管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻生外相 『やっぱり敵はマスコミ 2』
 今月中頃、米紙ニューヨークタイムス、その100%子会社であるボストングローブに掲載された麻生太郎外相を非難する社説。内容の酷さもなることながら、世界的に有名なニューヨークタイムスが掲載したということもあってか、日本マスコミの多くが記事にしました。

 一方的に麻生外相を攻撃する内容にさすがの外務省も重い腰をあげ、両紙に反論を投稿すると発表していましたが、ようやく実現したようです。まずこちらをご覧ください。(sankei webから以下一部引用)

麻生外相批判に反論 米紙社説や台湾発言で

.
≪認識否定…NY紙に日本の見解掲載≫

 【ニューヨーク=長戸雅子】米紙ニューヨーク・タイムズは、二十三日付の紙面で麻生太郎外相の歴史認識を批判した同紙の社説への日本政府の反論投稿を掲載した。

 同紙は「日本の攻撃的な外相」と題した十三日付社説で、麻生外相の発言を「誠実さも賢明さもない扇動的な発言」として非難していた。

 投稿は佐藤博史駐ニューヨーク総領事代理の名前で行われ、「麻生外相は植民地支配や戦時中の侵略にかかわる日本の歴史を正当化したことも、否定したこともない」とまずは同紙の「認識」を否定。

 天皇陛下の靖国神社参拝発言に関しては「天皇陛下が戦争の犠牲者を自然な形で追悼し得る方法について検討する必要があると指摘しただけ」とし、「現在の状況で天皇陛下が靖国神社を参拝すべきであると発言したわけではない」と主張した

 中国の軍拡に関する発言についても、「中国の不透明な軍事活動や軍備増強をめぐる国際的懸念に言及したにすぎない」とし、社説が「中国が日本に脅威を与えたという最近の記録はない」と断定したことには、中国の原子力潜水艦の領海侵犯を挙げ、「中国は貴紙の判断基準に見合うよう努力しなければならない」と皮肉を効かせた。<後略>


 社説が掲載されてから10日かかっての反論という事で、遅いなあ・・とは思いますが、反論せず無視するよりは遥かにマシ。やれば出来るじゃないか、外務省。続いてボストングローブへの反論もご覧頂きましょう。(Yahoo ニュース産経から以下引用)

麻生外相批判 ボストン紙にも日本の反論投稿

 【ワシントン=山本秀也】麻生太郎外相に米国のリベラル系有力紙が事実誤認を交えた批判の社説を掲げたことで、日本政府はニューヨーク・タイムズのほか、ボストン・グローブにも反論の投稿を寄せた。

 十八日付の同紙に掲載された在ボストン総領事館の関川勇三領事(広報担当)の英文投稿は、「日本における未来志向の取り組み」として、歴史教科書改訂をめぐる社説の事実誤認をただした。

 さらに、日本の「右翼」の策動をことさらに強調した論旨に対して、過去の歴史認識に踏み込んだ小泉純一郎首相の昨年八月の談話を引用して、社説の独断的な内容に反論した。
(産経新聞) - 2月26日2時48分更新

    
 よしよし。こうやって逐一反論していけば、少なくとも読者が反日プロパガンダを鵜呑みにすることはなくなるでしょう。大事なのは無視したり、邪魔くさがったりせず、『必ず』反論していく事だ。これからも同様の対応を望みたい。

 さて、麻生外相の様々な発言が元になった一連の騒動は後段の関連エントリーをご覧頂くとして、ここからはマスコミについて書いてまいります。かなり噴飯モノの社説を掲載したこれら米紙ですが、反論投稿があればキチンと掲載するというフェアなスタンスを保っており、その姿勢は素直に評価したいと思います。

 翻ってわが国のマスコミはどうか。この外務省による反論、それを掲載した米紙の動きを記事にしているのは上の2つの記事のみで、どちらも産経新聞の記事です。麻生氏を非難するニューヨークタイムスの社説は沢山のマスコミが取り上げましたが、外務省が反論した事、またその内容、それを米紙が掲載したことなどは産経以外のマスコミは取り上げていない。これはアンフェアではないか?

 毎日新聞はこのニューヨークタイムスの社説を引き合いに出して『内外で麻生外相への批判高まる』という記事を書いていたし、朝日新聞はボストングローブの社説を引き合いにだし、自社の社説で麻生氏を非難した。にも関わらず、麻生氏を非難しっぱなしでその後の動きは無視する。これでは偏向していると言われても仕方ないじゃないか。

 外務省が反論投稿したあとに麻生氏自らも今回の騒動について発言している。が、麻生氏の話を記事にしているのは産経のみ。最初に引用した記事の後段に内容が載っていますので、ご覧頂きます。

≪持論展開…「内容 ねじ曲げられた」≫

 麻生太郎外相は二十四日の衆院外務委員会で、台湾統治時代などに関する自らの発言が海外で批判されていることについて、「(私の)発言は『台湾の偉い人からこういう話を聞かされたことがある』と言ったのに(発言内容が)ねじ曲げられて伝えられているのが事実だ」と反論した。

 麻生氏は先の大戦に関する見解について、過去の植民地支配などを謝罪した平成七年の村山富市元首相の談話や、小泉純一郎首相が昨年八月に村山談話を踏襲して出した談話と同じ認識だとの考えを表明した。

 麻生氏はその上で、中国が小泉首相の靖国神社参拝を理由に首脳会談などを拒否していることについて、「その種の話をもとに首脳会談ができないと言っているのは中国だ。他の国からは直接、聞いたことがない。首脳会談などをやらないと言っている国はほかにない」と述べ、改めて中国の対応を批判した。

 また、麻生氏は日中間で首脳会談などが実現できないことについて「日本がアジアで孤立しているとは思わない。(日本は)武力に頼らず、世界第二の経済大国だ。アジアの通貨危機では日本からの資金援助で(アジア諸国が)助かったのは金融関係者ならば誰でも知っている。(日本の漫画などの)サブカルチャーも広がっている」と指摘した。


 麻生氏が滅茶苦茶に叩かれたひとつに台湾関連の発言がありましたが、麻生外相は『聞いた話』を紹介しただけだったのに、なぜか麻生氏本人の話として非難されていた。こんなものは調べればすぐわかる話なのに、わざと『叩く』ために切り取って報道する。

 特に朝日は社説で露骨に麻生氏を非難したくせに『誤解だ』と言う麻生氏の発言があってもわびるでもなくベタ記事にもしない。ニューヨークタイムスの東京支局は朝日新聞社内にあって、もっとも早く外務省の反論投稿などに触れているはず。知らないでは済まされないし、無視しているとしか思えない。この卑怯者めが!

 ジャーナリスト宣言って『卑怯者宣言』の間違いなんじゃないの?たちの悪い冗談にしか聞こえないし、テレビで朝日新聞のCMを見るたびに気分が悪くなる。くだらんジョークはやめにしてくれないか。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:麻生外相 『やっぱり敵はマスコミ』
関連エントリー2:麻生外相を次の総理に
関連エントリー3:麻生外相 『釣れた釣れた』
関連エントリー4:韓国 『反応せずにはいられない』
関連エントリー5:日中韓の対立を煽ってるのは朝日新聞
関連エントリー6:中国様大激怒 『やっぱり共同のマッチポンプ』
関連エントリー7:朝日新聞 『麻生糾弾宣言』
関連エントリー8:麻生絶対支持宣言!
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
ま、ジューヨークタイムズともいいますし。
 ニューヨークタイムズは別名ジューヨークタイムズ(イスラエルとリベラルよりの変更報道でこの徒名がある)そうですから、まあ良いとして問題はボストングローブ。ここはどちらよりなのかですね。
 マスコミがサヨクよりなのはまあしょうがないのですが、やり方が低劣である事が問題なんですよね。
 やっぱり広告代理店を押さえて偏向報道をやると広告が入らないという処置を取らないと駄目なのかもしれません。朝日以外は広告の為に控えるでしょう。朝日は既に存在意義がアレしかないので拒否するでしょうが。誤報と偏向報道に対するリスクを高める事と、全ての記事に対する記者の署名と編集長の責任を明確にする。誤報と偏向報道をやれば責任で腹切らなければいけないという風にしないと治らないでしょうね。今の各新聞の体制は基本的に責任を取らなくて済むものですから。とりあえず大人げないけど訴訟を起こす必要がありますね。偏向報道による名誉毀損とかが成立すればですが。
 後は放送に関する法を改正してインターネットでの番組配信をテレビと同じ扱いにする。その上で政府側の演説と記者会見は無編集で流す。アーカイブから過去の会見などもすぐに見られるようにする。
 偏向報道には会見の証拠付きで訴訟を起こしまくる。リスクが高まれば羽織ゴロも偏向報道はやめるでしょう。所詮マスコミ組織から離れては生きられない輩ですし。とりあえずマスコミ規制と言うより名誉毀損のペナルティをマスゴミに対して高くする必要がありますね。
 誤報と偏向報道に対しては当該記事と同じ大きさと期間扱う事を義務づけるとか。謝罪は一面を取ってやるとか。報道責任法とかいうのがあると良いかもしれません。
 責任取りたくない連中は言論弾圧とかいうでしょうが自由と権利には責任が伴う事を理解させる必要があるでしょう。
2006/02/27(月) 09:15:04 | URL | 暇人 #ubwXA8Lk[ 編集]
村山談話?
この際「村山談話」はあくまでも「談話」に戻せば良い、参議院で通らいな様なコメントが日本の姿勢と勘違いしている。
政権が交代すりゃ、方針も変る世界の状況から見れば「談話」自体が国民の代表で有る、参議院で否決されている、何で基本に成ってるのかが判らない。
疑問に感じる議員が居ないのも不思議。
村山談話なんて、あの年で戦前、戦時中何をやってたのか判らんコメント。
2006/02/27(月) 11:11:56 | URL | 嫌! #-[ 編集]
ニューヨークタイムズとワシントンポストは共に英語のリーディング練習材料としてお気に入りにいれていたこともあるのですが、以前からいろいろとヒドいのですでにデイリーヨミウリ共々ゴミ箱へ、代わりにCNNやロンドンタイムズなどを読み始めました。
それだけのことで内容の方向性のあまりの違いに驚きました。
まあどのメディアにも多少のアレレ?とかはあるのでしょうけど、あのノリミツオーニシというクソジジイだけは勘弁できません。
築地のクソ社屋が倒壊するなりしてたっぷり苦しんだ上で死んでこの世から消えてしまえば良いのに。
2006/02/27(月) 11:28:58 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
さすが,就任会見でマスコミに喧嘩を売っただけありますね.しかし,ここまでグローバルに喧嘩を売るとは予想していませんでした.男っす.この調子で,外務省の性根をたたき直して欲しい!
あ,例の機関誌?もうブチ切れしましたから.てめーら,皇族の言論封殺のために,憲法やら言論の自由を使うのか!って.以来,あの機関誌は信用していません.たぶん一生縁を切っています.
2006/02/27(月) 11:34:12 | URL | momonokitomi #-[ 編集]
アリバイ作りに過ぎない
反論は一般の読者投稿と同じ扱いだったようです。
一国の反論が読者投稿と同じレベルでしか行えないってどういうことでしょう。
外務省は反論したというアリバイを作ったに過ぎないのではと思います。
本気で反論するなら、意見広告出すべきでしょ。
2006/02/27(月) 11:36:03 | URL | J #vacXBYjo[ 編集]
村山は思い出すたびに吐き気がしてきて、ちょっと耐えられません(笑)。ナポリサミットでしたっけ?マユゲが腹を壊して初日欠席したの。病院で「やっぱり和食はいいのう...」だあ?こんな、永田議員の老害バージョンであるマユゲの談話は、一部の真実を除いてほとんどが老害による妄言でした。麻生には首相になって、日本の将来の歴史認識の基準となる真正「麻生談話」を残してほしい。

ちなみに最近、朝日と民主党の論理破綻ぶりが同じに見えるんですけど。
2006/02/27(月) 12:02:40 | URL | 未定 #-[ 編集]
>意見広告

な~るほど!
2006/02/27(月) 12:03:54 | URL | 未定 #-[ 編集]
中国は世界中に多数の工作要員を配し、多くの人間を抱きこんで活動していることは周知の事実。
特にマスコミ、教育の世界、政界、防衛関連、ハイテク関連、市民団体にそうした人間が巣食い、日本を内部から蝕んでいることに国民はもっと怒りと警戒心を持つ必要があります。
もう完全にアカ蟻に蝕まれ、発行部数の急減を続けている朝日はその勢いで早く潰れてしまえ!
代わりに、クオリティー新聞の産経を応援をしましょう。
2006/02/27(月) 12:21:27 | URL | 朝日が潰れることを願う者 #-[ 編集]
NYTを取り上げるのならば、日本の真意を合わせて伝えられれば、合格点。

しかし、垂れ流し記事だったので、落第点。

ジャーナリストとして、落第点の報道をしていながら、外務省(日本)の反論まで、隠蔽または関知しなかったのならば、落第点どころか、ジャーナリストという肩書きは、返上するのが正しいと思います。

日本には、グローバルな視点として、外国メディアの情報を垂れ流す行為を正しいとするメディアって多くないですか?っていうか、そんなのばっかり??
だいたい、外国の微妙なニュアンスやら機微やら背景やらを外国人が当事国の人間以上に理解するのは無理。
もちろん、外からの目からみた、新鮮な視点というのは、役に立つ情報だけどね。
だけど、だからこそ、今回のような外国の視点をそのまま受け入れ、垂れ流すのは
「日本には、ジャーナリストはいません」宣言
をして、喜んでるようなものだと思います。

外務省は、特にアメリカのメディアに対して、厳しすぎるぐらいの目を向ける必要があると思います。(日本の情報は、米を中継して各国へ流れるものが多いらしいので・・・)
もちろん、間違いを正す・日本の真意を伝える最小限にしたほうが良いけど。
「日本の外務省は煩い、厄介」と思われれば、もっけの幸い。
日本の問題を軽率には扱えないと、確認作業をしてくれれば、こんな嬉しい事はない。
逆にそれによって、日本のニュース枠が小さくなったとしても、悪意の垂れ流しをされるよりは、ずっとマシだと考えてます。


2006/02/27(月) 13:26:06 | URL | とん #-[ 編集]
中国の工作員たち
最近、へたくそになってませんか??
2006/02/27(月) 16:54:20 | URL | SAKAKI #-[ 編集]
ま、とりあえず一歩前進ということで、外務省の対応は評価すべきでしょうね。これまであまりにも情報を発信することが少なかった。分る人は分っている、という思い込みと、あまり出過ぎたことをしないという日本人特有の遠慮があったと思う。しかし、そのような対応だけでは諸外国に誤解を招く。ベタ記事でも、読者投稿扱いでもかまわないから、どんどん情報を発信していくべきだろう。
ところで、国内の朝日新聞に対しては反論投稿しないのだろうか。誤解だという記者会見だけでは片手落ちではないのか。新聞記事にはやはり記事で反論すべきだと思う。
2006/02/27(月) 17:19:31 | URL | プライム #-[ 編集]
中国宣伝部 日本洗脳煽動部局 ⇒ 別名、浅卑新聞
外務省の特亜担当部署以外、GJ!!。
って、当然の対応しただけなんですが。やっぱ、言うべきことはちゃんと言わないと。毛唐共の認識って、モンゴロイドは日本人も特亜のヒトモドキモも区別ついてないですからね。いい機会ですから、日本と特亜は反目し合ってて、アンタらが黄色人種を十把一絡げにする度、日本人はプライド傷付けられてるって知らせないと。アイツらいつまでたっても同類視しますよ。現に韓国人は外国にいって顰蹙買うようなことやらかしたら、「アイム・ザパニーズ!」な~んて言い逃れしてんですから。ホンに腹の立つ!。
まあ、赤ピーは支那特務部隊の出先機関ですから、幾ら叩かれようが中国マンセーを続けるでしょう。大事なのは、左巻きの主張が日本人の一般的な世論を代表したものではないことを、他の国々に正しく認識させること。その結果、日本が右傾化しつつあると疑われても、なぜそうなったのかの経緯(中韓のこれまでの卑劣な行為)を伝えることです。どれだけの外国人が、マトモな東アジアの情勢を把握してくれるかは、私自身も懐疑的ですが、何もしないより、ずっとマシだと思っています。
2006/02/27(月) 17:25:01 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
怠慢、臆病外務省がやっと動き始めましたか。彼らの怠慢や意気地のなさが、偏向マスコミを増長させた一因でもあるわけです。それはさておき、日本が広報活動に目覚めたことはもろ手を挙げて歓迎します。ただ心配なのは日本の場合、中国のブラックプロパガンダに対抗し得る語学力の有無を心配しています。中国人は華僑として欧米各国に分布し、彼等の語学力の優位性は日本の官僚と比ぶべくもないと思います。彼等が主としてロビー活動を行い、ブラックプロパガンダの発信元となっているのですから。次は中国のプロパガンダに対して、即座に反論できるだけの語学のスペシアリストを、政府は、養成すべきですね。さらに、マスコミが言論の自由と権利を主張するのであれば、その反対概念としての、義務と責任を自覚させるための手段を講じる必要があるのではなかろうか。いずれにしても言いっぱなし、書きっぱなしは許されていいものではない。
2006/02/27(月) 17:55:38 | URL | bulldog #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは

>暇人さん

マスコミの責任を明確にするという趣旨に賛成です。恣意的な記事を書いて、誰も責任を問われないのってのはおかしい。

>嫌!さん

村山談話を毎年のように踏襲した談話を出し続けるのはヤメにしてほしいですね。

>日本大好きさん

あのオーニシさんというのは何なんでしょうね。朝日でさえも書けないようなゴリゴリの中共プロパガンダを書き続けてますからね・・

>momonokitomiさん

麻生さんくらいでしょう。反日マスコミすべてを向こうにして大喧嘩できるのは。頑張ってほしいですね。

>Jさん

そうだったんですか・・読者投稿欄って・・

>未定さん

朝日と民主党の論理破綻ぶりが同じに見える-

あ、それ私も感じてました。というよりも、民主党が朝日的思考に染まってるのかな?と思います。

>朝日が潰れる事を願う者さん

朝日がどこまで部数減に耐えられるか見物ですね。まあ、節操の無い新聞なので、いつの間にか戦前回帰してるかもしれませんが(笑)。

>とんさん

外務省は海外メディアの動向に目を光らせ、何か間違った事が書いてあれば、すぐさま反応してほしいですね。というか、それが仕事だろ!って話ですね。

>SAKAKIさん

うーん・・なんだか硬直してるな、とは思いますね。ただ、日本が思うように動かなくなってしまったから、際立つのかもしれません。

>プライムさん

日本国内のマスコミに対しても反論してほしいですね。

>怒る小市民さん

仰るとおり、こちらからの反論によって世界の人々が正しく理解してくれるとは限りませんね。ただ、逐一反論することによって、どちらが冷静で論理的か、判断できる人は増えると思います。気の遠くなる話ですが、それくらいの努力はしてほしいですね。

>bulldogさん

今回、外務省は珍しく反論しましたが、いかにも遅い。その点、特アの面々は言ってることは無茶苦茶だけれど、すぐに反応してきますからね。

2006/02/27(月) 19:29:54 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
小泉首相が辞任に当たって日本政府の歴史認識と国際貢献に触れた「小泉宣言」とか出してくれんかな。
それで「村山談話」なんかチャラにする。
2006/02/27(月) 21:56:35 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
本名、浅卑新聞
怒る小市民さん、「別名、浅卑新聞」はいいですね。極めて適切な表現です。
あっ、本名が「浅卑新聞」で通名が「朝日新聞」ですかね。

2006/02/28(火) 10:13:33 | URL | 朝日が潰れることを願う者 #-[ 編集]
>朝日が潰れることを願う者さん

ええ、その通りです。彼は在日です。
因みに、苗字が“浅卑”で、“新聞”が名前です。(笑
2006/02/28(火) 13:07:46 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
麻生太郎外相に理不尽な批判を加えたニューヨーク・タイムズに外務省が反撃した。外務省の反撃は、2月13日付の同紙社説に対する反論投稿という形を取っている。海外メディアの謂れなき批判に対する日本政府の抗議・反論は、町村信孝前外相時代から強化されてきた。外務省は
2006/02/27(月) 09:44:28 | 依存症の独り言
麻生閣下の釣りっぷりが見事なら、それにダボハゼのごとく噛みついて見事に釣られるニューヨークタイムズ≒オオニシ・ノリミツ(笑 外務省の情報発信は怠慢の一言に尽き、いつも中国側のプロパガンダが欧米でまかり通る事になりがちです。しかし、我らが「攻撃的トップスリ
2006/02/27(月) 11:21:56 | 涼風庵(皇室の伝統を守る、麻生閣下を次期総理に!)
 ネームを弄っている間に夜になりました。 某大手出版社の編集氏の冷たさ(捨て加減?)に泣かされている木っ端漫画家です。地下活動、地上になる日は来るのか?(T^T) こういう日に限ってまー、タロちゃんの馬鹿タイムス社説への反論(by佐藤博史駐NY総領事代理)が載...
2006/02/27(月) 18:32:14 |  ◆ ケシクズ ◆
この週末、内視鏡検査でこてんぱんにうちのめされていたマチコです{/face_naki/}。こてんぱん中にいつの間にやらトリノ五輪も終了となっていた模様。マチコ同様、かなりのこてんぱんっぷりだった日本代表選手団ですが、最後の最後に荒川選手が金メダルをとってくれたおかげ
2006/02/27(月) 22:03:34 | まいっちん愚ログ
麻生外相批判に反論 米紙社説や台湾発言で ≪認識否定…NY紙に日本の見解掲載≫ 【ニューヨーク=長戸雅子】米紙ニューヨーク・タイムズは、二十三日付の紙面で麻生太郎外
2006/02/28(火) 00:11:57 | 或る浪人の手記
毎週毎週、韓国の支配を完全に受けているとしか思えない記事を大量に出してくる朝日新聞。先週はこの23日(火)朝刊一面の記事が、一番吐き気がした。一面である。「韓国政府が、日本の植民地統治時代に、日本企業・軍隊で徴用され死亡・負傷した人・その遺族に、実質....
2006/02/28(火) 19:54:27 | 時事問題ショートコメント!
中国の軍事費、日本の2倍以上、1000億ドルも (読売新聞)読売新聞の報道ですが、情報元はアメリカ国防総省です。中国の公式発表よりもずっと中国の軍事費は多いという内容。この軍事力というのは、周辺国にとっては、やはり脅威ですよ。特に台湾にとってはすごい脅威
2006/03/17(金) 22:38:01 | つらつらブログってみます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。