ..
2006/03/08(水) 10:33:45 | 乳頭おじさんのニュース解説
食べ物で一番好きなもんて、なんですかねえ。和食、洋食、中華とかいろいろありますけど。あたしゃ、コロッケがスキでス。これがあれば、トテモ幸せ。はっぴっぴ。ちなみに、立ち食いソバにコロッケが入ってるのも好きでス。食べてる途中でコロッケが溶け出すんですけどね。
2006/03/09(木) 09:24:24 | ふまじめざんス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。