管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方 39 『夢幻の如く』
 ずいぶん長い間、当ブログ主要取り扱いテーマである民主党関連の話題から遠ざかってしまいました。今日は久しぶりに書いてみたいと思います。さて、今国会が始まってからこの方、民主党は『対案路線と追求型の併用』という当初の方針は何処へやら、目の前にぶら下がった追求材料という名のにんじん全てに飛びつき、追求一辺倒で対案路線を放棄してしまった。

 飛びついたニンジンの中には毒にんじんが紛れ込んでおり、選ばず食べた民主党は存続の危機に陥った。これまで何度も同じ轍を踏んで痛い目を見てきたのにも関わらず、追求していたはずが『自分達の失敗』によって跳ね返り、戻ってきた追求ブーメランから逃げ回って責任を回避。すぐさま謝罪すればダメージを軽減できるのにやらず、さらに信用を落としている。

 責任を回避し、説明すら満足にせず、渦中の永田議員は雲隠れ。辞意をもらした永田議員は入院し(させられ?)、人事が一任されたのは『ライブドア傘下の投資事業組合に自民党議員が関わっている』と永田氏同様の大した根拠もないであろう噂話をばら撒いて、一切その後の情報を出してこない鳩山幹事長というとてつもなく酷い冗談。

 強気で押しまくれば何とかなる、とでも思っているのか、時間を稼いで有耶無耶にしてしまおうという魂胆が丸見えの対応をしているが、既にマスコミの梯子外しは始まった、いや本格化しつつある。今の対応を続ければ続けるほど、民主党は苦しくなる。それだけは間違いない。

 与党追求しかしない万年野党から責任ある政党への成長。私はこれを前原代表の対案路線の中に見出しました。そして現実的な安全保障政策の取りまとめの動きにも期待した。民主党はこの騒動の中、『対中国観』を明らかにしましたが・・(Yahoo ニュースから以下引用)

「主権脅かす意図」民主、中国脅威認識を明記 基本見解

 民主党は二十三日の党外交防衛部門会議で、対中国観に関する基本見解を大筋で了承した。中国の軍事力増強や海洋権益をめぐる動向などを「国民の視点からは、現実的な脅威と認識されても無理はない」と明記。中国政府の「意図」についても、「わが国の主権を脅かす言動を繰り返している」と批判している。今国会中にとりまとめる外交・安全保障政策に関する「前原ビジョン」に盛り込まれる見通しだ。<中略>

【民主党の中国観(骨子)】
 ・中国の軍事力は、わが国を射程に収める核や弾道ミサイルをはじめ、第4世代の戦闘機や潜水艦・護衛艦の増強など、近年急速な近代化が進められている

 ・国民の多くがこれに脅威を感じていることには相応の理由がある。民主党は、中国の軍事的動向に対して抱いている現実の懸念を重く受け止めたい

 ・尖閣諸島の領有権や沖ノ鳥島、日中中間線に関する独自の主張による海洋資源の開発、上海総領事館員自殺事件や反日暴動の処理など、中国政府は「意図」の面からも、わが国の主権を脅かすような言動を繰り返している

 ・中国が「能力」の増強を背景として自国の主張を押し出してくれば、日中関係はいやが応でも緊張せざるを得ない。そうした状況は、国民の視点からは、現実的な脅威と認識されても無理はない
(産経新聞) - 2月24日3時11分更新


 正直、よくまとめたと思います。現実的な脅威である中国の不透明な軍拡、日本を叩く意図に言及し、党の見解とした事によくやったと言ってやりたい。が、今回のメール騒動などの対応のまずさによって、私も含めて国民の多くはそっぽを向いて民主党に不信感を募らせている。にも関わらず前原代表は高まる責任論に対して『マスコミからしか出ていない。党内には『頑張れ』『我々は悪いことはしていない』との声もある(Yahoo ニュース)』と、批判に背を向けている。

 前原代表の強弁とは裏腹に、もともと強いとは言えなかった執行部の力は、党内からの批判を受けてさらに弱体化すると思うし、左派が出張ってくれば、いつこの見解が撤回されてもおかしくない。今の民主党に現執行部の路線を継承する勢力はおらず、執行部が交代すれば万年野党という元の鞘に納まる事になり、かといって現執行部がこのまま突っ走っても信頼を回復するのは難しい。私が夢みた政権交代可能な二大政党政治の到来は、現実となる前にさらに儚い夢となって遠のきました。さようなら、民主党。一時でも期待した私がバカでした。さようなら。


関連カテゴリー:民主党の行方


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ボヤキ・・・・
「偏差値が高く」「学歴に弱く」「攻めに強く」「守りに弱く」・・・これが今の民主党、というか今の執行部の姿でしょうか。誤解を恐れず申し上げますと(そして私とは思想・信条を全く異にしますが)、旧社会党系、あるいは旧自民出身の古株連中の方が100倍、「政治」を知っていますね。誠に残念ながら!!激しくドロドロした党内抗争も経験したことのない若手「政策新人類」たちがまとめた党の政策(私もよくここまでまとめたとは思いますが)なんか、あの憎憎しい古株の手にかかれば赤子の手をひねる様に見事に塗り替えられてしまいますよ。悔しいですけど、彼らは老獪ですから。そう、彼ら民主の老害たちは結局、「現状肯定」の人間たちであり、「野党第一党」という特等席が心地よいのですよ。そんな悪代官とは違って、今回すったもんだしている「自称改革派官僚出身」「なんとか政経塾系」等々、「旧態依然とした自民党政治を変える正義の味方」を気取る、「勝ち組のもやしっ子」の皆さん方は、「政策」には強いかも知れないが、あまりにも「政治」に弱い。あまりにも「政治センス」がなさすぎる。これまで順風満帆の人生を歩みすぎた打たれ弱さと世間知らずが露呈。TV出演はすきだけど、地元への足は遠のき、後援会活動も組合頼みのため、組合幹部に最後は頭が上がらない。要は押さえどころがわかっていないというか、ピンボケなんでしょうね。既に党内からは「これでは来年の参院選は戦えない」との声が参院側から出ているらしいですが、アホかっっっ!!と言いたい。選挙には順風のときもあれば逆風のときもある。いかなるときでも勝利するのが選挙力、政治力。これまでから「選挙は党の看板だけで戦うもの」とわけのわからない選挙コンサルティング会社の知恵で政権を獲ろうとしたツケがまわってきたのでしょうか。これまでから健全なる保守二党による政権交代可能な政治体制を期待してきた私ですが、今回の民主の政治センスの無さには、ほとほと呆れて開いた口が塞がりませんね。ということでボヤキ親父のボヤキ節でした。
2006/02/24(金) 19:18:52 | URL | ボヤキ親父 #-[ 編集]
資質を持った個人はチラホラいても、政党としてはダメですね。そもそも旧社会党の流れをわずかでも引いているのがダメでしょう。ここぞという時にかならず横槍入るし。
消去法で行くと自民党しかないんですよね。結果、一党独裁でもヘンな形なりにまだ分かりやすいのに不自然でいびつな連立をカルト宗教政党と組んだりしてスッキリしない。
有志で正論を吐く新党結成したら、即政権をとれる状態なのにそれもできない。
一国民としては雲隠れ中の永田にも歳費他が流れるのがムカつきます。ドロボー!
2006/02/24(金) 19:27:58 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
アデュー民主党 (by矢沢永吉)
所謂、堀江メールの真偽で追求され、民主党ピンチですね。こうなると取り沙汰されてくるのが党首の進退問題。菅、鳩山、そして小沢、誰が就いたにしても魅力に乏しいっていうか、期待持てないっていうか・・・。
民主党の対中路線は、現実からそれほどブレたものではないんですがね。
こうなったらいっそのこと、前原さんあたりが音頭をとり有志を募って、党を割って出て欲しいですね。このままだと二大政党制なんて、いつまで待ったって覚束ないですよ。元々民主党は思想信条の異なるものが、自民に対抗するために手を結んだだけの寄り合い所帯ですから、無理してくっついて却って制約を受けるんなら、新しい政党をこさえた方がよっぽどマシ。民主党の個々の議員の中にゃ期待できそうな人がいるだけに、余計そう思いますよ。
最後に、西村さーん、早く復活してくれー!!。
2006/02/24(金) 19:46:56 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
↑西村さーん、早く復活してくれー
全く同感です。ただ、復活するのは現民主党ではないように思います。分裂したら右派組、そうでなければ自民党、もしくは国民新党?まさか、新党大地???はははは。

そう、鳩ぽっぽのやり口は永田より遥かに卑怯だ!我々はあの投資組合発言を忘れてはいけない!中国脅威認識の論旨が本当にすばらしいだけに、なんかとても虚しい...(いい意味で)早く分裂してくれ~、民主党。
2006/02/24(金) 21:18:47 | URL | 未定 #-[ 編集]
ガセ永田は気が弱く早々に雲隠れしてしまったのの対し、前原はここまでガセナタであることが誰の目にもはっきりしてからも平然とした顔をして、いまだに訳の分からないことを頑強に言い張っています。前原は相当な「悪」ですね。
犯罪人で言えば、反省も謝罪もしない、人間としての良心のかけらも無い、更正の見込み無しの根っからの悪人です。鳩山はズルイ人間の代表。民主党は比較的マシな方でこの程度。どうしようもない政党です。消滅してくれ!
2006/02/24(金) 21:20:26 | URL | 一般市民 #-[ 編集]
>未定さん

   さきがけ で決まりでしょう。(笑
2006/02/24(金) 21:48:32 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
やじざむらいさん、民主党を、というより前原一派をもう少し見守ってあげましょうよ。確かに今度の永田の一件では、挽回し難い落第点を取りましたが、私は、この党の旧社会党系は早くからみすててはいますが、一部の人物については評価しています。そのことは、今回明らかになった党としての見解に現われていると思います。若く、未熟である事は認めます。が、現今の日本を取り巻く政治情勢の認識が実に的確です。見捨てるには惜しい。今回のまことに愚かしい勇み足を奇禍として、党が分裂し、旧社会党系や小沢、菅、鳩山等の夢想派とは袂別し、西村真吾氏や平沼氏等と協同して新たな勢力を糾合して欲しいものだと考えているところです。
2006/02/24(金) 23:58:03 | URL | bulldog #-[ 編集]
今回の事件は、若い政党の未熟さを露呈した。しかし、誰もが公表されたメールのコピーを見て、その程度の事はあるのでは、と思ったのではないでしょうか。ただ、基本的な手続きを踏む段階で致命的ミスがあったため今回の追及は不発に終わった。そして、長田議員には残酷な結果となってしまった。しかし、このことをもって議員辞職までする必要は無い。謝るべき点は謝ったらいい。多くの国民の信託を受けて国会議員になったのであるから、この失態を教訓にさらに精進してもらいたい。
ところで、やじざむらいさんは民主党との決別宣言をされていますが、もう少し待ってあげられたらどうでしょうか。あと一年もすれば大増税の季節が到来しそうです。批判勢力として民主党は大きな役割が待っています。このとき、思うような活躍ができなければ、そのときこそ潮時です。どうぞ見限ってください。
増税以前に政府はやるべきことが山ほどあるはず。改革も半ばまでいっていない。特に、財政における需要と供給のバランスが悪い。もうそれほど必要としないところに旧来どおりの予算が計上されている。また、本来もっと予算が必要とされるところに、供給が追いついていない。これはいまだに官僚の力関係により配分が決定されているためで、大なたをふるう必要がありそうです。

民主党は、中途半端な提案などせず、こうした点を批判し、政策については税制や社会補償の基本骨子を提示するだけでよい。どっちみち具体的政策立案は官僚がするんだし、無駄な時間を使うより、自民党の提出法案をじっくり吟味し、自党の方針とどう異なっているかをチェックし、異なる点について批判および改正を迫るべきだ。

民主党は、改革を競うなどという無謀なことはするべきでない。そんなものは野党の立場を放棄するものだ。改革を政治にした功績はみとめるが、小泉政治は完璧なものではない。批判されるべき点も多々ある。国民は民主党に2大政党のひとつになって欲しいとは思うが、第2の小泉自民党を欲しているのではない。野党が行き過ぎを止め、政策をより人間的なものにするという役割をになっていることを忘れてはならない。
2006/02/25(土) 02:59:06 | URL | プライム #-[ 編集]
旧日本社会党
社会党から抜けて民主党に入った連中は万年野党第一党の旨みを知っています。
責任を負わずに大きな顔をしてプライドも金銭的にも満足出来る。

それが信用ならなかったから前原氏は過去の民主党とは違う路線を選択し、今回のメールの件でも執行部の意志で突っ走った。

少なくともこれを産みの苦しみとしなければ日本の政界は55年体制と変わらなくなる。
自民党におかしな総裁が誕生したら国を過つ原因にもなる。

未来を、見詰めましょう。
2006/02/25(土) 03:02:50 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
前原代表と永田氏は頭丸めて土下座してみたら?
前原氏は情けない展開に巻き込まれてますが、ここは恥も外聞も捨てて這いつくばってでもここは党内に留まり、党内左派を葬るべき。
とにかく政治家なんだから国を良くする為の仕事を死ぬ気で頑張って国民の信用を取り戻して行くしかないですな。
2006/02/25(土) 04:19:39 | URL | k #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます

>ボヤキ親父さん

前原さんには期待していただけに、一連の対応の拙さはなんともやるせないです。早く頭を下げて出直して欲しいんですが・・

>日本大好きさん

結局、こんなつまらない失敗をするから信を失うんですよね。

>怒る小市民さん

党を割って出るにしても、この失態をどうにかしないと、空気を読む議員達はついてこないでしょう。まずは潔くあやまるべきですね。

>未定さん

ホント、ぽっぽはいらないですね。ある種、今回の飛ばし追及の先鞭をつけたわけですし。

>一般市民さん

今回の民主党の対応は『とりあえず』が重なって情けないものになっています。私は『悪』とまでは思いませんが、早く気付いて欲しい。そう思われても仕方がなくなっている事を。

>bulldogさん

ええ、これで日本の政治が終わるわけではありませんから、見守るしかないと思います。ただ、上のコメントにも書いたのですが、ここでけじめをつけないと、もっとイメージが悪くなってしまい、党を割って出るにしても大きな足かせとなる気がしてなりません。

正直な話、私は政界とライブドアの関係はなんらかの形であったと思っていますし、民主党が追求しようとしている武部氏もその1人なのかもしれません(もちろん、民主党議員もその中に入ります)。が、入り口を間違って迷路に入り、間違った情報を元に攻撃したことで迫れるものも迫れなくなっています。これは実に惜しい。何にせよ、早く何らかのけじめをつけて、出直しを『国民』が納得できる形でやってもらえなければ、話にならないですね。

>プライムさん

確かに、具体的な法案は官僚が作るのだから、という話はわかります。しかし、前原代表は対案路線を選んだのです。対案路線をもって民主党を変えると言ったのです。これは彼が選んだ道。簡単に放棄してほしくない。

>煬帝さん

私は、次の総理になるであろう安倍氏、もしくは麻生氏までは自民で安心だと思います。煬帝さんが仰るように、その後を受ける人物がまともな人間だとは限らないと思います。故に受け皿として民主党、いや前原執行部に控えていてほしかった。功を急ぎすぎなんです。まだ目があるのか、そのへんはこれからの対応にかかってくると思いますが、挽回するのは容易な道ではありません。それが出来るか、見つめたいと思います。

>kさん

私は前原氏などに辞任を要求するものではありません。ただ、けじめは絶対に必要。このまま有耶無耶にしてしまえば、ずっと言われ続けます。あの時あんな事やってたよなって。早く謝ったほうがダメージは少ないんだけどなあ・・
2006/02/25(土) 08:22:01 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
TBありがとうございました
こんなにも愛情あふれる決別宣言は出色です。前原氏もこのエントリーを読んでほしいなと思ったりもします。
民主党支持者の言説は
「若くて未熟なのだから、情状を斟酌してくれ」というのが多いようです。
でも百戦錬磨じゃないのは皆わかっている。野党の限界もわかる。
でも望まれているのはフェアなスタンスなんですね。それは老いも若いも関係ないと思いますが。
2006/02/26(日) 00:11:24 | URL | 音次郎 #jYbOzkUY[ 編集]
永田議員のインタビュー
永田議員のインタビュー記事がありました。
http://app.blog.livedoor.jp/hamaguri1101/tb.cgi/50454486
─日本はどうなったらいいですとか、日本をこういう風にしたいといったお考えがあると思いますが、それはどのようなことでしょうか

永田:失敗した人は責任をとるような「当たり前」の国にしたいですね。

言っていることとやっていることがここまで違うと信用を失いますね。
2006/02/26(日) 08:31:13 | URL | 青い炎 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>音次郎さん

こちらこそ、TBありがとうございました。

音次郎さんが仰るとおり、民主党に求められるのはフェアなスタンスですね。弱いから何やっても良いんだということにはならないし、弱さを盾に取る者に政権を任す気にはならないと思います。

>青い炎さん

情報ありがとうございました。永田氏はダメだなあ・・
2006/02/26(日) 08:35:06 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「主権脅かす意図」民主、中国脅威認識を明記 基本見解 (産経新聞) - goo ニュース 民主党は二十三日の党外交防衛部門会議で、対中国観に関する基本見解を大筋で了承した。中国の軍事力増強や海洋権益をめぐる動向などを「国民の視点からは、現実的な脅威と認識されても無
2006/02/24(金) 19:01:18 | 電脳空間「高天原」
堀江メール」野田氏、委員長辞任示唆 ≪永田氏を慰留 代表引責は否定的≫ 民主党の野田佳彦国対委員長は二十四日午前、「堀江メール」問題に関し、「私の責任が一番重い」と
2006/02/24(金) 22:04:23 | 或る浪人の手記
日頃の主張からすると異色の内容かもしれません。現在の日本が置かれている状況・立場を国際情勢の裏側から知ることも重要なことだと思い、あえて書きたいと思います。以前、日本
2006/02/24(金) 22:07:25 | なめ猫♪
調査権確約なら口座名開示=前原氏-首相、民主に立証責任・メール問題ライブドア前社長の堀江貴文被告が武部勤自民党幹事長の二男に3000万円を振り込むようメールで指示したとされる問題で、民主党の前原誠司代表は22日、小泉純一郎首相との党首討論で「さまざまな情報か..
2006/02/25(土) 08:19:05 | 青い炎の日記
民主党のある若手衆議院議員が、自民党幹事長の収賄を暴くとして、すでに別件で逮捕されているある青年事業家が発行したとする贈賄をほのめかす電子メールのコピーを根拠に、衆議院の議事対象としてこの「疑惑」を取り上げた。結果は、根拠とした電子メールが、実は偽物であ
2006/02/25(土) 09:23:00 | 珈琲ブレイク
前原誠司は終わったかなと。
2006/02/25(土) 17:32:05 | 音次郎の夏炉冬扇
2chで拾ったネタなのですが、永田議員がakamon.netという東大生による東大生のためのインターネット新聞でOBインタビューに答えたものがありました。永田寿康インタビュー───日本はどうなったらいいですとか、日本をこういう風にしたいといったお考えがあると思いま...
2006/02/26(日) 08:43:19 | 青い炎の日記
巷でのニュースで話題は、女子フィギュアスケートの荒川選手の金メダルと民主党永田議員の指摘した、ライブドアの自民党武部幹事長次男への送金指示問題の2つに集約できるような気がする。荒川選手の金メダルは、久々に明るいニュースと言う事でとても喜ばしいことだし、..
2006/02/26(日) 14:34:07 | 駆けぬける歓び
民主党は26日までに“送金指示メール”の送受信者がライブドア前社長の堀江貴文容疑者(33)ではなく、永田寿康衆院議員(36)に持ち込んだ「フリー記者」であることを突き止めた。このため鳩山由紀夫幹事長(59)ら党執行部は永田氏とともに27日にも会見、陳謝し
2006/02/28(火) 04:56:52 | 不細工な不ログ
ライブドア前社長の堀江貴文容疑者から自民党の武部勤幹事長の二男への送金を指示したとされる電子メール問題で、民主党の永田寿康衆院議員は28日午後に国会内で記者会見し、確証もなく疑惑を提起したとして武部氏と二男、国民に謝罪する。これを受け同党は永田氏と執行部の
2006/02/28(火) 15:33:30 | 不細工な不ログ
民主党の前原代表に対し、14日の党常任幹事会で、永田寿康衆院議員の進退をめぐる発言などこのところの言動をめぐって、批判や異論が噴出した。前原氏ら執行部は弁明に追われ、メール問題を機に求心力が低下する前原民主党の窮状を映し出す形になった。  「世論の風向
2006/03/16(木) 03:16:23 | 不細工な不ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。