管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公明党が創価学会より下命を受ける
 本日は、2本立てになります。まず最初は軽めのエントリーです。

 公明党の主力支持団体というか、ほぼ全ての票田となっている創価学会から厳しく叱責されたようです。まずはこのニュースをご覧下さい。(NIKKEI NETより以下引用)

創価学会、自民に厳しく意見表明を公明に要望 
公明党は5日、公明党本部で支持母体の創価学会と政策課題などについて協議した。創価学会中央社会協議会の原田光治議長は先の衆院選に触れ「勝ち過ぎともいえる自民党に対し、厳しく意見を言える存在として期待が高まっている。政権与党にありがちなおごりを排した政権運営をお願いする」と要望した。公明党からは冬柴鉄三幹事長、井上義久政調会長らが出席した。 (21:00)


 自民党の議席大幅増で、政権内の存在感が薄れている公明党の幹部が叱られて小さくなってうつむいている図が脳裏に浮かびました(笑)この会合終了後、公明党の冬柴幹事長はイラクに派遣されている自衛隊の撤退を主張したり、総理の靖国参拝中止を求める発表など、連立を組む仲間である自民党に対して批判を展開。そういえば、こんな事を以前言ってたよなあ、と思い出しました。

 自民党と公明党はいくつかの政策、理念に深刻な乖離があり、代表的なのが上記二つでしょうか。あまり自民にこれらの主張を言い立てると捨てられると思うのですが、大ボスから命令されて仕方なくといったところか。イラクへの自衛隊派遣に関しては、前原氏が就任する前の民主党は反対していたのですが、バリ島のテロ以降、テロ対策法案の恒久化を打ち出してきた為、自衛隊撤退期限が来て、延長を決定する時にもしかすると民主党は賛成、または期限を切らない恒久法が成立するかもしれず、今までこれを自民党に対するカードとして使っていた公明党は益々存在感が薄れる事を懸念したんでしょうね。

 総理の靖国参拝に対する公明党の『政教分離の原則に反する』から反対というのは、『自分が限りなく黒に近いグレーのくせに、お前が言うな』と、にやり皮肉な笑顔が浮かびますが、もっと強硬に反対して、自民党と亀裂を作って欲しい。早く連立が解消される事を心から願う。

 そして、公明党といえば『外国人参政権』付与の急先鋒。在日韓国人で作る団体である『民団』を訪れて・・(民団新聞より以下引用)

中央本部の金宰淑団長は3日、衆議院選挙後初めて公明党の神崎武法代表、浜四津敏子代表代行、冬柴鐵三幹事長らと国会内で面談し、来年1月の通常国会で「地方選挙権法案」が成立するよう改めて要望した。

 地方参政権特別委員会の辛容祥常任顧問、呂健二副団長らが同席した。金団長は韓国国会が今年6月、アジアで初めて永住外国人に地方選挙権付与を決議した点を強調、同党の法案提出を要請した。

 これに対して神崎代表は、「連立与党の公約をこれ以上先延ばしするわけにはいかない」と、次期国会での成立に全力を尽くすと答えた


 日本に永住する外国人に対する地方参政権付与に関して、私は国民の主権を外国人に移譲するなんて明確に反対です。しかも、朝鮮総連と並んで、強力な圧力団体である民団による意向を受けた公明党が推進するなんて、きな臭くってどうしようもない。
 
 人権擁護法案とセットで法案通過を狙う目的の先にあるのは、北朝鮮崩壊、あるいは朝鮮半島内乱による難民流出を日本が受け入れる事を想定した態勢作りを前倒ししているという観測もあります。流入してくる難民達が長い間日本にとどまる事になれば、当然参政権を得ることになり、国民が反対すれば人権擁護法案を盾に『差別だ』『人権侵害だ』と勢力を拡大して自治領を作ることも夢ではありません。(現時点では想像に過ぎませんが・・)

 実際、戦後『在日』の人たちは、『差別』などを叫んで様々な特権的な権利を持つ『団体』になっており、その団体が推進する法案には懐疑的にならざるを得ません。国民的議論になるべきこの様な重要法案について、マスコミはダンマリを決め込み、反対の論陣を張っている人が大勢いることを無視しています。

 自民党は一刻も早く公明党と連立を解消し、マスコミはこの問題を法案提出がされる前に特集するべきだ!



banner 
  ↑ ↑ ↑ 
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。




 

 




 

 
 

 


 














スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
外国人への地方参政権付与はやめるべし。
色付きの文字現在の在日韓国、朝鮮人がそれぞれ民団、総連という本国と密接な関係を保っている以上、地方参政権の付与といえども彼らが政治経済的に日本の国益と反する方向へ動く可能性があり私も反対です。日本の国家社会をわざわざ不安定にするために外国人に参政権を付与してやるなんて馬鹿なことをしていいものだろうか。当選したいために民団、総連の票や資金援助におもねる愚かな候補者も出てくるだろう。
「日本政府は即刻北朝鮮に軽水炉を提供すべきである」との日朝友好平和宣言をしたり、「竹島は日本の領土である」と書いた教科書を条例で不採択にしたりする地方議会も出てくるかもしれませんな。

2005/10/06(木) 17:03:41 | URL | 縁光 #kpjYxc8I[ 編集]
人権法案反対サイト
 
人権法案反対サイト
http://no-jinkenhou.net
 
2005/10/06(木) 17:46:28 | URL | cube #-[ 編集]
訪問ありがとうございます
人権擁護法案、外国人参政権付与といった動きが、ほとんど報道されずに進行していることに大変な恐怖をおぼえます。
私の力は微少ですが、身近な人にだけは知ってもらおうと頑張っています。
なんとか国民全体が知る事になってくれればと思っているのですが、難しいですね・・
2005/10/06(木) 19:13:39 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
連立の解消は私も望むところですが、まぁ、ソレは無いようですね。
2005/10/07(金) 13:33:05 | URL | どんがめ #TY.N/4k.[ 編集]
初めまして。私も人権擁護法、在日参政権付与法の危険性を認識し、強く反対する立場です。これの成立はなんとしてでも絶対に阻止すべきです。公明党の正体がはっきりしましたね。創価学会が公明党に対し活動方針を指示する等あって良いことでは無いでしょう。まさに宗教の政治介入ではないですか。このような政党が政権の一翼を担っているような異常な現状は速やかに正常化さるべきでありましょう。憲法の政教分離の原則に反するものでもあります。さらに、日韓議員連絡会だか協議会だか知りませんがわけのわからない集合体があるようですが、こんなものの存在理由というのは一体全体なんなんでしょう。韓国議員の意を日本の議員が唯々諾々と体しているだけのような気がしますが。一刻も早くこのカルト集団を現政権から引き離すことが求められます。またメデイアがこの法案について議論しないのであれば、我々がこの法案の持つ危険性を広く国民に知らせることが必要なのではないでしょうか。何かいい方法はないのでしょうか。本当に焦燥にかられます。
2005/10/08(土) 03:35:10 | URL | 万年二等兵 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
中田がデフテックのPV見て「何拝んでるんだよ気持ち悪いな~」て言ったそうだなこの意味、わかる人いますか?
2007/03/18(日) 23:54:59 | 右派社民党公式ブログ
創価:公明の冬柴国土交通大臣は、日本訪問キャンペーンの一環として、2010年には、年間の外国人訪問者を1000万人に引き上げると語っていました。 創価が乗っ取ったノースアジア大学では韓国人を相手にした観光学とかを教えます。
2008/05/21(水) 23:50:11 | 日本愛国者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。