管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国様 『そのまま報道する日本マスコミが悪い』
 今月19日から訪中している自民党、公明党の与党議員団。中国側の要人との会談、大学での講演活動などを行っていますが、どんな話し合いがなされているんでしょうか。まず、こちらのニュースをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

靖国参拝続けば経済に影響 与党交流協で中国がけん制

 【北京21日共同】中国共産党の王家瑞・対外連絡部長は21日午後、中川秀直自民党政調会長らとの「日中与党交流協議会」で講演し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「かたくなに参拝を続けることは中国人民の感情に連動する道義問題だ。経済や貿易で日本は多くの機会を失う」と日本側をけん制した。

 中国側は、中川氏が首相の参拝は私的でA級戦犯を対象にしていないと表明したのに対し「政治指導者は責任が重く、公人と私人を区別できない」と反論した。日本側からは「平和国家として日本が戦後歩んできたことを理解してほしい」との意見も出た。

 公明党の井上義久政調会長も講演し「靖国は外交問題ではなく日本の歴史認識に絡む国内問題だ。公明党は政教分離の原則に抵触するとの観点から首相の公式参拝に反対している」と述べた。
(共同通信) - 2月21日16時29分更新


 ああ、やっぱり靖国参拝の話ばかりだったんですね・・。で、この講演の後に自由討論の時間があったそうなんですが、こんなやり取りがあったようです。


自民党議員から「中国側が日本の国民感情を理解しなければ、日本側は圧力と感じる」「中国の教育を戦後に重点を移せないか」などの意見が相次いだ。しかし、中国側は「靖国問題は外交カードではない」「この話が片付かなければ、首脳会談も日程に上らない」などと主張、双方の溝は埋まらなかった。(Yahoo ニュース)


 中国側としては、一切妥協するつもりはない、と。まあ、端からわかりきった事ですが、何とも虚しい話し合いですね。というか、話し合いにすらなってない。一応、自民党側からは中国側に理解を求めていますが、日本側の立場を一切認めないで逆に経済関係に悪影響がある、と恫喝で返されています。阿呆なのは公明党ですね。ナニナニ?『靖国は外交問題ではなく日本の歴史認識に絡む国内問題だ。公明党は政教分離の原則に抵触するとの観点から首相の公式参拝に反対している』ですか。ふーん。これは中国側の『靖国問題は外交カードではない』という言葉へのお追従でしょうか。

 『靖国参拝を中止しなければ~に影響が出る』と、こうやって使うのが外交カードであり、中国は靖国に何でも絡めて『問題化』してるわけだ。こんなものは今日び小学生でも理解できるわけですが、公明党は外交問題ではないとのご認識。で、国内問題だから口を出すなとは言わずに『私は別の理由で反対している』と自慢げに語る、と。その別の理由がふるってますね。政教分離の原則に反するからだそうです。はいはい。そういう事は創価学会との主従関係を断ち切ってから言いましょうね。特定宗教の傀儡が政権与党にいることの方が、よっぽど政教分離の原則に反してますから。

 この『靖国問題は外交カードではない』と言い切っちゃった中国側の王家瑞・対外連絡部長は日本のマスコミに対してもこんな事言ってます。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下一部引用)

扇動による感情対立「座視せず」=日本メディアを非難-中国党高官

 【北京21日時事】中国共産党の王家瑞対外連絡部長は21日、自民党の中川秀直政調会長らが出席して北京で開催された「日中与党交流協議会」で講演し、日中関係の現状について「メディアの感情的な扇動によって国民感情の対立がもたらされることを座視してはいけない」と述べ、日本メディアの対中報道が両国関係に悪影響を与えていると非難した。<後略>
 
(時事通信) - 2月21日19時1分更新


 あーあ、日本の媚中マスコミはかわいそうですね(笑)。あれほど中国様を擁護しても『お前らのせいだ!』と言われちゃうんですから。おかしいなあ。日本のマスコミはどちらかと言えば、中国に配慮しろという論調が多いと思うんだけれど。あ、もしかして中国の意向に沿った論調が日本国民の反発を招いている事を言ってるのかな?日本は日本の立場で正しく総理の靖国参拝を支持せよ!ってことでしょうか。そういうことなら大歓迎です。

 とまあ、あり得ない妄想はこれくらいにして、メディアの感情的な扇動もへったくれも、例えば中国の報道官が発表する談話を『そのまま』報道するだけで、おなかイッパイの電波が満載ですから、別に煽らなくても『またバ○がア○なこと言ってるよ』となるわけです。むしろ中国側の電波発表を何とかしなければなりませんね。『中国人民は宗教の自由を含む自由と民主主義を享受している』なんて真顔で言われても、笑っていいのか怒っていいのか判断がつきませんから。

 おっと、随分と茶化した内容となってしまいましたので、こここからは少し真面目に書いていきます。外交カードではないと言いながら『経済や貿易で日本は多くの機会を失う』と、まさに強力なカードとして使い続ける事を宣言した王氏ですが、先日のエントリーで紹介した『中国国内で対日戦争賠償請求開始か?』という動きなども合わせて考えると、日本企業が進出するにはリスクが高すぎるのではないか?と本当に思います。

 『私達の商売のために靖国参拝をやめてくれ』なんて言って平気な経営者もいるようですが、そもそも商活動に政治が介入して外交問題に口を出させる事が異常なんですから、その辺に早く気付いてインドに行きましょう。インドは中国と並んで人口も多く、経済成長著しい。加えて商売を人質にとって売国行為を求めることはありません。

 政府は今年の夏にもインドと『経済連携協定(EPA)』を結ぶ交渉に入る(Yahoo ニュース)ようですから、投資環境もさらに良くなる。もう中国は見限って、目を違う所に向けてみてはどうか。中共の支配する中国に未来はない。進出するのは中共が去ってからでも良いではないか。


関連エントリー:中国で対日賠償請求始まる 『外道、犬畜生の類』


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
いっぺん日本政府は逆の形で靖国を外交カードに使ってみれば良いのに。
「靖国について中共の理解が得られないみたいだし、これ以上関わりを持っても両国人民の感情を傷つけるので首脳会談は当面ずっとしないし、このまま自然に断交するのが共産党のためでしょう、じゃ!サヨナラ。」とか。
2006/02/23(木) 08:10:16 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
安易な選択は高くつく。
 マスゴミを非難するのはまあ当然でしょう。元々靖国を外交カードとして使えるようになった経緯にマスゴミは深く関わっていますしね。マスゴミの信用が下落した現在、今まで通りに励んだら逆効果になった。どうしてくれるんだと叫びたくもなる。
 中韓にとって靖国はリスクが低い割りにメリットが多いカードでした。
 今までは。ただ、これは日本が譲歩してくれる事を前提にしたカードで譲歩しなくなったらものすごく厄介なカードになる。反日に依存した教育を受けた世代が主流になった社会となったらもう最悪。今更引っ込められないし、引っ込めたら権威が崩壊する。権威と権力が密接に絡み合っている現体制には致命傷でしょうね。
 日本としてはそろそろ経済で対日訴訟などの反日のデメリットが出始めていますから、他の地域への移転を本気で考える必要がある。
 幸い、中国より遙かにまともな日本歓迎の地域は多いですかねぇ。
 はっきり言って靖国カードは日本国内のマスゴミが提供したもの。いわばただで手に入れたものです。ただほど高いものはない。自己の実力に由来するプライドを構築せず、反日に依存したプライドという安易な選択のツケを今払い始めているのでしょう。
 このまま妥協せず、向こうに代価を支払って頂きましょう。すごく高い代価を。
2006/02/23(木) 11:55:04 | URL | 暇人 #-[ 編集]
傑作ですね
ズ~と中国に協力してきたアサ~君、笑っちゃいますね。今頃社内騒然としている姿眺めて見たい、中国政府発表の真実?を発表出来なく成っちゃうと、どの様に捏造して良いか判らないアサ~君。
日本の報道機関と云う意識が無いから面白いですね、又政府要人が経済や貿易で、と脅迫ですか?こんな国にこれ以上の投資を拡大するのはアホですね。
2006/02/23(木) 11:56:01 | URL | 嫌! #-[ 編集]
中国首脳は、靖国問題を内政的必要性からカードとして使っているだけで、本気で靖国参拝問題を憂えているのではないのでは?それが証拠に「中国人民の感情を害する」などと、実体の無いものにかこつけて日本を批判している。中国人民の感情を傷付けているのは、共産党の独裁支配体制そのものでしょうに。
中共の発言は、日本を向いているのではなく、一貫して国内に向けた発言であるような気がしてならない。体制維持のためのこういう姿勢を崩さない限り、首脳外交はしても無駄。小泉首相もそう考えて訪問しないのではないのだろうか。
中国は一旦回り始めた自由経済の歯車を止めることは出来ない。経済交流は、日本と中国にとって相互にメリットがあれば継続すればいいし、メリットが無くなればやめればいいこと。あと、10年もすれば人件費も高くなり、他の国に資本移転する会社も増えるのではないかと思う。
『経済や貿易で日本は多くの機会を失う』
これはブラフ以外のなにものでもない。気にしない、気にしない。
2006/02/23(木) 12:36:39 | URL | プライム #-[ 編集]
>中国の教育を戦後に重点を移せないか

靖国云々じゃない事を、自民党は理解しているようですね。
中国が欲しているのは、「友好国日本」ではなく、「隷属国日本」。
まさか、公に「隷属」なんて言葉は使えませんから「友好」と表現してるだけの話。

ところで、若宮清の「中国人の99.99%は日本が嫌い」を読みましたか?
好きな考え方の方では、ありませんでしたが、「民度」に対抗する言葉として「練度」という言葉は、面白いと思いました。
昨今の日本国内における、いたたまれない犯罪は、中途半端に高い「練度」または、「練度」を選んだ人間の末路。という感じがします。
マスコミや政治家が、高い民度をもって、練度の高い国と対峙すれば、確実に負けると思います。
負ければ、弱者を食い物にする、野生の王国かうまくいって動物園って事になっちゃうんじゃない?
2006/02/23(木) 13:25:14 | URL | とん #-[ 編集]
ポスト中共もやっぱり自己中
>進出するのは中共が去ってからでも良いではないか。

いいえ。国民と政府(独裁政党)がどんなに対立しても、モラルとか、国民性といったものは恐ろしいほど相似しているものです。それ以前に、現中国国民に刷り込まれた反日洗脳と中華プライドは、数百年後も残っていくと思います。ポスト中共の中国(分裂中華?)も何かが劇的に変わることはないと思われ、日本は「永遠に」進出しない方が身のためではないでしょうか。ちょうど西側先進国が「脱・石油」のエネルギー開発に本腰を入れ始めたように、日本も「脱・中国市場」の経済を急いで模索するべきです。
2006/02/23(木) 15:16:07 | URL | 未定 #-[ 編集]
東京裁判史観からの脱却はいつになることやら。「野田質問主意書」(野田さん国対委員長としてはイマイチですけど・・・・)はなんだったのでしょうか。国政の場に多少になりともウネリを起こしてほしいですねぇ。あと、後段のインドとの関係強化は激しく同意します。エネルギー関連や核不拡散など国家安全保障の観点等でも日本と印・米と連携は非常に重要と考えますし、わが国にも両国に誇ることのできる技術と知見が民間レベルでも蓄積されていますしね。我々もパール判事の気持ちに応えねば!!
2006/02/23(木) 17:16:36 | URL | ボヤキ親父 #-[ 編集]
政教分離を断固堅持せよ!!、南無妙法蓮華経~
あ~~~にが政教分離ですか、あの煎餅学会が!。言ってて自己嫌悪に陥らんのですかね、ハム日月党(公明党)は。池田の大ちゃんマンセー王国のくせして!!。
ハァハァハァ・・・。ちょっと興奮して取り乱しました、スイマセン。ま、それはともかくとして、中国も懲りずによくやりますよね、ミエミエのブラフを。支那人はひたすらアホなだけの朝鮮人と違って、損得の嗅覚は鋭敏な筈なのに、やっぱ面子なんでしょうかねえ?。意地でも日本を屈服させるつもりでしょうか。だったらコチラとしても意地でも譲歩はできません。強烈なカウンターパンチを炸裂させるべきです。
支那人は一神教徒。意外に思われるかも知れませんがそうなんです。唯一絶対の神を崇め奉っています。その神の名はマネー。日本が中国に対してとるべき方策は、奴らから、この神の恩寵を取り上げてやることです。中国は13億もの人口と広大な国土を有していますが、日本と同じく天然資源小国です。また沿岸部と内陸部の経済格差が年を追う毎に拡大しています。更には、軍隊の旧式な装備を刷新する必要にも迫られている。要は金が幾らあっても足りない状況なんです。ここで、中国に進出している法人企業を、政府主導のもと撤退を促進させることができれば・・・。中国の蒙るダメージは計り知れないものがあります。共産党自体が崩壊するでしょう。
なら、それをやりましょうよ!。
さんざ卑劣な悪態を続けてきたツケを払わせましょう。と、言っても我々ネットの人間だけじゃ無力です。中国との利害のない企業にスポンサーになって貰うなりして、無関心の人にも耳を傾けてもらえるような反中国の運動を、展開してゆくべきではないでしょうか。
2006/02/23(木) 17:24:26 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。

>日本大好きさん

もう説明するのが無駄だって事は十分わかったので、何を言われても無視してりゃあいいんじゃないか?と思う事があります。

>暇人さん

ただほど高いものはない-

ホント、その通りですね。打ち出の小槌だと思ってたものが、自分達を打ち砕くハンマーだったとは(笑)。

>嫌!さん

日本のメディアもどうすれば良いかわからないでしょうね(笑)。

>プライムさん

一回、このブラフを本当にして欲しいものです。そうすれば日本の企業も目が覚めるんじゃないでしょうか。

>とんさん

その本、まだ読んでません。近いうちに読んでみます。情報どうもでした。

>未定さん

日本は「永遠に」進出しない方が身のためではないでしょうか-

それが一番良いかもしれません(笑)。

>ボヤキ親父さん

特ア以外の周辺国と連携してやつらを包囲するくらいでちょうど良いと思います。敵わないとわかれば、案外おとなしくなると思いますし(笑)。

>怒る小市民さん

中国の拝金主義はもの凄いものがありますね。上の連中がみんな泥棒と言っても良いほど国富を掠め取ってます。
2006/02/23(木) 18:21:25 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
報道の自由
首相が靖国参拝しても報道するな、ていう指示なんじゃ?
報道されないことはなかったことに出来る。
報道しないのも自由のうち。

中共がよく使う手だよね。
聞いてるか、朝日君。


中国人が崇める神は「マモン」ていう名前?
2006/02/23(木) 22:40:28 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 どうやら中国の逆襲が始まったようだ。靖国問題で妥協しない日本に本格的な嫌がらせをはじめた。「21世紀日本は太平洋に沈む」と言った奴がいる。「やがて靖国に参拝できなくなる」
2006/02/23(木) 22:40:50 | 屁っぽこ投資家 榊のボヤキ録
「主権脅かす意図」民主、中国脅威認識を明記 基本見解 (産経新聞) - goo ニュース 民主党は二十三日の党外交防衛部門会議で、対中国観に関する基本見解を大筋で了承した。中国の軍事力増強や海洋権益をめぐる動向などを「国民の視点からは、現実的な脅威と認識されても無
2006/02/24(金) 17:40:33 | 電脳空間「高天原」
こんばんわ!言いたいことができたので更新します!。話題は「政教分離」です!。きっかけはもちろん「靖国問題」です!。首相が参拝してなにが悪いんでしょうね!。「靖国批判をするのは中韓だけ」と述べた小泉首相はGJ!そもそも政教分離とはどういう意味
2006/02/26(日) 10:44:57 | しゃも(鶏)が「勝手に解説するぜ!オイコラ聞けよ!」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。