管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 遺棄化学兵器処理問題に新展開か
 悪夢の村山政権時代に中国と約束された旧日本軍の遺棄化学兵器処理。条約の期限が来年(10年間)に迫り、中国側の無茶な要求や意図的な作業の遅延行為によって処理事業が遅々として進まない中、期限の延長が決まったようです。まずこちらをご覧ください。(Yahoo ニュースから以下引用)

遺棄化学兵器処理で日中共同機構=期限も12年まで延長へ

 日中両国政府は21日までに、旧日本軍が大戦中に中国に遺棄した化学兵器の回収・処理事業を共同で行うため、「日中連合機構(仮称)」を設立することで合意した。22日に中国政府の担当者が来日し、同機構の早期設立に向けた協力を確認する。また、政府は、2007年4月までとしている処理期限も5年間延長する。 
(時事通信) - 2月21日21時1分更新


 さて、この条約『化学兵器禁止条約』は締結から10年間で処理事業を終えなければならないという規定があり、延長は最大で5年間。さらなる延長は『いかなる場合』においても認められていません。日本側はこれまで処理を行うべく努力しており、遺棄現場周辺の環境整備という名目で道路整備や施設建設に金をつぎ込み、作業する環境はとっくの昔に出来上がっているにも関わらず、中国側は何だかんだと理由をつけて事業認可をおろさず、処理作業は一向に進まない。(詳細は関連エントリーを参照)

 なぜ中国は自分達で『遺棄化学兵器を処理せよ』と言い出したのに進めようとしないのか。中国側の意図は期限切れを待って『日本は遺棄化学兵器の処理をしなかった』という構図を作り出し、国際的な非難の声を高める事にあります。それだけではなく、事業開始にあたって日本側から金を搾り取り、処理に関係の無い大型変電所やヘリポートの建設を求めるなど、搾れるだけしぼってやろうという意図も垣間見える。

 こんなものにお付き合いできるわけがないのですが、条約締結してしまったからには仕方ない。約束事をキッチリ守る日本としては歯噛みしながらも耐えなければならないのか・・と思っていましたら、思わぬ展開になるやもしれぬ『基礎的事実』がわかりました。こちらをご覧ください(Yahoo ニュースから以下引用)

中国に兵器引き渡し文書発見なら日本の処理義務なし 担当室長

 旧日本軍が中国に遺棄したとされる遺棄化学兵器問題で、内閣府の高松明遺棄化学兵器処理担当室長は二十四日の衆院内閣委員会で、「正式に中国やソ連に化学兵器が引き渡されたという文書が発見されれば基本的な枠組みが変わってくる」と答弁した。旧日本軍の武装解除に関する資料が発見された場合、化学兵器禁止条約上、日本政府が負う処理義務が消滅する可能性に政府として初めて言及したものだ。

 条約は「遺棄化学兵器」について他国の領域に「同意を得ることなく遺棄した化学兵器」(第二条)と定義している。政府は従来、「旧日本軍が残置することに中国側が同意していたことを示す明らかな証拠がない限りわが国としては廃棄する義務を負う」(平成十七年七月の参院外交防衛委員会)と答弁していた。高松室長の答弁は義務がない場合の条件を示しており、従来の政府見解から一歩踏み込んだ形だ。
 民主党の泉健太衆院議員が「武器の引き渡し目録などの資料が出てきた場合、(処理費用の)請求が中国やロシアに及ぶことはあるか」と質問したことに対する答弁。

 高松室長は「政府としては現在、中国、ソ連の同意の下に引き渡されたことを確実に裏付ける証拠、資料があるとは承知していない」と条約上の処理義務がなお存在するとの考えを改めて示した。しかし、山谷えり子内閣府政務官は同委員会で、資料の調査について「内閣府の処理担当室としても考えていきたい」と検討する可能性を示唆した。
 日本政府は平成十二年以降、九百七十億円を投じて中国国内の化学兵器の発掘、回収事業を実施。事業総額は二千億円以上に上るとみられている。
(産経新聞) - 2月25日3時11分更新


 そうそう。勝手に捨ててきたのなら処理しないといけない。それはわかる。あれ?ちょっと待てよ・・というか、そんな事も確かめずに条約結んだの?武装解除に応じた日本軍は一部を除いて素直に武器の引渡しをしているはずで、硬直した官僚組織と揶揄される旧軍は違った見方をすれば、ガチガチの官僚組織であったが故にウンザリするほど書類にまみれていたはず。これは必ず残ってるとみた。

 当時の資料を探し、引渡しの事実を記した相当数の書類がみつかれば、そもそも日本側の処理義務はなかったということになるし、すでに条約を結んでしまったとはいえ中国側の意図を挫くことが出来る。絶対に探し出してほしいですし、またこの条約をロクに検証もせず結んだ当時の責任者、河野洋平氏、村山富市氏などの責任を問うべきだ。

 しかし、いわゆる従軍慰安婦の一件といい、この件といい、村山政権の残した負の遺産は大きい。非難される理由もなく非難されて日本は貶められた。なぜこんな重大な問題を向こうの言い分だけ聞いただけでホイホイ認めて謝罪・賠償してしまったのか。本当に頭にくる。


関連エントリー:中国の反日プロパガンダに協力する必要など無い


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


追記:今日、こちらのエントリーのコメント欄に楽しい方が遊びに来てくれていますので、お暇な方は遊んであげてください。→中国 『脅威論が怖くて仕方ない』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
台湾で調査してみては?
 この問題で一番良いのは台湾と国連を巻き込むことでしょうね。
 まず、破棄についての契約をした時はまだ中華民国です。台湾の国民党に案外残っている可能性があります。李登輝さんの訪日がもしかしたら関わってたりは………しないか。ただ、室長の発言は根拠がないとやらないのではないかとも思えます。日本側に何らかの手がかりが残っている可能性は高いんでしょうね。見つかれば北京に今までかかった経費を逆に請求できるかもしれません。
 後、この条約のいきさつを世界に公表してアメリカその他を巻き込み化学兵器処理に際して中国が何を要求してきたかなどを正確に世界に発信すること。あれこれごねてんのはあちらであることが明らかなんですから。麻生外相に期待ですな。
2006/02/25(土) 19:29:55 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
眉毛とメガネ!!
新自ク、社会党、さきがけ、保守党、自由党...日本の政党でありながら負の遺産を積み上げた政党は、結局は共産党よりも早く消滅していきました。

当時も、今も、眉毛(村山)とメガネ(武村)には、はらわたが煮えくり返るほど腹が立ちます。

次の政権には中国とのカツアゲ関係をきれいさっぱり清算して欲しいものです。まあ、それまで中国が持てばの話ですが。

ところで前原がまた馬鹿なことを言っているようですね。「何のために追求するか」ではなくて「追求」自体が自己目的化してしまっていることに気付くのはいつでしょう?こうまで世論の空気が読めないとは。政党支持率調査が大変楽しみです。是非早急に空中分解して旧社民党(民社党ではない)のような立場の党ができて、麻生らと共に特定アジアと対決して欲しいですね。
2006/02/25(土) 19:44:11 | URL | 未定 #-[ 編集]
この遺棄科学兵器の問題は、前にもコメントさせて頂きましたが、処理するのは仕方がないですが、やる以上はキッチリと査定して日本主導でやるべきですね。丸投げして支那にお任せなどということがあってはならない。金は日本が出す以上、これは当然な事。ヘリポートや、変電所などとんでも無い話軍事基地でも作るつもりか、支那は。自衛隊の化学兵器処理班を出すべき。要は化学兵器を安全に解体すればいいというだけの話ですからね。どうせ外務省の馬鹿共が中国の思惑を忖度し、利権狙いの政治家と企業と結託して事を進めるつもりでしょうが、そうさせてはならない。このプロジェクトの構成は親中派を排除したものであるべき。それにしても村山、河野のコンビが犯した諸罪はどう考えても許し難い。彼らの理非曲直は明らかにされるべきです。
2006/02/25(土) 19:45:02 | URL | bulldog #-[ 編集]
遺棄化学兵器の問題なんて初めて知りました。こんな問題あったのですね。
知らないこと。。。私はまだまだ無知です
2006/02/25(土) 19:56:04 | URL | ○←ポチッと #-[ 編集]
残ってると思う
731部隊の資料もアメリカが研究結果を調べるため持って行ったと聞きます。
非人道的な資料が有れば当然、裁判で石井部隊長も裁かれて居るでしょうが不問で資料は出てこない。

それを考えると降伏、武器受け渡しの資料は必ず有るのでしょうが、当時を考えると満州に不法侵入のソ連軍が撤退時、八路軍に武器を渡しているので資料はソ連にしか残って居ない気がする。
国府軍はアメリカから武器の供給を受けていたので関係して居ないでしょう。

河野、村山の関係と中国を見ると日本にない限り無理な気がする。
個人的には河野、村山売国奴は淘汰されなければ日本は浮かばれないと思う。

2006/02/25(土) 19:57:54 | URL | 嫌! #-[ 編集]
村山闇市はこの件もまだ反省してません。糾弾したいですね。
2006/02/25(土) 20:07:17 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
>正式に中国やソ連に化学兵器が引き渡されたという文書が発見されれば基本的な枠組みが変わってくる

これ、見つかったら日本がこれまでに注ぎ込んだ金を全額回収してほしいですね。無論、利子込みで。

あとは赤の傭兵と村山にもしっかりと責任を取らせる。

こういう事例にこそ、謝罪と賠償ニ……。
2006/02/25(土) 20:55:29 | URL | nk #-[ 編集]
村山富市とか紅乃傭兵はとんでもないオソマツ人間でしたが、高松室長や山谷えり子議員は非常に立派な方ですね。日本の国益のためにぜひ頑張っていただきたいものです。
2006/02/25(土) 22:31:13 | URL | さとう #-[ 編集]
さとう様
この問題を質した民主党の泉健太議員も誉めてやってください。
2006/02/25(土) 22:51:10 | URL | プライム #-[ 編集]
私もこの件でも悔しいと思いました。
ネットで情報提供など呼びかけても無駄でしょうかね?
いつも応援しています。今後も頑張って下さい。
2006/02/25(土) 23:00:29 | URL | 奈々氏 #-[ 編集]
しかし、どうして麻生氏や安部氏は黙っているのでしょうか?
2006/02/25(土) 23:56:08 | URL | 蔵信芳樹 #jnRiruIs[ 編集]
チウコまだ毒ガス弾、イパイ、イパイアルヨ~! ←あんたら自身が毒やろ
え~っ、このニュースに限らす、中国関連のネタでは脊髄反射でムカツイテしてしまう者です。 (クリームシチューの上田風)
この化学兵器処理問題では、中国が訳わからん水増し請求しているってのは聞いてましたが、今回の政府見解がこうした欺瞞に終止符を打つ契機になればいいですね。
もし、日本軍が化学兵器を“遺棄”したんじゃなくて、“引渡し”ただけなら、条約そのものの履行義務は消滅することになりますから。尤も、証拠となる関連書類が発見されればの話ですけど・・・。
この先も中国の言うがままに、やれ道路を整備しろだ、作業員の福利厚生の費用もだせだと、要求を受け入れる必要はありません。ボルだけボって金を使わせ、条約が切れた後には、処理をやんなかったとイチャモンの材料するつもりってことですよね。自分の墓穴を掘らしてるようなもんだ。んな、冗談じゃありませんよ!。
日本は特亜と違って、良くも悪くも法治国家ですから、この問題についても遅々として進展しない可能性が高いですが、何としても証拠書類を発見し、あの人食い人種の鼻先に突きつけ・・・。
でも中国は、偽モンだの条約違反だのとイチャモンつけるんだろうなあ。なんせ、究極の人治国家だし。
2006/02/26(日) 01:33:31 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
なるほど
 中国様も意外とビクビクしてるのかもね。最悪でも日本人によって処理作業が始められたらいいと個人的には思ってましたが資料がでてくれば起死回生ですね。っていうかやじざむらい様の言うとおり資料の有無も把握してなかったんかいな。紅の傭兵はほんとに何を考えてたのでしょうか。単なる無能者?因みに今沖縄返還の際密約を否定するよう要請したとかしないとかの話でもこいつの名が槍玉に挙がってるがわけわからん。怪しすぎる。
2006/02/26(日) 07:06:45 | URL | J #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます

>暇人さん

台湾は協力してくれそうですね。ロシアはどうだろう・・あ、でも確かハルバ嶺はロシアとの国境に近く、日本に要求していたヘリポートの建設は対ロシア用の軍事施設に転用するかもしれない、と報道があったような気がしますので、この辺の情報をロシアに伝えれば、協力してくれるかもしれませんね。

>未定さん

あの時代は酷かったですね・・当時の閣僚名簿をみると、今日では考えられない売国サプライズ人事となってます・・

>bulldogさん

bulldogさんの仰るとおり、日本主導というか日本だけでやるのが理想ですね。当時の資料を掘り返し、何か出てくれば、処理事業をやるにせよやらないにせよ、強力なカードになりそうです。

>ぽちっとさん

そうですね。あまり報道されませんからね、この手の問題ってのは。

>嫌!さん

ソ連、ロシアに残ってるのならまだ目はありますね。中共に渡っていたらダメでしょうけど(笑)。

>煬帝さん

やつらは知らん顔してますね。絶対に許せないと思います。

>nkさん

金の全額返還だけではなく、中共の悪質な謀略を世界中で非難して回ってほしいですね。あと、河野と村山の国民への土下座は必須で。

>さとうさん

ええ、頑張ってほしいですね。

>奈々氏さん

いつも閲覧して頂きありがとうございます。

ネットでの情報提供の呼びかけはどうでしょうか、おそらく国家が管理している類の書類ですので、民間には出てこないでしょうが、日本政府に本格調査を求めるのは効果があるかもしれませんね。

>蔵信芳樹さん

現状では結んだ条約がありますから、表立って破棄につながる動きは出来ないでしょうね。

>怒る小市民さん

私は書類残ってると思います。かなりの確率で。これが転機になればいいですね。

>Jさん

河野氏はあやしいですよね。何やってんだか・・ホントに。
2006/02/26(日) 08:21:41 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
>中国が訳わからん請求

ボールペン一本、ノート一冊、休憩所の設置等々…とかなり細かく請求していたと聞きました。(それも、かなり高額;)
2006/02/26(日) 15:41:41 | URL | 佐助 #iydQorAY[ 編集]
何も知らないくせに、馬鹿なことを言うな!
責任を持ってない話を言うな!
政治家らの遣り口に騙されないよう!
政治と国とは、まったく関係ない!
2006/08/04(金) 02:15:19 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
周りの人に自分のことを信じるようになるため、無責任の話を言うなのか?
両国の庶民はお前のようなやつらに騙されるために、お互に憎みが増えるようになってきたじゃないでしょうか。
日本と中国を言及する時には、政府の立場を強調してほしい。人民は人民、国は国!!!お前はお前だけ!!反省しろう

2006/08/04(金) 02:26:03 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
>名無しさん

いらっしゃい。中国の方ですかね。

あのー、何を言いたいのか、さっぱり分からないんですけど(笑)。

まあ、遺棄兵器の話をされるのはマズイってのはわかった。ということで、近々また書いてみたいと思います。

2006/08/04(金) 07:56:00 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
中国「イーストウッド監督で南京事件映画」 代理人「全くのウソ」 (産経新聞) - goo ニュース 日本軍の南京攻略を題材とする映画が米国のハリウッドで著名な俳優のクリント・イーストウッド氏の監督で制作されるという情報が中国の新聞などで流されていたが、イーストウッ
2006/02/26(日) 16:11:18 | 電脳空間「高天原」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。