管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻生外相 『そんなモンだよ隣国関係って』
 最近、注目発言を連発する麻生外相。いろんな意味で内外の注目を集める麻生氏の発言ですが、昨日も報道番組にて注目発言をしたようです。まずこちらをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

中韓との根本的関係改善は困難 麻生氏が認識

 麻生太郎外相は十九日、NHKの報道番組で、中国、韓国との関係について「ある程度覚悟し、いつも隣(国)が仲がいいということは、あまり期待しない方がいいのではないか」と述べ、根本的な関係改善は困難との認識を示した。

 麻生氏は、中国が小泉純一郎首相の靖国神社参拝中止を求めていることについて、「靖国は単なる象徴に過ぎない。靖国(問題)がなくなったら、すべて日中間の問題が解決するかと言われると、なかなかそうはいかない」と指摘。「経済力が拮抗(きっこう)すれば(隣接する)二国間は安定しなくなる。靖国があるからではなく、日中でいろいろ思惑が重なり合うことが話を難しくしている」と述べた。
(産経新聞) - 2月20日3時13分更新


 うーん・・さすがですね。隣国関係とはそんなモンだと思えば何とも無い、と。これって実に当たり前の話なんですが、日本には『友好』という言葉に縛られ、友好が大事云々と言って『なぜか日本にだけ』譲歩を求める輩が多く、このような主張はほとんど聞くことが出来なかったわけですが、当たり前の事実を指摘できる、いい環境になってきたのかもしれません。

 『向こうが怒ってるんだから、こっちが譲歩すれば良い』という論法(?)で中韓のイチャモンを聞き続けてきた日本ですが、とても対等な関係とは思えない無茶な要求を繰り返す中韓に対して、政府はこれまでの土下座一辺倒であった外交を転換し、まだまだ手ぬるいとは感じるものの、中韓に物申すようになった。

 今までミソもク○も一緒くたに受け入れてきた日本が物申すようになれば当然、通らない無理を通して日本に甘えてきた中韓は反発する。ここでどう考えるかが普通の日本人か中韓の工作員かの分岐点。普通の日本人であれば『もともと通らない無理なんだからいい加減やめろよ』となって、中韓の工作員なら『今まで無理を通してきたんだからそのままでいいだろ』ってことになる。

 どんな国にも譲れない一線があるはずで、国のために戦って戦死した将兵の慰霊に対する露骨な批判は『心の問題』というモロに譲れない一線に触れている。やめろと言われてやめるわけにはいかない。が、やめろと言われてやめちゃった大馬鹿者が居た為に問題が大きくなってしまった。

 無理を通して一旦は勝利したかに見えた中韓ですが、小泉総理の登場によって再開された靖国参拝に驚くと同時に猛反発し、それを受けた日本国内のマスコミの殆どが非難した。ところが参拝を重ね、中韓が猛反発するごとに参拝を支持する人が増え、あの朝日でさえ靖国に参拝する総理に対して闇雲にやめろとは言えなくなり、『中韓の誤解を解け』と微妙に立場を変えた。そして総理は誤解を解くべく説明を繰り返してきたわけですが、中韓は一向に納得しない。朝日など曰く『説明が足りない』んだそうですが、本当にそうでしょうか。こちらをご覧下さい。(NHKニュースから以下引用)

中川氏 靖国参拝に理解求める

自民党の中川政務調査会長は19日、訪問先の中国・上海で中国共産党上海市委員会の王安順副書記と会談し、小泉総理大臣の靖国神社参拝について、「二度と戦争を起こさないという意志を明確にするため参拝している」と述べ、理解を求めました。

この中で王安順副書記は、「小泉総理大臣が靖国神社参拝をすることで、日中両国の間にゆゆしき関係がもたらされている。日本と上海の貿易は非常に緊密になってきているが、そのゆゆしき関係が貿易にも影響している」と指摘しました。

これに対して中川政務調査会長は、「小泉総理大臣は私的参拝だと明言しており、いわゆるA級戦犯を参拝対象としておらず、過去の国策の誤りにも言及している。二度と戦争を起こさないという意志を明確にするため参拝している」と述べ、理解を求めました。

そのうえで中川氏は、中国の軍事力について、「日本の中には『脅威だ』という意見もあるが、小泉総理大臣は『中国は脅威ではない』と明言している。日本政府が日中友好の基本精神を強く持っているということを理解してほしい」と述べました。


 この中川氏の説明を聞いてなお『誤解』し続けるのなら、それは本物のバカであるか、日本側の意図などどうでも良く、『とにかく我々の言うことを聞け!』という傲慢な態度でしかない。私はこの両方だと思いますが、そもそも中韓は説明など必要としておらず、解ける誤解など最初から存在しない。彼らは『通らない無理を通してくれる日本』の姿しか求めてないのだ。

 こんな相手とまともに話せるわけが無いし、無理に結びつこうとするほうがどうかしてる。麻生氏の言うとおり、隣国とはそんなものだと割り切り、敬して遠ざけるくらいでちょうど良い。

 ところで、靖国参拝をやめろと言われてやめちゃった大馬鹿者の名前は中曽根康弘さんですが、この御仁と大変仲の良いお友達に読売新聞の主筆である渡邉恒雄というジイ様がおります。このジイ様は最近ボケてしまって頭の中が反日帝の共産主義者であった頃に戻ってしまい、靖国を攻撃しだしたわけですが、ボケてるくせに権力だけはお持ちで、発行部数1000万部を超えるといわれる読売新聞に反靖国キャンペーンをするように指示を出したそうです。その一例でしょうか、こんな記事を書いてます。(Yahoo読売から以下引用)

麻生外相、TV番組で総裁選出馬に改めて意欲示す

 麻生外相は19日のNHKの報道番組で、今年9月の自民党総裁選への対応について、「与えられたチャンスにはきちんと対応しなければならないと考えている」と述べ、改めて出馬への意欲を示した。<中略>


 仮に首相になった場合、靖国神社を参拝するかどうかについては、「個人の利益、信条より国益が優先だ」と述べ、中韓両国などが反発した場合、参拝を見送る可能性を示唆した
(読売新聞) - 2月19日15時53分更新


 ポスト小泉の有力候補である麻生外相が参拝を見送る可能性を示唆!?という書き方ですが、毎日新聞の記事を見てみると、かなり違う印象を受けます。(Yahoo 毎日から以下一部引用)

<麻生外相>靖国参拝、国益を優先して判断

 麻生太郎外相は19日、9月の自民党総裁選で小泉首相の後継となった場合の靖国神社参拝について「個人の利益よりは、国益が優先する」と述べ、慎重姿勢を示した。麻生氏は中国との関係改善は厳しいとの認識を示したうえで「素直にみんなで(靖国神社に)行けるような状況を作り上げる方に全力を挙げるべきだ」と語った。
(毎日新聞) - 2月19日18時45分更新


 読売は国益を優先するという麻生氏の言葉だけを切り抜いて『中韓に配慮してやめるかも?』という記事を書いたわけですが、麻生氏は配慮してやめるなんて言ってないし、むしろこれまでのようにグチャグチャと言われる環境を何とかしようと言ってるわけだ。

 読売にはどんな意図があるのかなあ?麻生氏が総理になった時に『国益を優先して参拝をやめると言ったではないか!』なーんて朝日みたいな社説を書くおつもりなんでしょうか。やめときなよ。ボケ老人に振り回されて恥ずかしい。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
通常、隣国同士は利害がぶつかり合い、仲が悪いのは普通。
麻生大臣の 『そんなモンだよ隣国関係って』 というのはまさに正論であり、外交の基本的な考え方だと思います。
河野洋平のように、言われることを何でもハイハイと聞き、言うべきことも言わないのは外交ではありません。
2006/02/20(月) 19:19:30 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
隣国同士の確執、至極当然のことです。大雑把な論で申し訳ないですが、この確執が第一・二次世界大戦を惹起したといっても過言ではありません。だからこそ世界は今戦争の過ちを二度と繰り返すまいと努力しているわけです。ところが一人中国はどうでしょう。近隣諸国を挑発しつずけている。国際社会の調和など全く論外といった態度です。中国が東アジアでの覇権を狙ってないのであれば、台湾問題にこんなに固執するはずがないのは理の当然。ところで、麻生外相のまともな発言が続き、頼もしい限りです。もはや中国の言い分に唯々諾々としたがうべきではない。御用聞き外交はもううんざりです。読売報道私も読みましたが、国益を優先するとどういう論法を使えば靖国参拝中止になるんでしょう。論理の飛躍感は否定できません。これだと、はじめに靖国参拝中止ありきですな。苦しい事。記者も所詮はサラリーマンですな。
2006/02/20(月) 20:27:56 | URL | bulldog #-[ 編集]
隣国と晩節。
 歴史的に見て、朝鮮半島と中国大陸とは日本は政治的にはお互い不干渉、経済交流は割と盛んであったと記憶しております。明清の頃は日本刀は軍で大量採用してました。使えなくなったら鋳溶かして鍋釜等の材料になったそうで。おかげで当時大陸で使われた日本刀って残ってないそうです。確か、道元禅師に関する逸話で日本船に椎茸を買いに来た典座和尚とであった話なんかがあります。日本の干し椎茸がないと香り豊かな焼きそばが作れないそうで。今は向こうのを輸入していますからこれも時代の変遷というものでしょう。ですが、政治的はほとんど交渉がなかった。
政治が不仲で経済は別というのは伝統的な関係でしょう。やっと正常になったのかもしれません。
 中韓にとっての靖国がどういう価値を持つかについて良い記事があります。以前紹介したマーケットの馬車馬殿の記事です。
「靖国」カードが消える日
http://workhorse.cocolog-nifty.com/blog/2005/10/post_7e0b.html
 靖国がカードとして使えなくなれば日本の方が立場は有利になる。そして、彼らの靖国カードを有効と思える行動を取れば民意をなくす。今の時点ではこの路線で日本は動いているのでしょう。
ナベツネや中曽根さんに関していえば、老醜ですね。自分たちがそれなりの位置をしめていた時代が終わる事への反発。堕ちたものだなと思います。潔く去ることをしないが故に、おそらく石と蔑みをぶつけられながら退場することになるでしょう。
 小泉さんは多分、彼らを見て引き際は大事だと思って今年九月以降を考えているのかもしれません。
 大見得をきって万雷の拍手を浴びながら、後顧の憂いとならないしっかりした後釜を据えて花道を去ることを。
2006/02/20(月) 21:58:05 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
私が中川さんなら、王副書記にこう言いたい。
天皇だから首相だからの云々以前に、天皇も首相も同じ血を引く日本人として、日本のために戦士した兵士、敗戦したが故に戦犯として処刑される運命に置かれた当時の指導者に哀悼の意を表するのは当然でしょう。
もし日本が戦勝国だったら、あなた同じこと言いますか?
2006/02/20(月) 22:26:42 | URL | w #-[ 編集]
国益優先イコール参拝自粛なんて誰も言ってないのにマスゴミはまたテメエに都合よく曲解してますね。
国益優先とは毅然とした態度で胸張って参拝するという意味に日本人なら自然に受け取るものでしょう、やっぱマスゴミはクソだなあ。
読売もエビジョンイルを引き取ってイカレちったんですね、まあいいや今後はこのグループすべて否定して生きていくつもりだし。

2006/02/20(月) 22:36:59 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
以前、政治に関する仕事に携わっていましたのでいつも興味深く拝読しています。はじめて投稿しますが麻生さんには是非とも頑張ってほしいですねぇ。まぁ中共には何を言ってもだめでしょうね。あのような国の隣国であるという不幸な地政学的属性を肝に銘じて事に処していくしかないでしょう。それにしても、李登輝さんにはお元気なうちに何としても堂々と再来日いただきたい。そのときの宰相は果たして誰か・・・?まぁ民主党代表者でないことだけは祈っておきましょう。
2006/02/21(火) 00:19:02 | URL | ボヤキ親父 #-[ 編集]
日本の反論
中川さんが、「日本を怒らせたら上海はもとより中共派は大変になりますよ」と切り返せないことが、日本の悲しい現状です。小泉総理も外務官僚もすべて同じ。
日本はここから一日も早く脱却すべきです。やはり石原総理を熱望。

石原以外は麻生さんがトップでしょうが、やはり、「個人より国益が優先」と怪しげな発言をする点が、まだ吹っ切れていない。彼の回りの状況ではこれが限界でしょう。
麻生さんは石原さんと組んで一回やればよい。

2006/02/21(火) 01:45:54 | URL | あ! #-[ 編集]
ご無沙汰しておりました。やじさん、快(怪)調ですね。

えー、私にとって読売は、朝日→毎日→読売 程度の系列にしか思えないんです。産経なんかに比べたら軸足がフラフラで、やっぱりナベツネが逝かない限りは読売も日テレも巨人も、衰退の道をまっしぐらなのでしょうか。

また、麻生の「個人の利益、信条より国益が優先だ」発言は、含蓄たっぷりの言葉だと思います。彼の日ごろの発言の方向性を鑑みると、「国益=靖国参拝」ということではないでしょうか。要するに、参拝の理由として、「個人の信条で参拝するのではなく、国益優先で参拝するのだ」という風に聞こえたのですが。まあ、読売の読み方はそうではないと思いますけど。
2006/02/21(火) 02:16:35 | URL | 未定 #-[ 編集]
>隣国とはそんなものだと割り切り、敬して遠ざけるくらいでちょうど良い。

そのとおりだと思います。現実に小泉首相はかつて中国には一度も訪問していない。しかし、中国に対し、いつでも会談に応じる用意があるということは再三明言しています。これは、敬して遠ざける、を実践していることにほかなりません。首脳外交がなくても、民間レベルでの経済交流は活発であり、政治が関与しなくてもその勢いはとまりそうにもありません。実際、中国が『平和的台頭』をかかげ自由経済を取り入れた時点で、平和的環境が必然となり、経済活動に関しては、政治が介入する必要はほとんど無くなったと思います。要するに、ほおっておいても経済交流はうまくいくようになったということです。小泉首相はそのことを十分ふまえて中国に対していると思われます。もちろん、麻生大臣も同様な考え方だろうと思います。
ところで、読売新聞は『個人の利益、信条よりは、国益が優先する』となっているのに対し、毎日新聞では『個人の利益よりは、国益が優先する』となっています。読売の記事には信条という一語が多いのですが、どちらが正しいのでしょう。私の推測では毎日新聞のほうが正しいのではないかと思います。素直に読めば至極当然なことをいっているからというのが理由です。読売は信条という言葉を意図的に加えたのか?いずれにせよ毎日新聞の記事と比べると、受ける印象が違いますね。
靖国参拝については、最近も小泉総理が言ったように『行くなといわれると、ますます行かざるを得なくなる』という言葉が、中国に対する強烈なメッセージになっていると思っています。このメッセージを中国はどう受け止めているのだろう。できるものなら中国首脳に聞いてみたい。
2006/02/21(火) 02:44:03 | URL | プライム #-[ 編集]
ワシを誰だと心得る、畏れ多くも先の短い、ナベツネ様にあらせられるぞ!!
↑とまあ、ここで懐からジャビット君の人形を取り出して、下賤の者に指し示す訳です。巨人軍は永久に不滅でげすねえ、ハイ。
こんなですよ!、こんな爺さんが世界最多の発行部数を誇る新聞社のトップですからね!!。おおかた経団連の辺りから、「バカな愚民共が騒いで、こちとら商売やりにくくって敵わなえ。ナベさん、ひとつよしなにお願えしやすよ」とかオダテられて、「おう、任しておきあがれ!」なーんて安請け合いしたんでしょう。ま、私の妄想ですが。
だいたい、ナベツネごときが平和だ国益だと喚いてみたとこで、アンチ巨人のみならず、ジャイアンツファンからも総スカンでしょう。麻生さんのように現実が見えていない。
英愛、印パ、希土(ギリシャ・トルコ)など、隣り合った国は大概仲が悪い。でも独仏のように、宿敵同士が和解してEUの中核を成してる例もある。中韓は民度の点で独仏に遥かに劣るものの、まあ半島の連中は根っからのアホだから難しいでしょうが、計算高い中国人だったら、日本と争い続けても得にならないと理解すれば、いつかは和解の道も開けると思いますよ。
何てちょっと偉そうに言う、オシャマな私・・・。
2006/02/21(火) 08:14:42 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます

>日本国民さん

河野やら村山といった人達は大きな禍根を残しましたね。やってはいけない事をやってしまった。罪は大きいです。

>bulldogさん

読売の考える国益=参拝中止はおかしいですよね。双方丸くおさめるなら、自然に参拝できる環境を作りあげる事が重要なはず。

>暇人さん

いつも情報ありがとうございます。後で読ませていただきます。

日本と中国は政冷経熱と言われる環境が一番良いとおもうんですけどね。これに政治が不必要に絡むからおかしくなるんだと思います。

>wさん

中国のやり口は水に落ちた犬を棒で叩くというものですね。戦犯がどうのとか、そんなものは連合国が勝手に決めたんであって関係ありませんね。

>日本大好きさん

読売はあんな大組織なのに、ナベツネさんの意向一つでどうとでもなってしまう事が怖いですね。

>ボヤキ親父さん

はじめまして。いつも閲覧頂きありがとうございます。

まぁ中共には何を言ってもだめでしょうね-

ええ、そう思います。口で何言っても無駄ですね。それから、李登輝さんは今年の5月にいらっしゃるようです。念願であった奥の細道の旅が実現するそうです。よかった・・

>あ!さん

まだ吹っ切れていない-

これは靖国参拝をやめるという意味では決して無いと思います。麻生氏は中韓からグチャグチャ言われれば、行かざるを得ないと明言されてましたので、向こうが機先を制するつもりで『やめろ』と言えば、行くと思いますし、もっと言えば誰もが参拝しやすい環境を作るつもりなんだと思います。

>未定さん

ご無沙汰でした。お元気ですか?

読売はダメですね。トップの鵺的体質が紙面に表れています。

>プライムさん

もう中共は完全に動脈硬化を起こしてますから、日本の変化はもちろん、国内の変化にも全く対応できてませんね。

>怒る小市民さん

憎まれっ子世に憚るとは言いますが、邪魔ですねえ。早く引退せんかしら。
2006/02/21(火) 08:56:27 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
TBありがとうございました。

今、中国が騒いでいること自体、中国が
もう保たない、崩壊するまで後少しという事を
自分で暴露しているような気がします。
日本も中国が暴発した際にすぐ対応できるように
法改正をしてもらいたいですね。
2006/02/21(火) 21:31:11 | URL | 勉強中の整体師 #-[ 編集]
読売は左傾化してますね
2006/02/22(水) 11:46:14 | URL | ROM太郎 #HlYXEWHA[ 編集]
敵は日本国内に・・
中韓なんかほっとけばよい。それより日本国内にいる反日派が問題だ。そんなに日本が嫌いなら、好きな中国でも寒国でも行ってくれ・・
2006/03/12(日) 00:42:35 | URL | T #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先日のエントリー「メディアのカモフラージュ」で取り上げたグローバリスト紙のニューヨークタイムズが「無礼な日本の外相」という見出しで、麻生外相を痛烈に批判。もちろん、反日感
2006/02/20(月) 23:32:22 | グレボの視点
答は、「竹島の日」です。takeshima dokdo dokto tokdo tokto  現在韓国が不法占拠中ですが、国際司法裁判所への付託さえすることなく、世界中で「独島(韓国での通称)は我が領土」というキャンペーンを行っています。既成事実を積み上げてしまおうという悪質なやり方で
2006/02/21(火) 00:03:14 | 日々是勉強
仲良くしたって恩を仇で返されるだけ
2006/02/21(火) 01:53:42 | 若手(?)整体師の独り言
中国、日本の防空識別圏へ侵入急増 偵察活動を既成化 (産経新聞) - goo ニュース 東シナ海の「情報戦」が激化している。中国は自衛隊の活動監視などで東シナ海に航空機と監視船を頻繁に出動させたことを公表したが、防衛庁によると、日本の防空識別圏に侵入した中国機によ
2006/02/21(火) 15:59:31 | 電脳空間「高天原」
最近、何かときな臭い匂いのする東シナ海ですが、中国からの日本防空識別圏への侵入が急増しているようです。以下引用中国、日本の防空識別圏へ侵入急増 偵察活動を既成化 東シナ海の「情報戦」が激化している。中国は自衛隊の活動監視などで東シナ海に航空機と...
2006/02/21(火) 17:49:28 | BBの独り言
こんばんわ!言いたいことができたので更新します!。話題は「政教分離」です!。きっかけはもちろん「靖国問題」です!。首相が参拝してなにが悪いんでしょうね!。「靖国批判をするのは中韓だけ」と述べた小泉首相はGJ!そもそも政教分離とはどういう意味
2006/02/21(火) 22:55:11 | しゃも(鶏)が「勝手に解説するぜ!オイコラ聞けよ!」
産経 2月25日麻生外相批判に反論 米紙社説や台湾発言で
2006/02/26(日) 22:05:18 | 226remix RADIO BABYLON
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。